「この一行目がスゴい」がスゴい(2011/1/18~21分)

小説(ライトノベル可)、エッセー、戯曲、歌詞など、ともかくいろんな作品から「この一行目がスゴい」ことをつぶやいてみようという "konoiti" タグに投下されたものを集めてみました(なおタグを提案されたのは kinoakito さんです) どのような「一行目」があるのかを見るだけのまとめのつもりなので、公式・非公式RTについては省略させていただきました。 脱落や削除依頼等あり続きを読む小説(ライトノベル可)、エッセー、戯曲、歌詞など、ともかくいろんな作品から「この一行目がスゴい」ことをつぶやいてみようという "konoiti" タグに投下されたものを集めてみました(なおタグを提案されたのは kinoakito さんです) どのような「一行目」があるのかを見るだけのまとめのつもりなので、公式・非公式RTについては省略させていただきました。 脱落や削除依頼等ありましたらコメントでよろしくお願いします。
konoiti
k_ayuno 11966view 4コメント
29
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • まきにゃん @ma_china 2011-01-22 01:25:54
    なんという漏れ好みのタグなんだ_
  • ululun @ululun 2011-01-23 19:27:02
    惑星ダングルの衛星軌道にのった。すかさず地上の管制塔が誰何してくる。珍しいことだ。たいていの場合、このての手続きは、やはり衛星軌道上にある中継ステーションによっておこなわれる。地上からでは、対応が遅くなるからだ
  • ululun @ululun 2011-01-23 19:30:26
    1988年十月十一日、火曜日、<ジェイスン・タヴァナー・ショー>は、三十秒早く終わった。調整室のプラスチックのドームから観ていた技師のひとりが、映像のほうの最後の配役字幕をそのままに停止させ、ステージを降りかけていたジェイスン・タヴァナーに向かって指を突き出した。技師は自分の腕時計を軽く叩き、口を指さした。
  • ululun @ululun 2011-01-23 19:31:05
    月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。 月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。 舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。

カテゴリーからまとめを探す

「国内」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする