2015年11月8日

参照文献:2015年04月-(逆順更新中)

心理学と周辺分野 (旅・ユーモア・レヴィナス・児童…)
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[15102603]吉田明子(2015). スマートフォン(LINE)がもたらす新しいじめ 児童心理, 69(1), 96-101.

2015-10-27 18:04:20
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[15102602]松尾直博(2015). いじめの中にいる子どもの心情―助けてと言えず、グループから抜けたくもない自分 児童心理, 69(1), 41-45.

2015-10-27 18:03:11
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[15102601]蜂谷百合子(2014). 怒りと、発達障害のある子どもたち 児童心理, 68(16), 1331-1337.

2015-10-27 18:00:50
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[15102201]佐々木土師二(2007). 旅行目的地の魅力 観光旅行の心理学 北大路書房 pp.79-99. ※目的地の認知的特性の抽出→認知的魅力へと結ばれる仕組みの解明が待たれる。※因子解釈・命名、もうひとこえ…の感。

2015-10-22 15:36:35
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[15102101]日戸由刈(2013). 自閉症スペクトラムの子どもの仲間づくり支援 児童心理, 67(10), 871-877.

2015-10-22 15:30:10
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[15102004]竹森元彦(2015). 習い事が多すぎる子 児童心理, 69(14),.1232-1236.

2015-10-20 13:41:49
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[15102003]奥野雅子(2015). ゲームやスマホは子どものストレス解消になるか 児童心理, 69(14),.1216-1221.

2015-10-20 13:40:18
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[15102002]神谷和宏(2015). 苦手教科をがんばっている子に声をかける 児童心理, 69(7),.594-598.

2015-10-20 13:38:34
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[15102001]坂本真佐哉(2015). リフレーミングで見方を変える―短所から長所へ 児童心理, 69(7),.547-552.

2015-10-20 13:35:21
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[151019]マーティン,R.A. 野村亮太・雨宮俊彦・丸野俊一(監訳)(2011). ユーモアセンスとパーソナリティとの関係 ユーモア心理学ハンドブック 北大路書房 pp.232-278.

2015-10-19 19:56:22
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[151017]佐々木土師二 (2007). 観光旅行者のモチベーション 観光旅行の心理学 北大路書房 pp.44-78.

2015-10-17 19:06:05
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[151009memo]旅行の経験評価(Ⅰ機能的評価・Ⅱ情緒的評価) →Ⅰ:自己拡大・関係強化・知識獲得・健康回復 4因子  Ⅱ:ポジ活性(興奮等)・ポジ不活性(寛ぎ等)・ネガ活性(緊張等)・ネガ不活性(孤独等) 4因子 を抽出。同行者の有無による評価傾向の相異の可能性。

2015-10-09 19:51:04
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[151009]林幸史・藤原武弘 (2012). 観光旅行者の経験評価の構造と規定因―同行者、観光地、移動距離の視点から 観光研究, 23(2), 3-12.

2015-10-09 19:35:58
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150831memo]今度学校見学でお世話になる先生の論文。メキシコで解雇事由の一となる「30日で3回以上の欠勤」の解釈についての判例が、同国の労働法制における歴史的経緯とともに整理されていた。他文化理解にこのような道もあるのだと、新鮮な思いで拝読。

2015-08-31 19:19:44
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150831]岡部拓 (2008). メキシコ連邦労働法第47条に関する解雇事由の解釈について 国際商事法務, 36(7), 893-899.

2015-08-31 19:12:08
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150722memo4]自我の理解の枠組みを越えて、自我とは根底的に異なる〈他人〉に向かうような「理解」は、自我の理解のあり方および自我のあり方それ自体の絶えざる問い直し・絶えざる刷新の試みとしてのみ成立しうる。(p.35)

2015-07-22 21:51:33
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150722memo3]他人の「理解」は、私が理解しえないものを他人から受け取ることにとどまらず、そこから自らの意志でなされる他人の発話内容のよりよい理解を伴わねばならない。(p.33)

2015-07-22 21:48:37
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150722memo2]「この」他人…「私とはまさしく異なる者」が私に語っているという事実ゆえに、私の知らなかったものを何らか含んだ言明として受け取られうる。このとき、他人は…これまで理解してきたのとは異なる仕方で…発話内容を理解するよう私に求める者である。(pp.32-33)

2015-07-22 21:45:39
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150722memo]他人(一般には他者と呼ばれるもの)は自我が把捉しに行く相手ではなく、「他人が そ れ 自 身 で 発話の意味を自我に 与 え る 、つまりいかなる仕方でこの発話が理解されるべきかを方向づけている」(p.32)。

2015-07-22 21:33:22
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150722]小手川正二郎 (2013). 他人を「理解」することーレヴィナスの理性論序説 人文(学習院大学), 12, 25-39.

2015-07-22 20:49:56
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150703]福若眞人 (2013). 「語り」による「死者」と「生き残った者」の関わりーレヴィナス思想における「埋葬」と「復活」を手がかりにして 人間社会学研究集録(大阪府立大学), 8, 45-65.

2015-07-03 21:40:32
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150612]森美智代 (2008). 「話すこと・聞くこと」の教育で何を目指すのか―思想的背景としてのレヴィナス「他者」論の検討 全国大学国語教育学会発表要旨集, 114, 151-154.

2015-06-12 19:43:45
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150610]鶴真一 (1998). レヴィナスの他者論 発達人間学論叢(大阪教育大学), 1, 99-105.【No.訂正】

2015-06-12 19:42:53
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150529]Sack,D.(2015). 8 Reasons It's So Hard to Overcome a Tough Childhood. Psychology Today 12/05/2015<u999u.info/lnrr>(29/05/2015)

2015-05-29 17:45:09
Hirotoshi NONAKA, CP @nonitan_cp

[150424memo]広義の言語による意味世界の様相を探求する質的研究の系譜がコンパクトに俯瞰できたよう。個人の物語=談話としての、はたまた個を超えた外部からの準拠枠=言説としての、ディスコース。ポリフォニックに語りの意味を捉えようとする構え…気になる。

2015-04-24 21:14:20
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?