10周年のSPコンテンツ!

私のお気に入りの #ゴジラ 映画~2014年版 #GODZILLA について~

ゴジラファイナルウォーズ以来10年ぶりの、そして初のハリウッド版ゴジラ映画(エメゴジ?知らん)にすっかり感化された私が自分のツイートをまとめてみた。ゴジラに興味なくても核兵器や原発の危険性、権力や軍事力の欺瞞に関心があるなら一見の価値あり。 こちらもどうぞ ゴジラと龍の関連性についての考察http://togetter.com/li/897001
映画 核抑止力という幻想 人類への警鐘 震災 godzilla2014 隠蔽 ゴジラ 原発 GODZILLA 核兵器 破壊神
31
芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
shin-godzilla.jp 来年の日本版ゴジラが不安である。去年のゴジラ映画を越える完成度でなければ本家ゴジラの面目が立たない。では私が2014年版ゴジラのどこに感銘を受けたかを述べていこう。長いが最後まで読んで頂ければ幸いである。#Godzilla #ゴジラ
芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
冒頭のビキニ島核実験の場面である。核爆発から画面が真っ白になって題字が浮かぶ演出に絶句。以前のハリウッド版ゴジラはフランスに核実験の責任を押し付けたが今回は正面から自国の問題に切り込んだ。#Godzilla #ゴジラ pic.twitter.com/fmaziM5oqK
拡大
拡大
拡大
拡大

BGMにも手が込んでおり、核爆発の場面までは本家ゴジラのテーマ曲を髣髴とさせる重々しいオーケストラが、核爆発後の場面では一転して神々しさを感じさせるコーラスとなる。私には核の犠牲者への鎮魂歌に聞こえた。ちなみに日テレはこの映画を地上波上映する際にオープニングを丸ごとカットするという暴挙に出ている。この映画の趣旨を理解せず、主題を観客に提示する重要な場面を削るというゴジラの本国としてあるまじき行為だ。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
実は劇中のビキニ島核実験はゴジラを倒すための核攻撃だった。しかしゴジラを倒すどころか逆に生命力を高める結果になったと公式パンフレットのあらすじで明言されている。核使用が更なる脅威を招いた展開を評価したい。#Godzilla #ゴジラ pic.twitter.com/zXCCGouXNb
拡大
拡大
拡大
拡大

核さえあれば全て解決できるという超大国の思い上がりをゴジラが真っ向から粉砕した。核実験だと世界に向けて嘘をついてまで強行した核攻撃がゴジラを進化させるという最悪の事態を招いたので、各国の共同で設立された秘密組織モナークがゴジラの存在自体を隠蔽し、極秘裏で研究するようになったという筋書きである。オープニングのテロップが塗りつぶされる描写からも、この映画の主題の一つが隠蔽であることは間違いない。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
海底に眠るゴジラが米軍の原潜ノーチラスの潜行で目覚めたという筋書には驚かされた。核がより重大な脅威を呼び覚ますという展開は、仮想敵国であるソ連の核兵器開発を促す破目になった史実にも通じるところがある。#Godzilla #ゴジラ pic.twitter.com/c01dtWc9xi
拡大
拡大
拡大

初代ゴジラはビキニ島核実験の被害者であり、原爆投下の被害を受けた唯一の国である日本らしい設定である。一方この映画では核兵器の濫用が核を摂取するゴジラを覚醒させるきっかけとなっており、世界最大の核保有国であるアメリカらしい設定といえるだろう。なお劇中では1950年代の米ソの核実験は全てこのゴジラへの核攻撃だったので、このゴジラは核爆発に巻き込まれた回数が歴代ゴジラで断トツの最多である。見方によっては今までのどのゴジラよりも核の被害者としての側面が強く出ているとも解釈できる。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
核兵器をひけらかす事で事態を悪化させるという劇中の流れは核抑止論の全否定であり、核武装が相手国の核武装を煽って世界を核戦争の危機に陥れたり、外敵からの攻撃を未然に阻止するどころかテロを未然に阻止できずに大勢の犠牲者を出した事実をしっかりと反映している。#Godzilla #ゴジラ

「核兵器保有が外敵からの攻撃を未然に防ぐ効果がある」というのが核抑止論の要旨である。しかし現実には米ソ両国がお互いに抑止力と称して核兵器開発競争を過熱させた結果キューバ危機で人類そのものが滅亡の危機に立たされたり、一万発もの核兵器を保有するアメリカが結局911同時多発テロを未然に阻止できずに貿易センタービル倒壊を許したりと全く抑止力になっていない。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
渡辺謙さん演じる芹沢博士は父を広島原爆の被爆で亡くしたという設定で、劇中では父の形見の懐中時計(広島原爆が投下された時間で止まっている)を見せて怪獣への核兵器行使に断固反対した。#Godzilla #ゴジラ pic.twitter.com/Uk6awNAMPE
拡大
拡大
拡大
拡大

監督のギャレス・エドワーズ氏は広島の原爆資料館を見学し、8時15分で止まった時計を見て衝撃を受けた。それを映画の一場面に組み込んだのは監督のこだわりである。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
米海軍のステンツ提督は芹沢らの反対を押し切って核使用を強行する。しかし用意した核弾頭二発はどちらも核を餌とする怪獣ムートーに奪われて運搬に関わった人たちが犠牲になるという最悪の結果を招く。#Godzilla #ゴジラ pic.twitter.com/lVBPu7qX2h
拡大
拡大
拡大
拡大

ステンツ提督は住民の安全を第一に考える高潔な軍人である。しかし放射能を摂取する怪獣相手に核兵器を行使するという最悪の決断をしたために、ムートーの成長と繁殖をお膳立てして大勢の部下や民間人を犠牲にする結果となった。イラク戦争を強行してイスラム国(IS)成立をお膳立てした現実のアメリカともダブって見える。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
被爆者の思いを踏みにじって核兵器の使用に踏み切った結果事態を悪化させて犠牲者を増やすという筋書きをアメリカの映画で実現した意義は大きい。初代ゴジラの主題である反核主張を否定せずに独自色を出したのは見事である。#Godzilla #ゴジラ

いまだに広島長崎への原爆投下を正当化する声が大きい国でこうした映画が製作、上映されたのは特筆に値する。本来この映画は広島長崎の原爆投下や、東日本大震災による福島原発事故の被害を受けた当事国である日本が作るべきだったが、よりにもよってかつて日本に原爆を投下したアメリカに先を越されてしまった。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
新怪獣ムートーの設定も面白い。劇中では翼をもつ雄と翼がない代わりに雄よりはるかに巨大な雌が登場する。雄は日本の原発を襲撃して原子炉に寄生した。ムートー襲来の場面は東日本大震災の福島原発事故そのものである。#Godzilla #ゴジラ pic.twitter.com/zSmRUdTArc
拡大
拡大
拡大

日テレで地上波上映された際はこの場面もカットされていた。原発推進に力を入れる日テレの親会社、読売にとってあれほど安全と言っていた原発があっけなく倒壊した東日本大震災の福島原発事故を思い出させる原発倒壊の場面は都合が悪いようだ。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
劇中の日本の原発は本当に事故を起こしたスリーマイル島原発に酷似している。さらに劇中で雄のムートーの襲来があった1999年は、茨城県東海村の核燃料加工施設で作業員が被爆死する臨界事故が起きた年である。#Godzilla #ゴジラ pic.twitter.com/xj7h0GihzE
拡大
拡大

上が実際のスリーマイル島原発、下が劇中の冒頭に登場する日本の原発である。ちなみに東海村の核燃料加工施設で臨界事故が起きた年に上映された『ゴジラ2000ミレニアム』でも東海村原発にゴジラが上陸する場面がある。阿部寛さん演じる片桐危機管理局局長の「今すぐ原発を止めろ!」が印象的

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
先述のステンツ提督が搭乗している空母の名がサラトガである。空母サラトガは実在し、太平洋戦争で活躍した後に1946年のビキニ島核実験で標的艦になった。原発と同様史実を反映した描写である。#Godzilla #ゴジラ pic.twitter.com/Lgz2nRMeRV
拡大

私はこの映画を観て空母サラトガを知った。ただ観て楽しむだけの映画より、観て新たな発見のある映画の方が見応えがある。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
なんと日本政府は原子炉にムートーが寄生した事実を隠蔽し、国民には放射能で汚染された退避区域だと嘘をついて原発周辺を調べる者は逮捕している。主人公フォードの父ジョーも逮捕された。まるで特定秘密保護法を強引に制定した現実の日本政府への皮肉である。#Godzilla #ゴジラ

こういう映画を観ると、海外の方が日本を現状を的確に把握しているんじゃないかと思ってしまう。

芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108
ジョーは息子フォードの偏見の目も気にせずに真実の追究を続けていた。来客が全くないことから彼が世間から相手にされていない、すなわち劇中の日本国民が原発事故や自国の政府の隠蔽に全く無関心であることが伺える。#Godzilla #ゴジラ pic.twitter.com/PHgf4L0yDn
拡大
拡大
拡大
拡大

無関心ほど恐ろしいことはない。深刻な事態が起きていても全く気づこうとさえしないのは、いざ事態が露見した時にどう対応してよいかわからずに地獄を見るからである。果たして現実の日本国民は大丈夫か?

残りを読む(48)

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年11月4日
2014年版ゴジラは、どちらかというと平成ガメラのイメージに近いですね。
Maulwurf @a7m167509498 2015年11月4日
この映画の番宣で渡辺謙が私本当はガメラの方が好きだって言ってた
川田零三 @kawada0zo 2015年11月5日
「ミレゴジ」は元々青白い炎を吐いていたのに、東海村臨界事故の直後のため「配慮」によって赤く変えられた、というのは割と有名。そのミレゴジにも出演した佐野史郎氏、放射能の扱いの描写について監督に色々アイデアを出したのに「細かいこと言ったらキリが無いよ」と相手にされなかったと嘆いてたな
川田零三 @kawada0zo 2015年11月5日
↑パンフは未読だが、佐野氏の「ようやくこれが見られたか!」はやはり「ミレゴジ」を踏まえてのコメントでしょう
芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108 2015年11月5日
kawada0zo やっとまともなコメントが見れて有難いです。そんなことがあったんですか、情報ありがとうございます。私はミレニアム結構お気に入りですよ。西田尚美さん演じる一之瀬記者がゴジラを撮影したのに放射能でフィルムが感光してしまったり、放射熱線の直撃でオルガが一瞬皮膚が焼けただれて垂れ下がった被爆者みたいな姿になったりと描写が細かいので。佐野さんの助言が反映されたらもっといい映画になったかも知れないんですね。そう考えると残念です。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年11月5日
それは1954年版ゴジラだけで、あとはだいたいプロレス映画です RT:Genbu95「核による加害者と被害者の両面性を持つゴジラ」
川田零三 @kawada0zo 2015年11月5日
Genbu108 帰宅して確認しました。双葉社『帰ってきた怪獣魂』巻頭インタビューです。私のコメには記憶違いもあったので(元々青白い炎を…というのも確定情報ではないようです)、ぜひ直接ご確認ください。アマゾン中古なら1円+送料ですし。わずかながら平成ガメラにも言及しています
芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108 2015年11月5日
ontheroadx キングコング対ゴジラが大ヒットした時点でゴジラは日本のゴジラはそうなる運命だったんですかね?
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年11月5日
プロレスのテレビ放映が毎週になったのは1958年なので、「ゴジラの逆襲」(1955年)への影響は少ないですかね。個人的に好きなゴジラ映画は「ゴジラ対ヘドラ」(1971年)です RT:Genbu95「キングコング対ゴジラが大ヒットした時点でゴジラは日本のゴジラはそうなる運命だったんですかね?」
芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108 2015年11月5日
ontheroadx あれはいいですね。単なる怪獣プロレスではなく、環境問題など現実社会を反映していますし。ゴジラも人間からヒーロー呼ばわりされるのを拒んでいるようにみえる描写があったのは興味深いです。
芹沢亀吉@非国民/龍神の預言者 @Genbu108 2015年11月5日
kawada0zo わざわざ確認されたのですね。お気遣い感謝します。ちょっと今は忙しいですが、時間あるときにまた読んでみます。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする