2015年12月1日

純情事情×My first・・・

安田先生の学生時代のお話です。
4
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

【純情事情×My first・・・】 1 俺のこの純情を 君に捧げる。 君が1人眠る夜 俺のこの熱が 君をあたためますように。 君が今日も幸せな眠りについて 幸せな目覚めを迎えますように。 #純情事情 pic.twitter.com/TNbfvTppMf

2015-11-22 22:42:42
拡大
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

2 《はぁ・・・彼女ほしい!》 ・・・あの日 先輩のキスシーンを見て以来 大倉はずーっとそんな事言うてる。 「そのうち出来るって。 お前黙ってたらイケメンなんやし。 それよりクリスマスパーティの 曲の練習しよーや。」 正直俺はバンドに夢中で どーでもよかった。 #純情事情

2015-11-22 22:42:53
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

3 《練習なぁ・・・ つーか、ボーカル探さな。》 ほんまにな。 いきなり辞めたボーカルの代わり。 探さな・・・ そんな事を思いながら 放課後の廊下を歩いていた時 君に出会った。 《え・・・この声どこから?》 風に乗って 歌声が聞こえる。 強くて儚い声。 #純情事情

2015-11-22 22:43:02
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

4 声を求めてたどり着いたのは屋上。 君はヘッドホンつけて 英語の歌詞を大声で歌ってた。 《あの声・・・ヤバない?》 大倉の言う通り。 俺もその声に震えた。 君に・・・ エリに 初めて出会ったそんな秋の日。 #純情事情 pic.twitter.com/HIdC6maFdW

2015-11-22 22:43:13
拡大
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

5 「エリ。練習いこ。」 彼女がクラスメイトやったと 知ったのはその後の事で。 『ちょ・・・待って。 課題出してから行く。』 女子の輪にも馴染まない 一匹狼な存在を 俺は見逃していた。 そんな彼女を口説いて 俺と大倉のバンドに 引き入れたんやけど・・・ #純情事情

2015-11-22 22:53:02
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

6 エリがあの日歌ってたのは Hi standardのMy first kiss。 『これしか歌えん。』 そう言うから 予定を変更して その曲を練習し始めた。 まぁ。クリスマスには ちょうどええやろ。 ・・・そんなある日。 大倉が俺に相談してきた。 #純情事情

2015-11-22 22:53:11
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

7 《俺な?エリに惚れたみたい・・・》 「はぁ!?」 大倉はエリに惚れた。 バンド内で恋愛とか そんなん面倒いのに・・・ それやのに さらに畳み掛ける。 《ヤス!お願い!協力して? お前仲いいやん? やから、エリが俺の事好きか 聞いてみてくれへん?》 #純情事情

2015-11-22 22:53:20
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

8 はぁ!? 俺にどーせぇって? ・・・でも 俺は断れなくて。 ある日屋上でサボってる エリを見つけて 聞いてみることにした。 『あぁ。安田やん。 どないしたん? サボるの珍しない?』 「珍しいなぁ。 ちょっと野暮用頼まれてん。」 『ふーんwww』 #純情事情

2015-11-22 22:53:27
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

9 と、言いつつも なんて切り出していいか困ってたら 飛び込んだのは エリのヘッドホン。 「今は何聞いてるん?」 『ブルーハーツ。情熱の薔薇。』 「あ。知ってる。」 そしたら片方を 俺の耳に当ててくれて。 いきなりの接近に ドクンと心臓が鳴る。 #純情事情

2015-11-22 22:53:33
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

10 近・・・ 鼻にかかる君の髪の匂い。 胸に届く息の熱。 ドキドキする自分を否定したくて 慌てて切り出す。 「なぁ!大倉の事!どう思う?」 するとエリはきょとんとして 『大倉?え、友達。』 そりゃ・・・そうなるよな。 恥ずかしくて俯くと #純情事情

2015-11-22 22:53:43
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

11 『何それ?何でそんなこと聞くん?』 「いや・・・その・・・」 『大倉に頼まれたん?』 俺は黙り込む。 エリはそんな俺を笑って 『大倉に伝えて? あたしが好きなら直接聞きやって。』 言えるかそんな事・・・ 俺は当てられたヘッドホンを エリに返す。 #純情事情

2015-11-22 22:53:49
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

12 次の瞬間・・・ ヘッドホンを持った手を エリが握り返して 俺を真っ直ぐに見つめる。 『あたし。好きな人おるから。』 ・・・それは誰? 気になったけど 聞けなかった。 ってか・・・ 聞くのが怖かった。 #純情事情 pic.twitter.com/NmzGsjJZwv

2015-11-22 22:54:02
拡大
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

13 それからしばらくして 大倉とエリが付き合い始めた。 好きな人・・・大倉やったんや。 そう自分を納得させて 俺はギターの練習に打ち込んだ。 *** そんなある日 大倉が大きなため息をつくから。 「どないしたん?」 って聞いたら・・・ #純情事情

2015-11-22 23:45:40
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

14 《エリにな・・・キスしよう思てん・・・ そしたら・・・拒否られた(泣)》 キス!? お前ら・・・いつの間に・・・ って。してへんのか。 そう思うと急に安心した自分がいて。 ちょっと驚いた。 ・・・俺。 なんでほっとしてんの? ちょっと自分がわからへん。 #純情事情

2015-11-22 23:45:47
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

15 なんか・・・むしゃくしゃして。 俺はギターを抱えて 次の授業をサボった。 あとからあとから湧いてくる どうしようもない感情を 見て見ぬふりするみたいに ギターをかき鳴らした。 ・・・と背後から声がする。 『なにサボってんの? そんなキャラちゃうやろ?』 #純情事情

2015-11-22 23:45:55
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

16 「げ。」 今、1番見たくない奴。 『げってなんよwww』 エリはお構いなく 俺の隣に座った。 『優等生の安田がサボるとか。 どないしたん?』 ・・・なんやねん。 人の気も知らんと。 「別に。 エリこそ・・・ なんで大倉とキスすんの 拒否ったん?」 #純情事情

2015-11-22 23:46:05
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

17 俺の問に悪びれもせず 『やって。 そんな気分ちゃうかった。』 とか言い放つ。 ・・・大倉御愁傷様。 堪らずため息つくと エリは笑って・・・ 『うちなぁ。 初めてのキスは 特別な人にあげたいねん。』 って呟くから 顔を上げたら・・・ #純情事情

2015-11-22 23:46:17
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

18 ふわっとエリの唇が 俺のに重なって・・・ 「うわっ・・・」 驚いて俺は後ろに飛び退く。 だけど エリは動じなくて。 不敵に笑うと俺に言い放つ。 『あたしの初めて。 安田にもらって欲しかってん。 ・・・ごめんね? 返品できんの押し付けて。』 #純情事情

2015-11-22 23:46:26
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

19 言うだけ言って エリはその場を離れる。 「なんそれ・・・」 俺は呆然としつつ 「勝手に俺の 初めて奪うなや。」 そう 見上げた空に呟いた。 #純情事情 pic.twitter.com/QfLhqnRAUr

2015-11-22 23:46:37
拡大
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

20 クリスマスまで1ヶ月を切って 俺達のバンドはだいぶ仕上がってた。 演奏中エリと大倉が目を合わせ リズムをとるのを横目でみつつ エリに芽生えた感情を 胸にひた隠す日々が続いていた。 《エリ帰ろー♡》 『うん。あ、でも忠義 CD買いに行っていい?』 #純情事情

2015-11-23 06:07:35
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

21 エリは大倉を忠義と呼ぶようになって 2人が穏やかに 過ごしてるのが際立って 俺のモヤモヤはやばいレベルだった。 『章大。ちょっと。』 「あ?はい?」 急に声をかけられ驚く俺に 『夜、家行くわ。』 そう言ってエリは大倉と帰った。 「・・・なんで?」 #純情事情

2015-11-23 06:07:42
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

22 何しに来んの? 夜って何時? そう聞く間も与えないで・・・ 俺はギターに抱きついて しゃがみこむ。 「あほぉ・・・ 会えるまで心臓もたへんやん・・・」 #純情事情 pic.twitter.com/IB2MAWkAKU

2015-11-23 06:07:52
拡大
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

23 エリが来たのは 日付が変わった真夜中。 ウトウトしかけたら 握りしめてたスマホが鳴って 俺は飛び起きて 窓から外を見下ろした。 『おはよーwww』 「あんの・・・あほぉ」 俺は家族にバレないように 外へ抜け出した。 「来んの遅いわ!」 #純情事情

2015-11-23 08:44:11
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

24 『ごめんごめん。 こんなに遅くなるとは・・・』 アハハと笑ったエリは 少し震えてて。 「寒いん?」 『ちょっと・・・』 「ったく・・・」 俺は巻いてた自分のマフラーを エリに巻き付けた。 エリはそれに顔を埋め 『あったかぁ・・・』 ってや。 #純情事情

2015-11-23 08:44:22
あさこ。親アリがんばるお @yoko_7d8u_asako

25 「で?何の用?」 『あー。うん。これ。』 エリは小さな袋を手渡した。 「・・・CD?」 『うん。 早いけどクリスマスプレゼント。』 「は?なんでwww」 『うーん。気分?』 何やねんそれ。 笑いつつ中を見たら 「あ。ハイスタ・・・」 #純情事情

2015-11-23 08:44:31
残りを読む(51)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?