10周年のSPコンテンツ!

プロの小説家、暗器使い氏の講演内容を堂々と引用して小説を出版しようとする。【1月5日追記】

実績のあるプロ小説家が、いじめ等のついて講演活動をしている暗器使い氏(@Ankitsukai)が今までに語った講演内容を堂々とパクり、まるで自分で考えたかのように小説を出版しようとするという、とんでもない事件が起こりました。 それも、引用は講演内容の一部に留まらず、“細かい部分までほぼそのまま”小説に使われていたというのが驚きです。 ※別の方が既に同様のまとめを作成していらっしゃいましたが、途中までしかまとめられていなかったので、改めて作成させていただきました。 続きを読む
文学 書籍 二次被害 小説 いじめ プライバシー侵害 酷い話 著作権侵害 石に泳ぐ魚 盗作
94
このとんでもない事件が明るみになったのは、暗器使い氏(@Ankitsukai)によるこのツイートからだ。
暗器使い @Ankitsukai
知人のプロの小説家から、「今度いじめをテーマにした小説を出版します。ストーリーもキャラも私のオリジナルですが、貴方の話をモデルに書いたので、原稿を読んで了承を頂きたい」と突然の連絡がきたのですが、いざ原稿を読んだら、私の話が非常に多く小説の中で使われていてショックを受けています。
このツイートがされて以降、プロの小説家・出版社の実態が明かされていった。
暗器使い @Ankitsukai
実際に販売されてしまう小説の事なので、慎重に書きますが、私の受けたいじめや性被害体験、抱えている後遺症、その他私の悩み、コンプレックス、活動、発言、行動…など、いじめのゼミや自分で開いた生きづらさイベントなどで私が話した事が、そのまま、或いは一部を変えて使われている感じです。
暗器使い @Ankitsukai
作家さんは「貴方の話は参考にしただけでキャラはオリジナル」と言っていますが、『私の話を基盤に作家のオリジナルの設定を加えたキャラ』というのが適切で、分かりやすく言えば、私の事を知っている人間が読んだら「この××というキャラは完全に途中まで暗器使いさんの話だね」と感じるレベルです。
暗器使い @Ankitsukai
当たり前ですが、出版は承諾できないと伝えてあります。ただ、私が嫌がろうが苦しもうが関係なく、既に出版は確定しているとの事です。12月に出版予定だそうです。私の人生が、他人の作家の創作の小説のネタとして使われ、一般に販売されようとしているのに、私自身には拒否する権利は無いそうです。
暗器使い @Ankitsukai
もう一つ酷いのがお金の問題。人の体験や苦しみを小説のネタに使っておいて、謝礼金は払えないとの事です。例えば、取材をして個人的に話を聞いた場合は取材費用を払えるけど、今回の場合、私が一般公開のイベント等で公に話した事を作家が取り入れただけなので、謝礼金を払う事はできないとの事です。
暗器使い @Ankitsukai
作家さんから最初に頂いたメールに、「担当編集者も編集長も、テーマはいじめだが、それだけにとどまらない、ある高みに到達していると高評価して下さっています」との記述があったのですが、私の体験を基盤に作った小説なのだから、半分くらい私の手柄だと思うのですけど。何か凄くモヤモヤします。
暗器使い @Ankitsukai
小説家が、他人の話を小説のネタに取り入れる事は普通にあるのかもですが、やってはいけない一線はあるのでは。いじめや虐待やレイプや差別や迫害を受け続け苦しみもがいている人の体験や人生を、自分で考えたフィクションの話として使うのは駄目だと思います。実際にやられた私は酷く傷ついています。
暗器使い @Ankitsukai
そもそもこの小説家が今回の小説を書くに至った経緯は、一年前のやり取りでした。その時私がいじめのトラウマ等で心身共に限界で自殺を考えるほど追い詰められ、その方に相談を持ち掛けたのです。ただ、力にはなれないとの事で、やり取りはそれっきりでしたが、それがきっかけで書き始めたとの事です。
暗器使い @Ankitsukai
続きです。そして、その後小説が書き上がって、某大手出版社から正式に出版が決まった所、私がツイッターを再開し、生存報告と活動を再開するツイートをしたのを見付けて、連絡をしてきた…との事です。「貴方がツイッターを再開しなければこうして小説の出版を伝える事は無かった」と言っていました。
暗器使い @Ankitsukai
因みに、出版前に私に小説の事を伝えた理由は、「販売された後で暗器使いさんがこの本を読んだら傷つくかもと思ったので、事前に知らせたかった」との事だそうです。あの…私が傷つくって分かっているのに、何で出版しようとするのでしょうか。私は既に物凄く傷ついています。出版を止めて欲しいです。
暗器使い @Ankitsukai
「いじめ殺人や自殺が横行する中、この本を世に出す意味があると強く思っています」と小説家さんは仰っていたのですが、私にやっている事が既にいじめだと思うのですけど。他人の体験、苦しみ、人生を、自分で考えたフィクションという事で小説にして出版するのは、かなり酷いいじめではないのですか。
暗器使い @Ankitsukai
私の話を参考に小説を書いたというのは別に構わないのです。ただ、ほぼ私の話そのままで引用したり、私の事だと分かる原型を留めた状態で使うのは問題だと思います。それだと小説家が自分で作った作品とは言えないでしょう。私の話を参考にするにしても、私だと分からないよう原型を壊してくれないと。
暗器使い @Ankitsukai
小説家ご本人も酷いですが、出版社も酷いです。私という実在の人間の話を基盤に作られていると知った上で、出版を決めた様子ですし。出版社からすれば本が売れて儲かれば何でもいいのかな。勝手に小説のモデルに使われた私がその本によって苦しむ事になろうが、そんな事は知ったこっちゃないのかな…。
暗器使い @Ankitsukai
小説が正式に出版されたら、私はもう人前で自分のいじめ体験や生きづらさを語ったりできませんね…。小説が世に出た後は私がその小説のパクりって事になりますから。本を読んだ人が私の講演を聞いたら「うわーこの人××って小説の話をあたかも自分の話のように語ってる!きもっ!」ってなりますから。
9月上旬、本人は不安を拭えていないものの、出版停止の兆しが見え始めた。
暗器使い @Ankitsukai
その後の経過報告です。9月の上旬頃に担当編集者からメールが届きまして、現在は社内と小説家さんとの間で、協議中との事です。具体的に何を協議しているのかは分かりませんが、とりあえず、問題の原稿に関して「あのままの形で、無断で刊行するということはいたしません」との約束はして頂きました。
暗器使い @Ankitsukai
また、編集者さんは「刊行にかかる作業はストップさせていただいております」とも仰っていたので、編集者さんの言葉を信じて連絡を待とうと思います。肝心の小説家さん本人からは何も連絡はありませんが、出版社側が作業を止めている以上は、勝手に出せませんから、とりあえずは一安心という感じです。
暗器使い @Ankitsukai
ただ、9月の上旬に編集者さんから「無断で刊行するということはいたしません」とのールが届いて以降は音沙汰がない状態です。さすがにこの流れで出版を強行する事はないでしょうが、はっきり「出版を取り止めます」と言って来ないので、一部書き直して出版するつもりなのかも?…と危惧しています。
暗器使い @Ankitsukai
私としては、このまま正式に出版を中止して欲しいし、出版を中止さえしてくれればそれ以上相手方に何も文句を言う気もなければ、何も望む気もありません。但し、やはりそのまま出版するとか、或いは内容を一部書き直して出版するとかいうのであれば、出版の差し止め、民事訴訟など厳しく対応します
暗器使い @Ankitsukai
書ける範囲で書きますが、私が今回の件に憤りを感じているのは、ただ単に自分の苦しみや人生を小説として使われた、という点だけではありません。もう一つ許せないのは、小説の中で私(の話を使った人物)に殺人を犯させている点です。私は本の中で犯罪者にされた訳です。これには酷く傷つきました。
暗器使い @Ankitsukai
私は強い恨み辛みを抱えています。自分をボロボロにし尽くした大勢の加害者達を殺したいと今も考えますし、世の中全体を憎んでいる部分も正直あります。それでも、口ではどれだけ痛い事を言っても、実行に移した事はないし、実行する気もないのです。何か小説を通じて心を踏みにじられた感じがします。
暗器使い @Ankitsukai
何度か原稿を読んで、私が殺人を犯す事に意味があるのだとは感じました。小中高と長期のいじめ被害、後遺症、レイプ被害、非モテ童貞、講演活動を続けるものの空回り、誰にも手を差し伸べられない、孤独、孤立、憎しみ。そんな私が人殺しをするからこそ、考えさせられる内容になっているとは思います
暗器使い @Ankitsukai
小説家さんの真意は分かりませんが、私の気持ちも考えて欲しいです。自分の苦しみや人生を勝手に小説に使われて、本の中で殺人犯にまでされて、自分が逆の立場ならどう?って話です。仮に小説が出版されて、売れて小説家さんが儲けたり、評価されて何かの賞を受賞したとして、私にどう受け止めろと?
残りを読む(34)

コメント

孤高の山猫藤木中務大輔凪沙 @NaGiSa_FJ 2016年1月2日
「暗器さんがTwitterをやってなかったら知らせず出版した」って言い草が酷ぇよなこれ…
闇のうんこ食べ隊 @nonsensecodon 2016年1月2日
出版中止になってたのか、よかった
iga9984 @iga9984 2016年1月2日
話のネタにするのと、話を丸パクリするのとでは、意味がまるで違うんだが、それでもあわよくば出版して儲けようというのか。節度も何もかもかなぐり捨てなければならないほど追い詰められてるのか。…ならやめちまえそんな仕事。
taka @Vietnum 2016年1月2日
相手がプロならなおさら名前を公開してもいいんじゃないの? そうでないとまた同じことをやりそうでしょ、プロの自覚がないみたいな作家のようだし。
なあ @naa_san 2016年1月3日
出版中止になってよかった。小説家さんからもきちんと謝罪があるとよいのですけれど…。
もうだめぽ @moudamepo150701 2016年1月3日
出版中止になってよかったな。というか当たり前の結論に至っただけの話なんだけどなw それにしても、この盗作野郎が誰なのかが気になる
みつひと @3hitoharuta 2016年1月3日
あってはならないことなので、刊行中止になって本当によかった。
undo(どんまい酒場に行きたい) @tolucky774 2016年1月3日
石に泳ぐ魚と同様のケースかな。ともかく、出版が差し止められたのはよかった。モデルになった当人の承認を得られないままの出版はダメでしょう
青髭(停止中) @laboratorymembe 2016年1月5日
これは酷い。出版中止になって本当に良かった。というか、その小説家と出版社は、きちんと止めてくれた暗器使い氏に感謝すべき。もし発売された後に暗器使い氏がそれを告白したのであれば、小説家は二度と作家としては再起できない悪名を被ることになったであろうし、出版社も株価の暴落を招く程度のイメージの低下は避けられなかった。迫害した相手に助けられたという自覚を持つべき。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2016年1月5日
ここまで、本文にもコメントにも「石に泳ぐ魚事件」への言及はあるのに、「宴のあと事件」への言及なし。つかまあ、権利意識に乏しかった昭和の前期以前にはままあった話だけど、今時は有り得ない話だわな。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2016年1月5日
例えばの話、最初から暗器使い氏を原作者ないし原案者として了承して貰い、その上で著作権の扱いからお金の扱いまで全ての筋を通した後での執筆→出版なら何の問題なかったろうに、何故執筆後に一言入れるだけで出版出来ると思ったのか本気で不思議。
金欠ゆずこせう@来年絶対サクラ見る @yuzukoseuG 2016年1月5日
暗器使い氏ご本人が感情に流されて噴き上がらずに終始冷静に対処されたのも良かったと思う。ともあれここまであけすけなのが今もあるとはねえ。
くりっち @Black_Catter 2016年1月6日
まとめを更新しました。
愚者@ C97土南ソ30a @fool_0 2016年1月6日
葉石かおり先生の著作を事もあろうにそれを担当した出版社がパクってコンビニ書籍として売った(結果的には即日回収)話も酷いと思ったが、このまとめの件は下手をするともっと酷い事になる一歩手前だったなあ。幸い今回の件は出版社が事の重大さに気付いてSTOPかけたから被害は最小限で済んだけど、既成事実目的でわざと当事者に知らせないようにしていたのではないかと疑いの目で見てしまいます。
なるしま/Narushima @NARUSHIMA_CGFAN 2016年9月5日
小説では無くて、暗器使いさんが書いたルポを出版すれば良いのに。
ワロタ」 @PigHouse_2019 2019年11月21日
キレてる本人のアイコン女神転生からパクッててワロタ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする