『解剖医ハンター』おススメです!

『解剖医ハンター』2巻発売の紹介から始まって、あんな方こんな方まで登場。普段の恐竜・古生物関連企画とは分野違いですが、たまにはこういうのも。
博物学 ジョン・ハンター 解剖医ハンター マンガ
afragi 4031view 2コメント
7
ログインして広告を非表示にする
  • ふらぎ @afragi 2011-01-16 07:17:29
    「解剖医ハンター」2巻。絵と原作、その2つのマッチングが良く、しっかりした作品。単行本でがっつりまとめて読むのがオススメ。 http://amzn.to/h3UPM9 原作(?)の「解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯」もオススメです。
  • kamonomana @kamonomana 2011-01-16 10:39:00
    ジョン・ハンターが漫画になっていたとは!さっそく注文 RT @afragi 「解剖医ハンター」
  • Dai @dai_kyb 2011-01-16 23:40:43
    @kamonomana なんてマニアックな!それは必読.
  • ふらぎ @afragi 2011-01-17 11:03:36
    時代背景と考証を絡めた物語を作画がしっかり表現出来ていると思います。ついでに、第2巻のノリが好きな方は、映画「ジェヴォーダンの獣」もおススメです。RT @kamonomana: ジョン・ハンターが漫画になっていたとは!さっそく注文 RT @afragi 「解剖医ハンター」
  • ふらぎ @afragi 2011-01-17 11:50:26
    「解剖医ハンター」話からの流れで、私と飛車さんこと「ジャバウォッキー」久正人さんの映画「ジェヴォーダンの獣」蘊蓄語り http://bit.ly/hpcsUC
  • 黒釜ナオ @kurogamanga 2011-01-17 16:00:36
    @afragi ほめて頂いて有難うございます。 模型作品の写真を拝見して、緻密な美しさに見入ってしまいました! 自分は勉強しながら描いている素人ですので、きっと作中間違いだらけで恥ずかしい限りです……。 久正人さんのジャバウォッキーの模型を作られたんですね、驚きました!
  • ふらぎ @afragi 2011-01-18 11:56:28
    @kurogamanga 作者さんに返事頂けるとは! 「解剖医ハンター」当時の風俗の描写のための資料や勉強で大変だろうな、と思います。私の作品製作もその辺が大変でもあり、楽しい部分でもあるのですが。久正人像は、コミック最終巻までいろいろと使って下さり、楽しかったです。
  • 黒釜ナオ @kurogamanga 2011-01-18 15:06:50
    @afragi きっと古生物学も同じかと想像するのですが、少ない手掛かりから「本当はどうだったんだろう?」と思いを巡らす時が一番楽しいですね。 最後は「マンガの演出です!」という、ズルイごまかしを使ってしまいますが(笑)
  • ふらぎ @afragi 2011-01-18 19:09:53
    @kurogamanga 分野の違っても作品製作に関して同じような取り組み方をしているような気がします。手掛かりが十分で無いからこそ、出来る限り資料や情報は集めたいですし、それがあって、分らない部分に説得力のある演出が出来るんじゃないかと思っていますし、そう出来たら良いな、と。
  • kamonomana @kamonomana 2011-01-18 21:14:54
    『解剖医ハンター』、なぜか二巻だけ届いたので拝読。おもしろい!ハンターにエラズマスかっこよすぎですな。一巻早く来ないかなぁ。 RT@afragi 時代背景と考証を絡めた物語を作画がしっかり表現出来ていると思います。@dai_koyabu @kurogamanga
  • ふらぎ @afragi 2011-01-18 21:18:55
    面白いでしょ! 気に入って頂けたようで良かったです。 RT @kamonomana: 『解剖医ハンター』、なぜか二巻だけ届いたので拝読。おもしろい!ハンターにエラズマスかっこよすぎですな。一巻早く来ないかなぁ。
  • km @koyanoma 2011-01-19 10:27:34
    @afragi @kurogamanga 河出書房版ジョン・ハンター本の訳者です。『解剖医ハンター2』さっそく読みました。18世紀後半のダイナミックな時代背景に豪華なキャスト陣、史実とのからめかた、すばらしい~ マッチョな神父さんの今後がちょと気になる(^ ^)
  • ふらぎ @afragi 2011-01-19 12:41:04
    なんとなんと! ジョン・ハンター本に関しては、以前ちょこっとブログにも> http://bit.ly/ghEN2e あの翻訳あっての日本語版の面白さです!RT @koyanoma: @afragi @kurogamanga 河出書房版ジョン・ハンター本の訳者です。(略)
  • 黒釜ナオ @kurogamanga 2011-01-19 13:18:45
    .@koyanoma @afragi 矢野先生ですか!?読んで頂けたなんて、大感激です! ご挨拶もなしにテキトーなマンガを描かせて頂いてます、恐縮です。ムーア本は、常に作業机の横に置いてあるバイブルです! マンガ家として、ハンターに出会えた幸運は一生の宝です。有難うございます!
  • km @koyanoma 2011-01-19 14:12:57
    @kurogamanga 私も訳者として、ハンター本に出会えたことは一生の宝です。昨年、イギリス旅行して、ウェンディ・ムーアに会ってきました。彼女への手土産は、『解剖医ハンター1』。ジャパニーズ・グラフィック・ノベルねと、とっても喜んでくださいましたよ!!
  • km @koyanoma 2011-01-19 14:18:33
    紹介ありがとうございます~。ほんと、「山場だらけの一生」ですよね。RT @afragi: なんとなんと! ジョン・ハンター本に関しては、以前ちょこっとブログにも> http://bit.ly/ghEN2e あの翻訳あっての日本語版の面白さです!
  • km @koyanoma 2011-01-19 14:23:29
    ジョン・ハンター本、もっと読みたい、もっと訳したいと思いながらも、ノンフィクションだから新たな事実でも出てこないかぎり、続きはないと諦めてました。でもフィクションという手があったとは! 『解剖医ハンター』どんどん続きをお願いしま~す。@afragi @kurogamanga
  • ふらぎ @afragi 2011-01-19 15:37:02
    私もジョン・ハンターという人物はもっと楽しみたいですし、『解剖医ハンター』の脚本・作画のクオリティならフィクション設定もアリの説得力と思います。 RT @koyanoma: (略)でもフィクションという手があったとは!(略) @afragi @kurogamanga
  • 黒釜ナオ @kurogamanga 2011-01-19 17:09:31
    .@koyanoma わあ…嬉しいやら恥ずかしいやら、涙が出ます。ムーア先生にも許してもらえたと思って頑張ります!マンガですので色々な要素を盛り込む事になるのですが、原本の雰囲気や「真実の探求者」という、ハンターの根本は外さないよう考えています。続けられる限り、今後も精進します!
  • 黒釜ナオ @kurogamanga 2011-01-19 17:16:32
    ありがとうございます! 出会えるはずのない方々と出会えました。 ツィッターすごいw 感謝感謝です。RT @afragi 折角なので纏めてみました。『解剖医ハンター』おススメです! http://togetter.com/li/90781
  • 職人/げるびらりあ @gervillaria 2011-01-19 18:05:25
    啓蒙時代の自然科学者のノンフィクション。これは正直、バイブルです。医学系にも自然科学系にもお勧め。その他の人にもまるっとお勧め。.@afragi さんの「『解剖医ハンター』おススメです!」をお気に入りにしました。 http://togetter.com/li/90781
  • ふらぎ @afragi 2011-01-20 15:08:50
    ブログ更新: 「モササウルス研究会」&「解剖医ハンター」 http://t.co/Son9n6U
  • 黒釜ナオ @kurogamanga 2011-01-20 20:52:03
    .@afragi たびたび有難うございます。細かい所まで留意して頂いて、嬉しくなってしまいましたので、少し補足を…。「マンガの大目的は、物語の面白さとキャラクターの魅力を見せること」という考えがあります。 ですから、あくまで物語を支える、説得力あるディテール表現を目指しています。
  • 黒釜ナオ @kurogamanga 2011-01-20 20:56:44
    .@afragi (続き)個人的な感性を前面に出しすぎない、バランス重視的な姿勢は、「技術屋」的な感覚かもしれません。 実は、以前は機械設計の仕事をしていましたので、その影響はおそらくあるだろうな…とは感じています。といっても理数系人間ではなくて、ガチガチの文系なんですけど(笑)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「演劇」に関連するカテゴリー