【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!
59
ログインして広告を非表示にする
氷厘亭氷泉 @hyousen 2015-11-24 13:15:14
「幽霊だ!」ってびっくりして刀で斬り割ろうとぶちつけたら幽霊じゃなくて枯れた太い木の株だったから刀がくだけちゃって「むむっ、わが村正さえ噛み折る妖怪なかなかもってかなわじ」って逃走する武士のはなしおもしろ。
氷厘亭氷泉 @hyousen 2015-11-24 13:19:30
説話に出て来る武士がこういう状況(ザ・かんちがい)で刀折れちゃったときの言い訳が約8割くらい「噛み折るとは……!!」なのおもしろすぎるでしょ
氷厘亭氷泉 @hyousen 2015-11-24 13:35:11
村正は幽霊と間違えて打ち斬った木のねっこでぶち壊れてるいっぽう、波平はふりかざすだけで海霊を払っていた pic.twitter.com/GnHTJDBOua
 拡大
木野秋人 @kinoakito 2015-11-24 13:37:16
正直刀をぶっ壊す根っこって時点で妖怪の可能性がry もしかしたら刀を質にいれた言い訳なのだろうか。知らんけど。
木野秋人 @kinoakito 2015-11-24 13:40:41
昔話の武士、だいたいよく確認せず斬りかかるけど間違えて人をぶったぎったらどうすんだよ。とは思う。バーサーカーかなんかだったのだろうか。
木野秋人 @kinoakito 2015-11-24 13:42:37
と思ったがそういえば「遠野物語」の1つめでもちょっと大きめの人が出たら容赦なく銃をぶっぱなしてるしな…… やらなきゃやられる世界なのかな。
闇の中のジェイ @yaminonakanojei 2015-11-24 23:38:23
@kinoakito @hyousen 失礼します。大分と高知に次のような話を確認しています。臆病な侍が主人から(中身は竹刀の)刀を持たされて無理やり肝試し→鍛えようと驚かした主人をお化けと思って切り殺してしまうという話があります。
木野秋人 @kinoakito 2015-11-24 23:49:15
@yaminonakanojei ああ、木とか岩じゃなくてやっぱりひとと間違えるパターンもあるんですね。ありがとうございます。ところで本題全く関係ないんですが主人はなぜ竹光で死んだのでしょうか?
小山田浩史 @magonia00 2015-11-24 23:19:23
佐々木喜善の祖父が山中で山女を銃で撃った話のことなら、「真相」が『山深き遠野の里の物語せよ』(菊池照雄 新泉社)に詳しく書いてあるから読むといいよ。あの話は妖怪と人間の距離感というのとは全然違う話 twitter.com/kinoakito/stat…
小山田浩史 @magonia00 2015-11-24 23:25:18
ただ、以前も言及したけど『遠野物語』では人間は「妖怪」「異人」に対してかなり攻撃的で、「殺るか殺られるか」なんだよね。ただ毎日餅喰いにくる怪異に対して焼いた石を仕込んでおいて殺す、とか。 togetter.com/li/116400 参照

ツイートまとめ 趣味 12561 view 2 105 8 users 実話系怪談としての『遠野物語』 柳田國男の『遠野物語』(1910)を、今でいうところの「実話系怪談」本として積極的に誤読しようとするボンクラのつぶやき。 『遠野物語』で語られる河童は、決して現在の岩手県遠野市のご当地キャラクター「カリン」のような可愛らしいものではなく、人妻を寝取って孕ませるような存在であった、というお話から、散漫な考えをつぶやきます。 発言を引用されている方で、引用不可の方..
  • 小山田浩史 @magonia00 2015-11-24 23:30:55
    『遠野物語』のいくつかのエピソードに登場する鉄砲名人佐々木嘉兵衛は語り手である喜善の祖父。「不敵の男」と作中では評されるが、実際よく「生涯に鹿を千頭もとった」と豪語し、妻からは「また法螺吹いて」と突っ込まれる人であったという。
    小山田浩史 @magonia00 2015-11-24 23:38:47
    おはなしの中で武士が怪異に対してすぐ斬りかかるのは「話型(お約束)」としてなのか、それとも怪異がより身近に実在すると考えられていた世界では当然の振る舞いなのかというぼんやりとした問い
    木野秋人 @kinoakito 2015-11-24 23:45:46
    まあこれなんですよね。怪異云々はおいとくにして、すぐに先手うって斬りかかるのが普通レベルの認識があった時代が存在したのかという。鎌倉辺りの武士が便所言ってる間に斬り合いが始まってて逃げたと言われたくないので両方斬った話とかあったな twitter.com/magonia00/stat…
    コンテンツや記事の反応をまとめよう。 話題をさらに加速させるパワーがあります。

    ブックマークしたタグ

    あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

    コメント

    3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015-11-25 00:05:29
    今と違って医療技術も心もとない時代だし、やっぱり殺られる前に殺れの精神が強かったんじゃないのかなあ。あと「窮地の状態で武器持ってたら使っちゃうよね」的な話でもあるかもしれない。この辺り、武装が許されてない現代人には通用しづらいけど、チンピラが喧嘩になるとすぐ武器を使いたがる発想とも通じるかなあと。
    3mのパブリックエネミーちくわ @tikuwa_zero 2015-11-25 00:08:50
    あと、うっかり切り殺しちゃったのを誤魔化すために、「ちゃうねん、あいつ人間やのーて、妖怪やってん!」という誤魔化し方をしたという可能性も。
    高森昭安 @atakamor 2015-11-25 00:29:25
    物語として今日まで残ってるってことは、そんな武士はめったにいなかったということではないかと思います。日常当たり前のことが延々と書いてある作品より変な人が出てくる作品の方がおもしろいし。赤塚不二夫先生の漫画に出てくる日本一鉄砲を撃つお巡りさんも現実にはあり得ない行動をするから面白いわけで、普通の警官出したってねぇ。
    狼吼 @wolf_howling 2015-11-25 01:36:21
    名刀なら折れねえだろW。瀕死のローランがデュランダルを敵に渡す位なら折ってやる!って大理石切り付けたら岩の方が両断されて刀は無事って話が好き
    深井龍一郎 @rfukai 2015-11-25 02:11:27
    まぁあれよね。大半はいわゆる「武勇伝」として語られたんだろうから、実際に刃傷沙汰が起きてた案件はそれほど多くないと見積もるべきなんじゃないかと。
    進歩的文化人@全人類の一歩後ろを行く男 @12345678909543c 2015-11-25 03:12:21
    この手の会談は真夜中が相場だけど、街灯も無い時代に大半の庶民は外にでる事はないしそんな用事もない。武士階級や商人階級は出歩くことも有ったけど、相応のマナーや決まりがあった。それらをまもらない人間は幽霊じゃなくても碌な人間ではないから、最初から切るか切られるかの心構えで会うのが当然
    minkkanjinno @minkkanjinno1 2015-11-25 08:29:00
    アライメントがイビルだから友好的な怪異でも攻撃するんだよ。
    kkitmur @kkitmur 2015-11-25 11:42:49
    犬頭伝説では吠えた犬の首をはねてるし。案外それくらいのものなのかも。ただ、今昔物語とかに「夜の山で鬼の手首を切って家に帰ると手を無くした母親が居て襲い掛かってきた。母親が鬼と化したのだ」という話があるのは tikuwa_zero なのかもしれないですね
    yamori6023 @yamori6023 2015-11-25 12:06:01
    「暗がりから飛び出してきた不審者でも殺したらいかん」みたいな意識は昔にはなかっただろうしね。切ってから確かめたほうがよほど安全
    碧 ~湖水蕩月~ @Turkis_Mond 2015-11-25 12:59:15
    竹刀で斬られてなぜ死んだか?が疑問になったようだが、打ち処が悪ければ当たり前に死ぬやろ。竹刀≒安全≒ノン・リーサルではまったくない。
    碧 ~湖水蕩月~ @Turkis_Mond 2015-11-25 13:05:05
    「侍が妖怪にすぐ斬りかかるのはなぜか?」は「なぜ自衛隊はゴジラを攻撃するのか?」や「ヒーローが怪獣を攻撃するか?」のような類で、勧善懲悪の物語自身がエンタメという祖型だと思うが、じゃあ自衛隊はしょっちゅう攻撃してるかというとしないし、正義のヒーローは居ない。我が国は悪にレッテルを貼って滅する事が正義というエンタメを引きずっている愚かしい歴史がある
    Bee @small_magician 2015-11-25 13:47:06
    一方で、「忠盛燈籠」みたいな、斬りかからない話もあるわけですよ。 http://kanko.city.kyoto.lg.jp/kiyomori/detail/050.html
    玉藻さん@SOPMOD @Roseate_Rosy 2015-11-25 14:29:45
    そりゃ簡単、斬りかかってないヤツは大抵いなくなって話が残らないからだよ!
    Rogue Monk @Rogue_Monk 2015-11-25 17:42:27
    時代によるんじゃないかと。 『耳嚢』で怪異に自宅で遭遇した武士(かなりの偉いさん)が、「この怪異に魅入られたら狂人になるだけだ」と考え腰のものを使用人に持っていかせるエピソードがあったし。
    猿田 @Ryokansato 2015-11-25 19:00:00
    狂言に「空腕」という演目があって、そこからの派生だと思うけどなあ。
    おく のぶ @samorou 2015-11-25 19:14:53
    柳生なら天狗と間違えて岩を切っちゃうけどね。まあ、そんなに強い人が出てきたら、怪談じゃなくて英雄譚になっちゃうからなあ
    ぱーしもん @tkhsdesu 2015-11-25 20:01:00
    マッドマックスみたいな感じだったのかな
    池田香代子 「100人村 お金篇」 @ikeda_kayoko 2015-11-25 20:52:18
    刀には邪を払う力があるとされていたかと。六条の御息所の生き霊が現れた時、光源氏は刀を振り回した(で、夕顔の死因は刀傷による出血死、というのは嘘だけど)。また黄昏時、すれ違う人が挨拶を返さなかったら異界の者だから、鍬ででも何ででも叩き殺していい、という民俗もありました
    minkkanjinno @minkkanjinno1 2015-11-25 22:29:43
    「打ち処が悪ければ当たり前に死ぬやろ。」いや、竹刀とか竹光で一撃で人殺せるのってもの凄い達人だろ。牙刃道でレギュラーキャラになれるレベル。
    深井龍一郎 @rfukai 2015-11-26 00:27:19
    木刀ならともかく、竹刀で人殺すのは難しいだろうね。そういう風に作ってあるんだろうけど、あれすぐ壊れるし。竹光は判らないけど、木刀より体積が小さいんだから耐久性もそのぶん劣ると考えて差し支えないだろう。
    京都ねこ@本クレクレ @nekodaisukimyaw 2015-11-26 00:39:56
    名刀でも下手に太い木に切りつけたら傷つくで……。機先を制するのや、恐怖心の裏返しという面から突然切りかかるのはわかるけどね。兵法的にもかなってる。まあ大抵泰然自若とした坊さんが(それでもいきなり茶碗で打つとかあるけど)上手くいくんだけど
    山田道夫 @yamsan 2015-11-26 06:24:27
    武士が大人しくなったのは江戸時代からで、それ以前は平気で道を歩いている旅人とかをいきなり切っていたのかも。みんながみんなではないだろうけれど、そういった人斬りの訓練は日常的にしていたのかも。逆に第二次大戦のあたりまでは、ほとんどの兵士が敵から撃たれそうになっても銃を撃てなかったそうだから、ましてや斬り合いとなったらよほど日頃から人を実際に斬る訓練をしていないと無理な気がする。
    イエーガー@MHW @Jaeger75 2015-11-26 06:36:26
    当時でもポジション的には「あるあ・・、ねーよ!」的な扱いだった可能性・・・
    犬連結マン @nekokoala1 2015-11-27 23:26:13
    臆病だけど剣の腕は確かだった説
    ログインして広告を非表示にする
    ログインして広告を非表示にする