2
昼寝猫 @tcv2catnap
原発には負けられない 息子の白血病死を告発する母 fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-25.…
伸之さんの放射線管理手帳。  YがNに書き換えられている

「本人は生きるか死ぬか、毎日、病院で苦しんでいるのに、放射線管理手帳の上では、元気な人間として扱われ、死ぬその日まで会社で働いていたことになっていた。  その手帳は、本人も私たちにも見せないで、会社が保管している。  本当は、自動車免許のように自分がもってなければいけないのに。  会社の事務員が預かっているという形になって、本人や家族には、そんなものがあるということもあんまり知らせない」。

昼寝猫 @tcv2catnap
「労災に見合った同じような計算方法で2700万円になるから、あとプラス300万円で、3000万円をお宅にあげる。だから、労災はしないでくれ。労災なんていうのはめったに下りるもんじゃないから」と。(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
これ母ちゃん一度サインしちゃったんだね。この手法は熊本水俣の初期に、越年餅代をチッソが漁民に配って、裁判しないようにというのと同じ。このプロセスの非人間性を意図的に看過できる人間が多い。だからそのうちこの国は第二の敗戦になると言っている。
昼寝猫 @tcv2catnap
「会社が言っていることは、結局、『息子さんは、そんな放射線を浴びたわけではない。放射線を浴びたから白血病になったわけではない。だけど長男が亡くなってかわいそうだから、《みなし》で認めてあげましょう。労災とおなじような額をあげますよ』というここと。(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
そういう中で、平井憲夫さん(原発の被ばく労働を告発した現場労働者 故人)を知り、さらに平井さんから、藤田祐幸さん(慶応大助教授 当時)を紹介される。(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
それから、藤田先生に、『会社の仕事で死んだんだから、労災をもらうべきではないか』と訊いたら、先生は、『当然、そうだ』と。そして、平井さんに、『放射線管理手帳をもらいなさい』と言われて、そうかって」。(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
↓この部分を批判すると「何が悪いんだ?単なる訂正だろう」というリアクションが無自覚に発せられるんだよな。だからこそ利益相反とか、その意味を解釈出来ないジャーナリズムが出てくるんだ。
昼寝猫 @tcv2catnap
「『被ばく労働者って、手帳があるはずだからそれを返してくれ』っていったら、『いまちょっと訂正中だから』って言う。『訂正って、どういうこと? 言葉の間違い?』。  そしたら本当に訂正中だった。東京に天下りのビルがあってそこで」。(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
「はじめは全然わからなかったけど、読んでいるうちに、息子が10月20日に死んだけど、訂正が10月21日に7カ所もある。なんで、死んだ次の日に訂正してあるの?って」訂正は、赤字や印鑑で行われ、30カ所以上も被ばく線量などが訂正されていた。(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
「Yという印を消して、Nに訂正している。Yは、現場に行っていい。Nはダメ。(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
息子は病気だから現場に行ってはいけないはず。Nにしなければならないのに、最初に書かれているのはY。それを死んでから、Nに訂正している。(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
あるいは、『安全教育を受けた』と書いているのを消して、『受けてない』に訂正している。39度、40度の熱で苦しんでいるときに、浜岡で安全教育を受けたという判子が押してある。(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
「本人は生きるか死ぬか、毎日、病院で苦しんでいるのに、放射線管理手帳の上では、元気な人間として扱われ、死ぬその日まで会社で働いていたことになっていた」(前同)
昼寝猫 @tcv2catnap
こういう事実が看過され、提灯だけが人生だみたいなサイエンスライター風情が、まるで会社が最初から性善的に振舞ったみたいな書き方をする。いや、これを読んでも会社とはそういうものという、賢しらなバカが大量に出てくるのが今の日本。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする