編集可能

現代水上艦艇シリーズ4 フィンランド編

北欧だってめまぐるしく変化しています。
14
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

twitter.com/NavyRecognitio… 先日、フィンランド海軍がRauma-classとHämeenmaa-class minelayerの後継を予定した新型コルベットのRFIを出したそうです。

2015-12-23 20:11:24
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

Rauma-classはミサイル艇、Hämeenmaa-classは機雷敷設艦でフィンランド海軍最大の船だったかな? それらを更新するということからフィンランド海軍にとってここ数十年の大規模案件になりそうです。

2015-12-23 20:14:52
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

フィンランド海軍の新型コルベット、バルト海で35年の使用を可能にしつつ取得価格を1.2億ユーロ(約160億円)程度にしたものを用意するそうです。

2015-12-23 20:20:56
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

では取得コストから考察していくとどういうものになるか近隣諸国の例を見てみましょう。

2015-12-23 20:24:34
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

その1:スウェーデンのVisby級コルベット。CFRPで作成されたこの船は極めて高いステルス性を有している。ただし、取得コストは200億円オーバーと高いものになっている。

2015-12-23 20:26:30
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

その2:ドイツのBraunschweig級コルベット。UAV等の管制能力も考慮し航行能力も高い。お値段は大きい分かかったようで2.4億ユーロ(約320億円)

2015-12-23 20:30:41
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

その3:ポーランドのŚlązak級コルベット?。MEKO100バリエーションの一つ。価格がポーランド語なので謎すぎる。けど読む限りだと3億ユーロ(400億)のようである。

2015-12-23 20:37:46
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

ここから比較するにフィンランド海軍の新型コルベットはMEKOのような1000~2000トン級の戦闘艦を作るには難があり、かといってVisbyのような尖ったステルス艦にするにも難がある金額と言えます。

2015-12-23 20:40:18
眠れる森のパンダ @Panda_51

@bigcalibre_john ポーランドのガヴロン型コルベットは、1番艦「スレザック」の建造途上の2012年にキャンセルされてますね。同艦は軽武装のOPVに変更されて今年6月に進水、来年竣工予定だとか

2015-12-23 20:45:02
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

@Panda_51 なるほど。どうりで価格が一定しないんだ…

2015-12-23 20:46:09
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

装備に関しては更新する艦艇の装備をもれなく装備したら対空ミサイル、対艦ミサイル、機雷敷設機に57㎜砲とVisbyより重武装になることからそれなりの大きさは必要である。

2015-12-23 20:49:44
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

corporalfrisk.wordpress.com/tag/mta2020/ 海外の有志サイトよりフィンランド海軍の新型コルベット、MTA2020ということを知った。

2015-12-23 20:52:43
(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John

MTA2020、フィンランド?の人がこんなコストでいいものできるの?的なこと書いていて受ける。

2015-12-23 21:08:54
ぺ~ぶ♡すぱぃく(CV:五十嵐裕美) @PaveSpike

@BigCalibre_John なんか関連性は無いっぽいっすね。他にもイスラエルのサールS-72とか韓国のFFX辺りも類似の配置なので、それっぽいのを適当にでっち上げたという可能性も。

2015-12-23 21:12:45

コメント

(「・ω・)「<軍事趣味者 @BigCalibre_John 2015年12月29日
このフィンランド海軍のMTA2020なんですけど、素で一桁間違えて計算しているので正しくは4隻で12億ユーロ、キャンセルされたガヴロン型コルベット並のものを求めることになりますね
1