編集可能

@sasakitoshinao氏推薦!なぜ、人は『ソーシャルゲーム』にはまるのか?・・・自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち

第二部はこちら; http://togetter.com/li/88183 @jai_an氏の『一流とは何か』によると・・・ http://www.ashida.info/blog/2001/04/post_50.html 続きを読む
gree ニート playfish ソーシャルゲーム モバゲー 下流 セカンドライフ DeNA Zynga フリーター
91
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
ソーシャルゲームは「つながりをお金で購入するしくみ」という視点( http://t.co/J06HByI)は興味深い。一昔前、東大出身、元・商社マンの教祖が、教団内の役職・階層を決めるために「偏差値に基づく進級テスト」を導入して若者の支持を伸ばした…という話を思い出した(続く…
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
組織内でのポジションを決めるために偏差値を使う、つながりを維持するためにお金を払う…というのは、いずれの場合も、当事者が自分の価値観で自分の居所、ひいては価値を決められない、決める自信が無い場合に、外部に手段を求めているということではないか。そう考えると面白い仮定ができる(続く…
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
組織(ピア・グループ)内でのポジションを決めるため、新興宗教もソーシャルゲームも、ほぼ同等の役割を果たしているとするなら、ソーシャルゲームの台頭と共に若者らの新興宗教への加入は増えたのか、減ったのか? ソーシャルゲームは宗教を代替しているのか、あるいは補完する機能なのか?(続く…
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
ソーシャルゲームにおいて、特に興味深いのは女性たちのエンゲージ率が極めて高いという指摘である。現代の女性は高等教育を離れるまでは、その能力のみで評価され、しばしば男子同級生よりも優秀であると自他共に認める存在である。しかし、一度社会に出ると明確な理由もないままに…(続く…
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
職務上の昇進が自分より劣っている男子に遅れたり、職務能力より容姿や「女としての価値」で判断される体験をし、社会的学習によってこれにも次第に順応するが、どこかで「自分の能力を正統に評価されたい」という願望が強く残っていることが多い。かくして女性は再び学問を目ざすことが多い。(続く…
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
身近な現場でいうなら、修士課程に戻ってくる女性たちのコア年齢層が27〜32歳、外資系勤務で留学経験あり、未婚・既婚はほぼ同数。彼女たちは一度、学校へ戻ってくると「能力だけで評価されること」の居心地の良さに気づいて、いつまでも学校から離れたくないため、進学を繰り返すことに。(続く…
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
自分で自分の価値をしっかり認識できるならば「先生に褒めてもらう」必要など無いのだが、第三者に評価してもらえることが彼女たちの自己実現の手段として、大きな意味を持つのだろう。学校へ行って第三者に序列認定をしてもらうこと…は、金額の規模こそ違え「3,000円の釣り竿」なのだ。(続く…
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
ソーシャルゲームは「つながりをお金で購入するしくみ」という仮定は、今まで言語化して認識したことはなかったが、社会人が「学ぶ」ことが、実は、明らかに「お金でつながりを購入するしくみ」であることを思えば、ソーシャルゲームはこれを手っとり早く代替するものと言えるわけだ。(続く…
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
セカンド・ライフが話題になった時、現実世界ではちょうどフリーターやニートが話題になり始めた時期と重なっていた。セカンド・ライフにそうした層が熱中して「リア充との格差」について言及がなされたが、ソーシャルゲームにも、恐らく同じような、より複雑な側面があるのではないだろうか。(続く…
林 容子 Yoko Hayashi @artwoods
かつての自分を見ているような。@tawarayasotatsu 身近な現場でいうなら、修士課程に戻ってくる女性たちのコア年齢層が27〜32歳、外資系勤務で留学経験あり、未婚・既婚はほぼ同数。彼女たちは一度、学校へ戻ってくると「能力だけで評価されること」の居心地の良さに気づいて
『ヴァティカンの正体』筑摩新書/岩渕潤子 @tawarayasotatsu
自分の価値を自分で決める人にとっては、こうした「第三者評価機能」と「つながりをお金で購入するしくみ」は魅力が無いわけで、なぜ自分がソーシャルゲームに全く関心がないのか、今、納得がいった。「3,000円の釣り竿」を必要とさせる環境や体験がリアルライフでなければ、ゲームの必要は無い。
林 容子 Yoko Hayashi @artwoods
正確な分析です@tawarayasotatsu 職務上の昇進が自分より劣っている男子に遅れたり、職務能力より容姿や「女としての価値」で判断される体験をし、社会的学習によってこれにも次第に順応するが、どこかで「自分の能力を正統に評価されたい」という願望が。女性はふたたび学問を目ざす
林 容子 Yoko Hayashi @artwoods
大学留学から戻って就職した先の日本企業の男女差別に耐えかねて、体調も崩して退職し、それからもう日本には戻らなくてもいい覚悟で再度NYの大学院に留学したのです。でも今思うと会社という形態そのものに私が適合できなかったというのもあると思いますが。@tawarayasotatsu
LM-7 @LunarModule7
『なぜ、人は『ソーシャルゲーム』にはまるのか?・・・自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち』 http://bit.ly/g1P6Af 『人はなぜ形のないものを買うのか』 http://amzn.to/c2yCsr に通じるね
さいころ @ts_3156
こんなに高尚な話なのかな。単に面白いから、じゃだめ? RT @LunarModule7: 『なぜ、人は『ソーシャルゲーム』にはまるのか?・・・自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち』 http://bit.ly/g1P6Af …
とおる @toru0110
やばい、時代に取り残される。“@news_tw: Togetter - 「なぜ、人は『ソーシャルゲーム』にはまるのか?・・・自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち」 http://t.co/CE2fBA6
サノトモ @sntm0
ソーシャルゲームの「面白い」って感覚の1つの答えかも?RT @tarox: ソーシャルゲームユーザーのインサイトまとめ http://bit.ly/dMSNtS
究極の傍観者 @t2001t2001
なぜ、人は『ソーシャルゲーム』にはまるのか?・・・自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち http://togetter.com/li/87969 面白いけど、「女性が云々」は余計かも・・・
@Ohayashi
つか単純に勝ちたいって人もいると思うんだけどな。 >Togetter - 「なぜ、人は『ソーシャルゲーム』にはまるのか?・・・自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち」 http://bit.ly/h1dIF6 #ゲーム_ #game
ゆきたり @yukitari
なぜ、人は『ソーシャルゲーム』にはまるのか?・・・自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たちhttp://bit.ly/fBgfgr なんか納得いくような感じ。ゲームとしての面白さでSNSゲームをやるわけじゃないんだな、やっぱ。
ashen@一週間のご無沙汰でした。 @Dol_Paula
なるほどね。ねとげの中毒要素の一つに「他の人から頼られる自分カッコいい」というのもあるし。 RT なぜ、人は『ソーシャルゲーム』にはまるのか?・・・自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち http://togetter.com/li/87969
</bissy><!— -10kg —> @bissybissy
そうともそうでもないとも。 自己実現を第三者に依るのは普通かな。 リアルにしろゲームにしろ。 / Togetter - 「なぜ、人は『ソーシャルゲーム』にはまるのか?・・・自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち」 http://togetter.com/li/87969
佐々木俊尚 @sasakitoshinao
ソーシャルゲームと、社会人女性の大学院進学願望との類似性。実に興味深い。 / 自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち http://t.co/w99VByU
消化試合するよ観るよ @koshishu
一つの考え方としては非常におもしろい。 RT @sasakitoshinao: ソーシャルゲームと、社会人女性の大学院進学願望との類似性。実に興味深い。 / 自分の価値を『他人に』決めてもらいたがる人たち http://t.co/YNNRHO2
残りを読む(58)

コメント

たかしまよしお @takashimayoshio 2011年1月10日
どうでもいいけど「自分の価値を自分で決める」と今度は独り善がりって言われちゃうよね。
青色一号 @blue1st 2011年1月11日
ソーシャルゲームに限らずポケモンにしろモンハンにしろ、昨今のゲームってコミュニケーションツールとして期待される面が大きくなっている様に思う。流行要因に部分的には同意。
青色一号 @blue1st 2011年1月11日
しがない男子学生なので社会だの女性だのの部分については正直よく分からないのだけれども、実世界では果たしにくくなった自己実現欲求の補完のために、共通の価値観軸としてのゲームが用いられているのではないか、という所は実感を持って賛成。
t1una @t1una 2011年1月11日
ソーシャル○○全般に関して通じるものを感じる。
Matsuki *** @liliput 2011年1月11日
「自分で自分の価値をしっかり認識できるならば「先生(==第三者)に褒めてもらう」必要など無い」という下りが興味深い。自分の価値とはほとんどを他者に与えられるもんじゃないのか。
NRF 新しい音楽ビジネスのシンジケート @N_R_F 2011年1月11日
現実もソーシャルゲームも「お金と手間」でしょ。人によってバランスちがうだけで。
NRF 新しい音楽ビジネスのシンジケート @N_R_F 2011年1月11日
自分の価値を他人にってのは普通じゃないの? ゆとり俺がオンリーワン主義が今のデフォルトなのか。
藤堂考山 @ko_zan 2011年1月11日
とにかく現実世界とは違うルールで「他の価値観を受け入れるコストを支払わないで、自分を優れていると認めてほしい」という願望を叶える拠所になってるんだねぇ。そういう願望ってさ、なんで互いに持ってるものなのに目をそらしたがるんだろうね。そういうところを認め合ってこその人間関係だと思うんだけどな。
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2011年1月11日
ソーシャルに限らずMMORPGなんかでも言えるけど、キャラクター等の性能の評価がそのまま自分の評価に直結する(他人からすりゃ人間性や中の人の外見なんてよほどアレでなければどうでもいい)上に、他のキャラクターが居ることで利益があるゲームならちやほやされる。そして、大概のゲームは課金アイテムを使ったり時間をかければNo.1でないにせよ上位になれるからリスクが少ない。人がソーシャルゲームやMMORPGにハマる理由ってその辺だと思う。
五代雄介 @Eric_Ridel 2011年1月11日
このまとめには、第Ⅱ部もありますよ;http://togetter.com/li/88183
へぼやま @heboya 2011年1月12日
ソーシャルゲームって、隠喩じゃなくてモロ所謂ネトゲのアレなのか。いくつかのゲームをプレイした感想としては、「ゲームそのものは基本カケラも面白くない」なので、まあ、ほへー、とは思う。
へぼやま @heboya 2011年1月12日
それはそれとして、実際問題社会では、「その時点で自分より権限のある誰か」に価値を認めて貰えないとなんともならないって事ばかりだからなあ。金さえ払えば何かしら得られるってのは、まあ代替えにしたくはなるわな。僕ぁ評価もされないきゃ金すら無いから、それすらせんけども。