10周年のSPコンテンツ!
2
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
@PPP_Sounds ジミヘンっぽくするには24fにフロントPUのあるギターが必要 んでまず初段にfuzzfaceをかまし、ギター側volつまみで低音の出方を調節する FFは基本踏みっぱなし、バイパスはしない。ワウはV847でワカチョコする
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
@PPP_Sounds ギター側はアホみたいに太い弦を張ってダウンチューニングで音色の太さを稼ぐ、が、めんどくさければやらなくてもいい。 むしろ右手のピッキングとトリルの入れ方のほうが「らしさ」には重要
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
@PPP_Sounds ジミヘンのキモは演奏してるリズムのタイム感ちゅーか 彼は本当に歌うように弾くので彼の歌をちゃんと聴いてその通り弾けばジミヘンになる
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
@PPP_Sounds ワウ踏みはかなりテキトーにやってもその通りになるのであんまりコツはいらない
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
とにかくジミヘンは手元のギターボリュームでfuzzfaceのローブースト具合を調節するプレイヤー
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
ジミヘンのめっちゃ太い音、ってオールドマーシャルフルアップ+fuzzfaceでのローブーストで成立しているのでEQとかでストラトの音をアッテネータかませた歪むアンプで鳴らしても絶対に再現できない
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
ジミヘンサウンド作るときというか真空管アンプはマスターボリュームを上げれば上げるほど倍音と低音が出てくるのでローつまみはかなり下げ目にしてマスターボリュームをローツマミのかわりにするといい
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
んでギターアンプのEQには二種類あって 歪みの前でEQが効くやつ、あとで効くやつ、さらにアクティブとパッシブがあったはず
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
ジミヘンのuni-vibe演奏はオクタビアとかで強調した倍音をuni-vibeでジョワジョワ言わせてるので 倍音がない状態のギター単音をubに通してもそんなジョワジョワしない ほんの少しだけ軽~くfuzzfaceで倍音を増やしてやるとそれっぽい
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
で、たぶんunivibeのキモはHPFが入ってて低音はジョワジョワしないようになっているはず
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
激しい歪みを小さい音量で得るためにアッテネータがあるわけだが それは真空管アンプの特性を殺すことになるわけで、そんなもん使うくらいなら真空管プリアンプペダルで歪みを作ってパワー部はデジタルモデリングとかトランジスタでいいと思う
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
パワーアンプ部の歪み、デラリバとかだと顕著
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
部屋で弾くには1Wでも音量でかすぎる真空管アンプ
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
はーーー デラリバをフルアップで鳴らせる家に住みてえ(日本じゃ無理)
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
歪まないクリーンなまま大音量を出すことが真空管アンプでは難しかったという歴史があり それに基いてツインリバーブがクリーンな大音量を鳴らせるアンプとして出たわけで 真空管アンプちゅーのはパワー部で歪むこと前提なんよ
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
んで、それはサウンド面だから、やろうと思えばデジタルモデリングで再現できる 問題はプリアンプ部 ここがモロにプレイフィールに影響してくる プリチューブじゃないアンプはどうしても嘘くさくなる 音が早かったり遅かったりする
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
まあfuzzface踏んでる時点でプレイフィールも糞もねえんだが…
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
でもたぶんfuzzfaceでは直だった音が、プリチューブを通るときに立ち上がりの遅延が発生するので、fuzzface踏んでようがあいだにデジタルリバーブが入ってようがプリチューブであることは重要だと思う
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
で、指板 メイプル指板でないとおはなしにならない エレキギター、それもソリッドギターというのはネックを鳴らす楽器なので
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
伝統的なガットギター、スチール弦フォークギターは指板をローズなりエボニーにする なぜか それは指の汗を吸ってくれるから それが指板の本来の役割、なんだけど、fenderはそれをサウンドメイキングに用いた
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
ボルトオンとメイプル指板の組み合わせで、いわゆる「エレキギターらしい音色、アタック」が最大限に強調される。 ただしベンチャーズはローズ指板のジャズマスと、メイプル指板のモズライトを使っている
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
エレキギターは弦振動をボディ(空洞)で拡声しなくてよい楽器なので、より微細な振動も拡声して表現できるようになった それまでジャカジャンと弾かなければならなかったギターを、羽根で撫でるように奏でることが可能になったのだ だからここでメイプル指板が生きてくる
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
消え入りそうなよわよわしいピッキングでも歪ませたアンプのコンプレッション効果でそれなりの音として聞こえる これがエレキギター特有の音色につながる だから伝統的な作りをしているギブソンのギターよりfenderのギターはずっと革新的だったわけ
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
だもんで、「激しく歪ませてピロピロとものすごく速いスピードで演奏する」ということが可能になった なぜなら、強く弾かなくていいから だからタッピング(ライトハンド/ボースハンド奏法)やトリルがかっこよくキマるし、はやびきを羽根で撫でるようにスウィープしてもちゃんと歪んで出力される
PrivateProvenPirate @PPP_Sounds
だからメタル音楽に向いているギターは可能な限りエコノミー(経済的)な指運びとピッキングができるようにローアクション(弦高が低い)に設定されている
残りを読む(2)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする