編集部イチオシ

ぬらりひょんの後頭部問題について

かねてから疑問に思っていたことを呟いてみた。最近のぬらりひょんの後頭部、長すぎやしないか? そう思って調べていくうちに、とんでもない事実が判明した。
39

はじまりは単なるいちゃもんだった。

笠井量雲 @quantcloud

ぬらりひょんの後頭部って少女漫画のデカ目と一緒で、単なる強調にすぎないと思うんだよね。 pic.twitter.com/TUbFEoPTVk

2015-12-04 23:11:22
拡大
拡大
笠井量雲 @quantcloud

だから、こういった表現は間違っていると私は思っている。 pic.twitter.com/Sy7zABJm4H

2015-12-04 23:14:25
拡大
拡大
さまざまなご意見が…。
紅音屋本舗 @akn_box

RT> まぁこんなのがいつの間にか上り込んでたら怪しむよねw

2015-12-05 00:11:31

そうなのである。Wikipedia には以下のようにある。

昭和・平成以降の妖怪関連の文献や児童向けの妖怪図鑑で「ぬらりひょん」は、家の者が忙しくしている夕方時などにどこからともなく家に入り、茶や煙草を飲んだり自分の家のようにふるまう。家の者が目撃しても「この人はこの家の主だ」と思ってしまうため、追い出すことはできない、またはその存在に気づかないと解説されている。また「妖怪の総大将」であると解説されることも多い。 ぬらりひょん - Wikipedia

昭和の時代、まさにこのような妖怪図鑑を読んでいた私にとって、あの長大な後頭部には違和感を覚える。
あれを見て、「この人はこの家の主だ」などと思うはずがない。

◆◇妙維◇◆ @Myoui00

緒形拳ぬらりひょんはまだ後頭部の誇張が少ない……と思いたい ぬらりひょんの孫の後頭部はチョココロネレベルだけど

2015-12-04 23:20:07

水木先生への追悼特別番組として、実写版『ゲゲゲの鬼太郎』が放送されていたらしい。同じ頃、私はそれを知らずに呟いてしまった。番組鑑賞中に気を悪くされた方がいたら、申し訳ないことである。確かに誇張は少ない。

霹靂火 雷公@羅盤舎BOOTH店 @HEKIREKIKA_R

瓢箪鯰の権化なので、あれでいいと思うが。>ぬらりひょんの頭

2015-12-04 23:21:13

瓢箪鯰とは、とらえどころのない人に対する比喩であり、「瓢箪鯰なるもの」が存在するわけではない。
しかし、「瓢箪」「鯰」といった語からの連想が妖怪の造形へ影響を与えることは、もちろんあり得る。

霹靂火 雷公@羅盤舎BOOTH店 @HEKIREKIKA_R

「ぬらりひょんはデフォルメだから後頭部伸ばすな」ってやつ、そうだとしたらろくろ首は首長族くらいだし、大頭鬼なんて普通のオッサンになってしまう。欠乏や過剰こそが本質の妖怪だっているんです。

2015-12-05 00:18:02

いや、これには承服できません。

ろくろ首にとって「首が長いこと」は必要不可欠な属性である。
ぬらりひょんにとって「後頭部が長いこと」は、そのような属性ではない。

ただ、まあ、こんな感じの人が特殊メイクによる欠乏も過剰もなく、「妖怪でございます」と登場しても、視聴者は納得できないかもしれない。その一方で、人の家に上がり込んで茶を飲むのは、こんな感じの人が似合いそうに思ったりもする。

マラカスちゃん @unio01

ぬらりひょんの後頭部がどうのこうのって文句言ってる奴は本物見たことあるの? youtu.be/PZERrieAPEM @YouTubeさんから

2015-12-05 02:11:55
拡大

本物? もちろん、この映像は見たことがある。2004年に発売された『ほんとにあった! 呪いのビデオ』第14巻に収録されている。その名には触れていないが、明らかにぬらりひょんを意識して作られたものだろう。これも含めて、私は文句をつけたかったのである。

しげおか秀満 @shigeokahide

絵巻全てに言えることではないと思うけど、一部の絵のぬらりひょんの後頭部は陰嚢の隠喩として描かれているのではないかなとにらんでる。個人的に。

2015-12-05 14:07:34

陰嚢…う~ん、ひとつの解釈ではあります。

お里さん登場!!

お里 @osatokabauchi

昨日のこれ。ぬらりひょんについて考えてて、怪作戦の妖怪画本三巻まで引っ張り出してきたぞ。 twitter.com/quantcloud/sta… twitter.com/quantcloud/sta…

2015-12-05 13:32:50
お里 @osatokabauchi

これ、石燕の絵については少女漫画におけるデカ目的なデフォルメ表現っていうのしっくりくるなぁと思う。 よく見てみても漫画のデフォルメを勘定に入れて石燕の絵はデッサン整ってるように思う。石燕は絵上手い。 twitter.com/quantcloud/sta…

2015-12-05 13:37:25
お里 @osatokabauchi

では石燕以前は。 化物づくし、百怪図巻。 pic.twitter.com/vCUyvwCaTR

2015-12-05 13:42:03
拡大
拡大
お里 @osatokabauchi

まぁ、頭長いかなぁと思いますね。体も現実離れしてるので、その計算でいくと普通のおじいちゃんに見えなくもないですが (笑)

2015-12-05 13:44:52
お里 @osatokabauchi

で、怪作戦の「妖怪画本」三巻。ぬらりひょんの後頭部について話しています。(妖怪画本って座談会を文字起こししてまとめた本なんよ。愛知妖怪画談の前身的な。)そこでは「後頭部がいつの間にか一旦消えた」話も出てくるよ。

2015-12-05 13:52:06

怪作戦の「妖怪画本」、面白そうだなあ。いつか拝見したいものです。
さて、ぬらりひょんの後頭部が消えたというのは、1960年代末期のことだろうか?

1968年3月に放送された『ゲゲゲの鬼太郎』でのぬらりひょん。頭の鉢は開いているが、後頭部は長くない。また「総大将」のイメージもない。

残りを読む(26)

コメント

酔仙亭響人 @suisenteikyohji 2015年12月6日
なぜ、エイリアンが言及されていないのでしょう・・・。
0
酔仙亭響人 @suisenteikyohji 2015年12月6日
洋物はやっぱり、埒外だったのでしょうか・・・。
0
笠井量雲 @quantcloud 2015年12月6日
suisenteikyohji エイリアンからの影響、ということでしょうか? それはないような…。
1
かずひろ @kazuhiro_art 2015年12月6日
「妖怪の総大将」とか言われているように、実は知能指数が1300もあるという説を提唱してみるw
10
こんたん @kontan8823 2015年12月6日
え! じゃあ正体は宇宙から来た隕石なのか?(若いモンには判らないネタ)
5
張三李四 @tyousanrisi 2015年12月6日
こういう特徴でも出さないと「ただの爺さん」になってしまうからなんじゃ……。
16
まるでダメなおっちゃん @fatman2307 2015年12月6日
京極夏彦の本?で元々はクラゲやタコのようなものと書いていたのを読んだことがあるような…
1
だよもんさん@岡山のドライバーは頭変ry @dayomonsan 2015年12月6日
最後は星になるのかぬらりひょん…… >知能指数1300の隕石
5
よしながみお @magnetta_RC 2015年12月6日
ただのおっさん出されて「ぬらりひょんです」とか言われてもようわからんので頭大きくしているのでは
3
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年12月6日
正直、ぬりかべに比べたら些細な問題かなって気がする。そも異形なのに不審を感じさせないというのは、むしろ妖怪的じゃないのかなあと。
5
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年12月6日
ちなみに、ぬらりひょん=妖怪の総大将は「鬼太郎」劇中のみの設定なので注意すべし。
3
重-オモ- @__oMo__ 2015年12月6日
あきらかに人ではない容姿をしているのに違和感を抱かせないのがぬらりひょんの能力と考えると、別段おかしいことはない。
7
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年12月6日
あの後頭部が石ころ帽子みたいな役割果たしてるんやで説
0
musasino100 @musasino100 2015年12月6日
後頭部の形状にあまり深い意味は無いんじゃないの 最初にそうした人が気分でそう描いただけで
0
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2015年12月6日
はてブにも書いたけど、スーツ姿でビシっと決めてるダンディなぬらりひょんとかあってもいいと思う。あえてイケメン風で。
0
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2015年12月7日
ここまで「知能指数1300」無しとは
0
5犬 @nst2460_2 2015年12月7日
温水さんdisってんの?
1
イエーガー@狩猟準備中 @Jaeger75 2015年12月7日
っていうか、ぬらりひょんみたいな「人の認知を歪める系」の妖怪は、騙されてる人が「相手がぬりらりひょんみたいな変な爺さんって事に気づいてないし気付いてても違和感感じてない」のが怖いんでしょ? 初見で「あ、こいつぬらりひょんだ!後頭部異常にデカイし、絶対おかしい!」とか気付ける人は妖怪ハンターの素質有りだからさ。 まぁ、対処法無いのに気付いてることだけぬらりひょんにバレちゃったら危険なんで気をつけてねw
9
хидэ @fuayue 2015年12月7日
ぬらりひょんの名を冠する妖怪は他にもいて、瀬戸内海のそれだと海坊主扱いだったりするので後頭部は長いというよりもぶよんぶよんに弛んでいるようなイメージが無きにしもあらずで。また頭部が長い特徴は福禄寿仙にも通ずるのだけれども仙とは似て非なる稀人神のアヤカシとして、妖怪の親分などと言う連想が生じたのかもと思えたりで。
3
野洲 @say_3a 2015年12月7日
妖怪軍団がアクタ共和国軍になってしまったようなコメントが
6
言葉使い @tennteke 2015年12月7日
ぬらりひょんに頭髪があると、今日このまとめで初めて知りました。ありがとうございます。
0
taka @Vietnum 2015年12月7日
後頭部がでてるとね、日本の枕があわんのだよ。。。
0
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2015年12月7日
最初は正岡子規みたいなのだったのが、どんどん後頭部が強調されて伸びていったのではないだろうか…
2
犬連結マン @nekokoala1 2015年12月7日
妖怪の表現を「間違いだ」と断じる事ができるなんて一体何者?
4
ES@toge専用 @hituji2222 2015年12月7日
まあ「創作」ですんで……外観だけでなく色々と時流に合わせて変化されるもんでしょ。「ぬらりひょんの孫」がまさにそうですし。
1
FFR31 @FFR31 2015年12月7日
「強殖装甲ガイバー」でぬらりひょんみたいな敵役が出ていたなあ
1
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2015年12月7日
後頭部がでかいでかいってルチ将軍(プリンプリン物語)をdisるのはやめたげてよぉ!
0
和田名久司 @sysasico1 2015年12月7日
ゆらりひょんの素性は『萌える!妖怪事典』でおさらいしたなあ。皮肉から生まれた創作妖怪らしきこと。本当に元々「ゆらりひょん」だったのか。妖怪の総大将に成っていった経緯とか。
1
たろー @hanpa64 2015年12月8日
たしかに子供のころ見たぬらりひょんはこんなに後頭部長くなかった。
0
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2015年12月8日
ぬらりひょんは映画の『妖怪百物語』のやつが一番好き。
0
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年12月8日
正体がルチ将軍かどうかはさておき、妖怪の総大将ってのは妖怪の集まり(あるのか?w)に紛れ込むとその特性からその集団の中でなんか偉そうに見えるからなんじゃね?wだから総大将っぽくみえるが、実際は何もしないただの茶のみじいさんなんだと思うわw
0
オコックス @okox22 2015年12月8日
中学の頃に妖怪の落書きしてたけど、やっぱりぬらりひょんは後頭部大きく描いてた。でもよく考えたら妖怪好きになったのは陰陽座からでゲゲゲもぬら孫も殆ど見たことなかったんだよなあ……というわけで集合的無意識説を提唱してみる
1
Kawai_Yusuke @fiddler_K 2015年12月8日
「ぬらりひょんの後頭部は、1997年10月26日から11月23日まで、1ヶ月弱の期間に伸びたことになる」成長期が過ぎる
0
湯飲み @sencha_inYunomi 2015年12月10日
今まで当たり前に「ぬらりひょんの頭は長い」って認識がされてて疑問に思わなかった事が何よりぬらりひょんの妖術に嵌ってた事になるんじゃないかと
1