2015年11月23日

吉川和篤先生の東京大学戦史研究会特別講演、「イタリア、人と軍隊」のまとめ。

吉川和篤先生 @yosizo (日本の軍事研究家、イラストレーター、デチマ・マスRSI戦友会協会会員、震洋会準会員、Wikipediaより引用)による特別講演の内容は、様々なイタリア軍の話題でとても勉強になりました。
63
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

吉川先生 @yosizo の東大講演会「イタリア人と軍隊」がまもなく始まります! 写真撮影は、吉川先生の承諾を得ています。 pic.twitter.com/rXiSPIoGMr

2015-11-22 13:51:27
拡大
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

吉川和篤先生 @yosizo の「イタリア、人と軍隊」のまとめTweetをしようと思います。 間違いやミスが有りましたら、指摘お願いします。 ハッシュタグは #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:23:21
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

吉川先生 @yosizo 講演会が、始まりました。 写真撮影は、吉川先生の承諾を得ています。 pic.twitter.com/M7QsmXBvjv

2015-11-22 14:04:20
拡大
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

ムッソリーニ統帥閣下の墓地。 ローマ式敬礼も、許可されている。 ブレダッビオ市庁舎には、ファッショのマークが今でも残されている。 写真撮影は、吉川先生の承諾を得ています。 pic.twitter.com/0gcJp7Tmp6

2015-11-22 14:22:05
拡大
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その1:イタリア人は出自とアイデンティティを非常に重視する民族性で、軍隊の場合も一族全員が同じ部隊にいることも珍しくない。 補足:他の国の場合では、一族の全滅を避けるのだが、イタリアでは上記の場合が多い。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:24:08
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その2:イタリアは第2次世界大戦の戦争のスローガンがいたるところに残っている。 例:ムッソリーニ統帥閣下の肖像絵や戦時中のスローガンや、ファッショマークなど。ドイツでは考えられない(補足:ドイツでハーケンクロイツや、ヒトラーの肖像が残っていないことを考える) #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:25:44
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その3:ドイツのツィタデレ作戦は、ラテン・イタリア語が語源。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:26:26
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その4:イタリアは南北東西でイタリア人の気質が全く違う。全部ではないが、ローマより南はアフリカ扱いされていることもしばしば。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:27:23
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その5:パスタを砂漠で茹でていたというのは、流石に都市伝説である。だが、高級将校などはコックや調理人を引き連れていた。それがドイツ等に誤解されて、上記のイタリア軍は戦場でパスタを茹でると言う事につながった可能性。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:28:38
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その6:南北イタリアでは、食文化が全く違いパスタやピザなどの製法が全く違う。 ソバ粉で作るパスタも有った(土地が痩せているため)。醤油やめんつゆで食べると美味しそう。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:29:46
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その7:イタリア軍の格言。「戦果は排水量に反比例する」これは、燃料などがなく、大きい艦船が出撃できず、むしろ戦果は兵員などの遊撃攻撃が戦果をあげていた。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:31:17
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その8:イタリア軍は各々の兵員の遊撃戦が得意だった(日本の特攻攻撃とは声質がまるで違う)。ただ、イタリア軍のPropagandaとして、日本はイタリア軍の影響を受けて、それが後の特攻につながった可能性は有る。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:32:48
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その9:イタリアはインフラ(すべての道はローマに通ず)とエンジンはとても進んでいた(車の国)。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:33:31
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その10:しかしながら、工業的量産は弱かった。しかし、整備技術はとても進んでいた。その証拠に航空戦闘機はオイルの漏れなどがほとんど写真に残っていなかった。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:34:24
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その11:イタリア軍は陸軍のドクトリンは残念ながら弱かった。75%がCV33の豆戦車で、残り25%が他の国の戦車などを使っていた(フランス戦車?)。空軍と海軍のドクトリンは進んでいた。 これは、残念ながらイタリアの国家予算が貧乏だった為。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:36:04
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その12:某戦車アニメの映画(笑)にでてくる、CV33の三人乗りは残念ながらフィクション。アニメならではの演出なので豆戦車で三人乗りは流石に難しい(会場で笑いが起きる)。あくまで、演出。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:37:13
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その13:イタリア軍の構成は例えるなら、帝政ロシア軍。 上の将校幹部は国王に忠誠を誓い、下の貧しい農民出の兵員はファシスト政権(統帥)に中世を誓っていた。イタリアは激しい階級闘争の社会であった。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:38:54
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その14:イタリア本土戦はベトナム戦争のようだった。連合軍とドイツ軍の代理戦争であるため。 イタリアSS師団はNS思想が強く残り、戦後もそういう思想を持つ人もいた。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:39:45
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その15:イタリアSS師団を率いる某将校を例えて、某戦車のアニメ映画ではA高校の三人娘たちが、興味深い喩え話をしている。しかしこれは、吉川先生云わく日本でも10人解れば良いほうという高度な戦史を知っていないと解らないギャグ(会場拍手喝采)。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:41:43
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その16:イタリアRSI軍は非常に勇敢に戦闘をしたが、実は戦死者は戦後のほうが多かった。これはミラノをはじめとする最前戦でパルチザンによる問答無用の処刑が多かったため。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:43:20
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その17:ミラノの町中で元RSI軍の人にも決して、あえて身分を尋ねることはしない。これは50%50%で元RSI軍と元パルチザン兵士が居て別れているために街の中で話すことはタブーであった。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:45:12
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その18:イタリアの新聞は、右派、左派、中道の立場を表明して新聞を売っている。尚市民は配達ではなくて、新聞を買いに行くことが多い。これが直接代理選挙の意味合いを持ち、買う新聞によってその今、支持されている政党や政治主張と別れ、投票とほぼ同じ意味を持つ。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:47:21
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その19:イタリアの戦後はまだ続いている。ムッソリーニ統帥閣下の慰霊祭は毎年続いており、支持政党、左派(反対派)などの集会は毎年有り、これはドイツでは考えられない(ヒトラーを支持するものと同じ)イタリアの奥深い気質を感じることができる。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:48:29
(喪中)der Dienst.りー・Lee・zu・リー Sandmann. @Gartheimer

その20:ムッソリーニ統帥閣下のお孫さんは国会議員として今でも活動している(昔はファシスト党とつながりも有ったようだが、昨今の政治事情により多少距離をおいている)。これはドイツでは考えられないことであり、イタリアの奥深い気質を読み取れることができる。 #東大戦史研講演会

2015-11-22 23:49:40
残りを読む(13)

コメント

はいん・まいやー @reisacker 2015年11月28日
あのワイン、私も先週、ローマでみた!w でも、ほかにもスターリンとかチャーチルとかもあったから、当時の指導者シリーズなのかもしれない。 https://pbs.twimg.com/media/CU1EeY3U8AAOY7i.jpg
0