2015年12月16日

自分なりに「袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ったというIF」を考えてみた

自分なりに考えてみた。劉備に都合いい結果になっているが、劉備の置かれた状況から導かれた。最初に負けたことにした以外はむしろ曹操に優しくなっている。
12
佐藤ひろお@『晋書』完訳プロジェクト @Hiro_Satoh

袁紹のイフものをやるなら、後漢書と三国志の袁紹伝を読み直して、登場人物たちのキャラを細かくつかまないと。 ウソの話を書くからこそ、史料の読み込みに妥協は許されない。がんばろー

2015-12-15 12:38:02
ネットインコ @Golden_hamster

考えてみよう。もし袁紹が官渡で曹操に勝利したとする。劉備は豫州牧でかつそちら方面に行っていたはずで、もし曹操が官渡を抑えきれなくなれば劉備は袁紹と挟撃する形になるはずだ。曹操に献帝を連れて逃げるなどという暇はたぶん無く、また豫州が危険である以上荊州や揚州には行きようがない。

2015-12-15 20:50:46
ネットインコ @Golden_hamster

@Golden_hamster さっきの続き。袁紹は献帝を抑え、許の朝廷から曹操シンパを一掃し、きっと洛陽遷都を目指すだろう。劉備は豫州牧として豫州の掃討を進め、もしかしたら孤立した曹仁あたりを下すかもしれない。

2015-12-15 21:06:53
ネットインコ @Golden_hamster

@Golden_hamster 更に続き。袁紹の寿命が史実とあまり変わらないとすると、洛陽遷都をするかどうかみたいな頃には死んでしまうかもしれない。その時、後継者としては袁譚が史実より優位に立つのではないかと考える。理由はいくつかあるが、劉備がバックに付く可能性が高いこともひとつ

2015-12-15 21:15:10
ネットインコ @Golden_hamster

@Golden_hamster 続き。その時点なら劉備は袁紹にとって警戒よりも有用性の方が圧倒的。豫州牧として、あるいは左将軍として使い倒すような状況のはず。だが彼の地位は袁紹戦力の事実上ナンバーツーだ。彼を挙主とする袁譚はきっと彼を頼るだろう。

2015-12-15 21:21:02
ネットインコ @Golden_hamster

@Golden_hamster 続き。袁紹がそこで死んでしまうと後継者争いは避けられない。ただ、史実と状況が異なり、多数派に支持される袁譚の後継を袁尚(を支持する連中)が待ったをかけるということになるだろう。袁譚と劉備が組んだとしたら青・徐・豫州は抑えることになる。

2015-12-15 21:27:51
ネットインコ @Golden_hamster

@Golden_hamster 続き。また横やりを入れるヤツがおらず、献帝は豫州側にいた袁譚(劉備)にあることになるので、袁尚の抵抗は割と少なくて済み、史実よりもずっと早く収束すると見る。ここまで流石に2,3年はかかったとして、周囲で大きく勢力を伸ばせるのは劉表だけだろう。

2015-12-15 21:33:58
ネットインコ @Golden_hamster

@Golden_hamster 続き。さて曹操だが、ただ敗死したではつまらないので劉表の客将になったと考えよう。だが、史実の劉備の時とは居心地が全然違うはずだ。だって、劉表や現地豪族とつながる某諸葛武侯は誰かさんがオイタした徐州の人なんですよ?仇と狙われますわ

2015-12-15 21:46:11
ネットインコ @Golden_hamster

@Golden_hamster 続き。ということは、とっても肩身が狭い曹操は劉表の矢面に立ち、袁譚の後見人というかキングメーカーというかとても強い立場を得た劉備と荊州をめぐって戦うことになりそうだ。曹操は超優れた将とはいえ、おそらく大半の将兵を失っているわけで、まあ厳しいだろう

2015-12-15 21:54:58
ネットインコ @Golden_hamster

@Golden_hamster 続き。で、精彩を欠く客将曹操は劉備に押され、衆寡敵せずで劉表自体の敗北に合わせてどこかに落ち延びるのだろう。ということは交州か。

2015-12-15 22:05:33
ネットインコ @Golden_hamster

@Golden_hamster 続き。気が付いたら曹操は交州に逃げることになってしまった。荊州も袁譚が取ったと考えると(史実の赤壁より数年前に)、孫氏が進出する糸口が無く、益州も史実のように中原の勢力に恭順の姿勢を示すだろう。つまり、実質的に反抗できる勢力は無くなる。

2015-12-15 22:13:10

コメント

荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月16日
1.敗走した曹操が、軍をどれだけ保全できるか 2.袁紹軍がすみやかな曹操追撃態勢に移れるか というか、曹操がある程度軍隊を持って逃げ、袁紹も遠くまで追撃するのは大変っていう設定ことにしないと、曹操再起は無理そう。
0
トゥギャッター編集部 @tg_editor 2015年12月16日
劉備の扱い方で袁紹の行動がだいぶ変わってきそうですね
0
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月16日
官渡での負け方も、後に影響しそう。 ・許都に戻らず、残軍を糾合しつつ新天地に遁走 ・許都に後退して、壮烈なる許都攻防戦を展開 当時の許都の防御力って、どんなだっけ。
0
Hoehoe @baisetusai 2015年12月16日
曹操は楊州に逃げないだろうという常識的推論が説得力を持つほど、じゃあ定石を打ち破るのが曹操参謀団の腕の見せ所ではないか、とも感じる
0
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月16日
そもそも、官渡での敗北って、曹操滅亡の決定打になるのだろうか?なんて。官渡城は前進陣地に過ぎず、袁紹が官渡で勝っても、曹操は降せないのでは。官渡での持久戦の後に、さらに時間がかかるであろう許都攻めとか、袁紹にできるだろうか。
0
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月16日
荀彧伝には、曹操が「兵糧少ないから許都に戻りたい」と泣きついたとあるから、本拠地の許都に戻ればまだまだ戦えるのかも。で、許都周辺でさらなる持久戦に突入したら、袁紹もきついのでは。袁紹の参謀がたびたび「曹操不在の許都を突け」というのは、曹操が許都に立て篭もったら手が付けられなくなるから、だったりして。
0
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2015年12月17日
曹操にとっての官渡戦は、日露戦争における日本満州軍の立場とよく似ているように思う。曹操の立場からすると、兵力的に優る袁紹相手に決戦を思考した段階で、感情的にはともかく、実際には退却という選択はなかったのではないか。
0
Hoehoe @baisetusai 2015年12月17日
袁紹と劉表が戦うという前提に説得力を感じないなあ
1
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月19日
曹操を破る神算鬼謀とか雄大な曹操包囲網とかを出さなくても、官渡から曹操を追い出すなら、袁紹の食料がもっとあればいいだけ。それで官渡の持久戦に勝てる。問題なのは、袁紹の食料を増やそうと思えば、冀州に負担させるしかないってこと。反乱されるよ。
0
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月20日
http://www.project-imagine.org/mujins/sanguo/ 曹操と袁紹の勢力を考えてみる。後漢書・郡国志から人口。 曹操:司隷・豫・兗・徐…約1600万 袁紹:冀・幽・青・并…約1300万 曹操領は、中原の戦乱の影響で3割減だと仮定して、1100万。 袁紹領は、荒廃が比較的少なかったとして1割減の1170万。 袁紹やや有利、という程度。
0
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月20日
が、曹操領では、劉備の徐州反乱、兗州の大半が日和見、豫州の汝南が背いたため、実質使えるのは司隷、豫州(汝南除く)、程昱が保った兗州の一部。徐州は臧霸に丸投げ。雑に計算すると、500万ぐらい?ただ袁紹側も、并州の高幹は遠方で動かず、青州は徐州からの攻撃を受けてるので、冀・幽で700万?袁紹有利は確定だが、圧倒的でもない。
0
ネットインコ @Golden_hamster 2015年12月20日
色々と面白いコメント。 曹操と袁紹それぞれの勢力についてですが、司隷についてはあまり計算に入れられませんよ。少なくともこの時期だと三輔と弘農は小軍閥や山賊のに毛の生えたような連中が割拠していて事実上曹操の勢力圏外と見るべきではないかと。 3割減というのに加味されているとお考えだったかもしれませんが。
1
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月20日
三輔と弘農って案外人口密度が低いんだね。中原人口多すぎ。それにしても、劉備が派遣された汝南が、実は人口200万の超巨大郡とは驚いた。ここが総決起していたら曹操終わってたなぁって。劉備と劉僻が、曹仁にあっさり撃退されたのって、実は汝南も分裂してのかなと。 Golden_hamster
0
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月20日
気付かなかったが、白馬って兗州東郡の一部なんだ。曹操が白馬から敗走した後で、兗州が袁紹になびいたのはごく当然の話。むしろ形勢観望で済んだのは幸運なほど。兗州での戦いで、兗州人士に「曹操は強い、怖い」が刷り込まれていたか。
1
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月21日
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/3485/column/kanto_diplomacy.htm 袁紹が豫州の一部や兗州の大半を内応させていた話だが、曹操の方でも、幽州に内通者を作っていたという。旧劉虞系の鮮于輔、閻柔。官渡の大勢には、影響なかったけど。袁紹と曹操が安定支配できてた領域って、実はかなり狭そう。 袁紹と曹操の勢力って、実態はかなり均衡していたのでは・・・。だから河北制圧に8年もかかっちゃった。
0
荒木俊三 @toshizoaraki 2015年12月21日
というか、官渡の局地戦で勝ったことより、曹操の外交戦の手腕のほうが、遥かに凄みがある。曹操、やはりそう簡単に負けそうにない。
0
エツェ子 @beastlyelder 2017年1月14日
toshizoaraki 許都は交通の便が滅茶苦茶良いからカスとか聞いたことがある(いい加減)
0