「光輪の超魔神フーパ」がポケモン映画の最低興行収入記録を更新したことに関するホニャララ

「光輪の超魔神フーパ」の興行成績が、「水の都の護神ラティアスとラティオス」の26億7000万円を下回る(!)らしいという流れからのホニャララ。ポケモン映画のこの先、アニメ考察など雑多。
ログ ポケットモンスター ポケモン ルギア時点でミュウツーより下 アニポケ 興収1位はミュウツー
10
【前置】

例年夏、「夏はポケモン」という宣伝コピーが、
当たり前の様に聞かれるようになるくらい、
長らく夏休み映画の定番であり続けたポケモン映画。
だが、2014年初頭からの「妖怪ウォッチ」台頭などで足元が揺らぎだす。
そして前年の「ディアンシーと破壊の繭」興行収入30億割れ。
こうした流れを受け、脚本担当を園田氏から冨岡氏に変え、リニューアルを図らんとしたポケモン映画。
作品の出来も悪くはなく、ファンはヒットを祈願した。

しかし、数字が突き付けた現実。それは「非情」の二文字だった。

9/10,15 夏は過ぎ風あざみ、夏休みが終わって・・・どうもフーパの興行成績が不穏。
元編集長の映画便り @moviewalker_bce
9/6までの累計です。『ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神 フーパ』は51日間で動員222万5002人、興収23億9503万100円。『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は37日間で動員225万3500人、興収30億1677万8600円
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
park3.wakwak.com/~pokepale/list… … (あっとpaletteさん) 「光輪の超魔神フーパ」の8/23までの興行成績が出ました、が・・・これは・・・
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
前年(ディアンシー)比で-1億7000万円って、これ、最終興行成績28億とかになるんかしら
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
前売り券の売上が加算されて29億とかになる可能性は、まだあるけども、このまま行くと2年連続30億割れ、しかもフーパはディアンシーより更に成績を落とした、ということになるのでは。
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
これ、大規模なテコ入れかなんかが来るでよ・・・
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
正直、来年の映画は「やる」と言ってしまっている以上、上映は確定しているだろうけど、再来年以降はこれで一層、不透明になった可能性が。更に来年の興行成績が(上映形態が今年までと同じである場合)30億割れを続けた場合、ポケモン映画の存続が危うくなるかもしれない。
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
となると、仮に「続ける」ことを選んだとしても、上映期間の短縮、製作費や広告予算の減額など、大きな影響が出るだろう。再来年以降続いたとしても、8月のみの上映になったりするかもしれない。CMもポケモン関連番組の枠だけで流すことになるかも。

※最初のツイートの数字とズレているのは、実はこの時のパレットさん掲載の数字が誤っていた為。自分がつぶやきを流した時点では、フーパの興行成績が最低記録を更新していたとは知らなかったのである・・・。

9/16,17

reodedo「パレットさんの数字間違ってるよ。これが正しい数字」
Dr_nido「もっとヤバイじゃんこれ」

ろあろあ @reodedo
@Dr_nido 2chの興行収入を見守るスレにあった文化通信社ソースの情報だと、paletteさんが出した6週目の数字は8種目の数字なんですよね。(多分paletteさんのミス)実際は9週目でやっと24億なのでかなりヤバい。 pic.twitter.com/uWRwN7W2pb
拡大
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
@reodedo パレットさんの数字でも怪しい感じだったのに、それを更に下回るんですか・・・。24億ってディアンシーより4億7000万落としているということになって、これアルセウス前売り券の販売枚数を加えても最低記録の更新の色が濃厚と・・・。
ろあろあ @reodedo
@Dr_nido 同じ興行通信社の集計で比較しても3億6千万下げてるのはマズイ。ディアンシーはそこから未使用前売り含めて興収1億4千万上げましたが、今年も同じ上げ幅と仮定しそれをフーパ9週目の興収と足しても25億5千万だから、ラティ以下の歴代ポケモン映画興収ワースト一位ほぼ確定
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
@reodedo ワースト記録更新の上に2年連続の下降とあっては、来年の映画に影響が及ぶのは必至でしょう。来年の映画は「なんとか」上映するとしても、再来年のポケモン映画はない物と捉えるべきかもしれない。
ろあろあ @reodedo
@Dr_nido ポケモン映画のタイアップで潤っている企業は現時点でも沢山いますし、落ち目でも他の映画よりは興収を稼ぐので映画は存続すると思います。何よりコンテンツへの刺激や飽きっぽい子供に対する話題作りの役割もあるのでその意味でも絶対必要です。
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
@reodedo そうなると上映期間短縮、製作費減額で「安く作ってそれなりに儲ける」形の映画に仕立て直して、リニューアルを図るということになるんでしょうが、ただ、ポケモンGOの製作発表を見ていると、今のポケモンだと、映画を切る事を躊躇わないのかなという気がしなくもない。
ろあろあ @reodedo
@Dr_nido もちろんそうなるとしても、ポケモン映画が今の興収に合わせた、以前より悪い扱いになるのはほぼ確実な気がします。公開規模、期間の縮小、広告費、制作費削減、(おそらくスタッフの慰安を兼ねている
ろあろあ @reodedo
@Dr_nido 続き)海外ロケハン打ち切りは充分にありえると思います。あと不安なのは、興収低下の皺寄せが他のポケモンイベントに影響しないか。
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
@reodedo 製作予算減額で色々派手な事が出来なくなる、というのはありそうですが、逆に奮起の機会になるかもしれない。むしろ、なってくれるといいんですが。イベントに関しては、「ゲームに関連した」イベントへの波及は薄いと思います。ただ、アニメ関連が不安ですね。
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
@reodedo 映画が不調ということになると、映画の「根」にあたるTVシリーズにも何かしら影響が出るでしょうし、それはポケモンのアニメの周辺にも及んでくると思うんです。XYシリーズで興行成績が著しく落ち込んだとなれば、なにかしらの「テコ入れ」に着手する可能性がある。
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
@reodedo そこでポケモンとしては、多分、「もっとゲームに寄り添ったアニメ」を求めるのではないかと。ゲーム、そして「プレイヤー」に寄り添ったアニメを提供したいと望むかもしれない。ただ、そうなるとサトシとピカチュウが何とか守ってきた「こどもの領域」が、いよいよ怪しくなるかも。
ろあろあ @reodedo
@Dr_nido アニメは海外でも稼げているので打ち切りはまず無いと思いますが、ポケモンは市場規模を見るに日本のでのウェイトが高いので日本に合わせたテコいれは充分ありますね。というか&Zは僕はテコ入れだと思っています。ゲーム発売発表前にマイチェン販促の新章開始は今まで無かったし
ニドリーノ博士(Voris) @Dr_nido
@reodedo もちろん、アニメが一層ゲーム側に近づくと決まった訳ではありません。ありませんが、仮にゲーム寄りの姿勢を一層強めるとなれば、アニメ関連のイベントは・・・やり辛くなるでしょうね。それも、「こども」相手のイベントは。
残りを読む(205)

コメント

まえもと @maemoto_moriya 2015年10月5日
超感動作水の都がワースト2なのが意外。おまけがなかったから?
まえもと @maemoto_moriya 2015年10月5日
ゲームで取りこぼす層はグッズ(ぬいぐるみ等)と思ったけれど、ベビー~トドラーのグッズってないですよね…。発言主さんのいうとおりゲームができない人を取り込むつもりはもうないのかな。ポケモン絵本はゲームともアニメとも違っていたけれど、ポケモンというキャラクターの魅力が伝わるいいものだった。今はもうないのかな。
Y​S​R​@​A​D​I​-​2​ ​D​A​C​買​い​ま​し​た @YSRKEN 2015年10月6日
水の都がワースト2だということに驚きましたわ……
うり @urium 2018年12月23日
ここに書かれていることが、アニメ・映画でのパラレル化とか、ウルトラビーストとかレッツゴーピカブイになっているような気がするのが面白い
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする