10周年のSPコンテンツ!

渡邊芳之先生ynabe39の「ことさように「内心の自由」だって常識ではないのだ。」

内心ではいくら差別しようがヘイトしようが自由だ,それを実行したり公共の場で述べたりすることだけが責められる,ということは何度でも確認しておかないといけない みんな意識と行為を区別しないくせに意識も行動だというとみんな反対するのである。
心理 行動 内心の自由 意識 ヘイト
6
渡邊芳之 @ynabe39

千の風になって。

渡邊 芳之(わたなべ よしゆき、1962年4月22日 - )は日本の心理学者。帯広畜産大学人間科学研究部門(人文社会・体育学分野)教授。博士(心理学・東京国際大学)。 佐藤達哉、尾見康博との共同研究を中心に心理学論、心理学史、人格心理学や血液型性格分類の批判的検討などの分野に論文・著作を持つ。趣味はレコード蒐集。
http://ja.wikipedia.org/wiki/渡邊芳之

渡邊 芳之 -帯広畜産大学-
http://www.obihiro.ac.jp/ichiran/watanabe_yoshiyuki.html

 

渡邊芳之 @ynabe39
「誰もいない」というと「俺がいる」と言われる。そんなの知るか。
next49 @next49
なるほど。 → 心理学ミュージアム::人はなぜ被害者を責めるのか psychmuseum.jp/just_world/
リンク psychmuseum.jp 231 users 2902 人はなぜ被害者を責めるのか|心理学ミュージアム この「心理学ミュージアム」は,心理学に関わる職種の方だけでなく,心理学に関心のある一般市民,進路選択を考えている中学生,高校生にも興味を持っていただけるものを目指しています。アカデミックな心理学の内容を,親しみのもてる雰囲気の中で楽しみながら学んでいただけるように心がけました。
渡邊芳之 @ynabe39
内心ではいくら差別しようがヘイトしようが自由だ,それを実行したり公共の場で述べたりすることだけが責められる,ということは何度でも確認しておかないといけない。
渡邊芳之 @ynabe39
ことさように「内心の自由」だって常識ではないのだ。
渡邊芳之 @ynabe39
みんな意識と行為を区別しないくせに意識も行動だというとみんな反対するのである。
渡邊芳之 @ynabe39
俺にはみんなの考えがよくわからないし、みんなには俺の考えがわからないだろう。

コメント

BUFF @geishawaltz 2015年11月8日
リンクの先で紹介されてる「公正世界仮説」って面白いな。
evacuated_man @evacuated_man 2015年11月11日
渡邊先生は感情は理不尽だというが、それを考えると、内心の自由はむしろなければならないと思うなあ……。それのない世界って、サトラレの世界だよ。
evacuated_man @evacuated_man 2015年11月11日
環境作りや教育改革をして、99%の人々が心穏やかで創造的で相手の気持ちを考慮できる考え方や感情になったとしても、1%はまったくそうはならないだろうな。10%は鼻で笑ってるだけかも。集団で決めたルールや常識に、どんなに懇切丁寧に寄り添ったとしても、違和感ある人はいる。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする