編集可能

ハムレットとオフィーリアはやったのか、やってないのか、それが問題だ 〜 文学批評において性的関係の有無が持つ意味

『ハムレット』『鳩の翼』等を例に文学批評におけるキャラクター間の性的関係の有無がもたらす作品解釈への影響の大きさについて、 シェイクスピア研究者Cristoforou先生の熱弁
74
若林 宣 @t_wak

うーん、今しがた mess-y.com/archives/25890 ←このエッセイについて「セックスヘイターが誤てる価値観で大衆を殴ることの問題性について書かれている」という絶賛に近い評価が流れてきたのだけれど、そうかなぁ。

2016-01-03 02:53:34
若林 宣 @t_wak

規範化されたセックスのみを是とすることからくる「姓嫌悪」とそのおかしさというのは以前からしばしば言われてきたことで、そういう点で新鮮味はあまりないし、また、あらかじめ用意された結論にあわせて色々な物事を落とし込んでいるような、そんな気もしました。

2016-01-03 02:55:57
若林 宣 @t_wak

あと、田房氏によるマッド・マックス評についての捉え方。それから、それに対する批判を「潔癖性的な同調圧力」とまとめてしまっていること。それぞれ、それでいいのかどうか。

2016-01-03 03:00:17
若林 宣 @t_wak

lovepiececlub.com/lovecafe/mejir… 田房永子氏による『マッド・マックス』評は男社会との対峙とその難しさという点でもなかなか面白いと思いましたが、それは私が男だからなのか、「潔癖性的な同調圧力」と無縁だからなのか。まぁそのあたりはわかりません。

2016-01-03 03:07:25
若林 宣 @t_wak

ただ、これが『「恋愛」や性欲」の関係性を読み込んだ』評なのかと問われれば、なんか違うような気がします。というか、主題はそういうことじゃないと思うのですけれど。

2016-01-03 03:08:29
saebou @Cristoforou

新年早々こんな話で恐縮ですが、文芸批評では誰と誰がヤッてるかというのはたいへんな問題なんです。いろんな証拠を吟味してヤッてないとかヤッてるとか考えてるのに、性嫌悪とかについての薄っぺらい議論を持ち込まないで欲しい。

2016-01-03 08:44:42
saebou @Cristoforou

ヤッてるかヤッてないかが一番問題になるのは『ハムレット』です。ハムレットとオフィーリアがヤッてるかヤッてないかは、演出と演技に大きな影響を及ぼすので大問題です。これについて、オフィーリア役の役者さんにふたりはヤッてるかきいた調査があるんですが、「ヤッてない」が優勢でした。

2016-01-03 08:46:13
柚子 @yuzu_dark

最近になってブロマンスという言葉を知ったので振り返ってみているけど、インタヴューウィズヴァパイアのレスタトとルイはブロマンスじゃないだろうか…それとも彼らは性的関係があっただろうか…

2016-01-03 08:46:59
柚子 @yuzu_dark

性的関係があったらもうブロマンスじゃないし、厚い友情で収まるぐらいのもブロマンスじゃないという自分基準ある

2016-01-03 08:48:14
saebou @Cristoforou

なぜハムレットとオフィーリアがヤッてないかというと、ハムレットが童貞だという解釈をしないと「尼寺へ行け」とか「この汚れた肉体…」みたいな、それこそ「性嫌悪」的な台詞と整合性がとれなくなるからです。さらにハムレットは敬虔な信仰を持っているので、結婚前にはヤらないでしょう。

2016-01-03 08:49:01
saebou @Cristoforou

ただ、ケネス・ブラナーの映画版『ハムレット』ではハムレットとオフィーリアはヤってるんです。この作品、ブラナーとケイト・ウィンスレットが主役のカップルでどちらもかなり肉感的な役作りなんです。役者の個性にあわせてヤってる解釈をとることもあるんですが、肉々しい個性の役者じゃないと難しい

2016-01-03 08:51:35
kaneda_junko @kaneda_junko

さえぼう先生のハムレットの「やってる/やってない」の話が、同人女((ある作品の中の誰と誰ができてるかを原作の表現に基づいてでっちあげるのが大好きな女性)としてむちゃくちゃよくわかるんだが

2016-01-03 08:54:06
野原燐 @noharra

.@Cristoforou 文芸批評では誰と誰がヤッてるかというのはたいへんな問題なんです。>作家、批評家、俳優の間の話だ読んでと思っておおっとなった。なんだ違うのか。

2016-01-03 08:56:56
まつもと(な) @FintaPazza

@Cristoforou オフぃーリアに限らないんですが女が「狂う」のはヤられたからだ、というのはどうなんでしょうか。相手はハムレットには限りませんが。

2016-01-03 08:57:09
まーちゃん @o_dwara

@Cristoforou @kaneda_junko なるほど事後とその前とでは関係性が変わると。

2016-01-03 08:58:18
saebou @Cristoforou

@FintaPazza オフィーリアは「ヤってない」解釈が優勢だと思います。前に読んだ女優さんへのアンケート調査でもそっちが優勢だし、研究者もそうだと思います。オフィーリアの狂気については父の急死が原因でしょうし。

2016-01-03 08:59:11
まつもと(な) @FintaPazza

@Cristoforou 。。。と書いたのは狂女の表象(白衣、乱れた髪に野草、などなど)がdeflowerに共通するものが多く、「やられた」ことを示唆しているのではないかという見方があるからです。

2016-01-03 08:59:33
saebou @Cristoforou

ハムレットが挙動不審な様子でオフィーリアを訪ねてきてオフィーリアが動揺し、それを父に伝える場面がありますが、あれは2人に肉体関係があるかどうかで女優の演技が変わるでしょう。 QT @o_dwara なるほど事後とその前とでは関係性が変わると。

2016-01-03 09:00:30
まつもと(な) @FintaPazza

@Cristoforou オフィーリアが狂ってから性的にかなりあからさまな暗喩のある歌を歌うのは示唆的ではないですか?

2016-01-03 09:01:10
saebou @Cristoforou

@FintaPazza なるほどー。でも、ルネサンスの時期だと「若い娘をずっと未婚でヤらない状態にしておくとかえって病気になる」みたいな俗説もあったし、むずかしいところですよねぇ…

2016-01-03 09:01:37
柚子 @yuzu_dark

ハムレットとオフィーリアがそういう関係だったら尼寺へ行け、はなかなか外道の台詞になる気がする

2016-01-03 09:01:59
saebou @Cristoforou

@FintaPazza あそこを拡大解釈して、それこそケイト・ウィンスレットみたいな肉感的な女優さんにハムレットと肉体関係があった設定で演じてもらう演出もあるんですが、あの歌を「ハムレットへの愛が成就しなかった処女の性的妄想」みたいに演出するのも大いにありえます。

2016-01-03 09:02:52
saebou @Cristoforou

@FintaPazza 実はそのへんはうちの指導教員だった河合先生が「なぜふたりの間に肉体関係がないとしたほうが演出しやすいか」について長い批評を書いてたりしまして…

2016-01-03 09:03:53
まつもと(な) @FintaPazza

@Cristoforou ご存じのように私はシェークスピアよりも後の時代の方に馴染みがあるんで起源的にはちょっと曖昧何ですがrestorationでは狂乱とレイプ被害者の表象の共通性はかなり指摘されています。ただコレ、「女優」の導入(1660年頃)に原因があるかも、ですが。

2016-01-03 09:06:20
まーちゃん @o_dwara

@Cristoforou ヤッてるかヤッてないかってすごく大事なんですね。でも少し考えたら当たり前のことですね。

2016-01-03 09:06:34
残りを読む(33)

コメント

ルシフ様 @chateaudifkm 2016年1月3日
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』シリーズの吸血鬼は、性器がカチカチになってて機能しないから、通常の意味ではヤらない。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年1月3日
そんなことより、オフィーリアを川へ突き落として殺した犯人は誰なのよ。
0
ゼパルそねみ @sonemi_George 2016年1月4日
オフィーリアの自殺(事故)を他殺とははじめて聞いた。
1
ゼパルそねみ @sonemi_George 2016年1月4日
他殺なら一部始終を見てて報告したガートルードに関与の疑いがかかることは免れない。
1
Veilchen(悠井すみれ) @Veilchenfeld 2016年1月4日
やってるかどうかで気になるのはレベッカの「私」とマクシム。夫婦生活あったら「私」の劣等感も幾らかマシだったのでは、とも思うけど。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年1月5日
めんまだって本当はじんたん以外の超平和バスターズのみんなに殺されました。
0