編集可能

水木しげるサンと呉智英氏~元資料整理スタッフが見た、知られざる一面

マンガ評論を含めた幅広い評論活動で知られる呉智英氏は、まだ著書を出す前、1970年からアルバイトで水木しげる先生の仕事場に出入りし、氏の集めた膨大な宗教、神話、民俗資料の整理とアイデア抽出、あるいは自伝編集などを手伝っており「最も長期間水木を見てきた一人」を自負、作品評論を行ってきたそうです。今回の訃報に際し、呉氏は多くのメディアにコメントを寄せましたが、ファンの中にはまとめ者も含め、呉智英の過去の文章を思い出し、紹介する人(批判も含む)もいました。 「水木 呉」での検索を中心に、それらをまとめました。 呉氏は、12/1夜のTBSラジオ「session-22」にも出演予定のようです。
90
水木プロダクション @mizukipro

【ダヴィンチ6月号ゲラをチェック】某日。鼎談のページに登場した呉智英氏のお写真を見て、「呉が年を取ってしまった」と、ご自分を棚に上げて嘆かれる水木しげる先生。出会った当時呉氏はまだ学生でらしたそう。(倉ぼっこ) pic.twitter.com/txaW9MuicM

2013-05-07 17:13:56
拡大
毎日新聞写真部 @mainichiphoto

goo.gl/iRYK8M きょう、93歳で亡くなった水木しげるさん。在りし日の水木さんの姿を写真特集で。 pic.twitter.com/eBtHgyp5FA

2015-11-30 16:40:47
拡大
リンク mainichi.jp 水木しげるさん死去:妖怪通じ現代に警鐘 目玉おやじにねずみ男、子泣きじじいや一反もめんを生んだ漫画家、水木しげるさんが30日、死去した。 ...
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

ggccaatt.net/2012/04/27/%E6…  水木しげる先生の書生として長い交流があった呉智英夫子の、貴重な証言。亡くなって反戦平和の闘士に仕立てたい人もいるだろうけれど、ご本人はそいういステレオタイプからさえぶっ飛んでいた、でも健全な人だった( ´ ▽ ` )ノ

2015-11-30 14:24:28
リンク www.ggccaatt.net 199.水木しげる論
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

三島由紀夫も、徴兵されず戦場に行かなかった自分には、戦場に行って片腕を吹っ飛ばされた水木しげるに対して反論できんみたいなことを語っていたけれど。水木先生は、腕を吹っ飛ばされて意識が戻って最初に思ったのが、生きていて嬉しかっただもんなぁ。

2015-11-30 14:27:07
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001

自分なら、生き残った感謝より、失った後悔のほうが先に来るだろう。ある意味で、生きることは苦と捉えた仏教の死生観とは真逆だし、キリスト教などとも違う。だからこそ、長生きされたのだろうし。でも同時に、悪魔くんのような深遠さもある。どこまでが虚で実か、量りがたい部分もある。

2015-11-30 14:34:16
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

【けっこう重要】呉智英氏が直接体験した水木サンの姿(「犬儒派だもの」) 水木氏の言動を、通常の感覚で批判するのはたやすい。 ただ、まさに究極の意味で「エゴイズム」があったからこそ、あの戦場で戦争に、飲み込まれなかったのではないか。 pic.twitter.com/adokvlgVOk

2015-11-30 17:02:37
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

さっき twitter.com/gryphonjapan/s… にて、画像で紹介したテキストが読みにくいかたは、ここに引用テキストがある。 (ドライ) blog.goo.ne.jp/s-matsu2/e/a12… (ラバウル) entablo.seesaa.net/article/160251…

2015-11-30 17:06:22
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

「この子供の気持を考えると、心が痛んだとか、転校先の生活が気になるとか、何かありませんでしたか」またも簡単に水木は答えた。「ありません」「どうしてでしょうねぇ」「自分はドライだったからです」 / “呉智英 『犬儒派だもの』 (双…” htn.to/u12RYZ

2015-11-30 17:15:59
リンク gooブログ 呉智英 『犬儒派だもの』 (双葉社) 2003年(その1) - 本を読んだらメモるblog 呉智英 『犬儒派だもの』 (双葉社) 2003年 犬儒派とは、プラトンと同時代の哲学者ディオゲネスを中心とした一派キニク派の訳語とのこと。 p56 水木しげるの話 (編集の手伝い仕事で)子供の頃ガキ大将だった水木が近所の子供を殴って転校させて...
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

“「戦友たちは食糧も薬もなく、ここで死んでいった。そして自分だけ今ではなんでも食べられて生きていられる。そう思うとですなぁ…」(中略)水木しげるは確信をこめて言った。「そう思うと愉快になるんですよ」” / “先週の『ゲゲゲの女房…” htn.to/VgGeFXkBF

2015-11-30 17:17:18
リンク entablo.seesaa.net 先週の『ゲゲゲの女房』に今一つ釈然としなかった人のために: ちゅーたくんのエンタメブログ 先週の『ゲゲゲの女房』に今一つ釈然としなかった人のために, ロックミュージックやお気に入りの映画やドラマのDVDを紹介していきます。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

twitterでつぶやいた内容などを、もう少し長めに論じたものです。 水木しげる先生、ちょっと「あっち」へ。~思い出すいくつか - d.hatena.ne.jp/gryphon/201511…

2015-12-01 03:52:26
リンク はてなダイアリー 水木しげる先生、ちょっと「あっち」へ。〜思い出すいくつか - 見えない道場本舗 水木しげるさんが死去、93歳 漫画家で文化功労者 2015/11/30 16:09 【共同通信】 2014年5月、鬼..
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

呉智英氏の、水木しげる氏に関し一番まとまった文章はこの本に収録。 先生80歳の時「本来なら没後に書こうと思ってたが、元気な先生より自分が先に死にそうだから」とひと足早く『秘話』を書いた(笑) 犬儒派だもの (双葉文庫) 呉智英 amazon.co.jp/dp/4575713104/

2015-12-01 03:56:44
リンク www.amazon.co.jp 犬儒派だもの (双葉文庫) | 呉 智英 | 本 | Amazon.co.jp Amazon公式サイトで犬儒派だもの (双葉文庫)を購入すると、Amazon配送商品なら、配送料無料でお届け。Amazonポイント還元本も多数。Amazon.co.jpをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp
村上・ダミアン・マサル~脱原発反権力 @damian16002000

2014.01.24日付東京新聞夕刊【名著の衝撃~呉智英~貸本版「河童の三平~水木しげる著」生と死の境も地続き】自分的には永遠に忘れられない名作がいまさらながら紹介されるとは感無量である。「シャンペイ!」 pic.twitter.com/Icag7p3L3U

2014-01-25 09:36:03
拡大
くろまっく @kuro_mac

もこっちがこんなことに。 水木しげるを呉智英は「ほがらかなニヒリズム」と評したけれど、すこやかなルサンチマンでもあるんだよな。 pic.twitter.com/tVeSg4bKDC

2015-03-12 17:36:53
拡大

※なんとなくパロディであるとは感じていましたが、
「ドリヤス」氏のパロであるという指摘と
http://driyas.web.fc2.com/works.html

そのまま載せていると誤解しかねない、という指摘をいただきました。なので注意書きを。

magyar istvan(低知能) @istvan0817

@istvan0817 呉智英先生、荒俣宏先生、足立倫行先生、その他水木先生と交流のあった方々が見、描いた先生のさまざまな横顔をまとめた本が出版されることを希望する。きわめてユニークな創作者であったのと同時に、きわめてユニークな人物であったのだから。後の世の人たちのために是非。

2015-11-30 13:14:34
中宮崇@童貞の寅さん @nakamiya893

水木しげるが死んだそうだが、呉智英「犬儒派だもの」(双葉社)P55のエピソードが好き。(『のんのんばあとオレ』の原稿で全部削除されたが)「水木少年の配下に、いつもいじめられているおとなしい子供がいた。しかし、戦後、水木しげるが戦地から復員して故郷に戻ると、(続く

2015-11-30 13:20:49
Aiga Matsuo @matsu0aiga

三島由紀夫自決のあと当時水木のもとに出入りしてした呉智英が楯の会やらの三島のアングラな噂話を解説したのに応えて「ほう、男とやって、それできもちええんですか」(うろ覚え)と真顔で返したエピソードが大変に好き。

2015-11-30 13:34:48
なーみんっ! @japan74524736

そういや、呉智英って、水木先生の手伝いやってたんだっけか。

2015-11-30 13:34:58
中野貴雄とギャルショッカーズ @galshocker

【呉智英さんのエッセイより】 水木先生「戦友はみんな戦争で死んでしまって・・・」 「悲しい」というのかと思ったら 「愉快で愉快でたまらんですよ。わっはっは!」 (生きてる俺が楽しまなきゃ戦友にも悪い、という意味らしい)

2015-11-30 13:53:25
残りを読む(61)

コメント

明日斗ロン @asm99rx78 2015年12月1日
こんばんは。記事読ませていただきました。急遽、水木しげる先生の作品を購入して読みました。つくづく、天才は違うんだと思いました。私は、カラーの2作目の鬼太郎で妖怪になる青年の物語が、今の時代をついてるなと思いました。今の時代は、妖怪にも住みづらいです。
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年12月3日
東京新聞・産経新聞(のサイト)に掲載された、呉智英氏の追悼記事へのリンクを追加しました。
0
こかだじぇい @kokada_jnet 2017年1月16日
最前線に少人数で送られて。ひとり、敵を見張る役だったのに、きれいな鳥を夢中に見ていて、敵が来るのにきがつかなかったなんて。兵隊として最低すぎるよね。水木先生のかわりに死んだ、他の兵隊たちのほうが、かわいそう。
0