TwitterAPI有料化は可能な限り対応予定です。続報あり次第公式アカウントにて報告いたします。
2015年10月23日

「津田氏の論文は注目を浴びてるが、それが間違いとわかる論文の方は全く注目されていない」という記事:3県対照調査の論文を読もう(完全版)

発端となった英語記事(どなたか和訳お願いします) Nope—There's No Thyroid Cancer Epidemic in Fukusima A New Study on Child Thyroid Cancer Gets Widespread Attention From the Media—While Another Study Proving It’s Wrong Gets None http://thebreakthrough.org/index.php/issues/nuclear/nopetheres-no-thyroid-cancer-epidemic-in-fukushima 続きを読む
85

これまでのいきさつ

まとめ 「津田敏秀氏が福島で甲状腺がん多発の論文を公表予定」との韓国発ニュースから始まった議論 火元はRecord Chinaのニュース記事です。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150918-00000017-rcdc-cn 津田氏の論文が正式公表されたら情報を追加する予定です。 7302 pv 41 5
まとめ 津田敏秀氏が福島県の甲状腺検査データを解析、「甲状腺がんが多発、原因は被ばく」と主張する論文を発表 まとめ「「津田敏秀氏が福島で甲状腺がん多発の論文を公表予定」との韓国発ニュースから始まった議論」http://togetter.com/li/876375 の続編です。 論文はこちらで無料で読めます(2014年12月31日現在のデータを解析)。 http://journals.lww.com/epidem/Abstract/publishahead/Thyroid_Cancer_Detection_by_Ultrasound_Among.99115.aspx 補助データ(2015年3月31日現在のデータの解析結果) http://links.lww.com/EDE/A968 93003 pv 1409 103 users 797
まとめ 論文読者に対する津田敏秀氏の反論への皆さんの反応 まとめ「津田敏秀氏が福島県の甲状腺検査データを解析、「甲状腺がんが多発、原因は被ばく」と主張する論文を発表」http://togetter.com/li/883792 の続編です。 論文はこちらで無料で読めます(2014年12月31日現在のデータを解析)。 http://journals.lww.com/epidem/Abstract/publishahead/Thyroid_Cancer_Detection_by_Ultrasound_Among.99115.aspx 論文と同時掲載予定のコメンタリーはこちら。(一旦消え失せたものの2016年2月29日付けでリンクが復活) http://journals.lww.com/epidem/Citation/publishahead/Screening_For.. 59037 pv 472 18 users 288

発端

(↑この方は単に記事を読んで紹介しただけで、筆者ではありません。カナダのモントリオール在住の健康関連が専門のコラムニストさんだそうです)

(↑「事実って退屈なもんだ」という辛辣コメント)

本編ここから

上海II @shanghai_ii

津田氏の論文は注目を浴びてるが、それが間違いだと分かる論文の方は全く注目されていない、という記事。 twitter.com/picardonhealth… 後者の方は長崎などをベースに論じた論文。これのことかな⇨journals.plos.org/plosone/articl…

2015-10-21 18:19:14
nao @parasite2006

@shanghai_ii 3県対照調査の論文ですね。この論文1.usa.gov/1elmOPZ は日本語の報告を速報としてそのまま英訳したこちらbit.ly/14CLkbK (前の論文の引用文献12)の続報のようです。

2015-10-21 19:29:58
nao @parasite2006

@shanghai_ii 2013年6月に出たこの論文bit.ly/14CLkbK は知っていましたが、この記事bit.ly/1LnuDqB に出てくる2013年12月のこの論文1.usa.gov/1elmOPZ は初めて見ました

2015-10-21 19:36:43
nao @parasite2006

@shanghai_ii 3県対照調査の2013年12月論文1.usa.gov/1elmOPZ は嚢胞と結節の頻度を地域別、年齢別に提示した上で、3県合算で年齢調整(2010年の3-18歳の子供の日本標準人口分布を使用)後の検出率を求めています。

2015-10-21 19:47:48
上海II @shanghai_ii

@parasite2006 あっ、ぼく別の物にリンクさせたんですね(^^;;; 記事にあるのはこちらですね。 nature.com/articles/srep0…

2015-10-21 19:48:02
nao @parasite2006

@shanghai_ii なるほど、こちらのScientific Reportsの論文bit.ly/1LnvBTu は3県対照調査の追跡調査の結果ですね。対応する和文報告書bit.ly/1LnvMOL

2015-10-21 19:52:17
上海II @shanghai_ii

@parasite2006 この報告書の参考文献にはPLoS ONE 2013 Dec.の論文が出てますね。

2015-10-21 20:22:48
nao @parasite2006

@shanghai_ii まあ追跡調査報告書bit.ly/1LnvMOL の表紙に「平成26年(2014年)3月」と書いてありますから、報告書を書いていた時点ではすでに掲載済。

2015-10-21 20:31:12
上海II @shanghai_ii

@parasite2006 あっ、どちらもリンクされてた(汗) どちらも後ほどゆっくり読みます。

2015-10-21 20:10:08
nao @parasite2006

@shanghai_ii それにしても環境省、論文が出てるなら報告書コーナーbit.ly/1Lnxi3o にもリンクしておいてくれたらいいのに。

2015-10-21 20:15:45
上海II @shanghai_ii

@parasite2006 (またオオボケコメントしたので削除(^^;) tweetのピカールさんは記事を書いてないようです。記事を紹介しただけで。記事を書いたのは、Will Boisvertさんとなってますね。

2015-10-21 20:15:18
nao @parasite2006

@shanghai_ii よく読んでみたら筆者は別でしたね。私もツイートを削除しました。この記事bit.ly/1LnuDqB を書いたのはエネルギーと環境と都市政策が専門のジャーナリストなのだそうでbit.ly/1Lnyhk1

2015-10-21 20:28:34

元記事をご紹介下さった方がおられました

1 ・・ 5 次へ