10周年のSPコンテンツ!

【第六回】自分だけが楽しいエア読書会(課題図書:英国生活物語/W・J・リーダー 小林司・山田博久訳)

余りにも読書量が減ってしまったので企画を考えました。  ・毎週土曜日19:00辺りから開催します  ・その時その時で気になった本を読みます  ・読んでる最中雑な感想をTLに垂れ流します ハッシュタグ: #自分だけが楽しいエア読書会
山田博久 エア読書会 W・J・リーダー 英国生活物語 小林司 書籍
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
【第六回】自分だけが楽しいエア読書会  ・毎週土曜日19:00辺りから開催します  ・その時その時で気になった本を読みます  ・読んでる最中雑な感想をTLに垂れ流します #自分だけが楽しいエア読書会
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
今日の課題図書  →  英国生活物語/W・J・リーダー著 小林司・山田博久訳 amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E5%9…
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
短大通ってた時に図書館で借りたまま存在を長らく忘れていた本となります。他にも確か一冊ユダヤ人か何かの本も借りてて家のどこかで眠っているはず。時折思い出してはいい加減読んで返さなくては、と思いながらも手が出なかった本書、満を持しての登場です
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
しかしそもそもなんで借りたんだったか……なんか小説のネタにするためだったような気がするけど、イギリス出てくる小説なんて一文字たりとも書いた覚えもない
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
返却期限41年遅れの本が図書館に返されて話題に / 延滞者「読むのが遅くてごめんなさい!」 rocketnews24.com/2013/07/26/353…
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
20世紀も始まったばかりの1901年、ヴィクトリア女王が亡くなった年らしいが、産業革命からしばらく時間が流れて人々の生活も随分と安定してきた頃のことを書いているらしい
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
リヴァプール・マンチェスター間の500マイルの敷設を皮切りに、1830年代から鉄道の大規模な建設が始まった
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
世界史の教科書に子供が過酷な労働をしているのが問題になりましたっていう風刺の絵が出ていたのを覚えているけど、こういう労働に携わっていたのかな
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
「18世紀一般の風潮でも、またヴィクトリア朝初期の政策に大きな影響を与えた経済学者の傾向でも、支配階級の自由を妨げることなどとんでもないこと」であり、「自治体が衛生問題を解決しようとするのを議会が妨害したり、労働条件の監督を中止させたり」していたそうだ。うへぇ
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
コレラが蔓延した話が出てきた。ピーター・バーンスタインの『リスク』だか何だかで取り上げられていた疫学的手法で鮮やかに原因を特定されたのがイギリスの話だったようなそうでなかったような曖昧な記憶
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
「1871年の国勢調査によるとイギリスの平均年齢は26.4歳」すげー時代だったんだな
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
へえ、ダーウィンが種の起源発表したくらいの時期なんですね
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
ジョージ・エリオットとサミュエル・バトラー(当時の作家)
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
オスカー・ワイルド、チャールズ・スチュワート・パーネル、チャールズ・ディルク
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
社会的な後ろ盾を得た確固たる正義がそこに沿わない人の在り方を弾圧していた時代であり、それが故に国家としては強力な発展を遂げた時代であった、らしい
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
民主主義という言葉は支配階級のうちでは禁句であったとか、聖職者が男性は女性の上位にあると説いてその辺の説教聞いたヴィクトリア女王ブチ切れとかそんな話が書かれてある
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
1830~40年代には厳しい労働条件に耐えかねた労働者の放火テロが珍しくなかった――って、すごい時代だな……
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
「公開絞首刑は1868年に廃止されるまで大変に人気のある見世物だった」
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
第二章 ジェントルマンとして生まれれば
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
かつてジェントリ(地主)の息子は家庭教師に学ぶか地元のグラマー・スクールに通うのが普通だったが、ヴィクトリア朝になるとグラマー・スクールが廃れ、寄宿制の学校が次第に流行し始めた。鉄道網の整備もそこに拍車をかけた。世界史っぽいですねこの辺
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
監督生制度でぐぐったらハリー・ポッターが出てくるのだけどイギリスじゃ常識なんですかね
trimは夏の陽射しに融けた @t_hirosaki
職業訓練なんてとんでもねえぜ、古典の教育が最優先だぜ、と学生に詰め込んだはいいものの学生たちはそんなものに全然興味ないから卒業時には碌なものが頭に残っちゃいやしないという、どっかで聞いたような話があったそうな
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする