3

 
 
 【 日常 】
 ・夏
 

縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
鶴丸「違う」 俺「言われずともわかってる、暑いんだ」 鶴丸「心頭滅却すればなんとやら、だ。我慢しろ」 俺「暑い」 鶴丸「暑い禁止」 俺「かき氷…あいす…冷やしぜんざい…ぜりー…」 鶴丸「うるさい」

 
 
 【 目薬 】 
 

縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
俺「><」 鶴丸「……可愛くないからやめた方が良いぞ」 俺「違う、目にゴミが入った助けてくれ」 鶴丸「両目にか」 俺「?、右だけだが」 鶴丸「なら左目は開くだろ」 俺「?、??……出来ない」 鶴丸「不器用」
縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
俺「光忠助けてくれ」 燭台切「?、どうしたんですか、両目閉じちゃって。目にゴミでも入りました?」 俺「さすが光忠だ、察しが良くて助かる」 燭台切「それほどでも。…でも両目に入っちゃうなんて、三日月さんも器用ですね」 俺「違う」 燭台切「え?」 鶴丸「右だけだから」
縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
俺「……痛い」 燭台切「あー、駄目ですよ、そんなに力入れて目瞑ったら目に傷つきますよ」 俺「嫌だ、(ごしごし)」 燭台切「擦るのも良くないです」 俺「俺にどうしろと」
縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
燭台切「薬研くんに目薬貰ってくるので大人しくしてて下さい」 俺「わかった」 小狐丸「…おや?なんですかそのイラっとする表情は」 鶴丸「三日月の目にゴミが入った」 小狐丸「……両目?」 鶴丸「その下りはさっきやったからもういい」
縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
燭台切「借りてきたよ。目薬、と…」 一期「大丈夫ですか三日月様!」 燭台切「事情を話したらたまたま薬研くんと話してた一期くんも一緒に」 鶴丸「大きい方は返してこい」
縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
俺「その声は一期か」 一期「目にゴミが入ったと伺いましたが、なんと痛ましい…まさか両目とは…!」 鶴丸「いや、右だけだからな?」 小狐丸「どうせ、暇すぎて天井の木目でも眺めてたんでしょう」 俺「何故知ってる」
縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
俺「ん?」 鶴丸「……」 俺「む?」 一期「……」 俺「……不味い」 燭台切「ああっ駄目ですよ目に入らないからって、流れてきたの食べたら駄目ですって」 俺「…無理だ、目薬も目に入らないし、俺はもうずっと目を開けられないかもしれない…」 鶴丸「諦めが良すぎるぞ、天下五剣」

  
 
 【 なんでもない日 】
 ・いぬ 
 

縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
俺「可愛いなぁ、もふもふ」 鶴丸「…お前のその動物に追われる能力はなんなんだ」 pic.twitter.com/fu9sRxXErD
拡大

 
 
 【 日常 】
 ・台風前 
 

縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
俺「灯りがついているからまさかと思ったがまだ起きていたのか」 鶴丸「あー…もうこんな時間か。読みふけってしまった。…起きていたことに関しては、そっくりそのまま返す」 俺「台風が来ているせいか知らないが雲の流れが速くてな……眺めてたらこんな時間に」 鶴丸「…君は本当に難解な奴だな」

 
 
 【 なんでもない日 】
 ・ねこ 
 

縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
…よく、寿司を食べた、と言うと祝い事かと訊かれるがうちは祝い事とか関係なく寿司は食べる。食べたいと思ったときに食べるのが一番美味いからな。もちろん祝い事のときも食べる。(結果的に寿司は頻繁に食べる)

 
 
 【 お仕事 】
 

縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
宗三「はい。三日月さんが今日着られるスーツ、こちらに置いてますから夕方には着替えて下さいね」 俺「ん?、ああ」 江雪「すーつ?」 鶯丸「ああ、三日月は今晩、定例報告の会食だからな」 江雪「…主の上役二人と主、刀剣数名で食事する…」 鶯丸「そう、それだ」
縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
鶯丸「今回も老舗の懐石料理と聞いたぞ。…なのに随分とご機嫌斜めだな?」 俺「…人を食いしん坊みたく言うな。ああ、まぁ、料理は楽しみだが…あの会食の空気がな…」 江雪「…接待でもさせられるのですか?」 鶯丸「俺の時はしなかったが」 俺「俺もしない。主がしなくていいと言ったからな」
縁側で皆の帰りを待つ三日月宗近 @engawaMKZK
宗三「僕は御酌ぐらいはしましたよ。…しなくていいと明言しますけど主が代わりに相手の方に気を使うわけでもなかったので…まぁ、一応主の上司の方ですし」 俺「宗三良い子だな」 鶯丸「…今日の主の同伴は?お前だけじゃあるまい」 俺「光忠と加州」 鶯丸「やはりな。気が使える奴を混ぜている」
残りを読む(224)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする