2015年9月26日

秦の実力と始皇帝は何故「統一」を目指したのか

純朴なる敬仲子さんの疑問から始まった会話です
44
敬仲子🐢 @keityusi

未だに始皇帝が何故あそこまで性急に六国併合したのかが解らぬ

2015-09-24 01:05:11
天秋 @taka_2nd

@keityusi 病弱説あるからまぁ多少はね

2015-09-24 01:06:32
敬仲子🐢 @keityusi

@taka_2nd 実力があるとして、それを行使するかはまた別問題だと思うんですよねぇ。統一なんてのは空前絶後の業なわけですし、それをあえてするという発想というか必要性というかそういうものが

2015-09-24 01:08:47
敬仲子🐢 @keityusi

秦て10年くらいで六国全部滅ぼしてそれで領土を倍増させてるのに、コストや手間のかかる中央集権官僚国家として成立させてるのが狂気の沙汰とは思えない。そんな膨張率だったら封建して現地政権に統治コスト投げるでしょー。ワーカホリック始皇帝だからこそ出来た業とはいえねぇ

2015-09-24 01:14:15
利亜 @ria__farid

@keityusi ( ^д^)<旧六国の構造が残る新領土で無理矢理やった感がありますね。だから、漢は一族と異性を封建して徐々に骨抜きにしたけど。

2015-09-24 01:24:02
敬仲子🐢 @keityusi

@farid17sai 徐々にすべきとこを性急にしすぎた感はどうしても否めないですね

2015-09-24 01:39:43
敬仲子🐢 @keityusi

秦は中華統一といい中央集権国家といい制度の統一といい、数世紀かけてやるべき事を始皇帝一代でやってしまった突然変異感。なんじゃこいつ、星の開拓者か

2015-09-24 01:43:51
豆腐 @touhuOvO

@keityusi ほんと、ばけものですよね…でもあの人、吏に仕事を任せるっていう漢以降の国政の基礎を作っておきながらあまり仕事を他人に任せられない部分が見え隠れしてるので、自分がやれるうちにやれることやってしまおう!っていう気持ちだったんですかね。

2015-09-24 01:54:27
敬仲子🐢 @keityusi

@touhuOvO だから不老不死への願いも切実なものだったんでしょうね。自分だからこそ出来た帝国で、自分以外でも担えるように制度を根付かせ強固なものにするまでは死んでも死にきれない…!という

2015-09-24 01:58:20
豆腐 @touhuOvO

李斯「大王、とっとと六国併呑して理想の制度を確立しましょう^^」秦王「…ぼちぼちね'3'」李斯「一国滅ぼしたら記念にその国の建物を都の中に建てていいですよ^^大王箱もの好きでしょ?ほーらきっと楽しいですよ^^」秦王「やる^^」

2015-09-24 01:39:20
豆腐 @touhuOvO

@keityusi かわいかろ?Ov<(李斯の黒幕感…笑)

2015-09-24 01:58:52
豆腐 @touhuOvO

@keityusi 東進は悲願だったんだろうけど確かに性急だし手間かかるしですよねー。六国の王を殺さず活かしておいたあたり、あの人六国を併呑すると言うより制度オタクだった感じがしちゃいます。

2015-09-24 01:28:03
敬仲子🐢 @keityusi

@touhuOvO 制度や貨幣や思想の統一に浪漫を感じていたオタクだったという説が…?

2015-09-24 01:41:15
豆腐 @touhuOvO

@keityusi 戦国末には六国間の度量衡差もかなり融通が利く(貨幣とか)感じだったらしいので統一は流れ的なものもあったんでしょうが、”国”の統一というよりは制度的な面での”人民の意識の統一”に興味や全力を注いだ感じがするなー、と^^ 妄想!

2015-09-24 01:51:13
敬仲子🐢 @keityusi

@touhuOvO 確かに統一の土壌はできていたにしても、そこに種は蒔かれていない程度の認識なんですが、始皇帝は一気に大木を植え込んだ印象ですね。根付かなくてすぐ倒れちゃいましたけど。。。 意識の統一は始皇帝の代では出来なかったにしろ、大きな影響及ぼしましたね。始皇帝ショック!

2015-09-24 01:56:01
豆腐 @touhuOvO

@keityusi あ、そっか。とにかく先に土壌を整えたかったのか。恥ずかしながら敬仲子さんの言葉を聞くまで気づかなかった^^;地上を天図に見立てるくらいですもんね。その上で意識統一の半ば病気にかかってしまったのは本当に無念だったでしょうね…><

2015-09-24 02:03:10
敬仲子🐢 @keityusi

@touhuOvO そこは分かんないです、あくまで私の印象論なので…!焚書といい意識の統一は確かに図っていた感じですよね〜しかし、人民は始皇帝が思うような速度では変わらなかったのだ…早すぎて疾すぎた天才。。。

2015-09-24 02:07:07
豆腐 @touhuOvO

@keityusi 私も印象論で申し訳ないです^///^;ほんと、残念ながら始皇帝自信が突出した人だったので、人民の速度までは測れなかったのかもしれませんね。惜しい人を早くに亡くしてしまった…

2015-09-24 02:12:45

一方モンゴルは

敬仲子🐢 @keityusi

秦帝国といいアレキサンダー帝国といいモンゴル帝国といい急速に成立した大帝国は急速に滅びるのになぜ急いで統一したのか。凡人の感覚で捉えることはできないけど、あんなほぼ毎年感覚で国滅ぼしても叛乱起こされたら元の木阿弥だが、起こさせない自信あったのかなぁ。事実始皇帝一代では何とかしてた

2015-09-24 01:48:55
遊牧民@収監中 @Historian_nomad

@keityusi モンゴル帝国はそこまで急速でもない(チンギス一代に限れば遊牧帝国としては割とよくある勢力範囲よりちょっと西北に頑張った程度)うえに150年続いてるんですが……

2015-09-24 17:53:48
敬仲子🐢 @keityusi

@Historian_nomad 一応、各ハン国の分封を想定した発言だったんですけど、確かに滅びたという表現は不適でしたね

2015-09-24 17:59:40
利亜 @ria__farid

@keityusi @Historian_nomad ( ^д^)<長い年月の間に自然消滅した感があります。

2015-09-24 18:01:00

コメント

R.S.L.P@東方昭和伝外務省 @S_lunasa 2015年9月26日
結局、秦の失敗はアルゲルス朝マケドニアのアレクサンドロス大王の失敗と本質が一緒って言うことなん?
1
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2015年9月26日
『始皇帝=異世界人』説をとなえたい。
1
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2015年9月26日
S_lunasa 性急な統一といっても秦は中華圏としてある程度共有された文化基盤の中での話なので、エジプトやオリエントなど異文化圏まで呑み込んだアレクサンドロス大王とはだいぶ違うかも?崩壊の過程も将軍による割拠ではなく反乱軍の突き上げですしね
2
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2015年12月24日
私のツイートもまとめて頂いてます。始皇帝の遠い祖先は山東半島から連行されてきて最前線に配置された戦争捕虜でした
0
齋藤 津樹 @tki0723 2016年1月30日
確かにこれは結構深い謎かも知れない。
0
巫俊(ふしゅん) @fushunia 2016年6月9日
訂正です。「ロウアイが趙地を占領した広大な地方に封建」のうち、「広大」は史料で確認できないので、訂正します。また、系図に書かれている家系は、確実という訳ではなく、実際には家系が変わっていたり、名前だけ継いだという可能性もあるので、始皇帝の血縁上の祖先が戦争奴隷だったという保証がある訳では無いです。
0