富谷の二つの神楽(随時更新)

自分用まとめ。歴史民俗資料館に展示されてた一枚のパネルで気になる記述が。で、富谷の神楽を調べ続けてる記録。今の所、榊流永代神楽の話が多め。なんかあればその都度追加します。

事の起こり当時はまだ富谷町でした…

チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

文化の日で無料開放してた歴史民俗資料館に行ってきたのですが、神楽についてのパネルで、南部神楽の南限・十二座神楽の北限、どちらにも富谷町とあったので「え、なに富谷町は神楽文化の交差点なの(・∀・)」と胸躍らせながら先ほどからググりまくってたんですが詳細見つけられねえどういうことだ→

2015-11-03 19:10:51
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

→宮城の神楽の種類についてはこちら「宮城県に伝わる伝統芸能について」東北伝統芸能アーカイブスwatabe-lab.org/info/2013/05/2……こちらには3種類書かれてます。れきみんのパネルではこれに太神楽(獅子をまわす神楽)が入って4種類でした。先のリンクでは獅子舞に分類されてる→

2015-11-03 19:16:24
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

→南部神楽の南限に関しては、先の東北伝統芸能アーカイブスに記述がありました。「今泉天津流南部神楽」watabe-lab.org/news/2015/02/2…。一度中断してたのですね…→

2015-11-03 19:22:34
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

→十二座神楽の北限は、れきみんのパネルでは「塩竃神社の神楽と黒川郡富谷町・榊流永代神楽」とありましたが、検索では北限表記見つけられず。 ちなみに東北伝統芸能アーカイブスでの「榊流永代神楽」watabe-lab.org/news/2015/04/2……岩戸神楽=十二座神楽です→

2015-11-03 19:29:26
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

→(´-`).。oO(ところで榊流永代神楽は仙台の青麻神社の榊流神楽が伝移されたものとのことでしたが、同アーカイブスでのそちらについての記述がなんだか少ない気が…watabe-lab.org/news/2014/09/2…)→

2015-11-03 19:35:25
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

→(´-`).。oO(スタッフの方に直接伺えばよかった…でも博物館で何か聞くと私の話がわかりにくすぎるとか、そんなこと聞く人いなかったとかでスタッフの方を困らせて申し訳ないから、ためらうんだよなあ…) パネルにあった引用元の文献を図書館で探してみるか。てことでこの件いったん終了

2015-11-03 19:44:19
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

今更のように太神楽を調べてたら、獅子舞だけじゃなく曲芸パートもあって、あの染之助・染太郎さんがたがこのジャンルだったのね… 「太神楽」日本文化いろは事典iroha-japan.net/iroha/C04_vaud…

2015-11-04 00:22:39
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

(´-`).。oO(ていうか本来は神楽のこと調べるために読んでたのに何をしているのか…)

2016-05-17 17:24:14
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

ついでだから、富谷の神楽のこともつぶやいておく。 榊流永代神楽。新訂富谷町誌p881。永代神楽として大亀(地名)に伝わったのは弘化5年(1848)。旧岩切村(現・仙台市)青麻神社に伝わる榊流神楽を移入した。ちなみに青麻神社の神楽は文化4年(1807)に京都で直接伝授された。

2016-05-17 17:36:30
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

…思ったより新しいというか、青麻神社に伝わってから半世紀もしないうちに富谷に来てるのか。ちょっとびっくり。 巻末の富谷町年表を見ると、神楽が伝わる前の20年の間に凶作や飢饉(天保の大飢饉)や洪水が何度も続いたようです。それで神楽を伝えてもらって願いを込めたのでしょうか…?

2016-05-17 17:47:19
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

天津流南部神楽。こちらはもっと新しい。前出町誌p882によると、大正3年(1914)、南方村の行商人が今泉地区の若者たちに伝えたのが始まりといわれてるとのこと。戦後間もなく後継者難から途絶えたけど、昭和52年、復活の話があがり、翌年春の祭典で初舞台。30年ぶりの復活らしい

2016-05-17 17:57:30
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

新しい。そして昭和53年の復活が30年ぶりってことは、消えたのは昭和23年(1948)あたりってことかな? こちらもなぜ伝えた(伝わった)かは書いてない。巻末の年表見ても、ちょっとわからない。うーん、他の資料当たるしかないかー。

2016-05-17 18:04:29
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

うーん、「神楽の交差点」というわけではなかった、ってことかなあ。たまたま二つの流派がそれぞれ違うルートで来てた、というだけなのかなと。 …まあ、あんなに神社あるのに神楽が二つだけ、ってのもちょっと引っかかってるんだけど、消えた神楽の記録なんて載ってないしなあ…

2016-05-17 18:16:43
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

っていうか、巻末に「わたくしの『富谷町誌』の読み方」というのが載ってるのですが、そのp1030によると、村内の古文書・記録の残存がきわめて少なかったという恐ろしい話が出てる…慶応2年(1866)の火災で富谷新町の多くの家が焼失したことによるらしい…なんてこった…

2016-05-17 18:23:24
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

てことは自分が「ここどうなってんじゃゴルァ( ゚д゚)!」ってなってたところは、学者さん方も「不十分なのわかってっけど記録がねえんだよバーロー( ゚д゚)!」な感じだったのかな…そうか…そうか…

2016-05-17 18:25:56
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

帰り際取り急ぎ青麻神社の神楽の項目に目を通したら、 榊流より丹波神楽と同系 →( ゚д゚)丹波神楽ってなんじゃあ! 「いつのころからか」富谷にも伝わる →( ゚д゚)富谷町誌では書いてあった伝承した年がない? なんでだぁ! 次回の課題を確認して図書館を後にしました…orz

2016-05-20 18:59:53
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

東北歴史博物館研究紀要2を読んで、十二座神楽の名前と系譜で早くも頭混乱している 系譜は出雲流神楽→催馬楽神楽→太々神楽(関東→福島・山形)・十二座神楽、で合ってるのか? チャートが欲しい

2017-04-11 16:51:20
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

東北歴史博物館研究紀要2p32 「これまで同系の神楽は、岩戸神楽・仙台神楽・榊流神楽・熊野堂神楽・十二神楽・十二座神楽・蔵王神楽などの名で呼ばれていたものの必ずしも全体を総称したものではなかった。そのほか神楽組によっては、法印神楽・山伏神楽・(以下略」 _(:3」z)_

2017-04-11 16:52:19
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

十二座神楽の系統(同p33〜34) イ・仙台神楽(通町系・丹波神楽系・秋保混合系) ロ・熊野堂系(熊野堂社家系・熊野堂蔵王修験系) ハ・道祖神系 二・松沢山修験系 ああ前に見かけた「榊流より丹波神楽と同系」の意味がやっとわかった! 「元々若林区木下白山神社に由緒を持つ神楽」か!

2017-04-11 17:00:07
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

そして同紀要p35、 「この青麻神楽から富谷町(原文ママ)大亀の永代神楽に相伝され、また塩釜市の塩釜神楽も主として青麻神楽の大きな影響を受けている。この塩釜と富谷の神楽が十二座神楽としての北限となる。」 歴史民俗資料館のパネルの元はこれかな? うわぁここまで一年近くかかった!

2017-04-11 17:06:30

↑一年以上かかってました…

チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

おうっ…⁈ 同紀要p39 「奇異なことに十二座神楽群中、獅子舞のない系統があって、仙台神楽の丹波神楽系には入ってない。「八岐大蛇」を獅子の形にして登場させているがやはり「獅子舞」ではない。」 これ、富谷だけなら「紫太夫がいたからじゃないすかね」って言えるんだけど、多分違うね…

2017-04-11 17:20:19
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

ていうか、同紀要p40〜41の「十二座神楽の演目表」に富谷載ってない_(:3」z)_

2017-04-11 17:23:43
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper

ええと、獅子舞は終幕なのね。表にある丹波神楽系だとラストは… 木下白山丹波神楽・七郷神社丹波神楽…八岐大蛇退治 榊流青麻神楽…竜宮の舞/天岩戸開舞 塩釜神楽…伊弉諾命伊弉冊命舞 あと通町系の仙台東照宮神楽・9番目に「蛇きり舞」ってのがあって獅子舞がないけど丹波神楽の影響ありか

2017-04-11 17:36:53
残りを読む(13)

コメント

チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper 2017年11月3日
この機会なんで、ついでに公開にしました。ちょうど2年前からの神楽関連の記録(榊流永代神楽が多い)です。2年かかってる割には情報が少ないです_(:3」z)_
0