Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能
2015年12月20日

グレッグ・イーガン『クロックワーク・ロケット』感想まとめ

がんがん追加お願いします
12
山岸真(P.N) @ymgsm

グレッグ・イーガン『クロックワーク・ロケット』山岸真・中村融訳(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ今週後半刊)の巻末には補遺(作中の架空単位等一覧と科学解説)、著者あとがき(おもに科学解説)、板倉充洋さんの解説(「「回転物理学」虎の巻」)がつくので、ネット等で予習しなくても大丈夫です。

2015-12-14 23:22:53
山岸真(P.N) @ymgsm

グレッグ・イーガン『クロックワーク・ロケット』山岸真・中村融訳(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ新刊)の巻末、「補遺2」の見出しが 「単光と色」となっているのは、 「光と色」のまちがいです。山岸の校正時の見落としです。すみません。

2015-12-18 17:56:41
山岸真(P.N) @ymgsm

グレッグ・イーガン『クロックワーク・ロケット』(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ新刊)は、作中世界の距離や時間の単位に造語が使われています。巻末514,515頁の「補遺1」にその一覧があります。(なお作中の異生物は十二進法を用いています。小説本文に「世紀」という表現は出てきません)

2015-12-18 17:58:02
山岸真(P.N) @ymgsm

板倉充洋さんによるグレッグ・イーガン『クロックワーク・ロケット』(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ新刊)のページ d.hatena.ne.jp/ita/00000201 に主要登場人物表があります(作成・文責は山岸)。→

2015-12-18 19:01:53
山岸真(P.N) @ymgsm

→なお、後半の展開に触れる部分を分割して掲載しています(これがあるので―でもその部分がないと無意味なので―刊本には載せなかった)。また、載せること自体が中盤以降の展開を割ることになるので省いた脇役もいます。

2015-12-18 19:02:06
山岸真(P.N) @ymgsm

『クロックワーク・ロケット』は小説本文二段組五百頁強のうち、約五十段が図やグラフにあてられています。文章じゃなく絵で説明してくれ、といわれることもしばしばあるイーガンのハードSFですが、これで今回は安心ですね。(…)

2015-12-18 20:42:33
Rey.Hori @reyhori

書影が出たので宣伝ツイートを。新☆ハヤカワSFシリーズの新刊、グレッグ・イーガン著/山岸真氏・中村融氏訳「クロックワーク・ロケット」の表紙画を描かせて戴きました。中身? そりゃもぉイーガンですから!(^_^) pic.twitter.com/a3BI3KHAot

2015-12-15 13:18:15
拡大
山岸真(P.N) @ymgsm

@reyhori 今回もいろいろとありがとうございました。この表紙には訳者・編集者こぞって「かっこいい!」と盛りあがりました。

2015-12-15 14:36:32
Rey.Hori @reyhori

@ymgsm こちらこそありがとうございます、恐縮です。山岸さんにそのようにおっしゃって戴けてとても嬉しいです!……でも補遺を読むのがコワくもあります(笑)。また次回も(描かせて戴けるなら、ですが)宜しくお願いします。

2015-12-15 15:12:16
Mitsu Itakura @itarex

クロックワーク・ロケット、翻訳、翻訳チェック、編集、校閲すべて通常の二倍くらい手間がかかってると思います。でも価格は二倍より少ないのでお得です。

2015-12-15 19:30:45
Mitsu Itakura @itarex

ウラシマ効果、ローレンツ収縮、四元運動量、E=mc^2を8ページぽっきりで説明してます

2015-12-15 19:29:12
Mitsu Itakura @itarex

ロケットという言葉につられて読んだ宇宙クラスタが爆笑/唖然/激怒する様を見たいね

2015-12-19 19:36:00
Mitsu Itakura @itarex

「クロックワーク・ロケット」解説HP、あんまり書くことありません。作者のHPの解説で十分ですよ〜。(あの解説で)分かって下さいよ〜。

2015-12-10 20:27:03
カワバタヒロト 『「色のふしぎ」と不思議な社会──2020年代の「色覚」原論』 @Rsider

イーガンの「クロックワーク・ロケット」。 危険だ。つい読んでしまう。 これ、違う法則の宇宙を描きながら、相対性理論の本でもあるのだな。 amzn.to/1lI6hjl

2015-12-15 00:00:18
カワバタヒロト 『「色のふしぎ」と不思議な社会──2020年代の「色覚」原論』 @Rsider

独特の訳語の元を知りたくなるけど、原書を買うまでもなく、イーガンのサポートサイトにだいたい出てる。

2015-12-15 00:08:25
Y. Furusawa 古沢嘉通 @frswy

G・イーガン『クロックワーク・ロケット』落掌。ありがとうございます>山岸真さま この本、補遺と板倉解説を読むだけでも、「凄い本」であることがひしひしと伝わってきます。理解できるだろうか、という不安も過ぎりますが。この三部作、向こう一年間、SF読書界最大の話題作になるのは必至。

2015-12-18 20:24:02
coco @coco_n

イーガン『クロックワーク・ロケット』半分越えたぞ。例によって理解できない部分はあるけれど、今回それでも止められない面白さだ。

2015-12-18 09:00:16
coco @coco_n

グレッグ・イーガン『クロックワーク・ロケット』50Pほど読んだ。ここ最近のイーガン作品では一番とっつきやすい。というかめっちゃ面白い。つかみが強いからこのまますらすら行けそうな気すらしてくる。

2015-12-15 22:32:17
coco @coco_n

酔ってるのでイーガンがさっぱり頭に入ってこない。明朝同じところを読み返さねば。

2015-12-16 22:14:22
coco @coco_n

イーガン『クロックワーク・ロケット』が150頁を超えた。まだついていけてるぞ。面白いぞ。

2015-12-17 15:00:41
coco @coco_n

『クロックワーク・ロケット』登場種族は、皮膚に文字や図形などを浮かべるってところでどうしても『緑の少女』のテンドゥを思い出す。だからなんとなくカエルっぽいイメージが固定されてしまった。

2015-12-17 15:19:12
coco @coco_n

イーガン『クロックワーク・ロケット』半分越えたぞ。例によって理解できない部分はあるけれど、今回それでも止められない面白さだ。

2015-12-18 09:00:16
くまみ @kumami_

クロックワーク・ロケット面白い! なるほどわからん部分まで楽しいイーガン! 登場生物がどんな形してるのかなあ、と想像しながら読んでますが、多分こんなの…ではない… pic.twitter.com/lm2OwXDHBS

2015-12-19 22:33:56
拡大
残りを読む(2969)

コメント

minkkanjinno @minkkanjinno1 2015年12月20日
もっとバーバパパみたいな生き物なのではないか>主人公達
0
Mitsu Itakura @itarex 2015年12月23日
今回、書名によるツイート検索があまり機能しないので、ご自分でツイートをどんどん追加おねがいしますね。
0
Fukumoto @fulgurit 2015年12月29日
さあ、どんどんまとめちゃうからねー。
0
aki @Yy7_f 2016年1月10日
読みおわた。白熱光やディアスポラよりも理解できたと思うけど、波の話はさっぱり。それよりもストーリーが面白くて最後まで読めた。
0
aki @Yy7_f 2016年1月10日
しかし双と交配して子孫を残すって、遺伝子の多様性をどうやって解決してるのだろうか。次巻以降で明らかになるのか。
0
Fukumoto @fulgurit 2016年3月26日
SFファン交流会3月例会まとめを作成し、『クロックワーク・ロケット』とあまり関係ないツイートは移動しました。 http://togetter.com/li/954412
0
Fukumoto @fulgurit 2016年8月21日
『エターナル・フレイム』用まとめを作成しました。 http://togetter.com/li/1014823
0