0
何故、再婚禁止規定について限定付き合憲となったのか
髙 優梨 @katariyu
民法では 離婚後300日以内に生まれた父親は前夫、 婚姻後200日後に生まれた父親は現夫、という規定があります。 (民法第772条 2項) ですが離婚後直後に結婚すると201~300日にあたる部分が重複し、前夫・現夫に親権があるということになってしまいます。
髙 優梨 @katariyu
なので100日を越える部分については合理性がないので違憲としました。
個人的な意見
矛盾点、間違いの指摘
髙 優梨 @katariyu
#再婚禁止規定 #夫婦別姓 ①再婚禁止規定は子供の権利を守る為、自分の子供ではない子供を育ててしまう事を防ぐために作られた。この規定がない国ではそれで揉める場合もある。 ②夫婦別姓では子供にどちらの姓にするか揉めることが多い上、色々な手続きが面倒になる。
髙 優梨 @katariyu
#再婚禁止規定 #夫婦別姓 ③海外と比べるのはおかしい。日本の政治なんだから日本だけで決めるべき。海外と比べて良いなら個別・集団的自衛権は認められる。 ④結論 国民及びマスコミは二枚舌である。
制度に関する
髙 優梨 @katariyu
#再婚禁止規定 #夫婦別姓 個人的な意見としては必要だと思う。 理由としては自分の子供ではない子供を育ててしまったりする事が起きてしまうから。 医療技術が発達したといっても出生時のDNA鑑定は義務化されていないため、改正すると本来の立法趣旨が達成しづらく、できなくなる。
髙 優梨 @katariyu
#再婚禁止規定 #夫婦別姓 これは多くの男性が嫌だと思うでしょうし、自分も嫌です(結婚できないけどねw)
髙 優梨 @katariyu
#再婚禁止規定 #夫婦別姓 子供もそれを知ったら、悲しんでしまう事も予想される為子どもの権利、人権を守るために再婚禁止規定は必要だと思う。 ただ、今の現状としては女性にしか設けていない。これは男女不平等である為、双方に儲けるべきである。
髙 優梨 @katariyu
#再婚禁止規定 #夫婦別姓 でも100日を越える部分については違憲判決が出てしまった。理由としては前述の通り合理性がないからである。 であるなら、合理性(子どもの権利を守るため、自分の子供ではない子供を育ててしまう可能性)が認められれば、半年でも合憲なんでは?
髙 優梨 @katariyu
#再婚禁止規定 #夫婦別姓 夫婦別姓に関しての個人的な意見は、各種手続きが面倒になったり、女性・男性の浮気(再婚・離婚)が容易になる。 一番多いと思うのが子供の姓をどちらにするかもめてしまう事も考えられるので、同姓でいいと思います。世論調査では同姓でいいが5割だったかな?
反応

でたぁ
100%防げなきゃ意味がない理論。
じゃあ、警察も犯罪を100%防げてないし、捕まえられていないからいらないよね?
法律も、100%防げてないからいらないよね?

火力発電の石炭割合を減らして天然ガスを使うことで、CO2排出量減ったけど0になってないから意味ないよね?

そこは私の間違いだったようですね。
父性推定の重複の回避、叉親子関係を巡る訴訟を回避するためのようです。

ですが出生時のDNA鑑定は義務化されていないため反対の立場は揺るぎません。
また人道的観点上の問題から出生時のDNA検査については女性の反対が多く見られます。
※多分実の子供ではない子供を夫に育てさせるつもりなんでしょう。

再婚禁止規定を半年にし、双方に儲けるべきであると考えています。原告側の意見としても、男女平等ではない、女性にだけ設けていることが問題であるという主張をしています。

というかこの原告、離婚調停中ならまだしもタダの別居で・・・つまり結婚している間に浮気して子供を授かったというお話で同情の余地は個人的にはないと思います。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする