26
てらまっと @teramat
セカイ系の、あるいは空気系の「想像力」を媒介しつつ構成する特権的なメディアとは何か。前者は電子メールであり、返信がくるまで届いたのかどうかわからない、引き裂かれるような不安の感覚である。これに対して後者は楽器と声の振動であり、身体的な同期の感覚である(どやー
てらまっと @teramat
Rio見終わったら宇野さん批判でもしようかと思ってたけどwお腹すいたからしないかも(´・ω・`)
てらまっと @teramat
今度の思想地図論文「郊外文学論」でもそうだが、宇野さんのいう「想像力」はいまいち実体がつかめない。とくに「新しい想像力/古い想像力」という対比が「バトルロイヤル系/セカイ系」ないし「郊外/都市」に重ね合わされるとき、それを正当化する理論的な枠組みが存在しないように見える
てらまっと @teramat
セカイ系の想像力、バトロワ系の想像力、都市の想像力、郊外の想像力…このように言われるときの「想像力」とはいったい何を指しているのか。さらにそれは作家の想像力なのか、読者ないし住人の想像力なのか、あるいは作品を読み解く宇野さんの想像力なのか、それともそのすべてなのか
てらまっと @teramat
宇野さんの議論においては、しばしば「想像力」が個々の作品と社会を接続し、それによって作品分析がそのまま社会批評と直結する構造になっている。つまり彼のいう「想像力」は、社会学的な観点を作品それ自体の価値へと直接反映させる、そのような役割を果たしている
てらまっと @teramat
どうでもよくなってきたな…
てらまっと @teramat
つまり何が言いたいかというと、宇野さんの「想像力」ってマジックワードだからずるくね?って話で、そもそも社会批評と作品評価は全然別だろう、と。彼自身の作品分析の手つきが魅力的だから見えづらくなってるけど、僕にはものすごく素朴な社会反映論に思える
し し シ 市 シ @i_sssshhhh
@teramat 宇野さんのダイナミック風なとこであり、たまにポカーンとなるとこですよね。
akitter2011 @akitter2011
@teramat たぶん宇野さんは「社会」と「観客/視聴者」を並列にしているんですね。
いぶりぃ @iwri
@teramat 宇野さんはマジックワード多いですよね…
し し シ 市 シ @i_sssshhhh
@teramat バズワード連発でも面白いんですよねw なんかこう彼のアジパワーは半端ないっすw 決断主義のなせる技なのか…
てらまっと @teramat
@shoe_alc それなのによく出来てるのがずるいんですよねーw
てらまっと @teramat
セカイ系好きな連中はオタクのマザコン野郎でレイプ願望もってる、って冷静に考えるとありえないでしょw作品の受容形態の分析とか全部無視してるし、そもそもアニメとマンガ、小説、ライトノベルの差異をすっとばして作品を「物語」に還元するとか尋常じゃないww
てらまっと @teramat
【結論】宇野さんはコンスタティブに読むとトンデモ。しかし「あえて」やってるのだとしたら、つまりパフォーマティブに読めば、これほど影響力のある批評家はそういない。たぶん
てらまっと @teramat
@akitter1985 すっごく素朴な考え方ですけど、語り口が説得的でずるいんですよww
宇野常寛 @wakusei2nd
はあ? そんなこと言った? あなたこそ勝手に人の主張を誇張して批判して悦に入っているだけでしょ? RT @teramat セカイ系好きな連中はオタクのマザコン野郎でレイプ願望もってる、って冷静に考えるとありえないでしょw 
宇野常寛 @wakusei2nd
挙句の果てに「トンデモ」認定されました。批判する対象の主張を適当なイメージに基づいて罵倒して、ご満悦の人に。うわー。RT @teramat  【結論】宇野さんはコンスタティブに読むとトンデモ。しかし「あえて」やってるのだとしたら、つまりパフォーマティブに読めば、これほど影響力のあ
てらまっと @teramat
@wakusei2nd たしかにそれは言い過ぎでした。申し訳ありません。その上で質問させていただけるのあればお聞きしたいのですが、宇野さんがしばしば使われている「想像力」という言葉は、どういう意味なんでしょうか?
じゃがいも @jagaximo
てらまっとさん、批判したんなら逃げずに戦わんといけないよ。
てらまっと @teramat
最初から本人に聞くべきだったな
てらまっと @teramat
返ってくるのかブロックされるのか…
宇野常寛 @wakusei2nd
他人の主張でっちあげて、それを根拠にダメだとレッテルを貼り、論破したつもりになっている人がよく言うよな。トンデモはどっちだろ。
宇野常寛 @wakusei2nd
その都度明らかな文脈で使っています。そもそもこの難癖のほうがよっぽどマジックワード的というか、イメージで論理の不足を補っている。 RT @teramat セカイ系の想像力、バトロワ系の想像力、都市の想像力、郊外の想像力…「想像力」とはいったい何を指しているのか。
てらまっと @teramat
もうちょっと紳士的にツイートしておけばよかったな…ブロックされると質問もできないし(´・ω・`)
残りを読む(146)

コメント

遺体 @Minority20 2011年1月19日
確かに世界はトラブルで満ちてる…
遠山太郎(TOKYO) @touyama_t 2011年1月19日
なんかこうファミレスで会話してたらご本人登場みたいな..
宇野常寛 @wakusei2nd 2011年1月19日
なるほど、僕は自分が言ってもいない主張を捏造されて、喧伝され、罵倒されても怒っちゃいけないんですね。なぜならば「誤読」の自由が人にはあるから、とw 無茶苦茶な理屈だな。マジで呆れた。
*死に舞 @shinimai 2011年1月20日
これ至言だわwwRT @tsukushi_k: 野球中継に無責任なヤジ飛ばしてたらいきなりやってきた野球監督にマジレスされた くらいの違和感があるというだけです
宇野常寛 @wakusei2nd 2011年1月20日
んん? 球場のヤジに選手が反撃できるとこがネットのいいところだと思うけど。まあ、とりあえず「僕たちはアマチュアなんだからあなたの意見を捏造して喧伝しても怒らないでね」という主張以上のものはないみたいですね。はい。
月猫郵便結社 @TenderIsTheMoon 2011年1月20日
「誤読だけならまだしも、それを元にして情報発信したら…… 戦争だろうがっ・・・・・・!」ということですね、分かります。
ehoba @htGOIW 2011年1月20日
「こんな野次程度に本気で反応するな」とか煽ったところで、本人の間違いが解消されるわけじゃないのにね
じょらん @joraningen 2011年1月20日
ただし全国ネットで野次飛ばしてますけどね RT @tsukushi_k: 野球中継に無責任なヤジ飛ばしてたらいきなりやってきた野球監督にマジレスされた くらいの違和感があるというだけです
つくし@べくたがかわいすぎてむり @tsukushi_k 2011年1月20日
”「私はこのように読んだ」という表明”と”捏造”との境界がよくわかんないです。「捏造」であることが明らかな発言ならどうせ誰も相手にしないだろうから別に放っておいてもいいんじゃないかなぁ、というだけです。「アマチュアだから」を隠れ蓑にするつもりはなかったですがそう取れる発言でした。申し訳ありません。「誤読だけならまだしも~」は確かにそうですね。気を付けます。
秋田紀亜 @akita_kia 2011年1月20日
この@millionsageさんによるトゥギャり、どうなの。@teramatさんが@wakusei2ndさんにブロックされたことを気にしていて、その原因が「言い方」だったと認識しているらしいことに対するレスだったのに。順番を変えてあるから印象が操作されている印象。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
テクストを作者と関連させて取り扱っている以上、テクストは「作者の意図」を表したものとして判断されているのは明らか。作者から自律したテクストとして扱っていないのだから、この場合のテクストはコミュニケーションとして扱うべきで、誤読の流布は作者に実害をもたらす危険がある。「誤読の自由」を主張するならその前提として作者から切り離して考えなければならない。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
テクストの内容を根拠にして作者に「ずるい」と言っておきながら、本人に訂正された途端にまるでテクストを作者から自律させているかのごとく「誤読の自由」を振りかざすのは論理のすり替え。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
単純に、批評に詳しくないからこういうことが起こる。僕は今20年以上前に出版された本で批評理論を学んでいるが、その段階で既に批評が問題にしている領域が作品、作者から読者、受容美学、歴史、社会と拡大している。正直に言って、人の営みのどの部分を持ち出しても作品批評へとつなげることができるし、それには正当性があると思う。
秋田紀亜 @akita_kia 2011年1月20日
ちなみに私は「誤読の自由」を擁護はしていないので、@teramat@wakusei2ndが捏造でない線を確認し合いながら普通に議論を進めて行けば良いのにと(実際、捏造があった点は認め謝罪しているのだし)。言い方とかどうでも良い。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
また「素朴な社会反映論」という指摘があったが、これは批判としては古典的でそれなりに説得力もあるものの、では素朴な社会反映論のどこが悪いのか? ということに応えていない。「批評はそれだけではない」「作品の内容はそれだけで判断するべきではない」というのなら他の例を挙げて堂々と反論すればいい。宇野氏はそれを封殺しようとはしておらず、だからこそ宇野氏自身が自分の批評方法以外の方法があることを知った上でそのやり方を選んだとわかる。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
作品を巡って様々なものが争点となるのが批評だが、つぶさに見ていくとその射程圏がとんでもなく広く、批評理論はその広さに対して相当な緻密さで挑んでいることが見て取れる。作品と社会との関わりの間には人の生き方や欲望のあり方が介在し、社会が世界規模で大きく変わりつつある今、作品を社会との関係から考えていく方法は新たな社会、新たな生活を生きることになる人々へのメッセージにもなるだろう。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
作品を単に「評価」するだけが批評ではない。どのような「評価基準」を示せるか。それによって「もう通用しないかつての常識」と「きたるべき新しい生き方」との間にある「今」にどんな形で、どんな方向に変化を生じさせられるのか。批評の射程は長く、批評の意義はそのどこにでも生じる。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
これは批評が作品と無関係になっていくのではない。批評は作品と読者の関係を精密に見つめ続け、その結果として「作品解釈を生み出す根源は読者の判断力に影響を与える諸要素であり、あるいはその諸要素の向こうにある諸要素に影響を与える諸要素、更に……」という認識に至る。無限後退のようだが実際にはこの諸要素は私たちがよく見知っているものを循環し分散しているに過ぎない。影響力の連鎖とはそういった質のもので、遡り過ぎると力は弱まる。だからこそ「ほどほど」の辺りに焦点を絞るべきものである。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
そこで宇野氏の批評だが、社会との関連から見る批評は作品からやや遠ざかってはいるものの十分に有効射程内だ。人間の欲望に照準したことも、他の要素を捨象するという仮説形成のための当然の作業。もちろん反論もあるだろう。だが反論するのであればこうした前提に基づいて行うべき。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
私的にまとめると、この件のポイントは「予備知識・前提条件の有無」に尽きる。批評のみならず、宇野氏個人の事情についても。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
その事情を鑑みると「議論は冷静に」という主張は無理筋だと思う。それに相手は人間で、常に自由に何事にも冷静さを以て対処できる存在ではないということを考えると、議論に冷静さを求めるのは諦めた方がいいのではないだろうか。冷静さ=感情の抑制ではなく、むしろ温和さや相手を落ち着かせる作法としての感情表現のあり方を「双方に」求めていくことが議論を円滑で有意義なものとする工夫だと思う。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
今回のケースではいろいろとすれ違いや思い違いもあっただろうし、それが原因で不愉快な思いをした人もいるでしょうが、どうけじめをつけるかは当人たち次第。既にブロック済みなようだし、これらのコメント群が関係修復に役立つ機会は失われたのかもしれない。
比那北 幸 @hinakita 2011年1月20日
ていうか書き過ぎたな。今更だけど。
てらまっと @teramat 2011年1月20日
長大なコメントの後に何か言うのも気が引けますが……とりあえず僕の思うところを書かせて頂きます。
てらまっと @teramat 2011年1月20日
「セカイ系好きな連中はオタクのマザコン野郎でレイプ願望もってる」等のツイートは僕の意図的な「誤読」であり、「捏造ツイート」です。宇野さんを非難する際のクリシェとも言える
てらまっと @teramat 2011年1月20日
したがってこれは誹謗中傷以外の何ものでもありません。この点について僕は何度でも謝るべきだと思うし、できることなら直接会って謝罪したい。騒動に巻き込まれた人にも謝りたい。ひとえに僕の不勉強、というかそれ以前に、ツイッターとはいえそもそも人に対する礼儀がなっていなかったと思います。
てらまっと @teramat 2011年1月20日
いまさら何を言っても文字通り後の祭りですが、そしてtogetterのコメントというきわめて非公式な場所で恐縮ですが、僕としては宇野さんにあらためて謝罪したいと思います。申し訳ありませんでした。
てらまっと @teramat 2011年1月20日
社会反映論云々については、すでにhinakitaさんが詳細にコメントしていることもあるので、僕としてはあまり言うことはありません。いわゆる「社会学批評」に違和感があるのは事実ですが、「それなら自分で書け」という批判には返す言葉がありません。
てらまっと @teramat 2011年1月20日
もちろん時間と能力が許せば、自分で書きたい気持ちはあります。しかしそれはもう全然別の問題なので、頭が悪いと言われても仕方ない。
てらまっと @teramat 2011年1月20日
それと、「誤読の自由」というのは僕にはよくわかりません。今回の件は僕が意図的にdisっている点に発端があるので、何とも言えません。
てらまっと @teramat 2011年1月20日
というわけで、今回の件に関する僕のコメントとしては以上です。当事者である宇野さんはもちろん、僕を(二重の意味で)フォローしてくださった方々、それからイシタニさんと東さんには、この場(欄?)で謝罪したいと思います。どうもすみませんでした。
clearbooka4 @mikanzuki 2011年1月22日
これって素人は一般公開された情報に対して、当人にリプライ飛ばさないで気軽に感想を言ってもだめってこと?。まあ本人が文句を言ってくるのはいいけどそんなの監視するだけ疲れるだけだよなあ。まあその前にブロックするか
clearbooka4 @mikanzuki 2011年1月22日
元はといえば素人時代、善良な市民というペンネームを使いネット上で散々著名人を 一方的にコケにしてきた宇野さんが有名になったとたん素人にキレはじめる。善良な市民時代は気軽さがなかったから当人から反論とかこなかったのだろうか
月猫郵便結社 @TenderIsTheMoon 2011年1月22日
ネットに限ったことじゃないけど、敵を「真面目に」批判したい場合は敵の論旨をちゃんと読み取った上で論を展開しないと火傷するよってこと。
ehoba @htGOIW 2011年1月30日
善良な市民と名乗ってた時には岡田斗司夫がコメントよこしてただろ
遠野九重@『生産Wチート』8月24日発売 @Six315 2011年2月1日
まとめには入ってないだけで、「じゃあ実際、郊外文学論に何が書いてあったか検討してみよう」って人がいたのかな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする