10周年のSPコンテンツ!
47
Tetsuo Ishikawa @fronori
Nicholas Humphreyの新しい本の書評が賑わってる。というか評者・読者と本人のバトルになってる。 http://j.mp/hXPwPu Philosophical zombieならぬ、psychological zombieという新しいコンセプトを提案してて興味津々。
Tetsuo Ishikawa @fronori
原理的に哲学的ゾンビは存在しないし、存在できないが、ハンフリーの言う「心理学的ゾンビ」ーーすなわち、意識的体験の現象論的質感(=クオリア?)を持つように進化した回路を脳に持たないという以外は普通の人と身体的に変わらないーーは存在できる。哲学的ゾンビの進化論的親戚みたいな感じかな。
Tetsuo Ishikawa @fronori
哲学的ゾンビが存在できない「原理的」な理由とは?もっと前に書いてあるのかも。それから、脳に限定してるけど、身体性(embodyment)は?それに関連して、physically identicalは身体的じゃなくて、物理的に同じって意味なのかな。そんなに強い制約を置けるのかしら。
Tetsuo Ishikawa @fronori
意識が進化的な適応であれば、心理学的ゾンビは中身が真っ暗なので、意識のある我々とは明確に違うふるまいをするはずだと言う。そのせいで自然選択によって生き残ったり子孫を残すのに不利なので、繁栄できない。だから実際には存在してない(みたいだ)ということなのかな。やや煙に巻かれた感が。
@fun9tion
意識体験がない、というのと意識体験の質感がない、というのは何が違うんだろう?質感をそれだけで独立した感覚のように扱うことは神経科学的見地からは無理があると思うのだが。
@fun9tion
もちろんこれは、質感は意識体験の副産物で、意識体験と同じ物理現象から生じているという前提の話で、この前提が正しいかは議論の余地があるだろうけど。
Tetsuo Ishikawa @fronori
QT Nicholas Humphrey wrote that: [Earlier] I mentioned the idea of a philosophical zombie -- the philosophers’ (cont) http://tl.gd/8a9n7q
@mskota
@fun9tion @fronori 「意識的体験の現象論的質感(=クオリア?)を持つように進化した回路を脳に持たない」という点が哲学的ゾンビとは違うところかと。哲学的ゾンビは脳内の回路の存在まで言及しません。
@mskota
@fun9tion @fronori あと、哲学的ゾンビが存在するかどうかは思考実験の範囲内の話になっていて、原理的に存在するかどうかよりも、それが存在することによって何が言えるのかが焦点になっています
@fun9tion
意識体験もその質感も同一の物理現象から生じた副産物だと考えてるので、それが原理的にあり得ないと思うのです。RT @mskota: @fronori 「意識的体験の現象論的質感(=クオリア?)を持つように進化した回路を脳に持たない」という点
@fun9tion
まぁ、原理的にあり得ない思考実験を無意味と捉えるか意味があると捉えるかが、心の哲学を面白いと思うかどうかの分かれ目なんだろうけど。
@mskota
@fun9tion @fronori 哲学では意識体験の質感を必ずしも物理現象から生じたものとは考えません(たとえば脳内でクオリアの発生を正確に特定できる見込みがあれば別ですが)。現状では哲学的(心理学的)ゾンビが存在するともしないとも断言していない段階です。
@mskota
まあ物質的に存在を特定できないものを扱うのも哲学ですから・・・
Tetsuo Ishikawa @fronori
@fun9tion その副産物の生成機序を知る上でも、もし生じないことがあるとすればどんなときか考えるのは比較として無駄ではないと思うのですが。 RT @fun9tion 意識体験もその質感も同一の物理現象から生じた副産物だと考えてるので、それが原理的にあり得ない @mskota
@fun9tion
それでは心身二元論になってしまうのでは。意識体験やクオリアが脳の機能の結果でないなら何なんでしょうRT @mskota: @fronori 哲学では意識体験の質感を必ずしも物理現象から生じたものとは考えません(たとえば脳内でクオリアの発生を正確に特定できる見込みがあれば別ですが)
@mskota
だから心身二元論に陥らず、他方でクオリアの存在を否定しない立場を物理主義者は模索しているわけで。@fun9tion: @fronori
@mskota
クオリアが脳の機能の結果であるということは確定しているのでしょうか?それが確実でないから、物理主義者は二元論にならずクオリアの存在を認める立場を模索しているのでは。 @fun9tion @fronori
@mskota
これまで見てきた範囲では、哲学での物理主義は脳の機能の存在は認めても、それに付随する質感は別ものだという見解が優勢です。クオリアが脳の機能によ手実現されるという代表的な見解があればご教示いただけるとありがたいです。  @fun9tion @fronori
HA @AmHdt
横レス失礼します.少なくとも言葉による被験者の報告を通じて脳を刺激するとクオリアが変わるという研究はありますよね.因果関係は別にして. RT @mskota クオリアが脳の機能の結果であるということは確定しているのでしょうか? RT @fun9tion @fronori
@mskota
@AmiHide 確かにクオリアと脳機能との相関は立証されているのです。ただ、それは相関関係にすぎず、脳で確認されるのはクオリアそのものではないだろう、じゃクオリアはどこにあるの?というのが悩みどころなのです。 @fun9tion @fronori
HA @AmHdt
主観的感覚であるクオリアだけを物理的に取り出すことはできない以上,その問いに答えるのは不可能じゃないかと. RT @mskota 脳で確認されるのはクオリアそのものではないだろう、じゃクオリアはどこにあるの?というのが悩みどころなのです。 @fun9tion @fronori
@mskota
TLで話題になっていたHumphreyの本、意識の話が興味深い。 http://amzn.to/dNScBl
@fun9tion
クオリアの神経メカニズムの話とクオリアが脳機能の結果かどうかは別の話でしょう。例えば動物の行動で、神経メカニズムが不明なのはたくさんありますが、それが脳機能の結果である事は明らか @mskota: @AmiHide 脳で確認されるのはクオリアそのものではない @fronori
@mskota
@AmiHide だから、物理主義を貫くなら、物理的なものをクオリアの代替物として甘んじるか、クオリアそのものを否定するかしかないのですが、現状はそのどちらでもない議論が多いようです。 @fun9tion @fronori
shokou5 @shokou5
@fun9tion 心理学的ゾンビは,物理的な 基盤に 差がある,という 意味で,論理的には 想定可能だと おもいます.盲視の 極端な 例とも いえるでしょうか.実在の 可能性については,ハンフリー自身 ひくく 評価し,実際には ゾンビ(同等)に なりえない,と. @fronor
残りを読む(112)

コメント

HA @AmHdt 2011年1月22日
まだ議論の途中ですが,議論の流れを追えるようにTogetterで勝手にまとめさせてもらいました
九堂フレア @ooblog 2011年1月22日
[心理学的ゾンビ]たまにいる「どうして人を殺してはいけないんですか」系の人物って自分が刺されたら痛いとか思った時に「痛い幻覚」まで再現されないのでは。
セルフ執事 @SF_yomi 2011年1月23日
自覚(クオリア)に対する、絶対的な信頼感を持ってる人が、何故か存在してる事の方が僕にとっては不思議なんだよね。哲学的にしろ、心理学的にしろ、ゾンビでは無い。と証明する方が難しいと思うのだけど? 
セルフ執事 @SF_yomi 2011年1月23日
そして自覚に磐石の信頼を置いた発言をする人って、大体馬鹿ってのも面白いのだ。彼らは思考より共感で生きているのだとは思うのだが、その割りに共感の幅も異様に狭かったりする。その不思議。
セルフ執事 @SF_yomi 2011年1月23日
つまり、僕の目には、お前の感じてること発言は、単に脳内物質の分泌に依存して、判断してるだろ、お前って、哲学や心理学の言うゾンビじゃねーか。と思う人に限って、哲学・心理学ゾンビを認めないとう面白さ。
HA @AmHdt 2011年1月23日
2011年6月9-12日に京都で行われる国際意識科学学会(ASSC)でHumphrey氏が講演されるということなので,ご興味のある方は是非ご参加を! http://bit.ly/9SNCTB
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする