10周年のSPコンテンツ!

【鉄血のオルフェンズ】クランク・ゼントニ尉にみる大人の都合と武人のエゴ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の登場人物クランク・ゼントについてのツイートをまとめました。 第三話「散華」のネタバレを大いに含みますので未見の方はご注意ください。
アニメ 2015年冬期 クランク・ゼント 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダム サンライズ
72
キール @kir_imperial
鉄血のオルフェンズええのう・・・。やっぱ富野監督以外が、ガンダム作るなら「ガンダムらしさ」的なモノをあえて切り捨て作った方が、絶対面白くなるよなぁ。
キール @kir_imperial
オルフェンズ、無思慮な善意や同情が持つ傲慢さを描いていて、実に素晴らしい。
キール @kir_imperial
オルフェンズの3話は、その人のガンダム感とか、立ち位置みたいのを見やすくしてくれて、本編も面白いが本編を見た感想も面白い。
キール @kir_imperial
この「少年兵」って部分を「ブラック企業とかで働いてる、バイトや派遣、若年労働者」にすると、まんま現代日本社会の話に見えてくるんだよなぁ。少年兵って設定に目を奪われがちだけど、オルフェンズは、割りと身近な話だと思うのよね、私は。 twitter.com/Werth/status/6…
キール @kir_imperial
例えば主人公が所属してた警備会社の3軍を派遣やバイト、現場社員にして、1軍を正社員や幹部社員とかにすると、あら不思議、身近な良く有る色々グダグダな事になってる企業や組織に早変わりだし。
キール @kir_imperial
文盲で、少年兵やるしかない三日月達は、就職氷河期で、バイトや派遣労働しか道がなくなったロスジャネの人達に見えてくる。どちらも「大人」達の利益の為に犠牲になってるしね。
キール @kir_imperial
「グローバル化によって世界は一つになった」なんて話があるが、コレはとどのつまり今まで国境の外に追いやっていた、奴隷や紛争、格差といった第三世界的なモノや、敵や異人種だとか、そういったモノが国境の中に、社会や企業、学校、家族の中にも出現するようになるって事なんだよなぁ。
キール @kir_imperial
うちん所なんて、まさにそんな感じで、バイトや派遣、契約社員、正社員、幹部社員で、仕事や労働時間、賃金はもちろん、背格好や利用している食堂や食事、使ってる言語まで違うからねぇ。同じ企業に所属しているのにね。
キール @kir_imperial
つまり「世界の縮図」が至る所に生まれてくるのがグローバル化であり、国境の外の少年兵の問題もまた、規模や形を変えて現代日本でも起こりうる、いや起きてる問題だと私は思ってるので、私はオルフェンズは身近な話に感じるし、人によってはえぐられる話よなぁ、っと3話とか見て思った(小並
キール @kir_imperial
いや本当、1話のクーデリアとか3話のオッサンとか、現場の事なんて全然わかってない幹部社員に被って見えたし、3軍犠牲にして逃げた一軍とか、バイトのせいにして、責任回避しようとした別部門の正社員に見えたし(以下略
キール @kir_imperial
覚悟も思慮もないのに、いたずらに善人でありたいと思う人間の傲慢さや自己矛盾、そしてそこから生まれる地獄への道と、断絶、オルフェンズはなんと凶悪で心地よいアニメだ事・・・・。
カッツン @kurogane_pl
クランツのおっさん、常識人と見せかけてこの世界の歪みを体現したようなクソ野郎やったな・・・。子供が戦うことはない!とか言うときながら負けたら負けたで引導渡してくれ(殺してくれ=子供に手を汚させる)とか・・・
カッツン @kurogane_pl
おっさん「負けたときのことを考えてなかった」言うてたけどホントひどい。これでミカ&鉄華団は“ギャラルホルンのパイロット2人殺った”っていうレッテル貼られて延々狙われ続けるんやぞ・・・そのリスク考慮してなかったやろ・・・
カッツン @kurogane_pl
てかクランツのおっさん「隊を飛び出して負けたとあらば責任は~」って自分がルール違反犯してるの自覚してるのに「クーデリアを引き渡してくれれば自分が丸く治める」とかすごいトンチンカンなこと言うてるよな
カッツン @kurogane_pl
例えばこれが「ガンダムは不倶戴天の敵である」っていう共通認識がギャラルホルン内に浸透してれば別だけど、現段階では火星の辺境で起こったトラブルってレベルだし、それを解決したからって一介の兵士(それも命令違反した人間が)が敵対勢力との手打ちを仲介できるはずないがな・・・
カッツン @kurogane_pl
決闘を~以降のおっさんの発言って全部「こうなればいい」「こうあるべきだ」みたいな根拠のないフワッフワした理想論ばっかりなんだよね。そらミカ&鉄華団も「何言ってんだこいつ」みたいな顔するわ
カッツン @kurogane_pl
仮に「決闘の赤布」が「交渉の白旗」だったら、あの時点で鉄華団は「グレイズ見たら真っ先に潰せ」なんて考え一切なかったし(提案を呑むかどうかは別として)話し合いのテーブルに着くくらいのことはやったと思うんだよ。なのにおっさん開口一番「決闘」っていう暴力に訴えてるからな
カッツン @kurogane_pl
ただ、全部クランツのおっさんの盛大な一人相撲だったとはいえ、仮にも一人の人間が己の命を賭した決断を路傍の石のごとく蹴っ飛ばして先に進む鉄華団の行く末には戦慄を禁じえない。何が怖いってたぶん明日にはあの決闘騒ぎで相手一人死んでる事実をみんなが忘れてるだろうってこと
カッツン @kurogane_pl
クーデリアお嬢さんは鉄華団メンバーとの交流で、お互いの認識が違う事柄が発生するとその度に自分の常識と相手の常識を照らし合わせて軌道修正かけてるから才覚あるで
カッツン @kurogane_pl
クランツじゃなくてクランクだったずっと間違えてたよおっさんの名前・・・
カッツン @kurogane_pl
ほんまや・・・1軍殺すとき2発撃ってたミカがおっさん殺すとき3発撃ってる・・・
カッツン @kurogane_pl
てかおっさんの「クーデリア引き渡して双方手打ちにしよう」って提案そのものは何の問題もないのよ。そこで「決闘」っていう力に任せた解決法をチラつかせてるあたり「交渉が通じる相手だと思ってない」ってことなんよな。粘り強く誠意に訴えようなんて思ってないわけ
カッツン @kurogane_pl
2発撃つのは「確実に殺すため」なんで戦場で生きる三日月には当然の事として、同時に「無駄弾は使わない」ことを三日月が知らないはずがない。あの3発目の発砲には間違いなくミカの無言の抗議が込められてるぞ・・・
カッツン @kurogane_pl
ミカくん無表情かつオルガ兄やんに従順、と見せかけて細部で自分なりの矜持が見え隠れしてるよね
残りを読む(80)

コメント

小川靖浩 @olfey0506 2015年10月19日
ジュドー、ガロードと比べた場合はジュドーは「生きるために背伸びした子供」で、ガロードが「大人と子供の間をもがく少年」、三日月は「環境により無理にでも大人にならざるを得なかった存在」と言ったところか。
新・青トロ @NeoAotoro 2015年10月19日
まとめを更新しました。
akihiro6029 @6029___ 2015年10月19日
三日月がクランクを打ち殺すところの逡巡はクランクの遠回しな言い方を、(何言ってんだコイツ…あ、殺していいのか)に理解するまでにかかった時間と、気づいてからの実行の速さ(最後まで言わせない、言質が取れたんだから聞く必要も無い)だと解釈してた。ブレスレットを隠すのは、一番隊の時には気にしてなかったのがなぁ。目下の問題が全て解決したから気づくことができたんだろうか
akihiro6029 @6029___ 2015年10月19日
見返してみたらまだブレスレット渡してなかったけど今つけてるのもアトラが作ったやつ?
文里 @wenly_m 2015年10月19日
今のところ、マリーの残酷脚本がハマりまくっているよなぁ。
小川靖浩 @olfey0506 2015年10月19日
6029___ バルバトスに乗ったときに操縦スティックにつけてたから1番隊追放の際はつけてはなかったですな
てぃろたす @ptilotus21 2015年10月19日
「お願いがあるんだけど…」の時に整備のおっちゃんに託したんでしょ→操縦桿<ブレスレット 「さんざん殺しておいて!」って三日月の言葉に「あ、ですよねー」て思いました
K3@FGO残4.5 @K3flick 2015年10月19日
三日月がボリボリ食ってた火星ヤシが美味しいのか美味しくないのか気になるところだ。 今のところ三日月の行動でオルガの意思が反映されていない貴重なシーンだしw
好古真之 @yoshiful_saney 2015年10月19日
三日月にしてみれば、クランクの言動は正に「お前達がどんな主義主張を持とうが否定はしない。だが、他人にまで同じ考えを強要するな!!」(『ヤング ブラック・ジャック』第3話)案件なのだろうな。
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年10月19日
匂いに拘るってのはどことなく岡田麿里っぽさを感じるね
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年10月19日
クーデリアもおっさんも自分の善意が先立って相手の話(現実)は聞く耳持ってなかったからなあ。ただおっさんの殺し方に戦慄を覚えざるを得ないのは、やはり我々も心のどこかでちょっとは綺麗事を信じていたのに、三日月があまりにあっさりとそれを否定したからだと思うんだけど、どうだろう
姓名 @nityonityo 2015年10月19日
わかっているのか、いないのか、知らないけれど。。。 少年兵ってのは、アフリカじゃ、兵隊であり、娼婦であり、身を守る盾、売り払って代価を得るものって、 扱いで、その少年兵が生き残ったら、同じことを繰り返す、って、地獄のループであって、 リアルどにああいうものなんだと思うけど。。。 ブラック企業? んな、平和な解釈、日本人くらいじゃないの、メタファーに見るのは。。。
姓名 @nityonityo 2015年10月19日
十に満たないうちから、銃を与えられ、人殺しを仕込まれる、エイズを伝染されて、治療も受けられず、動けないとなったら捨てられる、そういう現実が少年兵にあるのであって、なんで、日本にあてはめて、頷かなきゃならないのかが、意味不明。。。
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2015年10月20日
デラーズフリートに代表されるような端から見たら狂人にしか見えない「武人」を揶揄したもんじゃねえのかなあと思いながら見てた。
矢崎惟任竜座@11/16維新VS山形 @yazakiryuza 2015年10月20日
俺みたいにそんな深く考えずに見てる人間は「おー、容赦ねぇな三日月」くらいにしか思わなかったけど考える人はいろいろ考えながら見ているのだなとこのまとめでもTLでも実感。一見してクランク二尉は高潔な軍人に見えるけど三日月たちからしてみれば手前勝手な正義感に酔った傲慢な大人というのには納得がいく。
黒屋ぶるー @kuroya_blue 2015年10月20日
クランク二尉がクソ野郎だってのには同意できないなあ。ちょっと抜けてるだけで十分常識人の範疇でしょう。ただその常識が富裕層寄りというか先進国寄りだったつうだけで。誰が悪いとかじゃなく貧困層とそうでない人間との価値観の乖離の問題でしょ。現実を見てないお花畑とかじゃなく、そもそもまともに暮らしてたらそんな現実見えるわけがねえっていう。
にれ ななき @nire7th 2015年10月20日
命に服して非情にもなれなければ、志を貫ける程に力(権力)があったわけでもなく。理不尽な立場に置かれたのは何も三日月たちだけでなく彼もまた同じだったわけで。とりあえず良い・悪いという評価軸では受け取りませんでしたね。
ehoba @htGOIW 2015年10月20日
この手の図解き的な感想は、やっぱよほどうまく説明できないと首を傾げる話にしかならんね
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年10月22日
これ、「モビルワーカー=ハイラックスのテクニカル」「モビルスーツ=ジェット戦闘機」と読めって事なんだろうな。モビルスーツ乗りには過去の大戦や社会制度から生まれた貴族意識があると言うことか
にれ ななき @nire7th 2015年10月30日
今後もこの作品で語られることかもしれないと4話まで見て思いましたが、このエピソードでは「互いの都合(背景・事情)に折り合いがつかなかった」んですね。三日月が境遇から仲間とともに生き残るため戦うことが肯定、あるいは妥当とされるなら、クランクが彼の価値観や立場で戦ったことはどうでしょう。人は立場や境遇を選べない。それを悪や愚かと言い切っていいとはちょっと思えないのです。(物語としては弱く愚かに見えるよう意図して描かれていたとは思います)
ぼさん @bo__san 2017年6月8日
んー、ミカは決して「オトナ」ではないと思うんじゃよ olfey0506
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする