編集可能
2015年10月3日

「炭酸ガスと水で効率的に石油を合成」のファーストインプレッション

自分用のメモ代わりです。まとめた人は完全な門外漢なので、詳しい方がいればつぶやきの追加など適切な編集を是非お願いしますm(__)m
81
001/7 @nanabunnoichi

しかし今中教授の最終講義すごかった 常温常圧下での石油の簡単な合成のやつはえらいことになりますわ

2015-01-15 18:15:41
たみふる @Tamiful07

ABC WEBNEWS|【京都】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 webnews.asahi.co.jp/abc_2_005_2015… ちょっと記事じゃ正確なことがなんにもわからんので論文かプレスリリースのリンクくらい貼ってください。

2015-10-02 20:05:40
松浦晋也 @ShinyaMatsuura

続報待ち。本当なら大変な技術革新だが、何かここに載っていない問題点がありそうな気もする。【京都】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 goo.ne.jp/green/news/bus… #ecogoo

2015-10-03 09:33:01
アルファルファモザイク @alfalfafafa

【速報】京都大学、炭酸ガスと水を使って石油合成に成功 / 3円の電気で100円の石油 alfalfalfa.com/articles/13312… 京都大学名誉教授の研究グループが、炭酸ガスと水を使い効率的に石油を合成することに成功したと発... pic.twitter.com/PeROGozFTI

2015-10-03 09:42:02
拡大
masataka @brighter36

@mihoko_nojiri goo.ne.jp/green/news/bus… 朝日放送のニュースサイトから引用で、9/18に報道あったようですね。ただ立命も京大もこの日前後のプレスリリース出してません

2015-10-03 10:02:35
matiere* @matiere

石油の効率的合成てこれか。Chemistry Letters: An efficient way of producing fuel hydrocarbon from CO2 and activated water|J-STAGE bit.ly/1MPCPQI

2015-10-03 11:09:09
ktgohan @ktgohan

【京都】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 goo.ne.jp/green/news/bus… 平成の『水ガソリン事件』かな?

2015-10-03 11:32:23
ktgohan @ktgohan

と思ったらこれ立命館の今中先生じゃねーか。

2015-10-03 11:33:43
ktgohan @ktgohan

うーん、今中先生の研究となると一度はきちんと話聞かないとあかんやつか。

2015-10-03 11:34:56
いんてぐらるβ @intgrlllll

なんか「炭酸ガスと水を使い効率的に石油を合成することに成功」のニュース、警戒しておいた方がよさそうな雰囲気

2015-10-03 11:14:04
XiPHiA @alchemicalogic

@intgrlllll 退官記念講義の時にはもう少し細かい説明されていた記憶があります。ここ最近はナノバブルを利用した水質浄化実験(ritsumei.jp/topics_pdf/adm…)とかをやっていたそうで、今回のにもナノバブルを利用していたとかなんとか。

2015-10-03 11:32:07
XiPHiA @alchemicalogic

@intgrlllll まあ、あれは傍目から見ても怪しい場所がたくさんありましたから……。今中先生は46次極地観測隊(http://t.co/ZXIwN2z0bH)とかで微生物関連で参加していたりとか実績のある方なので大丈夫だと思いたいですね……。

2015-10-03 11:42:39
XiPHiA @alchemicalogic

@intgrlllll 半年前(退官記念講義時)にはこの技術について話していて特許関連とかで準備を進めてるとか言っていたのでやっと準備が整った状態になったんだと思います。これから応用技術がいろいろ出てくると面白そうなんですけれど。

2015-10-03 11:47:32
XiPHiA @alchemicalogic

@taityo0623 退官記念講義のときから半年くらい経ってるし特許関連とか公式発表の準備で時間かかったんだろうかね。

2015-10-03 11:53:03
XiPHiA @alchemicalogic

今中先生の例の論文、オンラインで内容が見られる(https://t.co/4fBjCbbvOb)から有志による内容の検証が行われているけれど雲行きが怪しそう?

2015-10-03 13:32:02
こっと💉💉 @eyecot

さっきの「石油できるよー!」のソース教えていただいた。あとで読むかも。 An efficient way of producing fuel hydrocarbon from CO2 and activated water journal.csj.jp/cl-article/cl-…

2015-10-03 11:47:21
たいちょー @taityo0623

今中教授の話ついにニュースになったか

2015-10-03 11:48:02
草薙さんく🍥🍆🍊 @sankuroraido

例の石油のやつ、Chemstry Lettersか...... 俺のところでは読めないので、誰かちゃんとした内容を翻訳していただけるとありがたい

2015-10-03 12:43:54
草薙さんく🍥🍆🍊 @sankuroraido

The oxygen nano-bubble containing water was treated with TiO2 catalysis under UV irradiation. うーん、追試が望まれる

2015-10-03 12:55:23
草薙さんく🍥🍆🍊 @sankuroraido

石油がCO2と活性化された水から常温常圧で効率的に作ることができる。酸素ナノバブルを含む水をTiO2触媒とUV照射で処理した。活性化された水を灯油、軽油とCO2と激しく混合した。エマルジョンは次第に二層に分離し、層分離後に灯油、軽油の体積が5~10%増加した

2015-10-03 13:03:38
有職 @NPEtw

オイルと水の二相系にCO2突っ込んだら有機層の体積が5-10%増えた、オイル側のクロマトは変化ないっていう結果なんだが、CO2がオイルに溶けて体積増えただけなんじゃねこれ

2015-10-03 13:06:45
残りを読む(40)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2015年10月3日
基本的に信用する気になれないんだが、万一事実ならすごいことだよね
1
hechikoTKB @hechikoTKB 2015年10月3日
なんでこれだけインパクトのある成果をCLで出したのかな?Natureとかに投稿したけど査読でボコボコにされてこの辺までレベルを落としたらやっと引っかかった、ってパターンを想像した。ねつ造である可能性は低いと思う。ねつ造だったらNature載るくらいきれいなデータ作るはずだよ。
10
nekosencho @Neko_Sencho 2015年10月3日
捏造とは思わないけど、何か他の現象を勘違いしてるんじゃないかってのが。
16
タツコマ@一夫多妻 @TATukoma1987 2015年10月3日
とりあえず、詳しい人再現実験とか実証実験とかお願い。俺は、メタンハイドレートと藻類油に期待するから。
0
ざの字 ワクチン接種2回済み @zairo21 2015年10月3日
この話が本当なら 石油利権関係者の頂点連中、ロスチャイルドに抹殺されるに違いない(ハナホジ
1
ざの字 ワクチン接種2回済み @zairo21 2015年10月3日
あとまとめ主 タイトル変更要望「炭酸ガスと水と石油から化学合成」であって  元のタイトルだと「炭酸ガスと水だけから石油が?」と勘違いする人多いと思うよ?
2
ざの字 ワクチン接種2回済み @zairo21 2015年10月3日
でも本当に有効な技術で、だれでも実現可能な検証がされたら?オーランチキチキ(オーランチオキトリウムが正解)の勝谷誠彦が、もっと騒ぐだろうな。今度は炭酸ガス石油 とか言い出すw で、小保方の二の舞いにはなってほしくない。
2
kawonasi @kawonasi4989 2015年10月3日
zairo21 G13型トラクター案件だーw
0
ざの字 ワクチン接種2回済み @zairo21 2015年10月3日
タイトルはさすがに まとめ主しか編集できないので(試そうとしたができなかったw)まとめ主「炭酸ガスと水と石油から化学合成」のファーストインプレッション  にタイトル変更よろしく。
0
おおかみ @wolf64m 2015年10月3日
これ別に空気を混ぜてるだけで、炭化水素を合成している訳じゃねえよなあ
0
hechikoTKB @hechikoTKB 2015年10月3日
読んだ。いろいろすごかった。たぶん一番すごいのは合成された証拠が「体積が増えた」しかないところか。5から10%増加したとしか書いてない。合成式も書かれているが、それが実際に起こっているという証拠は何一つ提示されていない。量的に辻褄が合っているという傍証もなし。この手順以外では体積は増加しないというコントロール試験もなし。どうやって信じろと。
21
hechikoTKB @hechikoTKB 2015年10月3日
まあ、追試するという人もいるようだし、真偽はそう遠くないうちに明らかになるだろう。
0
ハドロン @hadoron1203 2015年10月3日
穴だらけの論文だな。エネルギー収支が合わないだろ。本当に炭化水素が増えているなら、燃焼エネルギーを精密に測定すればいいだけのことだ。
6
ハドロン @hadoron1203 2015年10月3日
二酸化チタンに紫外線照射すると、光触媒作用で有機物質は分解するよ?これって、軽油のなかの官能基持った炭化水素分子が分解して、見かけの体積増えただけじゃないの?
2
discoder_x @discoder_x 2015年10月3日
↓見出しか写真を一目見た時点で悪質なジョークか何かの類だと判断できない人は、詐欺とかいろいろ気を付けた方が良い。 http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_005_20150918008.html
0
hechikoTKB @hechikoTKB 2015年10月3日
検証方法を考えたけど、一番単純でわかりやすいのは「繰り返しやってみる」ことかな。最大48回繰り返せば体積は10倍になるはずなので、そのデータがあれば信ぴょう性はかなり高そう。誰かやらないかな。
0
KITE @KITEis 2015年10月3日
正直首をかしげている。
0
zwanzigst @zwanzigst 2015年10月3日
全然専門じゃないけど、“効率的に”“水と炭酸ガス”から炭化水素が生成されることはありえないので、以前でた海の中でフリーエネルギー的な物にしか見えない。
4
nekosencho @Neko_Sencho 2015年10月3日
でも、これが事実だと仮定すれば、地底でこれと似たプロセスが起こって生成されている可能性もあるわけだ(あまり信じてない) 信じない理由は同じくエネルギーの収支どうなってるの、という
0
bun🍃 @bun3559 2015年10月3日
体積が増えただって?小学生並の観察力じゃないの(嘲笑)。こういうのは「ガスクロマトグラフ」というで分析装置で、反応前と後で何が変化したのかを比較して、その結果を示さないとだめです。この分析結果から「何が、どのくらいできたのか、あるいは何もできなかったのか」を具体的に示すことができます。石油(炭化水素)なんて言わないで、ホルムアルデヒドあたりにしておけば、まだ追試する人が出たかもしれないけどね。こんな実験では相手にされない。今中先生、化学をバカにするのもいいかげんにしなさい。
3
エビフライ@宇宙の人 @kiruria281 2015年10月3日
ぶっちゃけこの話が検討に値する程の成果なら、natureやscienceの編集部が肯定でも否定でも反応する筈で、反応しないと言う事はつまり反応する価値もない程ガタガタって事だろうな。
2
neologcutter @neologcuter 2015年10月3日
「今は様子見」としか言いようのない案件だな。STAP細胞みたいなことにならなければいいが…
1
いちかわ けんと💉💉 @kentosho 2015年10月3日
石油合成の件、続報を待ちたい。あまり楽観はできない感じです
1
CD @cleardice 2015年10月3日
これ石油が合成されたというより「石油に水を足して嵩増しできた」なんじゃなかろうか・・・?
2
hechikoTKB @hechikoTKB 2015年10月3日
bun3559 一応ガスクロで分析しています。結果、組成は特段変わらなかったそうです。
6
m.i. @L_z_m_i 2015年10月4日
なんか常温核融合思い出した
0
せとか @setoka32 2015年10月4日
おぼちゃんのときも思ったけど関係研究者じゃなくても論文読むことはできるんだから あれこれ言う前に論文読んだほうがいいかもね でもどのジャーナルの何号にあるのかわかりにくいし、一般人が気軽に論文読めるようになることは永遠にないか
0
mikunitmr @mikunitmr 2015年10月4日
最初聞いた時よりなお一層怪しげに感じられましただ
1
こも @yukkuri410110ne 2015年10月4日
人口結晶作る時に核を用意して、それを成長させて結晶作るような感じ? 液体でも同じ事できるのかな?
0
坂東α @bando_alpha 2015年10月4日
定期的にこういうの湧いてくるけど、地道に叩いていかないといかんでしょ
2
佐渡災炎 @sadscient 2015年10月4日
これあかんやつや…石油が作られた根拠が一つも書いてないじゃないの。よく査読通ったなこれ。
2
COSY8SD @COSY8SD 2015年10月4日
組成は変わらず体積の増加のみというガバガバエビデンス ナノバブルの機械を実験に貸してもらったお礼に ケミレタに投稿したら掲載されて、論文の希望的観測部分を 朝日放送が事実のように報道したってとこか
4
愚者@冬コミ12/30東N25a @fool_0 2015年10月4日
まーたマスコミの勇み足案件か。だからあれほど検証能力を上げるか、第三者にちゃんと検証を委託しろと……
2
やま @yama_yfm 2015年10月4日
特殊条件下でバクテリアが仕事するとかそういう話なのかと思ってちょっとわくわくしたのに。。
0
アザラシ@毒 @AzaraSeals 2015年10月4日
バリオンシステムくらいだと思っとけば良いのかな? 魔神竜が行く!www
0
ハドロン @hadoron1203 2015年10月4日
組成分析にはHPLCとか他の分析法組み合わせて評価しないと。軽油は炭素数8~24からなる炭化水素の混成物質だけど、異性体を含めると1万種類もの分子が存在する可能性がある。
0
ハドロン @hadoron1203 2015年10月4日
ガスクロのスペクトルだけ見ても、nC15手前のピークが分離してるのが分かる。同じじゃないよ。ノニルベンゼンかな?もっと分解能高い測定法じゃないと、何とも言えんけど。
1
Aki @Aki_8ara 2015年10月4日
今のところ眉唾ですねえ。万が一光が主因で何か油脂類が出来てたとしても、その辺の植物の光合成より効率よいの?って疑問も出てくる
0
Y​S​R​@​遂​に​大​三​元​レ​ン​ズ​が​揃​っ​た @YSRKEN 2015年10月4日
んー、どうにも怪しいんですのね。組成すら変わってないのに体積だけ膨れ上がったというのは確かに怪しいですわ
0
マク(*´﹃`*)゙ヌス @oa26dl1NAcptdAF 2015年10月4日
こういうの(永久機関とか)って定期的にあるよね?STAP細胞とか…保留
0
mikunitmr @mikunitmr 2015年10月4日
ところで、CO2ってガスクロでどういうスペクトルが出てくるんですか?
0
hechikoTKB @hechikoTKB 2015年10月5日
mikunitmr 単一のピークですが、石油類とは分析条件が異なるので今回は検出できていません。
0
hechikoTKB @hechikoTKB 2015年10月5日
どうでもいいけど、"SHIMAZU"ってスペルが違うな。正しくは"SHIMADZU"。
0
こまいぬさん @komainusan123 2015年10月5日
コレ現状だと限りなく黒に近いグレーだなぁ…
0
猿田彦 @saru_ta_hiko 2015年10月5日
もし本当に石油が増えるなら、最初にちょっとだけ石油入れて何度も繰り返したら、石油がどんどん増えてるって判るやん。何で何度も繰り返ししないんだろ?
0
COSY8SD @COSY8SD 2015年10月5日
コンタミお化けさんのブログで反応メソッドを見るとフィッシャー・トロプシュ反応 (人造石油製造時のC1化学)を真似て、活性化したナノバブルO2でやろうとしたっぽいんやけど 最初のCOやH2が生成する反応自体が進んでない気がするし、エビデンスもないんか
0
COSY8SD @COSY8SD 2015年10月5日
あと2nd AuthorのTakemoto Tadashiさんって立命大の人なんかな http://ci.nii.ac.jp/naid/130005095082 立命大の研究者DBで出てけえへんし今中先生とこの学生でもなさそうやけど
0
COSY8SD @COSY8SD 2015年10月5日
明日10/6 (火)19:30~のNHKクロ現で「小さな泡が世界を変える!~」っていうファインバブル(ナノバブル)のタイミングの良い特集が放送予定 人造石油製造ではなく本来の洗浄とか活性化技術とかやけど
2
黄緑橙紫 @Akaaokuroshiro 2015年10月7日
いやNatureとかScienceに通す気あったらWikipedia引用しないでしょ
0
にゃあ @kirikami 2015年10月7日
まとめを更新しました。
0
hechikoTKB @hechikoTKB 2015年10月7日
Akaaokuroshiro まともな査読付き雑誌に通す気あるんだからあまりひどい論文書かないでしょ、っていう予想を軽々と超えてきたので、そんな常識が通用するかどうか疑わしい。
1
ながぴい @Nagapiii 2015年10月8日
なにやってんの、Chem. Lett.? ウィキペディア引用してるような論文通すなよ。日本化学会のレベルが疑われるぞ。
4
ながぴい @Nagapiii 2015年10月8日
先行研究に関して、ちゃんとした文献を引用できていないということは、その分野について、ちゃんと勉強していないということを示唆する。
3
ながぴい @Nagapiii 2015年10月8日
そして、こうしたおかしな引用に気づかず、reviseも求めず素通りさせるということは、Chem. Lett.のエディタもレビュアもまったくやる気がないということ。レファレンスが7つしかない短い論文なのに、それをまともに読む気すらないようだ。IFは1.2くらいだっけ?
3
Sun太💉💉 @SunSun_fine 2015年10月8日
GCが反応前と変わらなかったら,No Reactionと解釈するのが普通だと思うんだけど,なぜ溶媒と同一組成の炭化水素混合物ができたと思ったのか。
0
門 健太 @take_5n3 2015年10月8日
マヨネーズを作るのとは違うの?w
0
ながぴい @Nagapiii 2015年10月8日
もし本当に、体積だけからそんなことを言っているのなら、この著者らは学部レベルの定量的な化学実験すらまともにやったことがないんじゃないのかな? それを通すレビュアもレビュアだが。
0
ながぴい @Nagapiii 2015年10月8日
物質の収支をちゃんと追跡していないのであれば、論文にどんな反応式が書かれていたって、すべて絵に描いたモチだよ。
0
ながぴい @Nagapiii 2015年10月8日
原料が二酸化炭素だってんなら、ちゃんと減った分だけ増えたと物質量で示さないと。あるいは、同位体ラべリングかなんかで、炭素の出所を明らかにすべきなんじゃないのかね?
2
ながぴい @Nagapiii 2015年10月8日
むしろ、体積以外に「増えた」ということを示すことができなかったのではないか?と勘ぐりたくなるレベル。
2
ながぴい @Nagapiii 2015年10月8日
そーいや、今中忠行氏って「スターピープル」とかいうなんか妙な雑誌に登場してたな…→  http://www.amazon.co.jp/dp/4864511624/  http://grnba.com/iiyama/more72.html  http://grnba.com/iiyama/more6.html#TG1202
1
ながぴい @Nagapiii 2015年10月9日
あ、二番目のリンクはこちらのほうが適切→http://grnba.com/iiyama/more72.html#ss05141
1
こなみひでお @konamih 2015年10月10日
なにこれ?反応式があれば可能な反応かどうかは一発でわかるはずだが。
0
PUI PUI おくしもろん @oxymoron_hy 2015年10月10日
先端科学の分野だと文系の素人目には「こういう論文がある」=「こういう事実がある」と錯覚しちゃいがちだけど、わりと論拠が適当な論文でもアクセプトされちゃうんだということがよくわかりました…
2
PUI PUI おくしもろん @oxymoron_hy 2015年10月10日
こういうのって結局論文を読んだ複数の第三者によって同じ現象が再現されないと何の意味もないからなあ STAPと同じで
1