カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

NHK「おはよう日本」で紹介された「資生堂ショック」について主なツイート

《UPDATE》NHKおはよう日本の特集コーナーをうけてのものを中心に、次に2015年6月に資生堂の方針を報じた日経ビジネスの記事を読んだ方の記事を追記しました。
育児 出産 資生堂 妖怪「少子化ガー」 育児休暇 利権 女性
71
リンク dot.〈AERA〉 働く女性に「資生堂ショック」女性は保護の対象から戦力へ 〈AERA〉|dot.ドット 企業は今、ダイバーシティーの推進や女性の活躍を掲げ、国も女性の管理職登用を後押ししている。産休・育休や時短勤務など、整備の充実を図る企業も増えてきた。そんななかで、資生堂は働く女性に対しこんなアプロ...
「資生堂ショック」が2015/11/9(月)のNHK「おはよう日本」の特集コーナーに紹介された模様
山本弘一郎 @koichiro_yama
NHKで特集してる「資生堂ショック」。育児中は短時間勤務が可能だが、「育児中でもノルマを減らさない」「制度に甘えるな」等々。「本人のキャリアアップを図るため」「生産性の向上」とは言うものの、要するに、育児なんかせずに働けというのが本音なのだろうか。
ハナ @kinako0802
NHKで資生堂ショックのお話。紹介されてる方が夫や実家のサポートを得て遅番・土日勤務をこなせる人で「キャリアアップも視野に入れられるようになった」と前向きな話になってたけど、結局実家なの?と思ってしまった。夫・実家も頼れない人はどう対応してるのかも紹介してほしい。
sawada397 @sawada_397
NHKが報じていた「資生堂ショック」。要するに今まで手厚かった育児中の女性に対する時短制度などを一部後退させる資生堂の改革。企業の金勘定もあるんだろうけど、該当しない社員の不公平感も理由のひとつなのだとか。こうなると企業の問題というより日本人の心の闇みたいなもんだね。
ふらの@じゅ @parkour_sky
【資生堂ショック】働く女性に「資生堂ショック」女性は保護の対象から戦力へ 「「甘えをなくせ」」「主に育児中などで時短勤務で働く美容部員にも、遅番や土日勤務を促すもの」 違う、違うだろ。男女平等にキャリアを扱い、平等に負担を減らす、というべきだった。甘えとかいう話じゃない。
しあわせ @siawases
トレンドにまで挙がってる資生堂ショックのネタ見てたけど私はどっちもどっちだなと思った。ただ偉い人が「育児を理由に甘えるな、育児していない人に土日勤務が偏ってるんだ」というのを直接言わずDVD送りつけるってのが一番の闇というか怖いというかもやもやポイントだった。
みほちゃん(理事じゃない♡) @Mihoko_Nojiri
資生堂ショックってなんだろう。TL 見る限り、独身と子育て中の労働時間バランスを失敗したような話かな。
よれよれぽんこ @ponko4
TL見る限り、「ガッカリ」という感想が多いけど、資生堂がこれを取材させた意図ってなんだろう。女性向け商品の会社で、明らかにイメージダウンに思えるけど、これを世にアピールして、資生堂にとっては何がオイシイのかがよくわからない。顧客層にも、人材採用にも逆効果に思えちゃうけど。
KURIKURI @_KURIKURI_
NHK『おはよう日本』で放送された特集「資生堂ショック」がキツかった。月曜朝の出勤時間帯にあんなの見せられて「さあ、頑張ろう」と思える子育て世代がどれだけいるだろう。ようやく根付きはじめた時短勤務を「取得して当たり前と思っては困る」とか。活躍という仮面を被ったバックラッシュでは。
いっちー @kingsofmetal666
資生堂の件、東横インのバリアフリー客室の件なんかと同じで優しさ強要社会への勇気ある問題提起になってんだから、単なる低モラル企業として叩く事は何も生み出さんぞ。
eternalwind @juns76
フェミは意図的に、「資生堂が悪い」ってことに話をすり替えてるけど、これ、デパートの販売員同士の話だから「子持ちじゃない女」が「子持ち女」の特権に文句を言って、制度が変更されたという話なんだよね。フェミお得意の「男が全て悪い」に話をすり替えようとしても無駄。
まりあ @mariamemomemo
資生堂の時短、日経の記事になった時は「よく言ってくれた」という反響も大きかはずですが、同じトーンの報道でも媒体によって反応が全く違う。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
子育てママ社員にも土日出勤要請し始めた資生堂に対して「こんな会社、ママ社員が逃げ出すぞ!」という批判が散見される。 でもね、問題の本質と打開策は後述するけど、残念ながら資生堂は「逃げ出して欲しい」と思ってるはずだよ。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
働く時間をみんなで分担するワークシェアリングって概念はずっと昔からあるけど、人を雇うコストは時給だけじゃないんだ。 人事的/経理的な管理や、個人用のパソコンや座席。これらは労働時間じゃなく労働者数に概ね比例する。 それどころか特殊な勤務体系の人への事務コストはむしろ割高。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
だから正社員の7割の労働時間しか働けない労働者のコストは相対的にかなり割高になる。この認識はワークシェアリングを考える上で必須の概念なんだけど、何故かその現実を完全無視した議論を偉い社会学者がしてたりして絶望的。 現実を見た上で対策を考えないと世の中変えらんないよ。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
時短労働者のコストが割高なことの次に問題なのが、資生堂独自の労働需要時間。 百貨店とかで販売員需要が土日に高い業態なんだから、時短か否かを問わず土日に人手が必要。 つまり子供を保育園に預けて働くママさんには一番向いてない労働需要産業で、最も適してるのは土日限定のバイトさんなのね。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
だから、本来資生堂は「働きながら育児」みたいのを推進するのに向いてない業態だった。 だけど女性応援イメージを優先して無理してきた訳。その歪みが今になって突然表に出てきただけで「女性の労働環境整備で業績落ちた」ってのは当たり前の話。むしろ良く今まで堪えてきたなって印象。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
実際、女性が働きやすい環境を推進してる某NPOの人は「最近、某S社は女性の労働環境リーダーをアピールしなくなった」って言ってたよ。 「そーゆーのアピールし過ぎて"快適なママ社員生活"に憧れる求職者が増えて困っている」と。伝聞の伝聞なのは断っておくけど。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
だから、今回の"資生堂ショック"に対して「子育て中じゃない社員の負荷を減らすなら社員増やせ!」って意見もピンボケなんだ。 社員増やしても、今の制度のままだと長期的には育児社員割合は変わらない。 土日の負荷はあまり変わらず、平日昼間の労働力は益々過剰になっちゃう。問題は解決しない。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
ということで、資生堂がやれる方法として考えられるのは3つかな。 ①販売員の社員を半分にして残りはバイト化。販売員社員は開発部門などへ異動。 ②現場維持で売上低迷 ③ママさん社員にも土日出勤要請(←資生堂はコレを選択) …パッと見、①が一番良さそうに感じるよね?
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
でもね「販売員としての力量」で雇った社員が別の分野(例えば研究や広告やマーケティング)で使える保証はどこにもないんだよ。 会計知識を買って雇った会計士を、プロ野球に異動させていきなり使えるかって話。 戦力になるには相当な時間と努力が必要だし、それは会計の知識ももったいないよね?
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
ここまでの思考実験で僕が示したかったのは、資生堂が無能ってことじゃないよ(むしろ頑張ってきたことには敬意を払うしかない) 僕が強調したいのは「女性の労働環境を一企業だけで改善するのは果てしなく大変」ってこと。 なので次は視点を変えて国家レベルで考えてみるよ。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
企業側から見ると育児ママ社員のコストは割高だ。 だけど、逆に国からすると次世代の子供たちは超大事。 「会社から事実上クビにされるから子供は諦めよう」って事例を無くしたいのが国側の立場だ。 ◆育児社員を ・(多くの)企業→減らしたい ・国→増やしたい 完全に立ち位置が逆なのね。
どーも僕です。(どもぼく) @domoboku
で、「育児社員を増やしたい!」ってニーズがあって「女性の活躍」とか言ってた国が推進しようとしたのは何故か「女性の管理職数増やせ!」と企業に圧力をかけること。 管理職とかじゃなくて仕事と育児を両立したいだけの女性置いてけぼり。だから有能でも管理職になる前に退職しちゃう。
残りを読む(13)

コメント

ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2015年11月9日
産休職員数×500万円+税制優遇+託児施設充実かあ。国民がそのために大増税を受け入れるという前提がない限りむりだよなあ。で、500万くれたら子供つくるかというと、そんなこともないんじゃないかと思う。なぜなら、お金に余裕がある富裕層も子供を産んでない。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2015年11月9日
お姉さんが思うに、女性に子供を生ませたかったら、「子供を産んでない女性は、学歴だの、資産の有無だの、容貌だのに関係無くダサい」という女性自身の価値観を作らない限りだめなんじゃないかと思う。要は、環境じゃない。作る意志だよね。
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2015年11月9日
jpn1_rok0 本編にもありますが、そんな価値観を「作ろう」とすると、間違いなくヘイト扱いされますよ…。まぁ、デンマークのシナモンぶっかけイベントみたいな慣習を作るのは面白そうですが。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2015年11月9日
割と解っていて言ってる。ただ、産んでない女はダメ(負け)という価値観があった時代には、女性は何が何でも産もうとしてたよね。子宝の神様があっちこっちにあるくらい。
Sの人 @siellc 2015年11月9日
仕事は仕事で区別できない程度の人材が差別とするんだなぁ、しょーもない
はりあ~@ワルキュリア @TNaka2011 2015年11月9日
時短勤務って給料はその分下がるはずだよね。労働時間を短くしてもらう代償はちゃんと払ってるという見方はできないものなの?
ES@toge専用 @hituji2222 2015年11月9日
企業努力をしたけど無理だったって事なので一概に企業側を責められないね。確かに国としての制度でどれだけ変わるかやってみる価値は充分ある。
yuri @syoyuri 2015年11月9日
経営に携わる女性もっと 労働時間より成果で評価 資生堂・魚谷社長に聞く:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28H38_Y5A620C1I00000/「資生堂ショック」について理解するために先ず"6月下旬に日本経済新聞の1面で連載された記事"を読んでみるべきでは?
yuri @syoyuri 2015年11月9日
"女性の意識も様々だ。上を目指す女性も多い半面、「子供を抱え責任の重い管理職は難しい」(40代総合職女性)、「普通の時間に帰りたい」(20代同)との声も少なくない。同社は女性のロールモデルも1つに限定せず、幅広い働き方を選んでもらう考えだ。" (働きかたNext)女性が創る(5)脱「優しい会社」:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGKKASGH21H0B_R20C15A6MM8000/
ななしの鳴き声 @ahorieita 2015年11月9日
jpn1_rok0 それは価値観以上に家族や地域が子育てに適した環境であったのが大きいと思います。昔の出生率の多さは、一つ目に健康であれば良く成人するまでのコスト(マナー、教養など時間がかかることを身につけるコスト)が比較的少ない、二つ目に産んである程度育てば(6歳程度)労働力として見なすことが出来る、三つ目に、家族などの子育て支援システムが整っていることが主だと思います。そして義務教育というのは親が子供にきちんと教育を受けさせる義務である以上、コストがかかりすぎます。
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2015年11月9日
結局、そのノルマは時短勤務で無理なく可能なノルマなのか?そうなら別に問題ないいと思うし、育児中ではない人が例えば病気等で休んでもノルマが減らないのならそれはそれで「公平」なんでは。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2015年11月9日
戦前とか、健康に育つこと自体、けっこうハードルが高いし、戦前の貧乏人の家庭が子育てに適した環境を備えていたなんて思えないのだがなあ。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2015年11月9日
そもそも、子供を作らないと言っている根底にあるのは、「家族が増えても現在の生活水準や自由度に変更を加えたくない」というものであって、はっきり言ってそんなの無理。子育ての労力と負担を被りたくないという話なのだから、政策レベルではなにやっても無駄だよ。
ゆゆ @yuyu_news 2015年11月9日
しばらく前に見たものなので、今更なんでこれで燃えてるんだろうという感じなんだけど。要は、キャリアアップしようと思うなら、時短勤務でもそれなりの業績上げろってだけじゃないの。
quantum mechanics @omega_bridge 2015年11月9日
「男女平等」というイデオロギーを突き進めればこうなるのは当たり前だろ。何騒いでんの?
進士助平 @tamacoropon 2015年11月9日
美容部員って家庭に収まるイメージがないです(小声)
kokotan @kokotan2 2015年11月9日
「政策が悪いせいたがら一企業や個人を叩いても意味がない」、「一企業が頑張ったけど駄目だったという話」…というのはわかるけど、うまく行かなくなったら「制度に甘えるな」「時短社員への不満もあった」などと方針転換した(という趣旨で報道された)企業に悪いイメージを持つなというのも無理だろな。
neologcutter @neologcut_er 2015年11月9日
難しい問題ですよね。「核家族化をやめて熟年世代に子守を押し付ける」じゃ解決策にならんのだし(お金の問題もある)。
slips @techno_chombo 2015年11月9日
jpn1_rok0 おそらくその頃と現代とで大きく違うのは、「不妊」が必ずしも女性側だけに原因があるわけではない、という認識が一般化していることでしょう。「子供を産まない女はダサい」という価値観の世の中では、当然女性側は生殖能力に劣る男性との結婚は選ばないでしょう。つまり男性も「産む機械」的な能力で女性に評価される可能性があります。「あんた種無しじゃないよね?」というプレッシャーに追加で晒されるわけだ。
slips @techno_chombo 2015年11月9日
jpn1_rok0 その当時、コドモが「コスト」ではなく「アセット」だった、というのもあるような気がします。最もお手軽かつ無理のきく「労働力」であると同時に、場合によっては売却益を得られるわけですから。
ジョージ2世 @GEORGE221 2015年11月9日
時短の問題点は「小学校3年生まで」という期間の長さもあると思う。子どもが複数いると十数年も育休・時短で働くことが可能というのは企業にとってあんまりじゃないかな。
addicks(あでぃっくす)🌧️ @addicks_cycle 2015年11月9日
あくまでこの場合はだけど、女性向け化粧品を売る美容部員は男性で置き換えられるものじゃないという点は見逃せないだろう。男女平等がーとか言っても、経済縮小で困るのは男も女も同じ
online_cheker @online_checker 2015年11月10日
資生堂が今直面している難題はいずれ、どの企業も直面する。労使は呉越同舟、舟が沈めば双方共にもっと深刻な難題に直面。舟を沈めないための上策なのに……。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2015年11月10日
「男性にもプレッシャーがかかる」ま、 当然だろうね。昔は結婚してなければ管理職につけないとか、銀行の融資を渋られるとか、それなりのプレッシャーがあったわけですしおすし。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2015年11月10日
労務管理という立場で言えば、産休や育休の穴を同じ職場の人間のフォローでこなしたならば、産休や育休をとった人間のポストは元々必要なかったという判断をされる。だからといって、派遣やアルバイトで穴埋めすれば、派遣やアルバイトで間に合う、正規である必要がないポストという事になる。企業にとっては良い事なんか一つもないものではあるよね。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2015年11月10日
みんなが残業したり、土日に出てきたりして、その人間の開けた穴をフォローしている時に、当たり前の権利だなんて顔をされると、ブチ切れるのは男性じゃなくて女性という事実(実体験)。男性はセクハラと言われるのが怖くて文句を言わない(言えない)。女性の多い資生堂は舵取りが難しかったんだと思うの。
HINO @desire5225 2015年11月10日
まあ社員を等しく「戦力」として見ればこうなるよなぁ…
slips @techno_chombo 2015年11月10日
jpn1_rok0 現代はそれに加えて「生殖能力」ってプレッシャーも上乗せだよ?ってハナシなんですけどね。昔は「三年子なしは去れ」なんて、不妊は一義的に「嫁」の問題で、「産めない女」って扱いで済んでたけど、今はそうじゃないでしょ? 「私と結婚? じゃ生殖能力の検査の結果次第ね」とか言われるんだよ?
ななしの鳴き声 @ahorieita 2015年11月10日
jpn1_rok0 いえ、適したというのはあくまで「育てる側にとってコストが少なく利益が大きい」という意味です。子供を労働力として使えず権利を尊重し最低でも高卒までは育てさせるというのは経済的・時間的に厳しいですから。そういう状況だとリスクマネジメント的に農村部や家族間で「(労働力を確保できるのに)なんで産まないの?」から「そんな当たり前の事が出来ないなんてあなたに問題がある」という価値観が出来ていったのだと思います。
k2104 371 @k2104371 2015年11月10日
色んな意見や考え方があるよね。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年11月10日
土日祝日ではなく平日休みの教育機関を創設すればいいんじゃないの?
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年11月10日
まぁ第三者がなんとあげつらおうが、労働者の再雇用立が高いことろを見れば納得してるんだろうし問題ないんじゃね?w
slips @techno_chombo 2015年11月10日
そもそも「子供を持つ」てのは「夫婦」の問題であって「女性」の問題ではないはず。なのに「オンナがワガママだから悪い!オンナをディスとっきゃいいんだ!」みたいな思考にしかならないんじゃ少子化問題の解決なんて遠すぎですわな。まぁ竹槍でB29に立ち向かうような国民性だから、ホントにコドモがいなくなって焼け野原にならないとわからないのかもしれないけどさ。
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2015年11月10日
女性が本気で子どもを作ろうと思う場合、男性不妊症患者が結婚の対象から外されるなんて、当たり前のことを言われましても・・・(笑)
まるい りん @maruirin 2015年11月13日
『女性は保護の対象から戦力へ』働く能力に女性も男性もないけど、子育てに関しては男女関係なく一定の保護がないと、この先の日本はきついんじゃない?企業の利益と国の利益が真っ向から対立してる。
まるい りん @maruirin 2015年11月25日
時短で入れ替わりに来るカンガルースタッフというのがあったはずです。(育児期のビューティーコンサルタントに代わり、夕刻以降に店頭活動のお手伝いをする人)いまも募集しているのに、原文はなぜそれについてふれていないのでしょうか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする