論文読者に対する津田敏秀氏の反論への皆さんの反応

まとめ「津田敏秀氏が福島県の甲状腺検査データを解析、「甲状腺がんが多発、原因は被ばく」と主張する論文を発表」http://togetter.com/li/883792 の続編です。 論文はこちらで無料で読めます(2014年12月31日現在のデータを解析)。 http://journals.lww.com/epidem/Abstract/publishahead/Thyroid_Cancer_Detection_by_Ultrasound_Among.99115.aspx 論文と同時掲載予定のコメンタリーはこちら。(一旦消え失せたものの2016年2月29日付けでリンクが復活) 続きを読む
科学 県民健康調査 甲状腺がん 被ばく 津田敏秀
145
ツイートまとめ 津田敏秀氏が福島県の甲状腺検査データを解析、「甲状腺がんが多発、原因は被ばく」と主張する論文を発表 まとめ「「津田敏秀氏が福島で甲状腺がん多発の論文を公表予定」との韓国発ニュースから始まった議論」http://togetter.com/li/876375 の続編です。 論文はこちらで無料で読めます(2014年12月31日現在のデータを解析)。 http://journals.lww.com/epidem/Abstract/publishahead/Thyroid_Cancer_Detection_by_Ultrasound_Among.99115.aspx 補助データ(2015年3月31日現在のデータの.. 85332 pv 1399 103 users 797
岩田健太郎 @georgebest1969
福島で甲状腺がんが増えている、という論文の考察 georgebest1969.typepad.jp/blog/2015/10/%…
⅃ЯAƎ⊿medicina6月号宣伝中 @DrMagicianEARL
EARLの医学ノート更新『Epidemiology誌の津田敏秀氏の甲状腺癌の論文とメーリングリストについて』 drmagician.exblog.jp/23772300/
ryugo hayano @hayano
(「疫学」誌に,次々と反論のレターが投稿されつつあるらしい.期して待とう.)

そしてこうなりました

Haruhiko Okumura @h_okumura
🔖 岡山大学チーム原著論文に対する医師らの指摘・批判への、津田敏秀氏による回答集 fukushimavoice2.blogspot.jp/2015/10/blog-p…

統計学の立場からの検討:@h_okumura 先生と@MinatoNakazawa 先生

Haruhiko Okumura @h_okumura
津田敏秀先生「統計的有意差の有無は大きな問題ではありません」 fukushimavoice2.blogspot.jp/2015/10/blog-p… [そう来たか]
タクラミックス @takuramix
津田氏が提示しているリンク先を読んでみました。津田氏が icmje.org/recommendation… の "f. Discussion"の項を 「統計的有意差の有無は大きな問題では無い」 と読み取ったとすると妥当な読み取り方では無いように思われます。 @h_okumura

(↑引用の資料は、世界の主要医学雑誌の編集者の団体「国際医学雑誌編集者委員会」International Committee of Medical Journal Editorsが制定し、参加医学雑誌が共通して採用している投稿規定の中の「考察」の項で、統計解析結果の取り扱いについて述べているくだりです。内容は以下のとおり↓)

s_matashiro @glasscatfish
岡山の津田氏はここの曲解をしてる模様 e-iii. 「統計的仮説検定(P値など)だけに依存することは避けるように」 f.「特に統計的有意性と臨床的意義を区別しなさい。経済的な価値の解析データが無いなら論文では言及しないように。」  twitter.com/takuramix/stat…
s_matashiro @glasscatfish
@glasscatfish 訂正 正「d-iii」  誤「e-iii」 Methods の中の statistics の項です。 twitter.com/glasscatfish/s…

(補足:「統計的有意性と臨床的意義を区別すべし」とはこういうことです)

温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc
まあ、p≪0.05でオッズ比の信頼区間もめっちゃ狭かったとしても、オッズ比の推定値自体が医学的に意味のない程度の大きさなのに、それを「影響が証明された、ヒャッハー!」とか騒ぐ人が出てくるんだよな。そんなの医学的にも何等対応すべき対象にはならんわけで。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc
それよりはp>0.05であったり信頼区間が広くてもオッズ比の推定値自体が大きくて無視したらえらいことになる様なものは、内容にもよるけどきちんと対応した方がよい場合もあるわけで。

(補足終わり)

Haruhiko Okumura @h_okumura
どこに有意でなくてもいいと書いてあるのかな pic.twitter.com/2UQFPI18Fg
 拡大

(↑これは津田氏の反論の引用文献の一つで、疫学の標準的な教科書の一つです。3人の共著になる大きな本ですが、筆頭著者のRothmanが別に要約版として単著でEpidemiology: An Introductionという本を出していて、こちらも教科書として読まれています↓)

中澤 港%人類生態学者@神戸大学 @MinatoNakazawa
@h_okumura いま自宅なので確認できませんが,少なくともIntroductionの方でRothmanは,p-value functionの利用を推奨している部分で,有意でなくても関連があると考えた方がいい事例を出し,信頼区間からp値関数を想像して関連を考察すべきとしてます
Haruhiko Okumura @h_okumura
@MinatoNakazawa ありがとうございます。確かに私もRothmanのその部分を読んだ記憶はあります。あとで確かめてみます
Haruhiko Okumura @h_okumura
Rothman: Intro.の表8.1の説明で,p=0.08だが点推定値RR=3.2の方を見るべきだという議論ですね。最初これを読んだ時あれっと思いましたが,疫学の現場ではこういう判断をすることもあるのだろうと思いました twitter.com/MinatoNakazawa…
Haruhiko Okumura @h_okumura
↓はRothmanのEpidemiology: An Introduction amazon.co.jp/dp/B00AIL3UR6 のほう
中澤 港%人類生態学者@神戸大学 @MinatoNakazawa
@h_okumura Modern3ではpp.158-159で,曝露群186人年の観察で発症9人非曝露群128人年の観察で発症2人の小標本データで関連無しの帰無仮説を両側検定するとp値は0.14だが,p値関数(Fig.10-3)からみれば関連ありそう(大意)と書いています。
残りを読む(274)

コメント

nao @parasite2006 2015年10月21日
@funkyfungifun さんの訂正ツイートを1件まとめに追加しました。見落とした不注意をお詫び申し上げます。
nao @parasite2006 2015年10月21日
@hseino1 さんのツイートを4件追加収録させていただきました。有難うございました。
nao @parasite2006 2015年10月21日
「統計学の立場からの検討」の項の最後に@h_okumura 先生と@miakiza20100906 さんのツイートを追加させていただきました。有難うございました。
nao @parasite2006 2015年10月22日
Epidemiology誌http://journals.lww.com/epidem/pages/default.aspx は年6回発行で、最新号は2015年11月号として既に発行済です。掲載論文の採択日付けを見ると2015年5月-7月ですから、8月10日採択の津田論文の正式掲載は2ヶ月後に発行される次の号になります。津田論文に対して投稿されたLetterの掲載(電子版限定)も早くて元論文と同じ号(遅ければたぶんその次の号)になると思われます。
Hiro Ohtsu @hiro_stat 2015年10月23日
しもた。乗り遅れた。
nao @parasite2006 2015年11月2日
@tonkyo_Vc さんのツイートを2件追加させていただきました。有難うございました。
nao @parasite2006 2016年2月5日
2016年2月2日-3日に津田論文に対する7件のLetter(内1件は津田氏による反論)がEpidemiology誌のプレプリントとして公表され、うち4件を@tonkyo_Vc さんが読んでくださいましたので関連ツイートをまとめに追加しました。
nao @parasite2006 2016年2月5日
@tonkyo_Vc さん、解説ありがとうございました。残り3件のLetterの解説を緩募中です。
nao @parasite2006 2016年2月5日
津田論文に対する7件のLetter(内1件は津田氏による反論)の残り3件も@tonkyo_Vc さんが読んで解説してくださいましたので、関連ツイートをまとめに追加しました。ありがとうございました。
nao @parasite2006 2016年2月5日
@shun148 さん、@KutaroMichikusa さん、@hayano 先生、@DrMagicianEARL さん、@PKAnzug さん、@planeswalker_sh さん、@kddoing さん、ありがとうございました。
nao @parasite2006 2016年2月5日
@hseino1 さん、@ishida5235 さんにもお礼申し上げます。
nao @parasite2006 2016年2月7日
津田論文に対するLetterが2月4日付でもう1件、Epidemiology誌のプレプリントとして公表されましたので関連ツイートをまとめに追加しました。
nao @parasite2006 2016年2月7日
@kazooooya さん、@shanghai_ii さん、有難うございました。
nao @parasite2006 2016年2月10日
@miakiza20100906 さんのツイート2件を追加収録させていただきました。ありがとうございました。
nao @parasite2006 2016年3月2日
津田論文に最初に付けられたコメンタリーのリンクが一旦消失したものの、2016年2月29日付けで復活していましたので関連ツイートを追加しました。
nao @parasite2006 2016年3月2日
@hayano 先生、情報ありがとうございました。@kazooooya さんにもお礼申し上げます。
secilia2010 @secilia2010 2016年3月7日
津田氏は一度お会いしたことがあるけれど、他人の話に耳を貸さない人だった
酋長仮免厨 @kazooooya 2016年3月19日
まとめ4ページにあるAlfred Körblein氏のレター(グラフ)があった。http://j.mp/1puyFXr 「放射能汚染と甲状腺がん有病率の関連付けすることは困難」だってよ。
nao @parasite2006 2016年4月5日
プレプリント公開から半年経って、ようやく津田論文がEpidemiology誌の2016年5月号に正式掲載されましたので、関連ツイートをまとめに追加しました。
gomataro @gomataro555 2016年4月16日
統計的検定のおさらいをしなくちゃなー。
不言実行なのだ!!!☺︎ @2003jpLove2m 2019年5月28日
UNSCEARの他、一般の方々(早野氏やEARL氏など専門家の方々も入っている)も挙って疑問を呈している。冷静に見て津田論文は「放射線のせい」の結論有りきに見える。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする