ケンペケ 辻さん 予習用2

辻さんをお迎えするにあたって、昔したやり取りが印象的だったので思い出すための個人的メモです。
建築
433view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
オノケン(太田則宏) @onokennote
新築とリノベを善悪的に比較してどうこうは好きじゃないけど、今日の大島さんの話にはモダニズムが無視してきたという「歴史・時間」「場所」「自然」そして「素人」、みんな入ってたなー。何より地域を巻き込んでの人々の笑顔がナチュラルで素敵だったし生活を感じた。
オノケン(太田則宏) @onokennote
大島さんの話を聞いて浮かんだことをもう一つ。僕の自宅の新築は感覚としては新しい中古を作りたいっていうのがどこかにあるんだよなー。まだうまく整理できていないというか落とし込めてないんだけど。
オノケン(太田則宏) @onokennote
リノベと新築の感覚ってもっと混ぜちゃっていいと言う気がするなー。隈さんの言うHeritageの部分にリノベを当てはめてみて建築にぶつけてもいいんじゃなかろうか。(リノベという言葉は多少狭義で使ってます)
オノケン(太田則宏) @onokennote
ただ、雑貨的な感覚に絡め取られてしまわないかという危機感はちょっとある。それが良いのか悪いのかはまだよく分からないのだけど建築には建築として持つべき何かがあるんじゃないかと。
オノケン(太田則宏) @onokennote
「放棄してはならない」って言うから断定できないのかな。僕はそういう役割なり質を建築に持たせたい、っていうのなら言えそう。そうすれば、それは何なのか、どうすればできるのか、に話が進む。
辻 琢磨 @tsujitakuma
混ぜるというか同一の事象として捉えてます。解体も含めて。RT @onokennote: リノベと新築の感覚ってもっと混ぜちゃっていいと言う気がするなー。隈さんの言うHeritageの部分にリノベを当てはめてみて建築にぶつけてもいい。(リノベという言葉は多少狭義で使ってます)
辻 琢磨 @tsujitakuma
まちづくりを目的にするとかなりの高確率で袋小路に陥る。だって市街地はどう考えても空洞化してるし、駐車場は高いし、高齢化は進むし、これからの中心市街地がこういう機能を持ったらいいって議論は当てずっぽうの博打でしかない。
オノケン(太田則宏) @onokennote
ですよね。なんとなく分離してしまってる事の方が不自然な気がします。今日の大島さんの言葉を借りるなら「編集」の方が近いかもしれませんがそれでもまだ分離した捉え方か。 RT @tsujitakuma: 混ぜるというか同一の事象として捉えてます。解体も含めて。
辻 琢磨 @tsujitakuma
物質をあっちからこっちへ持ってきて、どのくらいの時間固定するのかという視点で相対化しています。RT @onokennote: ですよね。なんとなく分離してしまってる事の方が不自然な気がします。今日の大島さんの言葉を借りるなら「編集」の方が近いかもしれませんがそれでもまだ分離した捉
辻 琢磨 @tsujitakuma
その意味において、建築家こそがまちづくりに参画して関係各所のいろんな意見を市民参加のワークショップで統合してビジョン的なものを見せ、市街地を活性化させる職能を持ってるという雰囲気があるとしたら、違和感がある。あったりまえだが建築家の職能は建築物の設計においてこそ発揮されるからだ。
オノケン(太田則宏) @onokennote
それだと「編集」でもいいのか。
辻 琢磨 @tsujitakuma
建築設計を基準に置くと、解体もまちづくりもあくまで「リサーチ」なんだよな。
辻 琢磨 @tsujitakuma
ちなみにまちづくりが経済を動かす産業(自動車産業やIT産業と同様の)になるとしたら、マクロ経済だけでもミクロ経済だけでも太刀打ちできないと思う。建築家云々の話のもっとだいぶ手前で価値を動かす必要がある。
辻 琢磨 @tsujitakuma
建築家も含めあらゆる創造的な職能においてこれから社会に求められる能力は、創作物のコンテクストに対する解像度を凄まじく上昇させるためのリサーチ回路を幾つも用意する能力だ。人の話を(自分の利益を顧みずに)よくよく聞いてくれる人がきっと求められる。時間概念を取り戻した職能が残る。
辻 琢磨 @tsujitakuma
まちづくりに内在される倫理感をひとまずとっぱらいたい。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする