2015年作品レビュー

今年楽しんだ作品について、媒体問わず、紹介していきます。
レビュー 総括
anokazenikike 1042view 0コメント
1
ログインして広告を非表示にする
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-25 23:23:48
    クリスマスなのでふぁぼりつリプとにかく反応された数だけ今年出会った好きな作品を媒体問わずレビューと感想の真ん中くらいで紹介します
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:01:29
    書いていきますね。10こ。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:03:43
    【1】ざくざくアクターズ(フリゲ・RPG)。今年めでたくversionが1,0を越えました。フリゲを普段少しでも遊んでいる人なら一度は聞いたことあるんじゃないかというビッグタイトルです。前作のらんだむダンジョンも大作でしたが新作であるこれの出来も全く引けを取りません。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:08:51
    作者であるはむすた氏は過去東方創想話でも活動されていた方で、その関係からゲームには辿り着きました。内容について触れますと、異世界から人とモノを様々召喚している世界で、段々と異邦人(ハグレ)の立ち位置が社会問題となっており、主人公である天真爛漫なちびっこと友人の知的担当お目付け役
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:12:49
    (共にハグレ)がその世界で居場所を見つけようと奔走するうち、同じハグレや世界の人々と出会い、絆を育み、その縁が紡ぎだす輪(和)が仲間や世界そのものの強大な危機を打ち破ったり、はぐれ者たちが安心して暮らせる「ハグレ王国」を作り上げていく、といったあらすじ。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:17:46
    システム的な面としてはかなり遊びやすく、随所に気配りが為されています。RPGが苦手という人でも長ささえ気にならなければきっと楽しめる筈。頭を使わなくてもとりあえずレベルさえ上げればシナリオ戦闘でも大体勝てるし、縛りを設けて仲間の入れ替えや装備の付け替えに悩むのも良いと思います。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:20:36
    前作らんダンにおける戦略性は装備の付け替えだけでしたが、今回は仲間がとにかく多い、それこそざくざく居るとあってそれぞれのキャラ特性も頭に入れて戦術を組み上げます。特攻よりも耐性が大事。困っても超強力攻撃に合わせた防御とバステ対策さえなんとかなれば(それが大変なんですけど)
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:23:20
    シナリオ面は本筋が熱さ、萌え、コメディ、シリアス、泣き、鬱、多岐に渡る方向性をカバーして飽きさせませんし、私の大好きな日常茶番一コマ(前作の装備会話、今回の宿会話)も盛り沢山です。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:27:05
    ちなみに本編でそういう描写はギャグとして少し挟まれている程度なのですが、個人的にはすごく百合ゲーです。かなり百合ゲーです。百合ゲーでしかない、と言ってもいいかもしれません(それは言い過ぎ)。実際、二次創作的視点で見るとそうとしか受け取れないこと請け合いなのでそこは是非ご自身の目で
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:32:07
    デーリッチとローズマリーの暗黒過去話でお友達と無限回盛り上がったり、王国民のスケべシチュを阿僧祇回リプしあってキャッキャはしゃいでたりしました。とても楽しいのでみなさんもクリア後はやりましょう。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:34:10
    わたしのかんがえたさいきょうのざくアクファンディスクを貼って次に移りたいと思います twitter.com/pyc255/status/… twitter.com/pyc255/status/…
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:35:58
    あ、BGMもとても素晴らしいのです。好きすぎて今度TRPGで自分が開く卓に使うつもり
  • 後日のブラッシュアップによって、
    主人公はローズマリー(初期はマリーだけ、デーリッチはピーチ姫ポジ)
    プレイヤーの選択によってひとりだけ同行できる。あとはボスによって世界が「ハグレ王国の存在しなかった世界線」に書き換えられており、その中でメンツへ会いに行き再び絆を蘇らせる
    「参入したばかり」のマオちゃんがシステム面兼お助けキャラとして居る(最終戦で、最強の村人ABCDを連れて来てくれる)
    まで考えました

  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:40:05
    【2】キョンシー×タオシー(今のところフリー・ノベルゲ)。電動伝奇堂が放つ超大作中華活劇ノベルです。シナリオが大好きなチャーさんとあって(ですろりさっさと完結はよJP)そりゃ遊ぶに決まってるでしょという手の取り方。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:46:47
    まず特筆すべきは同人、フリー(どこまで更新したらシェアにする気かわかんないですけど)のゲームにしては演出面のレベルが凄まじく巧みです。比肩するものが正直知る限りでは思い浮かびません。演出の意図を考えながら遊んだらたぶんめちゃくちゃ勉強になりそうです(思うだけ)。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:49:45
    最初から最新までの遊べるゲーム範囲を新しくし続けていく、という形で、小刻みな更新では正直大した量は増えないんですがそれも仕方ないと納得できる質。レビューしたら最新データを貰えるキャンペーンなんかもめちゃくちゃ親切です。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:54:24
    お話について。主人公がまず二人。一人目である暗殺者のお兄ちゃん(冷酷無情、人間相手だとかなりの実力者、頭もキレる、後述の師匠に対してはめっちゃ優しい)がなんやかんやあって死にます。で、ゾンビとして死に損ないます。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:58:11
    二人目、ロリ仙人(永き時を生き様々な不思議術を修めた半人外、人外枠での強さはそこそこ~結構と振れ幅あり、世間知らずでお人好し)がなんやかんやあって一人目お兄ちゃんの師匠になり死んだお兄ちゃんを黄泉帰らせます。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 22:59:46
    暗殺お兄ちゃんはゾンビなので所詮は仮初の命、ロリ仙人の術が切れればまた死ぬし、術自体も完全な延命ではありません。ロリ仙人の方も理由あってもうすぐ先延ばしにしてきていた寿命がきちゃいます。目前です。ほっとけば両方すぐ死んじゃうわけですね。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 23:02:59
    まあ素直に死んでやるなら話が終わっちゃうので、二人の前にはひとつだけ道が残されているのです。不死となり、仙人としても最強になれる秘薬「仙丹」とかいう眉唾アイテムの存在を求めて事件に巻き込まれたり、自分で首を突っ込んで行ったりする、というのがおおまかな流れ。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 23:05:06
    演出面でひとつ言い忘れたけどフルボイスです。「フリーにしてはすごい」「フリーですごいもの楽しませてもらっていいんだろうか」というのはメリットにもデメリットにもなると思うのでそろそろ振り込ませてほしいところ。次いきます
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 23:09:44
    あ、そうそう、セーブくらいは欲しいんですよね。こんだけ色々と贅沢なのに。りどみの書き方的に仕様上できないんでしょうか。そこは残念です
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 23:15:48
    【3】引き裂かれたバダール、及びドグマシリーズ(フリゲ、RPG、詳しくは各自の検索で)。フリゲ部門の最後はこちら。これぞアングラ!といった独創的かつ下ネタ祭りの世界観でヘンな連中が冒険したり哲学するRPGです。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 23:16:09
    難易度はかなり優しいのでクリアできないことは絶対にありません。ヌルいと感じる人も多いかもしれませんがそこはシナリオの方で重点的に楽しんで欲しいところ。
  • ぴよこ @pyc225 2015-12-26 23:19:42
    全キャラと全敵キャラが作者氏の手描き。これがとても良いのですよ…良い…。満遍なくぶちこまれている過剰な下ネタを軽く流せる耐性さえあれば、本当、良いのです。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「大学」に関連するカテゴリー