カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
179

▼榊正宗について

CGクリエイター、キャラクターモノの企画、ゲームディレクター、小説家など多方面で活躍するクリエイター。
TVアニメのCG制作協力多数。東北ずん子の企画。朗読少女の開発。伊勢神宮PV制作監修。iPhoneアプリ開発。以前は、三國無双、バイオハ ザード、ロストプラネット等のiアプリ開発。ゲーム業界小説、社長少女。

詳細なプロフィールはこちら
https://megamarsun.amebaownd.com/pages/61059/page_201506052113

▼このまとめについて
榊正宗 @megamarsun
pub.fundee.in/projects/view/… 文章の校正に取り組むことになったのはこちらで小説を書いてるためです。わたしの募集は金額が小さいプロによる校正無しプランで自分で校正をする必要があります。印刷するとなると、さすがに誤字があると嫌なので、頑張って校正を勉強しています。
▼一太郎とボイスロイド
榊正宗 @megamarsun
pub.fundee.in 現在こちらで小説を出すために、小説の執筆活動をしていますが、そこで大活躍しているのが、東北ずん子のボイスロイドと一太郎です。一太郎はマック版がないという欠点がありますが、校正機能がむちゃくちゃ使いやすい。

※もちろん東北ずん子以外のキャラでもOKですよ!

榊正宗 @megamarsun
ある程度の誤字脱字と、「言った」「いった」などの表記のゆれは、あっという間に修正が完了します。修正候補から選んで自動置換する機能が楽すぎる。しかし、他の校正ソフトもそうですが、文章のよしあしはほとんど分からない。そこで我らがボイスロイドの登場です。
榊正宗 @megamarsun
ボイスロイドに読ませると、音声で聞きながら文章を理解できるので、句読点の位置などを決める目安になります。また、誤字脱字も見つかりますが、さすがに誤字は校正ソフトの方が、てっとりばやいので、目での校正が終わった後に、感覚的な校正をするのに使う感じです。
榊正宗 @megamarsun
自分の書いた文章をボイスロイドで音声に変換してプレイヤーに入れ、散歩しながら聞くと、PCにむかって校正するより、じっくり客観的に文章を耳で把握することができます。これはボイスロイドにしかできないなぁと思ったのは、語尾を「?」にするか「!」にするかというもの。
榊正宗 @megamarsun
「?」を付けると極端に疑問系で読み上げてくれるので、ここが疑問だと、おかしいなぁというのが、はっきり分かります。自分の書いた文章を音声で読み上げてもらうのがこれほど良いものとは思いませんでした。
榊正宗 @megamarsun
もういっそのこと、ボイスロイドを一太郎に統合してほしいくらいです。文章校正専用ソフトとして、ボイスロイド付き小説執筆ツールが欲しいくらいです。多分この方向性で特価させていくと、ボイスロイドの読み上げ精度や辞書の機能も強化されそうな気がします。

(追記)※一太郎プレミアムには読み上げソフトがついてるのですね……。すでにボイスロイドを持っていたので気がつきませんでした。

榊正宗 @megamarsun
ボイスロイドでの句読点調整ですが、ボイスロイドに句読点が全くない文章を読ませるとよく分かります。句読点が全くない文章をボイスロイドで読むと、早口のように息継ぎなしで息苦しい感じになります。長い文章でも句読点がタイミングよく入っていると、読み上げても自然な感じになります。
榊正宗 @megamarsun
ボイスロイドでの校正は、論文などではよく使われているようです。論文は出版物のように校正をしてくれる人もいないので、自分で校正するしかないというのが理由のようですが、長い複雑な文を調整するのにも威力を発揮する気がします。
▼一太郎でツイート作成?
榊正宗 @megamarsun
ちなみに、小説執筆以外で一太郎の便利な使い方を思いつきました。こちらの画像のように35文字×4行のレイアウトを使って連投ツイートの原稿を書くというものです。もちろんツイッターは全角も半角も1文字なので厳密にはこれだと駄目なのですが。 pic.twitter.com/s6QIaPXmnX
 拡大
榊正宗 @megamarsun
長い文章を140文字に切ってくれるソフトを探していましたが、書きながら校正もできるので、一度書いてから切るという発想よりもこちらの方がかなり現実的ですね。まあ、勢いでつぶやくという利点もあるので、余りきっちりした文章はツイッター向きでは、ないかもしれませんが…。
▼出版ルール
榊正宗 @megamarsun
さて、ソフトの校正だけではチェックできないものもあります。小説を書く場合は、出版ルールに従う必要があります。
榊正宗 @megamarsun
例えば、「せりふのさいご。」これは、間違いだそうです。「せりふのさいご」句読点がないのが正解です。日本語的に間違いではなく、出版ルールとして間違いらしいです。昔、写植時代にあった禁則処理の都合でしょうか?記号の連続をさけるためだと思われます。
榊正宗 @megamarsun
ちょっとわかりにくいのは、「せりふの途中です! というやつです!」このカギ括弧の途中にある「!」の後にスペースを入れる必要があります。なぜ入れる必要があるかは分かりません。なお、カギ括弧の最後にはスペースを入れません。これも小説を出版用に書く場合のルールです。
榊正宗 @megamarsun
出版ルールの補足。…三点リーダーは2個以上、かつ偶数個で使う。「……」もしくは「…………」みたいな感じ。これも理由は知らないけど、小説を見ると確かにそうなってる。
▼時制のバランスについて
榊正宗 @megamarsun
他に小説を書く際によく出てくるルールですが、これは校正というか、文章のセンスの問題ですが、時制のバラツキを持たせるというのがあります。日本語は過去形や現在形の時制があやふやです。逆に言えば、過去の話だからといって全部過去形にすると文章のリズムが崩れます。
榊正宗 @megamarsun
この過去形と現在形ですが、バランスよく配置するのがよい文章になるポイントのようです。ここでもボイスロイドで読み上げて、リズム感がある時制の使い方を探すのがよいでしょう。全部過去形にすると重たい文章になってしまいますので注意が必要です。
残りを読む(22)

コメント

亜山 雪 @ayamasets 2015年12月8日
東北ずん子、スゲー。
愚者@ C96土南ソ37b @fool_0 2015年12月8日
物書きモドキとしては、こういうまとめは凄く有り難いです。
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2015年12月8日
ボイスロイドは持ってないけど、書いてるセリフを自分で読み上げて「口語として変じゃないか、台詞として喋りにくくないか」を確認することは割と頻繁にある。記号の後のスペースは、それで読み慣れたせいか単純に読み易いと感じる。逆に、ない文を読むとどこで切れてるんだろうとちょっと戸惑う。小池一夫先生のお話は初めて聞いたのでちょっと気をつけてみよう。ああ、でもたしかに言われてみれば読んでて「このセリフ意味ねえな」とか思うことはあるな。相手キャラが書き割りのようだと感じたり?
駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 2015年12月8日
そのへん、書き手さんが個人的に気にしておけばいいのではないかとか考えることもありますが。少なからず、娯楽で読んでても自動校正かかって楽しみきれずに泣く身としては、「数が多いと確かに困るが、読みやすさの肝はそこじゃない」と思う内容の方が多く感じてしまうなど。
水原秀策 @sicilian_ 2015年12月8日
ここに書いてある事はともかく一つでも原稿を仕上げれば身につく。難しいのは「いかに話を構成するか」「いかに場面を描写するか」だ。
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2015年12月8日
んん? ちょっと思ったのですが、地の文での句点はともかく、読点の方は『音』での聞こえ良さより、目にした時の『文字』のわかりやすさで区切りった方が良いような気もしました。これは私が素人で、時々音と文字でどっちを取るべきか迷ってしまうような文章を書いてしまってることの方が問題なのでしょうか?
@izanamu 2015年12月8日
文章を実際に耳で聞くと言うのは非常に重要で、何故なら人間の脳は文字を直で読解する事は出来ず、必ず「文字(視認)→音声(音読)」の変換を行って文章を理解する様に大脳(言語野)は進化してるから。故に発音が分からない未知言語は理解出来ない。俗に言う「ゲシュタルト崩壊」もこれが原因と考える説もある。
おざわ⋈5556 @N_Ozawa_ 2015年12月8日
一太郎の校正機能とボイスロイドで読み上げての確認。確かに役に立ちそうだ。
久保田弥代/plummet @plummet 2015年12月8日
_(´ㅅ`_)⌒)_ 音読と黙読の違いっていうのは、もはや滅びゆく要素なのだろうな。(句読点の置き方に関連して)
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2015年12月8日
技法はわかったから売れる小説を書く方法をだなw
名無しブラックハンド総帥 @nns_blackhand 2015年12月8日
音読もボイスロイドも厳しいなあ…エロ文章の場合は(´・ω・`)
眠る羊 @sleep_sheep2010 2015年12月8日
「セリフのさいご。」の書き方、学校では「~。」って教えるんだよな。文芸書でも、昔あちこちの出版社でどうなってるか調べたら、文芸書出してた当時の福武書店(現・ベネッセ)だけは「~。」となっていた。(本来、教育関係がメインの出版社だったからか?)
蔵一@蔵一本舗 @KuraichiIizuka 2015年12月8日
一太郎の豪華版なら詠太もついてくるからボイスロイド買わなくてすむよ(小並感)
@pw91926488 2015年12月8日
Twitter界隈で有名な東北ずん子 リアルで見かけることはあまりない(笑)
酒井正夫 @masao616s 2015年12月8日
これは良い。レポート作成においても有効だと思う。
にれ ななき @nire7th 2015年12月9日
面白かった。名文は声に出して読んでも名文といいますもんね。
志村俊朗@iPad読本出版中、次は下巻PDF編。 @toshiro 2015年12月10日
ご自分のツイートだけど、きれいにまとめてある。
ゴマすりクソバード@たつき監督を返せ! @animefigure3d 2015年12月11日
音声で読ませると誤字に気付きやすいは良いアイディア。でも「ゲーム業界小説社長少女執筆中」とか名前に入れちゃうセンスの無さは申し訳ないが、芽が出ない人だろうなと思わせる。
yu_ku @yu_ku_yu_ku 2015年12月12日
朗読に耐えるかどうかで文の良し悪しが分かるんだな。 東北ずん子、実際にしゃべりを聞いたことないんだけど、標準語で話すのかな?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする