靖國神社秋季例大祭・第三日祭に参列(平成27年)

靖国神社秋季例大祭・第三日祭(平成27年10月20日) 参列してきた自ツイートまとめ。
歴史
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
【靖國神社秋季例大祭第三日祭・参列】 10月20日。靖國神社秋季例大祭最終日。第三日祭。 実は、例大祭のご案内を頂戴しておりましたので参列してきました。 以下、つらりつらりと当日のレポをば。 いざ参ります( ̄^ ̄)ゞ pic.twitter.com/XNxtH7jMBw
拡大
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) なかなか知る由もない祭式のご様子。以下に一般参列者視点でレポしてみたいと思います。 まずは「参集殿前」にて受付。 ここでは案内状を提出。記名をするとともにお志をお納め致します。なお、受領書は後日郵送しますとのことで。 pic.twitter.com/xmrNqsRUgv
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 受付が終わりましたら、祭式次第と胸に指すリボンを受領し参集殿内へ。 下足入れに靴を入れて殿内は靴下となります。 あとはしばし時間まで待ち。 昇殿参拝と同様ですが、待つ際は奥から詰めていくように座っていくと良いでしょう。 pic.twitter.com/zEIAIAv4Yz
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 09時20分頃から参集殿で待機していた参列者のご案内開始となります。 奥の方=受付の早い人から順番にご案内となります。 8時15分ごろから受け付け開始のようですので、前の方が良い方、早めに昇殿したい、という方は受付も早い方が良いです。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 受付は早い方が良い理由を追加。 というのも、受付順(奥に座って待っている列から順)に拝殿前方から席を詰めて行きます。 祭典後はやはり前列から順番に昇殿参拝できます。 予定が詰まっている場合は先に昇殿出来るとあとのスケジュールが助かりますね。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 祭式中の注意事項 ・写真撮影はご遠慮ください。 ・携帯電話の電源を切るか、もしくは音の鳴らない設定に。 ・非常に長い時間になります。体調にはご注意を。 ・式典中はたびたび御起立をお願いすることがございますが、足腰が弱い方などは御起立いただかなくても大丈夫です。 など…
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 09時30分。 拝殿内に着席。 やんわりとした秋の心地よい風を体で感じつつ、拝殿内に設けられた椅子に腰かけ、祭典開始まで心を落ち着かせる。 鳥のさえずりが響きわたる境内は神域を過ごすのに格好のBGMであった。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 参列者は600〜700人程度であろうか。もっといるであろうか。 拝殿内左右に分かれた座席と、回廊左側の座席、右側テント内と座席がわかれています。 このあたりも受付順に奥から順に席が案内されていきますので、どの席に誘導されるかは受付順次第になります。早いと拝殿内に。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 靖國神社秋季例大祭第三日祭 祭式次第 pic.twitter.com/u0vxZBFyT9
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 【参列諸員拝殿所定ノ座ニ著ク】 09時50分。 祭典前合図の太鼓が鳴り響く。 修祓の祓い。 参列者は順に祓いを受けます。 拝殿右側、拝殿左側、回廊左側、拝殿右前テント、と。 起立し低頭。 ※ なお、祭式次第は旧漢字表記ですが、レポは常用漢字に直します。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 祭式前にご案内。 国歌斉唱は一節演奏ののちに二度斉唱でお願いいたします。 あわせて遊就館のご案内。 終戦70年特別展。 英霊に感謝の誠を捧げ、その御心を感じていただければ、と。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) ひとつ書き忘れてました。 (・_・;).。oO(いつも、昇殿参拝の時に行ってましたので、当たり前すぎて…… 参集殿から拝殿に至る前に、手水があります。 手水にて参列者は身を浄め、そして拝殿にて、先ほどの「修祓の祓い」となります。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 【宮司以下本殿所定ノ座ニ著ク】 09時55分。 神職らが斎館から拝殿、そして御本殿へと歩まれる。 カツッカツッカツッと木靴の音が鳴り響く御社殿。 そうして宮司並びに祭式奉仕の神職らは御本殿に着する。 ※写真は別日 pic.twitter.com/NTEuel4UNa
拡大
拡大
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 10時00分。 祭式開始の太鼓が鳴り響く。 ドーンッドーンッとゆっくり9回。 太鼓の音が鳴り響くたびに、背筋は真っ直ぐに伸びていき、緊張感が高待っていく。 靖國神社秋季例大祭第三日祭の斎行です。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 【国歌ヲ斉唱ス】 拝殿左前テントに控える國學院大學吹奏楽部による奏楽。 一同起立し国歌斉唱。 二度斉唱。 靖國神社例大祭で斉唱する国歌「君が代」。 凛とした空間に参列者一同の声が響き渡る。既に感無量。 この尊い空間に震える。 ありがとうございます。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 【宮司内陣ノ御扉ヲ開ク】 10時05分。 國學院大學吹奏楽部により奏でられる拝神の曲。 「国の鎮め」 柏手が2回打たれ、宮司によって御本殿内陣の御扉が開扉される。 「オー」 神職による「警蹕」(けいひつ)が木霊し境内を祓い清める。 そして締めに柏手が2回。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 【権宮司以下神饌ヲ供シ初献ノ神酒ヲ奠ス】 10時07分。 國學院大學吹奏楽部による奉奏。 「山の幸」 神饌を供し神酒を奠し奉じる。 ※ なお、御本殿内の祭事の様子は垣間見る事はできません。 この間は式次第をベースに想像しながら吹奏楽に耳を傾けることになります。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 【宮司祝詞ヲ奏ス】 10時15分。 一同起立し低頭す。 柏手2回鳴り響き、 徳川康久宮司が祝詞を奏上する。 締めに柏手が2回。 【権宮司二献ノ神酒ヲ奠ス】 ※ 祝詞奏上はマイクを通じて拝殿内にも聞こえてきます。 故に、参列も祝詞を拝することが出来ます。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 【「鎮魂頌」ヲ合唱ス】 10時21分。 國學院大學フォイエル・コール混声合唱団の斉唱。 この國を やす國なすと あはれ そこよしや 神ここに 生れたまへり ※参考 gokokujinja.org/chinkon/kashi.… pic.twitter.com/fXahnP5rZ6
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 続いて。 【「靖國神社の歌」ヲ合唱ス】 國學院大學フォイエル・コール混声合唱団の斉唱 奉頌歌 靖國神社の歌 日の本の 光に映えて 盡忠の 雄魂まつる 宮柱 太く燦たり あゝ大君の 御拝し給ふ 栄光の宮 靖國神社 pic.twitter.com/Z8G29FBngh
拡大
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 【権宮司三献ノ神酒ヲ奠ス】 【宮司玉串ヲ奉リテ拝礼】 10時30分。 國學院大學混声合唱団の美しいハーモニーによる「鎮魂頌」「靖國神社の歌」の奉納を終え、宮司は玉串を奉じる。 例大祭にて、吹奏楽や合唱などを交えるのは靖國神社ならではの祭式。 貴重な体験です。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 【特別参列者本殿ニ進ミ玉串ヲ奉リテ拝礼】 10時35分 京極高晴氏(前靖國神社宮司/豊岡京極氏15代当主) 拝礼 【崇敬者総代本殿ニ進ミ玉串ヲ奉リテ拝礼】 阿南惟正氏(陸軍大将阿南惟幾子息) 島津肇子氏(元皇族/北白川宮永久王長女) 両名の拝礼
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 以下は例大祭祭式次第には記載なく。 10時40分 拝神曲「国の鎮め」奉奏 10時45分 徳川康久宮司の挨拶 次ツイートより宮司挨拶の要点を記載していきます。
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 徳川康久宮司挨拶の要点 ・御礼 畏くも勅使参向による奏上と御幣物玉串料の御礼 三笠宮彬子女王殿下の秋季例大祭ご参拝御礼 三笠宮瑶子女王殿下の秋季例大祭ご参拝御礼
伊達JKN@神社紀行ネット @Jinja_Kikou_Net
(承前) 徳川康久宮司挨拶の要点 ・霊璽奉安 17日の霊璽奉安祭( togetter.com/li/888424 )にて新たに18柱の御霊を御本殿にお移ししたご報告
残りを読む(10)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする