Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能
2015年11月15日

現代語訳『熱田の深秘(あつたのしむひ』

中世の神道説の現代語訳は入手困難の場合も多いので、仮にやってみる。 比較的、一般性のある「神道由來事(假題」の部分を含む、『熱田の深秘』をとりあげてみる。 『熱田の深秘』の書誌については、 伊藤正義『正・続・熱田の深秘』 http://ci.nii.ac.jp/naid/120004928391 続きを読む
2
凡例・基本方針
ほおづきン @kagachi_ecm

【『熱田の深秘(あつたのしむひ』】 「し給い」なので「です・ます」になるのかな? 語彙を現代語にしてしまうと、おもむきを失ってしまう可能性もあるので語彙を残して、【註】をつけるようなカタチになるのかも? あと『神祇官』を、どの程度、参照するのかは微妙。

2015-11-15 10:45:29
ほおづきン @kagachi_ecm

「脱あるか」の場合は参照するとしても、「天神7代・地神5代、(あわせて12代」みたいなのを、いちいちカッコに入れて補うべきか? ちなみに、底本は『神道大系』の「神道由來事(假題」「あつたのしむひ」。『神祇官』は、伊藤正義「続・熱田の深秘」から。

2015-11-15 10:51:06
本文
神代(じんだい)
神代7代・国生み・国号の由来
ほおづきン @kagachi_ecm

それ我が朝(わがちょう)というのは、天神(てんじん)7代・地神(ちしん)5代の神の代である。はじめ3代は、親も子もなく、1人づつ、おあらわれになりました。3代の(後の)時から、嫁(とつ)ぎを、おはじめになった。

2015-11-15 12:38:59
ほおづきン @kagachi_ecm

【註】 我が朝(わがちょう):日本のことを中国(当時は震旦(しんたん)と呼んでいた)やインド(天竺(てんじく))、韓国と区別していう言い方。 天神7代・地神5代:まあ神様の数え方というか認識。 嫁ぎ:男女がペアになって、子供を産むという、やり方。4代目からだよね。

2015-11-15 11:06:51
ほおづきン @kagachi_ecm

7代の神をば、伊弉諾尊(イザナギのみこと)を男として、伊弉冊尊(イザナミのみこと)を女といいました。この2人の神のおっしゃったのは「そもそも、これより下に国がないことはない」と、天逆鉾(あまのさかほこ)を指しおろして、お探りになると、鉾のしずくが葦(あし)の葉の上にとどまって、

2015-11-15 12:41:25
ほおづきン @kagachi_ecm

砂(いさご)がさだまって厳(いわお)となったので、これが国の初めになりました。そのことによって我が朝をば葦原国(あしはらこく)と名付けました。

2015-11-15 11:20:48
ほおづきン @kagachi_ecm

【註】 しまったな、総ルビに近い仕様にしないと。 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冊尊(いざなみのみこと):用字は『神祇官』による。 天逆鉾(あまのさかほこ):そういう名前の呪具(じゅぐ)。 葦(あし)。

2015-11-15 11:23:49
ほおづきン @kagachi_ecm

「国はできた。名前を、どういったらよいか?」と、お誓(ちか)いになりました。その国の中のあたりに、大日如来(だいにちにょらい)が智拳印(ちけんいん)を、むすびになって座(すわ)っておられました。

2015-11-15 12:58:17
ほおづきン @kagachi_ecm

これを、ご覧(らん)になって「そうであるなら、この国は三身(さんしん)相応の国である。末代、仏法成就の地である。めでたい国であるので、どうしても仏法を広めよう」とおっしゃって、大日のお座りになった国なので大日本国と名付けました。

2015-11-15 13:05:07
ほおづきン @kagachi_ecm

【註】 大日如来:仏教(とくに密教)の最高の仏。 智拳印:金剛界・大日如来の手のカタチ(印相)。 三身:仏様の現れ方の3つのタイプ。法・報・応の3つ。 仏法成就:底本「けつほう」に作る。『神祇官』より改める。

2015-11-15 13:10:36
鶺鴒・三貴神の誕生・蛭子
ほおづきン @kagachi_ecm

そもそも熊野権現(くまのごんげん)と天照大神(てんしょうだいじん)と、白山(はくさん)権現と、蛭子(ヒルコ)と、出雲大社(いづものおおやしろ)は父・子でいらっしゃいます。

2015-11-15 13:16:31
ほおづきン @kagachi_ecm

【註】 天照大神(てんしょうだいじん):現代では「アマテラスオオミカミ」が一般的だが、当時は「てんしょうだいじん」の方が一般的。 蛭子:『神祇官』は「夷」に作る。父子関係なので記紀神話によせる。

2015-11-15 13:19:48
ほおづきン @kagachi_ecm

【註】 やはり、ここの「えびす」は「恵比須」あるいは「ヱビス」をあてて、現在信仰されている祭神のイメーヂを強めた方がいいのか?

2015-11-16 20:53:08
ほおづきン @kagachi_ecm

その理由は、天神7代、伊弉諾・伊弉冊の2柱の尊(みこと)が日本国をお作りになって、お治(おさ)めになり「国があっても人がいない。一切衆生(いっさいしゅじょう)なくては適(てき)さない」として「我々が、夫婦(めおとこ)ということをはじめて、産んで広げていこう」と、

2015-11-15 13:30:24
ほおづきン @kagachi_ecm

セキレイ(鶺鴒)が尾を動かすのを見て、美殿(みとの)の交合(まぐわい)をはじめ、女・男ということをなさって、まず4人の子供をお産みになりました。

2015-11-15 13:38:31
ほおづきン @kagachi_ecm

【註】 お治めに:底本「あまわたらせ」 一切衆生:生きとし生けるもの。 夫婦(めおとこ):「めおと」も漢字を当てると夫婦なので、女男(め・おとこ)に夫婦を宛てる。

2015-11-15 13:46:05
ほおづきン @kagachi_ecm

【註】 セキレイ:鳥の名前。 美殿の交合:夫婦になって子供を産むことの古語・雅語。 女・男ということ:「夫婦(めおとこ)ということ」か? 子供:底本「わうし」

2015-11-15 13:46:37
ほおづきン @kagachi_ecm

1は天照大神(てんしょうだいじん)、アマテル尊。2は月読尊、丹生(にゅう)大明神であります。3は蛭子の王子、縮糸根(つくねそ)尊、胡(えびす)御前がこれです。(4は素戔嗚尊、出雲大社がこれです)こりように4人の子供を、お産みになって、その後、一切衆生を、お産みになりました。

2015-11-15 14:04:27
ほおづきン @kagachi_ecm

【註】 3は蛭子の…:「縮糸根」「胡」は『別傳』より借りる。字面からは「つづそね」。蛭子神を祭神とする神社が、あやふやになっていた可能性も? (4は素戔嗚尊…:『神祇官』より補う。

2015-11-15 14:12:59
ほおづきン @kagachi_ecm

また、国はあっても山がないとして、山野をお産みになりました。そうであるので、伊弉諾・伊弉冊は一切衆生の父・母であります。山野にも父・母ということがあります。このように、それからも、(子供を)もうけお広げになりました。

2015-11-15 14:24:09
残りを読む(337)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?