ストレイトロード:ルート140(15周目)

オリジナル短編「ストレイトロード」のコンビがお届けする、短編という名の習作。 今回は701~750+関連ツイート+おまけ。 これからも1日1組つぶやきますのでお楽しみに。 コピー本関連の話は最後の方にまとめました。 続きを読む

軽い紹介を一応再掲します

Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

藍とは。ある世界にて大気をある程度操れる能力を手に入れた少女。その手の特異な奴らの出現から日が浅い時代の話なので、超能力と行動力と親の財力を堂々と使いまくる彼女は既に有名人。人々の正義に味方するとは限らない故に魔女と呼ばれる。 #リプきたキャラについて語る @syoumu80

2015-09-08 09:21:15
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

藍ちゃんは悪口以外だと「研究」と「勉強」が嫌い。旅を通して自然に学んでいる内はまだいいけど… #うちの子が嫌いな言葉

2015-09-19 21:52:30
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

さっきも書いた140文字の二人。ゼファールは藍ちゃんの保護者みたいになっていますが、立場が上なのはあくまで藍ちゃんです。少女に振り回されるおっさんも子供に金で雇われる大人もいろいろいるかと思うけど、彼らの関係は、ある大きな夢が繋いでいる。 #うちの二人組・コンビキャラ紹介

2015-08-29 21:58:47
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

ルート140はいくつかルールを決めていて、その一つが「一つの場面」か「一つの出来事」を1ツイートの限界まで書く、というもの。初期は数文字足りない日もあるけどほぼ140文字丁度。でも内容はまだブレが多い。

2015-08-24 19:33:19
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

たまに「この続きが見てみたい」と思う回もあるかもしれません。誰かがそう思っていると分かればどこかで実現するかも。

2015-08-24 19:35:09
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

#うちの作品初級編 ルート140の元になっている「ストレイトロード」は短編です。毎日の140文字に収められず毎回省略しているキャラ紹介や世界観説明を大まかに押さえている、現時点では唯一の作品。これ読んでから140文字を読むとまた違った世界に見えるかもしれません。

2015-09-17 12:58:16
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

藍ちゃんに「ところで何か忘れてない?」と睨まれています。平謝りしかできません。 短編ストレイトロード、昨日で公開から丸2年でした。何もできませんでした…

2015-08-23 12:11:54

今回のまとめ(本題)

Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

男は藍の前に封筒を並べた。「今の話の証拠がどれかに入ってる」離れた場所から見守る私に手元の様子は判らない。藍は迷いなく一枚を引き、相手を先に帰らせてから、私を連れて店を出た。「やっぱり」車に戻った藍は封筒から写真を取り出した。「どうせ全部当たりよ。無駄に惑わすのが好きな人だから」

2015-08-22 21:52:06
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、701。当たり。 ちょっとしたことを楽しみたい、と笑う人がいる。

2015-08-22 21:52:53
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

城壁の上に無数の銃器が揃い、迎撃準備は完成した。紙袋のような羽を広げた集団が風に乗り城壁へ迫る。「必ずここで食い止める!」隊長の宣言に部下の賛同が続いた。威勢はよかったが、その直後から既に、作戦の内容を誤解したような言葉が飛び交っていた。藍は元気な失言の数々を黙って録音している。

2015-08-23 20:20:15
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、702。威勢。 前だけ見て走る人は足元の様子を知らない。

2015-08-23 20:20:21
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

今日の運勢は。遊技場の片隅で色褪せた機械がネオン風の看板を光らせている。「これは誰の趣味かしら」藍が首を傾げた。誰も寄りつかないがらくたに貴重な電気を使う意味が分からないという。「店の人は…見当たりませんね」気づけば他の客もない静かな大部屋で、人工音声が勝手に星占いを読み始めた。

2015-08-24 19:24:14
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、703。運勢。

2015-08-24 19:24:49
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

私達は村を襲った怪物が目撃された場所へ足を運んだ。倒壊した家屋の背後は山で、岩を抉る大きな爪跡がなければ土砂崩れを疑うような惨状だった。これほど凶暴な相手が近くにいるなら警戒が必要だろう。「何言ってるの」藍は進言を一蹴した。「こんな大きな爪なら重くて飛べないはず。絶対隙があるわ」

2015-08-25 20:01:11
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、704。抉る。 今回はクリーチャーのせいだけど、自然災害の存在も忘れてはいけない。

2015-08-25 20:01:17
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

事前の約束なしで会った市長とその日の夕食を共にする。いかに風の魔女が人々に注目されているかを私は実感し、同時に彼女を恐れもした。「値段が気になる?」藍は強張った顔を高級な店に対する緊張と思ったのか。「あなたが奢るっていうならそう伝えるけど」続く囁きは明らかに私の反応を試している。

2015-08-26 19:01:18
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、705。奢る。 ここはどちらが誘ったかとか、目上だからとか、客人だからとか……それ以前の問題が。

2015-08-26 19:01:25
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

私は悔いた。街を発つ前に藍から道順を聞き出せていれば。僅かな情報だけで回避できた事態を彼女は解っていない。「いつまで調べもの?言う通りに走ってよ」背後から運転席のシートを揺らす藍に、私はこの車に片道を走り切れる燃料がないことを丁寧に説明した。「いいから行って」道のりも説得も遠い。

2015-08-27 19:08:56
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、706。片道。 機械の限度か、人の心の限度か。 衝突する間にも時は過ぎる。

2015-08-27 19:09:03
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

無人のマンションの上階から奇声の二重奏が降ってきた。先程非常階段を駆け上がっていた子供たちの声だ。すると川の対岸に建つビルからもよく似た大声が飛んできた。「何かの巣があるみたい」声の往復が続く中、藍がビルを指した。怪物の幼体の吠え声を人間の子供が面白がって真似たのか。「逆かもね」

2015-08-28 19:41:59
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、707。奇声。 事の始終を風に聞いた魔女は静観する姿勢。 何事かと駆けつけずにいられない大人たちは、どう対応するだろう?

2015-08-28 19:42:47
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

公園のベンチに座る男の姿には覚えがあった。「昨日わたしを邪魔した奴よ」藍はそう言うや、さっき空にした焼き菓子の袋を投げつけた。追い風に乗った袋は幸い誰にも直撃せず地面に落ちた。私がほっとした矢先、ベンチに野鳥の群れが押し寄せて男を慌てさせた。ばらまかれた菓子の屑が狙いだったのか。

2015-08-29 21:45:32
Rista(化屋月華堂) @Rista_Bakeya

140文字で描く練習、708。屑。 当てなければやっていい、わけがない。

2015-08-29 21:45:45
残りを読む(104)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?