1
😎ひ な た🕶 @d_hinata
『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』 #TIFFJP @ tohoシネマズ六本木♪う~ん、、これはちょっと合わなかった。演奏がだんだんと気持ちいいBGMになっていった…(^-^;) coco.to/6240
kimberly @kimberly_salon
東京国際映画祭。5本しかみてないけど賞あて。グランプリと監督賞は「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」に。男優賞も同作品のイーサン・ホーク。→
はと @810ibara
『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』モノクロの光と栄光よ蘇れ、と言いたくなるようなイーサン・ホークの熱演。チェット・ベイカーという人となりもそうだけれど、周囲の人々のあり方がとてもよい。人は何のために何を得て、何を失うのか。素晴らしい音楽とイーサンに引き込まれてあっという間の時間だった
MAKO.G @goga_ma
第28回TIFF『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』。チェット・ベイカーを演じるイーサン・ホークが情けないけど超絶カッコいい!!! 男性がシビれる男性向きの映画と思いきや、父と子、男と女、人生と音楽…いろいろなテーマを含んでいた。 pic.twitter.com/zZq3sp8OOY
拡大
ぼのぼの @masato009
『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』のラストであのような決断をしたチェットのその後の人生がどんなものだったか、この歌に全てが集約されているように思える。映画のタイトルは別の歌だが、その「ブルー」にこちらの「ブルー」がこだましていることは言うまでもない。
ぼのぼの @masato009
「オールモスト・ブルー」は『レッツ・ゲット・ロスト』の最後に歌われる歌。この後ほどなくして彼はホテルの窓から落ちて死亡する。明らかに音程がずれた、ヘタな歌。しかし『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』の中でディジー・ガレスピーが「君にしか出せない音」と言ったとおりの歌。
ぼのぼの @masato009
『レッツ・ゲット・ロスト』YouTubeに無いわけでもないが画質が酷いので推薦しない。ただチェットのことを知らずに『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』を見た人がいたら、せめてこれだけは見て欲しい。これがあのラストから17年後のチェット。 youtube.com/watch?v=E4Irid…
拡大
はるみ @halseki
「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」。「虹の彼方に」のシーンではウルウルしてしまったよ。昔々、この映画祭で「今を生きる」を上映したとき、学生役の1人として舞台挨拶したイーサン・ホークを覚えてますよ。よくぞここまで! pic.twitter.com/zM4E5yUFSm
拡大
jin @takeyakun
前日に『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』じゃなくて、あえて『コスモス』観るって宣言したのに、翻したことちょっと気にしてる…。レイトだとこっちの気分になってくる…。
やっと平民 @yattoheimin
「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」をスクリーン7で観た幸せものです。【MOVIEブログ】2015東京国際映画祭 Day3 cinemacafe.net/article/2015/1… @cinema_cafeさんから
maplecat_eve @maplecat_eve
監督によると『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』は来年に日本公開の可能性があるそうだ。泣き崩れてしまうかと思ったよ。そして個人的な主演男優賞は二年連続でイーサン・ホークに。 pic.twitter.com/KWAJBxSwv2
拡大
髙 橋 佑 弥 @orange21807991
「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」鑑賞。 傑作。シンプルに研ぎ澄まされたフラットな演出、抑制が効いていて素晴らしい。Eホークも文字通りの”熱演”。チェットの哀愁を身体中から染み出させている。正直曲を劇場で聞けただけでも大満足なのだが。 pic.twitter.com/9vga68eL1i
拡大
jin @takeyakun
『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』ドラマティックな題材を扱いながらも、抑制の効いた演出が渋い。ビターでスモーキーなテイストに酔える。この映画が必要な夜が、きっとあるだろう。イーサンの魅力で引っ張ってる映画なんで、男優賞とらなきゃかえって変かも。有名人は選考外?オダジョーの方が凄いの?
mimicha @ordinarydays_tw
Q&Aで監督にぶつけたいと思ったくらい虚しくて悲しかったんだけど、裏を返せばそれだけイーサンの演技と演出が素晴らしかったということなのかな。日本では2016年に公開になるんじゃないかな〜って言ってました>ボーン・トゥ・ビー・ブルー pic.twitter.com/9kIfVRnx0H
拡大
ぼのぼの @masato009
『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』ともかく来年日本でも公開されるはずなので大推薦。『灼熱の太陽』『土と影』の2本は、どちらもユニークなスタイルを持つ佳作だが、地味だし、これぞと言うインパクトには欠けた。しかし本作の登場で大逆転。Q&Aもあったし、来て良かった!
mimicha @ordinarydays_tw
私の六本木ラスト『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』観賞。ドン底に落ちたチェット・ベイカーが再起する迄のドラマでイーサン・ホークの演技も歌も(本人が歌いたがってたんだって)素晴らしかったし脇の俳優も凄く良かったけど、チェットが何を選ぶかを知っているので、私は観終わった後凄く虚しかった。
jin @takeyakun
『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』僕にとっては、Jキャッシュもスライもカートもミュージシャンの伝記映画は全部岡村ちゃん。チェット・ベイカーの本作でも、岡村が再びステージに立つ努力を想い号泣…。血流し首かしげてペット吹いてる姿に熱くなり、孤独な時間に頭をよぎるものを想像し、苦しくなる。
ぼのぼの @masato009
『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』しかしこうなるとますます『レッツ・ゲット・ロスト』を見直したくなる。本作と『レッツ・ゲット・ロスト』はまさしく双子の兄弟。これを合わせて見ることで、どちらの作品も感動がより深まること請け合いだ。 pic.twitter.com/pb0kjen8ro
拡大
はるみ @halseki
TIFFコンペ「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」六本木ヒルズ。イーサン・ホークに主演男優賞を!オスカー・ノミネートに公開間に合うのですか? pic.twitter.com/ef1z0sLOAW
拡大
ぼのぼの @masato009
『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』劇映画として、ブルース・ウェーバーの『レッツ・ゲット・ロスト』とは違う角度からチェットの本質に切り込んだ、本当に見事な作品。私の場合チェットへの思い入れが加味されていることは確かだが、チェットを知らない人でも、普遍的な人間ドラマとして感動できるはず。
髙 橋 佑 弥 @orange21807991
ボーン・トゥ・ビー・ブルー、上映時間がタイトなのも最高。
えのもと @shannpuu
映画『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』 ★★★★4.6点。 チェットベイカーという人間、1人のアーティストの成熟、苦悩そして再生、1人の男の愛を描いた、一見穏やかだが底知れない深み… filmarks.com/review/10524107 #Filmarks #映画
kimberly @kimberly_salon
「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」ソウルフルなチェット・ベイカー(イーサン・ホーク)のトランペットにしびれた。控えめなヒューマンドラマが彼の弱さと葛藤を引き立てる。60'-70'アメリカ社会の空気が凝縮されて奥行きも抜群 #tiffjp pic.twitter.com/WYCOcGHDP2
拡大
ぼのぼの @masato009
『ボーン・トゥ・ビー・ブルー』それは何よりも「芸術」というものの残酷さ、ジャズという音楽が内包する破滅性を鋭く描いている。「ジャズ」が言い過ぎなら「チェットの音楽」と言ってもいいだろう。復帰後の彼の音楽に流れる、空虚さと甘美さはここから生まれてきたのかと…
とと @t0t08
TIFF「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」何でこんなにイーサン・ホークは影のある人間を演じると輝くのか。ラストシーンが本当に素晴らしい。ジャズに興味がない人も是非観て欲しい快作。 pic.twitter.com/I8Zf1GbJFz
拡大
残りを読む(99)

コメント

えごま @tansuVerve 2015年12月26日
と思ったら東京国際映画祭の時のまとめがあった。来年公開するらしい。観たい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする