10周年のSPコンテンツ!

子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり

平成27年11月27日、厚生労働省は子宮頸がんワクチン接種に伴う痛みの原因やワクチンの安全性を調べる研究班を設置しました。7月には、HLA-DPB1遺伝子0501型が症状の出やすさと関係しているのではないかという報道発表がなされました。HLAについてはかなりややこしい話なので、若干の解説を加えました。
医療 健康 免疫学 子宮頸がんワクチン HLA サーバリックス
46
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 厚生労働省研究班設置】 11月28日付読売新聞より。子宮頸がんワクチンの接種を受けた女子中高校生らが、体の痛みなど重い症状を訴えている問題で、厚生労働省は27日、痛みの原因やワクチンの安全性を調べる研究班を設置yomiuri.co.jp/science/201511…
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり】 2015.07.04毎日新聞記事より。体内の免疫システムに関わる特定の遺伝子が症状の出やすさに関連している可能性があることが、厚生労働省研究班(代表・池田修一信州大教授)の分析で分かった。
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり】 検査した患者の9割以上で「白血球の血液型」とも言われる「HLA(ヒト白血球型抗原)型」が一致していた。、「HLA−DPB1」と呼ばれる遺伝子が「0501」という型だった患者が11人(92%)に上り、免疫異常による脳炎などを起こしていた
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり】 (引用)mainichi.jp/shimen/news/20…  筆者注:新薬たん個人が調べたところ、2015.11.29現在HLA-DPB1と副反応を直接結びつける論文は発表されていなかった。
新薬たん @ShinHiroi
【免疫学 用語解説】 ヒトMHCはクラスⅠ、Ⅱ、Ⅲ、からなる。 このクラスI、Ⅱ、Ⅲをヒト白血球抗原(human leukocite antigen)HLA と称する。
新薬たん @ShinHiroi
【免疫学 用語解説】 ハプロタイプ:ある特定のMHC遺伝子複合体。通常はメンデル遺伝形質としてひとまとめの形で遺伝してゆく。 pic.twitter.com/Aa1bXYZaXf
拡大
新薬たん @ShinHiroi
【免役学 用語解説】 HLAの遺伝子座:DQ座,DR座,A座,C座,B座の5種類。 (筆者注;C座 Cw1~8を含める場合もある) pic.twitter.com/p0cre9OlAN
拡大
新薬たん @ShinHiroi
【免役学 用語解説】 アレル:図のような対をなす相同染色体上に並ぶ遺伝子を、互いに「対立遺伝子(アレル)」と呼びます。 pic.twitter.com/bbq2dMp1vi
拡大
新薬たん @ShinHiroi
【免役学 用語解説】 今回の副反応の原因と推定(筆者注;完全に決まったという報告は無い)れているのは、HLA遺伝子座のDPB1という遺伝子が、『0501』という型の人間ではないだろうかということです。(自分で書いてもややこしい) pic.twitter.com/uqBedMOmc8
拡大
新薬たん @ShinHiroi
【参考サイト・文献】 HLA研究所:hla.or.jp/about/detail/  メディカル免疫学(ロアット・ロブソン・デルヴィス著 小野江和則ら監訳 西村書店)

2015.11.30厚生労働省池田報告書、アジュバント仮説を追記

新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 信州大学 池田修一氏H25.12.25日付『子宮頸がんワクチンの副反応』(厚生労働省慢性の痛み対策研究事業) mhlw.go.jp/file/05-Shingi…
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 CRPS(筆者注:複合性局所疼痛症候群)の診断と治療。厚生労働省CRPS研究班 (URL)maruishi-pharm.co.jp/med2/files/ane…
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 以下、『HPVワクチンに対する最近のトピックス』信州医誌249~252、2014 塩沢丹理著より引用。 (筆者注;エビデンスレベル:専門家の見解) jstage.jst.go.jp/article/shinsh…
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 ウイルスの蛋白だけを接種してもHPVの感染を制御するのに十分な抗体が産生されるとは限りません。上皮内のHPVを中和するためには血液内には相当高濃度の抗体が産生されている必要があり、そのためには免疫システムをフルに稼働させる必要
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 このためにしばしばアジュバントと呼ばれる免疫賦活剤が使用されますが、HPVワクチンでは特にアルミニウムと樹脂を組み合わせた新規の強力なアジュバントが使用されています。
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 アジュバントも原因仮説が浮上。そこで、サーバリックス(HPVワクチン)のインタビューフォームを調べる。 以下、IFより引用 (エビデンスレベル:医薬品総合機構のチェックが入っている)
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 (URL)vaccinet.jp/product/pdf/in… pic.twitter.com/Ct7WsqNspu
拡大
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 HPV-16 およびHPV-18 由来のL1 蛋白を会合させた非感染性のウイルス様粒子(VLP)と、Al (OH)3 と3- 脱アシル化-4’- モノホスホリルリピッドA(MPL)から成るアジュバント(AS04 アジュバント複合体)
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 AS04 アジュバント複合体。が浮上。このアジュバントに起因した副反応の報告が無いか文献検索を行う。
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 報告あり。HPV-16/18 AS04-adjuvated vaccine(略)adjuvants (ASIA) presenting as a somatoform disorder?ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2538896…
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 この論文では『統計はとっていない』、『因果関係がはっきり証明されているわけではない』と明記。 (エビデンスレベル:査読がついているかは分からないが、全世界に向けて発信できる内容である)
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 2報目、adjuvants (ASIA) after quadrivalent human papillomavirus vaccination(URL)ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2596245…
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 コロンビアの大学から発信された論文。文中では『3名がHPVワクチン接種後ASIAシンドローム発症』、『HLA-B27 が発症の可能性を持っている』『接種時には個別対応が必要』 (エビデンスレベル:症例報告)
新薬たん @ShinHiroi
【子宮頸がんワクチン 副反応解明の手がかり 】 ASIAシンドロームとは? ワクチンに含まれる抗原の効果を補強する、「アジュバント」という成分によって誘発される症候群。「ASIA症候群」の名称は、2011年に発表されたイェフダー・シェーンフェルトらの論文で命名された。
残りを読む(37)

コメント

新薬たん @ShinHiroi 2015年11月29日
まとめを更新しました。
新聞燃やす人 @mikecatwhitecat 2015年11月29日
さてこれで反ワクチン勢はどう反応を示すであろうか?
🚮 @recyclebin5385 2015年11月29日
心因性じゃね?と思ってたしそうであってほしかったけど、ガチの副作用の可能性が上がったな・・・でも原因不明の状態から少しでも原因が少し見えてきただけましか
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2015年11月29日
原因がわかれば副作用の出そうな人は対象から外すとか対応も出来ますしね。
新薬たん @ShinHiroi 2015年11月30日
2015.11.30厚生労働省池田報告書と、アジュバント仮説を追記。
トムキャット(猫の方) @mtomo0222 2015年12月3日
当初から免疫系が原因と言い続けてきたわけだけど、遺伝子が関係していたとは。
nao @parasite2006 2015年12月3日
子宮頸がんワクチンには製造元が異なる2社の製品があり、新型のアジュバントは一方の製品にしか使われていないので、これが原因だとすれば使用製品により副反応の発生率に差がつくはず。
nao @parasite2006 2015年12月3日
今年7月に毎日新聞の記事が出たとき、DPB1*0501遺伝子の頻度を調べたことがあります。東アジアで高く西ヨーロッパではまれhttps://twitter.com/parasite2006/status/617534773133578241
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2015年12月4日
DPローカスですか…骨髄バンクなどではHLA-A,B,DRぐらいしか見てないから、検査確認が大変かも…
新薬たん @ShinHiroi 2015年12月4日
まとめを更新しました。厚生労働省ワクチン分科会資料2点(副反応追跡調査・補償に関する意見)追記
新薬たん @ShinHiroi 2015年12月4日
parasite2006 コメントありがとうございます。アジュバントが原因なら、仰る通りサーバリックスとガーダシルで副反応に差が出るはずですね。何とか被害が広まらない内に原因を究明したい所です。
新薬たん @ShinHiroi 2015年12月4日
まとめを更新しました。厚生労働省、3年計画で副反応解明の疫学調査を行う旨追記。
新薬たん @ShinHiroi 2015年12月11日
まとめを更新しました。第7回厚生労働省、ワクチン分科会議事録(抜粋)を追記。
新薬たん @ShinHiroi 2015年12月15日
まとめを更新しました。H25年度厚生労働省資料を追記。副反応に対する対症療法により、64%の患者さんに改善が見られた旨追記。
nao @parasite2006 2015年12月18日
名古屋市の子宮頸がんワクチンアンケート調査の速報結果(解析は名古屋市立大学医学部公衆衛生学教室)http://bit.ly/1UHJ38K とWedgeに出た村中璃子氏の解説記事http://bit.ly/1UHJi3s 年齢補正後は接種群と非接種群でワクチンの副反応が疑われる症状の発症率に差なし。
新薬たん @ShinHiroi 2015年12月20日
parasite2006 コメントありがとうございます。統計学的に有意差無しという結果は私も読んでいます。ただ、症例報告が上がっている以上『気のせい』で済まされない問題もあるかもしれません。できればメカニズムをはっきりさせたい所です。
亜山 雪 @ayamasets 2016年3月9日
アジュバントが原因なら、思い切って二重盲検でデータをかき集めればわかるネー
にゃあ @kirikami 2016年3月17日
平成28年3月16日(水) ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状に関する厚生労働科学研究事業成果発表会 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000116636.html
新薬たん @ShinHiroi 2016年3月17日
2016.03.17  NF-κBp50-deficient mice について文献を追記。
nao @parasite2006 2016年3月27日
ShinHiroi 情報ありがとうございます。このNF-κBp50欠損マウスは元来、日本人に多い正常眼圧緑内障の発症に関与すると考えられる現象である網膜神経節細胞の細胞死を起こすモデル動物として2011年に作成されていたものだったのですね。
nao @parasite2006 2016年3月27日
このNF-κBp50欠損マウス(自己免疫疾患を生じやすい)にサーバリックス(2種類の子宮頸癌ワクチン製品のうち新型アジュバントを使用している方)を注射した場合に限り、脳内の海馬の神経線維内に自己抗体が沈着するのが観察されたというのが信州大・池田修一教授の報告(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000116634.pdf 最後から9ページ目)。
nao @parasite2006 2016年3月27日
この上はぜひともサーバリックスの製造元に問題の新型アジュバントを単品で提供してもらい、アジュバントを単独でNF-κBp50欠損マウスに注射しても自己抗体の出現が再現されるかどうか、さらにアジュバントの成分のうち悪さをしているのはどれかの確認に進んでほしいものです(すでに計画はされているようですが)。
魔系犬/西保男・自称シャカニセッポニスト @ronja_yty 2016年5月8日
池田班の発表からは、現状のままでは何も意味はないだろうね。そもそも去年小規模な同じ様な調査をしてたし、その頃からより大規模にやる!とか言っておきながら「この程度」だし。マウスにしたってその比較対象ワクチンにしたって副反応解明の研究としてはお粗末だと思う。そういう指摘を見かける。
新薬たん @ShinHiroi 2016年12月14日
まとめを更新しました。
新薬たん @ShinHiroi 2016年12月28日
第23回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成28年度第9回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会 資料を追記しました。
新薬たん @ShinHiroi 2017年2月14日
2016.02.14 MSDのステートメントを追記しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする