甲状腺がん「被ばく原因」 岡山大チーム 福島事件後 時期尚早の指摘も

神奈川新聞2015年10月7日付地域面です。
政治
甲状腺がん「被ばく原因」 岡山大チーム 福島事件後 時期尚早の指摘も

神奈川新聞10月7日付地域面です。

 東京電力福島第1原発事故後、福島県で見つかっている子どもの甲状腺がんの多くは被ばくで発症したものだと主張する分析結果を小古山大学の津田敏秀教授(環境疫学)らのチームがまとめ、国際環境疫学会の6月付の学会誌電子版に発表した。

別の疫学専門家からは「結論は時期尚早」との指摘がある。

**

 研究チームは、福島県が事故当時18歳以下だった約37万人を対象にした昨年末時点までの甲状腺検査の結果を分析。年間発症率は事故前の日本全体と比べ、20~50倍と算出した。さらに福島県内でも地域によって発症率が最大2.6倍の差があった。

 チームは「発生率が桁違いに多く被ばく以外の要因で説明することは不可能だ」と結論付けた。

 国立がん研究センターの津金昌一郎がん予防・検診研究センター長は「事故前と比べ発症率が高いのは事実だが、甲状腺がんは世界的に検診による過剰判断の傾向がある。被ばく量との関係を調べなければ関連は分からず、結論は時期尚早だ」と指摘している。

 福島県の検査でがんと確定したのは今年8月末の公表時点で104人。県や多くの専門家は事故による放射性ヨウ素の放出量がチェルノブイリと比べて少ないことなどから、被ばくの影響ではないとみている。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする