編集可能 編集部イチオシ
2015年12月28日

「コミックトム」(潮出版)という漫画雑誌は、なんであんなに凄かったんだろう?…という謎。

横山光輝「三国志」手塚治虫「ブッダ」に加え「虹色のトロツキー」「風雲児たち」「ヤマタイカ」「石の花」「TPぼん」… どれも一般人気はともかく、長年読み継がれる「名作」としての評価が固まっているものばかり。 これが、客観的にみてマイナー雑誌だった「コミックトム」が次々生み出していった…のはなぜでしょうかね?という話を、思い出話とともに。
100
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

高校時代、「風雲児たち」と「グラン・ローヴァ」と「虹色のトロツキー」が載ってるコミック・トムはすごく面白いマンガ雑誌だった。「項羽と劉邦」か「殷周伝説」かどっちだったか忘れたが横光マンガも載ってた。 かなり後になって創価学会系の出版社が出してた雑誌だったと知ったが。

2015-12-27 13:17:05
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

以前、ある漫画論の講演で聞いた説なのだけど、 潮出版社、コミックトムは母体が母体ゆえ 「漫画のことを編集者はわかってない」 「しかし、確実に一定売れる。目をつぶっても売れる。お金はある」 「結果『有名な漫画家に声をかけて、あとは「好きに描いてくれ」だった』 @h_rokuyou

2015-12-27 13:21:35
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

ほんとかどうかはわからないです。 さすがにコミックトムがその後に語り継がれる名作を残した数で見ると 「ぜんぶ作者の好きにやらせて、放置したからだ説」で、ぜんぶ説明がつくかどうか… あんがい、あそこには「伝説の漫画編集者」がいたのかも… @h_rokuyou

2015-12-27 13:23:05
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

@gryphonjapan なんというか、文芸誌に載ってるマンガありますけど、そういう感じのマンガで一冊になってるような不思議な誌面でした。

2015-12-27 13:30:53
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

宗像教授シリーズもトムに載ってたよな。

2015-12-27 13:31:43
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

母体が母体、という話で言えば 「掲載漫画は人気や売れ行き以上に『格』『品位』『教養性』がないとあかん」という意識があったと思われます。あと、母体のトップ…いや名誉(略)は歴史オタだし(笑) 本来は、そういうのがプラスになる例ってあんまり無いだろうけど。 @h_rokuyou

2015-12-27 13:33:39
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

@gryphonjapan 対象読者の年齢が高めだったんでしょうが、ガロなんか出回ってなかった山陰の田舎町の本屋に並んでたので、かなり特異なオトナ向け月刊マンガ誌があるという印象持ってました。

2015-12-27 13:43:38

あとから、この重要な資料を追加します

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

togetter.com/li/918050 に追加資料。 そうだ、「コミックトムが自由にやらせてくれる」というソースがあったよ! 「グラン・ローヴァ物語」が文庫になったときのあとがき漫画だ!! そのものずばりだよ。 pic.twitter.com/fagXDxBjki

2015-12-28 22:35:22
拡大
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

この話を思い出していたら、 自分で納得してたから、あのまとめは作ってない(笑) 何が幸いするか、わからないもんだなあ… さてこれを、再度 コミックトムを考えるまとめtogetter.com/li/918050  に追加。 @gryphonjapan

2015-12-28 22:37:09
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

そういえば関係ないけど、このきっかけ自体も「古きよき」時代の話で、ふつうは編集部経由で別の出版社から「ぜひウチでも」なんて手紙が来たら、シュレッダーにぽーんと…って…いやいや、そういう「囲い込み」は一部の生き馬の目を抜く週刊誌ぐらいなのかな?n

2015-12-29 00:00:44
おりた @toronei

@gryphonjapan みなもと先生は結構要求途中でされたみたいですけどね。

2015-12-28 22:36:54
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

そのへんは謎。みなもと先生は一種身内だから…むにゃむにゃ… いやまあ「いくらでも」といっても文庫で2巻の漫画と、30巻超の作品じゃあ違うのだろうけど(笑)、全体的に輝かしいコミックトムの歴史の中でも、大きな失敗でありました。 あの爆走が無ければ何が描かれたか… @toronei

2015-12-28 22:43:38

ここまでが、まとめ者が直接
やりとりした部分です。

==============

以下は、コミックトムで自分が印象に残った作品名で検索したピックアップ結果です。

🤪🎐 @laugh_coin

コミックトムの出した漫画タイトル欄見たらそら売れるわってラインナップであった。金だけ渡して口出しされないって環境は有り難いだろうなあ

2015-12-27 13:55:55
masa( ’ ë ’) @masa_Nautilidae

宗教が芸術の有力なパトロン、という構図は現代でも有効であるらしい。>コミックトムの出版社の母体 そういえば某霊言の人の宗教団体も宣伝アニメ作る時すんげー金払い良かったという話があったような

2015-12-27 20:16:51
にうや @ya_ur

コミックトムは長編前提なので好き放題やっていいってのは確かかと

2015-12-27 20:53:23
猿田 @Ryokansato

コミックトム連載陣の日本の漫画文化への寄与の大きさを考えると創価学会はともかく潮出版への評価は高く見ざるを得ない

2015-06-10 06:37:31
猿田 @Ryokansato

コミックトムの、ブッダと三国志と牧口先生やってればあとは採算度外視で自由にいい漫画を載せろって時代よりは縛りは増えたとは思うけど、潮出版って学会員向けの記事さえしっかりしてれば後は割と自由っていう昔のエロ漫画みたいな匂いのする出版社だよね。

2015-06-10 06:52:16
かせい🌕寒いのきらい @Tanokura_K

「ヤマトの火」がヤングジャンプで途中で打ち切られて、コミックトムで「ヤマタイカ」がスタート、完結した。「ヤマトの火」のヒロイン(?)弓子は五輪真弓さんな容姿だったけれど、「ヤマタイカ」で同じ立ち位置にいる神子(みわこ)は結構な美人さんになっていたのが印象的。

2015-09-14 10:42:38
おがわ @ikasama_rx

うわ。kinndle版出てたのか。 静粛に、天才只今勉強中! (1) (コミックトム) 倉多江美 amazon.co.jp/dp/B012NWPWVY/… AmazonJPより

2015-11-12 22:24:01
杉並ボードゲーム同好会 @suginamibgc

コミック・トムはマニアには堪らない布陣でしたが、確かにマイナー。諸星大二郎が好きで読み始めたらみなもと太郎や御厨さと美、倉田江美や石坂氏の「石の花」やら載って、「横山三国志」はいつの間にやら「ついで」になってた。異端な口で(w twitter.com/Jiraygyo/statu…

2015-12-09 17:42:59
Расэндзин🍥『大砲とスタンプ』完結9巻発売中 @RASENJIN

先日『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』を読了しまして、21世紀になっても健大卒業生への取材を許可しない中国政府は相当に狭量&小心だと思ったことでした。他にもウルジン将軍の子息が取材されていて『虹色のトロツキー』心が沸騰したり……一癖も二癖もある方ばかりです。

2015-12-28 01:56:44
ねぼちん @nbncnbnc

虹色のトロツキー、Kindleではないのか…ううむ…。

2015-12-28 02:12:03
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama

まとめを更新しました。/”「五色の虹」と「虹色とトロツキー」と「コミックトム」”の項を内容ちょこっとで追加。「「戦争/ガンダムはかっこいい」か? ~安彦良和さんインタビュー記事感想など(修正再構築)」 togetter.com/li/911019

2015-12-19 12:50:29
残りを読む(26)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年12月28日
多すぎるのでリプライは省略しますが、各氏に多謝。「誰でも編集可能」です
0
eroki-mota @erokimota 2015年12月28日
「仁義なき戦い」の脚本家、笠原和夫さんが、晩年はシナノ企画(起源は創価学会・広報局)の「三国志」のビデオ使用料(だったかな?)で食ってた、見たいな話もありますなー。
1
CD @cleardice 2015年12月28日
セブンブリッジとグランローヴァ好きだったなあ
0
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2015年12月28日
コミックトム、ガキの頃近所の定食屋に置いてあって、飯食いにいくと必ず読んでたな。三国志と風雲児たちが目当てだった。
0
名無し元営業写真師 @Naominakata 2015年12月28日
雑誌名が「希望の友」だった頃は書店で流通してなかったので、親が学会員の友達から借りて読んでたなあ。
0
各務原 夕@自動翻訳人形サービス @nekoguruma 2015年12月28日
創価の教義押し付けるようなもん描くのを強要しなかったあたり、編集者や経営者は傑物と言ってもいい気がする
27
幻導機 @gendohki 2015年12月28日
一定数売れることが確定的で、人気の上下に一喜一憂みたいなことが無かったのかもしれないなぁ。ただの憶測でしかないけど。
1
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2015年12月28日
トムプラスになった経緯を考慮すると、一定数売れてた主原因は横山光輝の存在かなあ、と。
3
kumonopanya @kumonopanya 2015年12月28日
芸術はパトロンとして誰がつくかによって成果が変わる。
1
ひらたしずこ(プライム) @cigarillolover 2015年12月28日
風雲児たちの時代早送りや雲竜奔馬への切り替えを見ていると、ノータッチなわけがないとは思うのですがね……?
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年12月28日
cigarillolover 仮説ですが「古きよきコミックトム時代」があり、そこから「なにかあせり始めて、介入し始めた時代」に移り、そして「雲竜奔馬のような愚行をする時代」になり命運尽きて…というように見える、感じるんですけどね。
5
ひらたしずこ(プライム) @cigarillolover 2015年12月28日
gryphonjapan なるほど。その流れはかなりありそうですね。
0
秋ゑびす●7/2-8/2 神田明神 資料館にて、平将門公命 御神像特別公開中 @yamashita99 2015年12月28日
『希望の友』と『コミックトム』の間に有った『少年ワールド』も、お忘れなく。『風雲児たち』の関ヶ原の場面は、少年ワールド掲載分。通ってた定食屋で見つけた時、嬉しかった。石田三成が処刑された所で雑誌そのものが終わってしまい、続編の情報を探して、コミックトムに出会った。創価学会との関係を知ったのは、ずっと後になってから。
1
undo(あんどー) @tolucky774 2015年12月28日
トムに限らないけど、潮出版は創価学会や池田会長が絡まないコンテンツは悪くないものもある。そういう記事を目当てで立ち読みしたことが何度か(買わなくて申し訳ない)
0
張三李四 @tyousanrisi 2015年12月28日
利益を重視した一話一話を引っ張る作品作りで生まれる傑作ももちろんあるが、利益を度外視したパトロンがいることによってしか生まれない作品というのもあるなあ。
0
下山嘉彦/渋谷区 @yshimoyama 2015年12月28日
私は「希望の友」時代の読者だけど、創価学会員の定期購読が基本だったから部数の波はほとんど無かったんだろうな。それでも久松文雄の「テムジン」のように打ち切られる作品もあったっけ。
0
🐱スイッチ貯金を始めるリュージ🐱 @ryuji1st 2015年12月28日
「潮」に載ってる漫画が結構良作だから。 今の潮出版が漫画、ラノベ専門誌を出してないのはもったいないわ。
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年12月28日
まとめ本体にも収録しましたが、こういうソースを、いま思い出しました!なんで忘れてたんだろう。 https://twitter.com/gryphonjapan/status/681468484056825856 うーむ、やっぱりか…。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年12月29日
横山光輝先生は締め切りの日の朝に原稿を取りに行くと玄関先にその月の完成原稿50枚がきれいに袋に入れて置いてあったそうです。それに比べて手塚治虫先生の場合はというと(以下略)
4
Hoehoe @baisetusai 2015年12月29日
潮は地方でも扱われてましたからね
0
Rogue Monk @Rogue_Monk 2015年12月29日
コミックトムだけでなく、総火系の出版社は作者の自由をかなり尊重してくれるみたいだなぁ。
0
まよいみち(すきだ)🍵🍆📸🕙 @ma4i_michi 2015年12月29日
「風雲児たち」が好きで、毎月楽しみにしていたのが思い出。いつもの本屋に行くのだけど、ときどきなかったりしたな(子どもなので定期購読という発想はなかった。)
0
名無し元営業写真師 @Naominakata 2015年12月29日
昨日母親と三国志について軽く話をしたのだが、その時に「現代の日本人は古代の中国をパッと頭にイメージするのは難しいし、たくさんの登場人物が出てきてしかも似たような名前の人がいるので、最初に三国志に触れるなら漫画がいいかも知れない」と言ってましたね。母は漫画が好きではない人なんですけどね。かくいう私は横山三国志が好きで、吉川英治とか読むようになったんですけどね。
0
Simon_Sin @Simon_Sin 2015年12月29日
池田大作が若い頃に戸田城聖の出版社で編集者をしてた事も関係あるのかな?(ちなみに担当していたのは小松崎茂)
0
ふぁい @neconocc 2015年12月29日
なんで誰も板橋しゅうほう氏の「セブンブリッジ」「スリックスター」に触れないんだ?
1
HANATARAY @hanataray 2015年12月29日
ラモファス・クリーク! セブンブリッジ!  いやあ、母体がソレって初めて知ったわ。そういう感じないところが伝説の所以なんだろなあ。書店店頭平積みで”ポップコーン”の隣がよく似合ってた。
0
ゆきかぜまる(24) @ykkzmr 2015年12月29日
グラン・ローヴァってコミックトムだったな、そういや……なつかしい
0
葛野広海@ポテトチップス教 @kwan_fai 2016年1月3日
山岸凉子「青青の時代」も確かコミックトムだった……卑弥呼をこう解釈するか!とドキドキしたもんだったな〜。
0
なると帝国@新連帯ブレイクブレイブ頒布中 @narutoteikoku 2016年8月13日
名前は聞いたことあるなあコミックトム でも内容までは知らなんだ
0
Rogue Monk @Rogue_Monk 2017年7月7日
「原稿料はいいし、内容は自由」て、他の総火系出版社も同じ傾向だったみたい。
0
ゴマすりクソバード@自由人 @animefigure3d 2017年9月25日
作家の自由に描いてもらうことを前提に、どの作家を選ぶかという一点に編集のセンスが問われる難しい仕事だと思う。
0
夢浦忍 @Y_SINOBU 2017年9月25日
風雲児たちの場合は「幕末の漫画描いてくれ」という依頼で、関ヶ原の合戦から江戸時代を最初から描いてたので十分自由にやらせてもらってたと思いますが
0
日暮掟 @OmiKaneko 2021年1月3日
おれがコミックトムを買い始めたきっかけはいたはししゅうほうのセブンブリッジ読むためだったんだけど言及がなくて寂しい
0