10周年のSPコンテンツ!
21
小暮 宏 @yapoono6
48時間 #1日1本オススメ映画 ジェームズ・ホーナー追悼で。刑事と囚人の相棒ものという設定とニック・ノルティ&エディ・マーフィの白黒大小コンビぶり、ワサビの効いたセリフ、撮影も編集もそしてパンチの効いた音楽もこれぞプロの仕事。 pic.twitter.com/oY4lX3FBwO
拡大
小暮 宏 @yapoono6
スキャンダル・愛の罠 #1日1本オススメ映画 ラウラ・アントネッリ追悼で。男を監禁していたぶる熟女役で、「青い体験」を完全に転倒させたような淫靡なドラマ。監督は「さらば美しき人」のジュセッペ・パトローネ・グリッフィ。 pic.twitter.com/exoXWVoYDO
拡大
小暮 宏 @yapoono6
テラー・トレイン #1日1本オススメ映画 ロジャー・スポティスウッド監督のデビュー作。キューブリック作品の撮影監督ジョン・オルコットが車両ごとに色分けし位置関係をわかりやすくした技法。そしてあっと言わせる犯人。 pic.twitter.com/KRnYfs1z2k
拡大
小暮 宏 @yapoono6
遥かなる戦場 #1日1本オススメ映画 大英帝国式威風堂々をおちょくりまくった快作風刺スペクタクル。黒澤明が映画館で大喜びして、つまらんと騒ぐオバさんたちをうるせえっと怒鳴りつけた。軽騎兵の突撃と全滅は「影武者」に影響していると思う。 pic.twitter.com/fuPuhXTdXE
拡大
小暮 宏 @yapoono6
抱きしめたい #1日1本オススメ映画 ビートルズがアメリカのテレビに出演した時のスタジオの席を巡るドタバタコメディ。ロバート・ゼメキスの初期作で、クライマックスのビートルズ登場シーンの技術的な凝りっぷりにすでに体質が出ている。 pic.twitter.com/DhDWDjGJjn
拡大
小暮 宏 @yapoono6
魔法使いのおじいさん #1日1本オススメ映画 インド版風の又三郎とでもいうべき大傑作ファンタジー。シンプル・イズ・ベストを画にかいたような魔法の描き方。子供たちから自然に湧き出てくる歌と踊りの見事さ。自然の美しさ。 pic.twitter.com/gxRQLxcoCO
拡大
小暮 宏 @yapoono6
#1日1本オススメ映画 少数民族として弾圧される一方、その圧力を部族内の弱者に向ける構造。クルド人政治犯監督のユルマズ・ギュネイはこれを刑務所の中から指示して撮影し、脱獄して完成した。不屈の闘志と憤怒と慟哭と、そして優しさ。 pic.twitter.com/qyBbPJZsCv
拡大
小暮 宏 @yapoono6
カプリコン1 #1日1本オススメ映画 マスゴミが流す情報はすべてウソ式の認識を30年前に画にしてみせた先駆的作品。ぐじぐじした陰謀説に溺れず大アクションから胸のすくラストに持っていく作り手の腕と心意気が爽快。 pic.twitter.com/fQeqsI5BQL
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ファンハウス 惨劇の館 #1日1本オススメ映画 トビー・フーパー監督作としてはあまり有名ではない一編だけれど、カーニバルの裏に貼り付いている見世物小屋趣味をよく出した。クライマックスはフーパーらしくパワフル。 pic.twitter.com/YYkDBg0A7R
拡大
拡大
小暮 宏 @yapoono6
絞殺魔 #1日1本オススメ映画 前半のマルチスクリーンを駆使した捜査、後半の人も場も絞り切った尋問と、描写の方法が対照的なようで、トータルで犯人同様狂ってます。 pic.twitter.com/8LR2zF30d5
拡大
小暮 宏 @yapoono6
密室 #1日1本オススメ映画 金持ち客のおこぼれで、愛人を連れ泊まり込みで一夜を楽しく過ごすと決め込んだ男の目論みを見事にブチ壊す闖入者たち。マンションの一室からほとんど出ないでシュールな味付けで見せる怪作。監督ピーター・コリンソン。
小暮 宏 @yapoono6
ジャグラー ニューヨーク25時 #1日1本オススメ映画 走る走る、追う追う。間違い誘拐に始まり、犯罪者ばかりか刑事もタクシー運転手も物狂いになり走り抜く一大追跡劇。 pic.twitter.com/SiLYXXMMp2
拡大
小暮 宏 @yapoono6
電撃脱走 地獄のターゲット #1日1本オススメ映画 グラフィックデザインのような画面設定のアクションシーンの中を、生まれっぱなしのごつい動物のようなオリバー・リードが突進します。 pic.twitter.com/V9a322n1io
拡大
小暮 宏 @yapoono6
暁の七人 #1日1本オススメ映画 七人の侍系統ではなく、ナチの高官ハイドリッヒ暗殺を描く実話もの。暗殺に関わったとされたリデッツェ村の殲滅の徹底ぶりには総毛立った。クライマックスの教会に立て籠もって一人づつ倒れていくあたりの悲愴さ。そしてエンドタイトルの登場人物のその後の字幕。
小暮 宏 @yapoono6
天国に行けないパパ #1日1本オススメ映画 死病を宣告されたと勘違いした刑事が子供のために遺族年金を増やそうと殉職覚悟で危険な任務に赴くが全部無事解決してしまい逆に困ってしまう。ダブニー・コールマンの可笑しさ全開。 pic.twitter.com/TmgDZ9ezQR
拡大
小暮 宏 @yapoono6
夜よさようなら #1日1本オススメ映画 娼婦の生活を、暴力と搾取を含めてまことに淡々と生活そのものとして描く。監督はヒモ役でも出演。 pic.twitter.com/gKiVpl1Ff3
拡大
小暮 宏 @yapoono6
叫びとささやき #1日1本オススメ映画 9月にブルーレイが出るそうなので。この凄い色彩がどこまで出るか。ベルイマンは子供の時、人間の魂は赤い膜のようなものだったと思っていたというが、それを具体化して見せたよう。 pic.twitter.com/D87abRsAj3
拡大
小暮 宏 @yapoono6
魔術師 #1日1本オススメ映画 俗物丸出しの市長を旅芸人が手品でとっちめる喜劇にして芸術家論でもある一編。ベルイマンの怪奇趣味とシュールなセンスがお楽しみ。グンネル・フィッシェルの白黒撮影の幻想味。 pic.twitter.com/W7BhymJTwq
拡大
小暮 宏 @yapoono6
恋人たちの曲 悲愴 #1日1本オススメ映画 同性愛とマザコンとシスコンという観点からアクセスしたケン・ラッセル印のチャイコフスキー伝。異常に端正な美と獰猛さを交えた天才の世界。音楽から湧き出すイマジネーションの凄まじさ。 pic.twitter.com/zRHw3mg7DU
拡大
小暮 宏 @yapoono6
ミッシング #1日1本オススメ映画 これが地上波のゴールデンタイムに放映されたことがあるのに驚く。アメリカが操るチリの軍事クーデターで米人ジャーナリストが消され保守的な父親が米政府の傲慢と非道を知っていく。ジャック・レモン圧巻の名演。 pic.twitter.com/4hP4YTkQWD
拡大
小暮 宏 @yapoono6
最後の晩餐 #1日1本オススメ映画 ひたすら食べて食べて垂れてヤッて死んでいく男たち。身も蓋もない生の縮図。 pic.twitter.com/5SwM8F4BDg
拡大
小暮 宏 @yapoono6
マカロニ #1日1本オススメ映画 ジャック・レモンとマルチェロ・マストロヤンニというアメリカ人そのもの、イタリア人そのものの取り合わせの面白さ。イタリアにも陰膳があるのね。 pic.twitter.com/QwJTmpOnl5
拡大
小暮 宏 @yapoono6
軍旗はためく下に #1日1本オススメ映画 敵前逃亡で銃殺(実は人肉食を隠すための口封じ)された兵隊の妻が遺族年金をもらえない理不尽と、口を拭ってのうのうと戦後を生きている上官たちの卑怯さ。妻の変貌に込められた怒りと憤り。 pic.twitter.com/jAwSxlqjE8
拡大
小暮 宏 @yapoono6
肉弾 #1日1本オススメ映画 岡本喜八監督が日本の指導層を描いた大作「日本のいちばん長い日」に続いて、自分に近い一介の学徒兵を自主制作に近い形で描いた一編。文字通り壊れたレコードや反芻ギャグが可笑しくて痛烈。 pic.twitter.com/sBCmLW8cqV
拡大
小暮 宏 @yapoono6
夜と霧 #1日1本オススメ映画 アウシュビッツ収容所の白黒の記録フィルムとカラーの現在の廃墟の交錯。ここであったことを忘れてはいけないと叫ぶのではなく、このように我々は忘れて行くと犀利に描くことでかえって胸に刺さる。 pic.twitter.com/Qsqg5Ttnad
拡大
残りを読む(5)

コメント

Hoehoe @baisetusai 2015年10月3日
48時間は犯人グループがコマンドーやプレデターの登場人物なので港湾労働者組合員にオススメだ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする