2015年9月28日

「痛覚」のない病・・・多様性を失うとどうなるか

権力者は自分と同じ思想で国を染め上げたいと願いがち。しかし多様な意見、報道の自由を失った国は滅びの道を歩む。なぜなら、民主主義国において多様な意見と報道の自由は、人間の痛覚にあたり、君主制における諫言に位置するからだ。
6
shinshinohara @ShinShinohara

世にも不思議な奇病がある。全く痛みを感じない病気。少し羨ましい気もするが、命に関わる。この病気の子供は痛みを感じないために限界を知らず、平気で高いところから飛び降りて骨が折れる。死に至りかねない大ケガをしても痛くない、恐ろしい病気。痛覚という生命維持のシグナルが欠如している。

2015-09-28 21:52:46
shinshinohara @ShinShinohara

痛い、苦い、かゆい、寒い、熱い。これらの不快な感覚は、私たちを嫌な気分にさせる。しかしこれらの感覚が自分のおかれている状況を正確に教えてくれるから、私たちは生命を維持できる。もしこれらの不快な感覚を嫌って心地よい快感だけを求めたとしたら、私たちは生命を維持できない。

2015-09-28 21:55:57
shinshinohara @ShinShinohara

政治にも「痛覚」は非常に重要だ。君主制の時代には勇気をもって「諫言」する臣下を持つことが優れた君主の証とされた。「そんなことを続けては大変なことになりますよ」たとえ君主にとって不快な忠告でも敢えてする臣。「良薬は口に苦く諫言は耳に痛し」とも言う。諫言は君主の痛覚にあたる。

2015-09-28 21:59:40
shinshinohara @ShinShinohara

もし耳に心地よい言葉だけを語る臣下だらけになったら、君主は自分の状態を正確に把握できなくなり、道を誤るようになる。痛覚を失った子供が骨折しても遊び続けるように、国が危機に陥っていても腐敗堕落をやめられなくなる。諫言は、君主にとって生命維持に必須の痛覚だった。

2015-09-28 22:02:25
shinshinohara @ShinShinohara

民主主義の時代に諫言に相当する役割を果たすのが言論の自由であり、多様な意見。権力者が嫌がるような意見が出てくることが、民主主義国にとっての「痛覚」になる。もしこの痛覚を失えば、痛みを知らない子供のように、諫言する臣下を持たない君主のように、滅びの道を歩むことになるだろう。

2015-09-28 22:08:34
shinshinohara @ShinShinohara

報道の自由と多様な意見を認めないことは「痛覚」を失うことに等しい。権力者と同じ意見しか言えないような空気、権力者におもねるような人間しか出世できない社会システムは、権力者にとって心地よいだろうが、それは痛みを拒否して麻薬に耽溺する中毒患者の姿と瓜二つ。

2015-09-28 22:11:29
shinshinohara @ShinShinohara

今の日本は「痛覚」を拒否し始めていないか。報道の自由が失われ、多様な意見が政治に反映しない社会は、痛覚の訴えを無視する麻薬常習者のような状態。やがて正確な情報を得ることができなくなり、もっと耳に心地よい言葉(おべっか)を求め、歯止めが利かなくなるだろう。こうして国は滅ぶ。

2015-09-28 22:16:08
shinshinohara @ShinShinohara

痛覚を取り戻せ!痛みもかゆみも苦さも寒さも熱さも、私たちの生命を維持するために重要なシグナルであるように、報道の自由と多様な意見は、社会の、国にとっての「痛覚」である。痛覚を失えば命が危ぶまれるように、多様性を失った国は危うい。痛覚を失うな!痛覚を恐れて甘言にすがるなかれ!

2015-09-28 22:19:06

コメント

竹永@2 @silywsize 2015年9月28日
諫言がきちんと機能していないというのは同意見です。本来それは野党の役目ですが、彼らの不甲斐なさは実に苛立たしく思います。民主党が最大野党である限り、自民党は与党であり続けるでしょう。
7
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2015年9月28日
まるで自分には大衆よりも優れた感覚があるかのような言いぐさだな
6
shinshinohara @ShinShinohara 2015年9月28日
SILVER_CAP 大衆の意見が大切だといっているのにどういう読解力?わけわかめ。
2
Hoehoe @baisetusai 2015年9月28日
痛覚が無い政権は一年近くかけて野党との討論に耳を傾けないはずでは
20
Gril @Gril_ops01 2015年9月28日
痛覚ってのは不思議なもので「異常があるところと痛みがある所が違う」ということがままあるらしい。さて…その痛みは果たしてその部位からもたらされたものなのだろうか?
4
イエーガー@ライファン @Jaeger75 2015年9月28日
恥という感覚が無い奴が何を偉そうにw
9
TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2015年9月28日
ShinShinohara 市民の声を大切にしない権力者がきっちりと没落するようにこの国は出来てますよ。2009年、2012年の二度の政権交代で証明済
8
delphinus @Delphin_apterus 2015年9月29日
民主党と共産党は、痛覚も記憶力も現実感も喪失してそう。輝かしい"青春時代の学生運動とお祭りの安保闘争"と、その後の労働組合運動という名の反政府・反企業活動を、今でも続けている。
9
ephemera @ephemerawww 2015年9月29日
狂った器官はむしろ危険なので切り落としてしまう方がいいでしょうね
1
お茶屋ざむざ @teashop_zmz 2015年9月29日
こうしてネット上で発言できてる時点で言論の自由は保障されてる。実際に保障されてない国では政党に不利益な内容の文章は削除されているのでこんなことを言っている時点で彼はこうしてネットの片隅でぼやくしか能の無い無知で無能な負け犬ですと主張しているようなもの。
6
えせばんくる @jurikei0 2015年9月29日
特に関係ないが球技のキーパーをしている時は風に聞いた無痛の体というものがうらやましかった
0
シミリス4 @similis04 2015年9月29日
安倍内閣も大概聞く気なさそうだけど民主・共産あたりは一切聞く気ないからなあ。
2
駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 2015年9月30日
「その諫言が本当に国の将来のためになるか」と諫言を言ってくれる人、もツイート主は「痛覚」だと言ってくれるだろうか
2
うみんちゅ @DEEPBLUE1219 2015年9月30日
内臓の病気なのに爪先が痛んだり、どこもおかしなところがないのに肩が凝ったり…何方かと言えば、SEALDsあたりはそんな頓珍漢なイメージだなぁ。
2
うみんちゅ @DEEPBLUE1219 2015年9月30日
痛みが機能しない状態というのは、政権批判がけんりょくによって制限を受ける場合。現状、安倍政権の批判が制限を受けたとは寡聞にして知らない。批判が社会に受け入れられるかどうかは、またべたの問題で、それは彼らが発する痛みの信号に、論理的整合性が欠けているからではないでしょうか?
3
うみんちゅ @DEEPBLUE1219 2015年9月30日
文学的な表現に論理的一貫性を求めることはバカバカしいけれど、病変部がないのに痛みを感じる病気があったりしたら、それは正常ではないと思うし、痛みを出し続けるヘルニアを手術で治すこともある。
1
はるまげ @halmage 2015年9月30日
メディアが公然と政権批判をし、切り貼りでネガティブ方向への印象操作をし、果ては発言を捏造してまでしているのに、報道の自由がないとかどこの世界の話なんだ。仮に報道の自由がない事を事実と仮定したとしても、その「報道の自由のなさ」はメディアが自身で多様性を排除した結果では?って言うね。
3
センチネル @gundoll9 2015年9月30日
問題なのは「痛覚に痛覚がない」ことだと思うんだよなぁ。
1
長介 @chousuke 2015年9月30日
……まとめ主さんの作ったまとめのコメント欄には、これまでもたくさん、批判的な、耳に痛い言葉が並んでましたよね。このコメント欄もそうです。それを「貴重な痛言」として受け止めてますか?まずは、自分に問いかけてみてはどうでしょうね。
7
長介 @chousuke 2015年9月30日
あ、「言ってるのは権力者の話で俺らレベルの話じゃない」とか言わないでくださいね。自分の正しさを疑うことができない人間は偉かろうと偉くなかろうと、ひとしく危険です。
6
shinshinohara @ShinShinohara 2015年9月30日
asahiya_WWer そういうのは「讒言」という素敵な言葉がありますよ。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2015年9月30日
DEEPBLUE1219 憲法学者の違憲発言から潮目が変わり、批判が言いやすくなりましたが、それ以前は、政権が放置する「紅衛兵」たちが脅迫を繰り返していたので、ビビる人が多かったですね。私も何度か「こんな奴は」と、ネトウヨにさらされたことがあります。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2015年9月30日
chousuke いいえ。権力者の立場だと危険なのです。一般人は警察取り締まり対象になるので逮捕できますが、国会議員は逮捕できないことになっています。歯止めがない分、批判を受け止める必要があるのです。糞も味噌も一緒にしてはいけません。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2015年9月30日
teashop_zmz そんな私を批判するお暇なあなた。
0
shinshinohara @ShinShinohara 2015年9月30日
chousuke 批判と言うのは、どこをどう改良したらよいのかのアドバイスが含まれている必要があります。ただダメ出ししているのは批判と言わず、罵詈雑言です。相手の気持ちを忖度し、この点で議論をかみ合わせることができるのではないか、という接点を探りながらでないと、批判と言うのはただの言いっぱなしになります。
0
ヤヤネヒ / YAYANEHI ꒱,,∂_∂,,꒱ @ya_ya_ne_hi 2015年9月30日
ShinShinohara 横から失礼しますが、本当にその通りだと感じました。「政権批判」と言いながら主張内容が罵詈雑言と誇張と感情論に終始する部分ばかりが見受けられる、SEALDsや同調者の皆様にこそ教えてあげたいお話だと思います。無論、右なら右で所謂「ネトウヨ」と呼ばれる極端な方々はいますが。
3
はるまげ @halmage 2015年9月30日
「両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない」(日本国憲法第50条)//国会議員は逮捕できない?どこの世界の話?
1
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2015年10月1日
無痛症の人たちは治療法もないなか苦労して生命維持をしているわけですし、なんでこんな浮かれたことを書けるのか。まさにひとの痛みがわからない人なんでしょうね。痛みは術後の鎮痛で幻肢痛がおさまるなど、あれば良いってものでもないものです。
1
evacuated_man @evacuated_man 2015年11月8日
力を持つ者の在り方って、問われるね。
0