Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

漫画家さんたちが語る『勤め人をやめて漫画家を目指すのは止めたほうがいいぞ」というお話

まとめました。
270
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

勤め人をやめてマンガ家目指すって人は何度か人生で見てきた(漫研の後輩にも)けど、自分の経験では、明日の収入の当てが無い、明日路頭に迷うかもしれない、というストレスは他のほとんどのストレスにまさり、それのない人生がどれほど恵まれているかはよく考えてからにした方がいいと思います。

2016-01-02 10:39:36
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

続き)もっともこれは家族とか家族のような動物とかいった守らなければいけない責任ある何か、があるのと、ないのとでは大違いで、「いざとなったら一人のたれ死ぬからいい」ってハラくくってる場合はまた違うとは思います

2016-01-02 10:41:03
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

たとえば「うつ」の症状の一つに貧困妄想というのがありますが、本当に貧困の場合、それは妄想ではなくただの現実です。

2016-01-02 10:48:36
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

私は19歳でデビューして57歳の今もマンガ家ですが貧しいのに東京に行かせてくれた親への恩返しだけでなくオレ程度の才能はせめて卒業くらいしておかないとヤバイだろうって思って大学出ました。そんな心配無用なくらい在学中から稼いでた漫研仲間の山田Dr.コトー貴敏先生は中退しましたw

2016-01-02 10:56:06
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

ただし、このまま勤めていると殺されるな、という殺人的ブラック企業はその限りではないので逃げるが勝ちだとは思います;>RT

2016-01-02 11:04:52
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

出版会が斜陽になって私が若い頃のような気楽さはどこにもない漫画界だけど今でもあれだけ目指す若い方がおいでなのはなぜ?って思ったものだけど、世の中がシビアになってカタギの暮らしにも昔のような気楽さがなくなり、どうせ気楽じゃないなら好きなことしよう、って選択の結果と思えば是非もない。

2016-01-02 11:27:04
seitarofujita @seitarofujita

@atsuji_yamamoto 親が漫画を読んで育った世代になって、漫画家になるということに理解を示してくれることが多くなったのかもしれません。といっても読んだいるだけでは作る側の苦労はわかりはしませんものね。

2016-01-03 12:15:57
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

@seitarofujita 一時期親が子どもにつかせたい職業のリストにマンガ家が入ってたことがありましたが出版界が景気がよかったころ90年代半ばくらいまでの話でしょうね。しかし、昔のような抵抗感は薄れたのかもです;

2016-01-03 12:22:13
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

将来に夢も希望も見当たらない瞬間というのは人生で何度もあって、そんなことで折れてたら命がいくつあっても足りないんで切り抜ける精神は身につけてきました。だから同じような境遇の方を見ると、お疲れ様です、どうかうまく切り抜けられますように、って祈る。見下すとかありえない他人事じゃない。

2016-01-02 12:01:10
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

人生で一番大切なものは金じゃないけど、人生のたいていの問題は金で片付く。DVとかブラック企業とかから逃げるにも金がいるし、病気や貧困もそう。あれば寄付するときもあるけど自分の頭のハエを追うのに精一杯の時は他人に対して何も出来ない。ただ祈るしかないときがある。

2016-01-02 12:02:25
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

自分はこのマンガ家という仕事が機会ある限り死ぬまで続けたい(たとえやめても暮らせるくらい金ができたとしても)くらい大好き♪だけど、もし生まれ変わりがあるとしても二度とやらないくらいしんどいw

2016-01-02 12:05:57
山本貴嗣 @atsuji_yamamoto

漫画家1959年山口県防府市に生まれる。メタルマックス等ゲームのキャラデザや本の挿絵も。防府高校、中央大学卒(哲学科教育学専攻心理学専修)ツイートが下ネタから形而上まで時にかなり偏りますので付き合いきれんと思われた際はご遠慮なくリムーブ再開何度でもどうぞ。善悪死生観は人により異なりますので一切不干渉で願います。

atsujiya.booth.pm

ゆうき まさみ @masyuuki

@atsuji_yamamoto おはようございます。僕はOUT、アニメックの仕事があれば2年、なくとも1年は過ごせるだけの貯金が出来たところで会社を辞めました。明日の収入がおぼつかない状況では、漫画なんて描いていられないだろうと思ったのです。

2016-01-03 10:49:46
うおりゃー!大橋@最後のレトロ派漫画家 @uorya_0hashi

息子の友達でも、大変勉強ができて、市役所の役人になっていたのに。突然やめて「漫画家になるんだ!」とか、「やってしまった」のがいるらしい。なんで「趣味のレベル」に抑えておかないんだ。いまどき、職業にしてしまったら、大変だろ! 勉強出来るやつは普通に生きろよ!

2016-01-02 10:16:52
佐藤 正 @manngakaki

@atsuji_yamamoto あけましておめでとうございます!会社勤めしながら描いた漫画なり小説なりが評価されて連載をとれて、安定した収入になるならいいかもですが、漠然と「夢」だけでなんとかなる業界でもないから、私も他人にはこの仕事を勧めていませんですwww

2016-01-02 11:18:43
佐藤 正 @manngakaki

@atsuji_yamamoto 漫画を描くのは大好きですけど、プロとして続ける事の苦労は業界に入ってからしかわからないですからね〜!周りは才能がある人ばかりで打ちのめされる事ばかりですし(山本先生の絵の上手さも羨ましい限りです〜!)

2016-01-02 12:21:07
うるの拓也@電子書籍&ブログ読んでね @takuya_uruno

だいたい、自分の描きたい作品を描く機会なんてゼロに等しいしね。「依頼されたモノを描きたいモノにする能力」がないと、ひたすら辛いだけになる。ボクは色んな広告漫画を描いてきたけど、最初から描きたくて描いたモノなんかほとんどない。引き受けてから「自分でも描きたいモノ」にしていっただけ。

2016-01-03 12:08:50
みなさんの声
ろんぐ @Long79Wrong

成る程、確かにそれは最大級のストレスだ >RT

2016-01-02 16:20:25
しき @psyg2

これはよくわかる 少なくともそれをするなら最低限の貯金をもつべき

2016-01-02 11:25:10
眠部 恭一 @laughter_face

絵描きだろうと物書きだろうと仕事は飯を食うための手段なので、好きかどうかで選ぶのはどうかしてると思います。真面目に。

2016-01-02 14:10:58
くにくやゆきぢ @studio_929

背水の陣ってそんなに賢い方法とは思えないんす。>RT

2016-01-02 21:58:07
アリヤ三月兎🌙🐰 @usagi6232

@atsuji_yamamoto 明けましておめでとうございます。 こういった話題はよく目にしますが、今のお仕事をしながらする、という選択をなぜしないのか、と思います。 二兎を得るものは云々とも言いますが、二足のわらじを履くこともできるわけですし。

2016-01-02 13:11:58
残りを読む(12)

コメント

Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2016年1月3日
田中圭一さんみたいに二足の草鞋を履くてもあるし。
11
文里 @wenly_m 2016年1月3日
アニメ化されたラノベの作家も、勤め人の人とかいるしなぁ。
4
iga9984 @iga9984 2016年1月3日
「やらせてみたらいいんだよ。やればわかるんだから。」って、やったらもう戻れないんですが。
30
Maulwurf @a7m167509498 2016年1月3日
面白い作品を作っても世間が理解してくれないのが怖い。30年位前、山本先生の原作の「最終教師」のアニメを劇場に見に行った時、周りは同時上映の「銀河英雄伝説」目当てのファンばかりで、最終教師を見に行ったのは俺だけ?と思うようなアウェイ感があった。
4
Ishida Brain Dam'd @tbs_i 2016年1月3日
ラノベの新人賞受賞者がまず言われるのは「仕事は辞めるな」らしい。
39
進歩的文化人@全人類の一歩後ろを行く男 @12345678909543c 2016年1月4日
こういったクリエィティブ産業で成功するのにもっとも大事なのは「お客様が求めている商品を安定して量産する」という普通の製造業と何ら変わりないう現実という事をしっかりと判らない人はやっちゃあかん。道楽や無いんや。
58
利亜 @ria__farid 2016年1月4日
( ^д^)<漫画家に限らず、芸術・芸能関連は本当にそれだけで食べていくのは一握りで厳しい世界なのを認識しなくてはいけませんね。それらの仕事をするのは本人の自由だけど、副業でいいから食べていける何らかの手段は持っておくべきですね。
1
駐日ベイシュノリア国大使館 @TKRB48 2016年1月4日
このあたりの苦悩は「まんが道」とかに出てくる。才野の「1日で仕事を止める」ってのは格好いいけど、実際には簡単にできる事ではないよなぁ..
1
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年1月4日
会社辞めてバンドマン目指してコンビニでバイトして食いつなぐより、残業ない職場で夕方からスタジオに通って練習(スタジオ使用料の心配もない)する方が上達する、なんて冗談もありますね。勤めを辞めるのは、それ一本で食っていけるようになってからでも惜しくはないのか。島本和彦先生だってあれだけ漫画が売れている一方、いくつもフランチャイズ店舗を経営する実業家の顔もありますし https://twitter.com/simakazu/status/527983925579104256
20
パンダは肉食獣 @j_inbar 2016年1月4日
アドバイスは内容としては正しいけど、あまり効果は無さそう。辞めようとしている人たちが知らなかった事実でもなんでもないだろうしねぇ。
5
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月4日
まぁ、漫画ひとつとっても、毎月何人だかレベルのペースで新人がデビューしては消えてゆくのだし。先達の老婆心が常時なんらかの形でされておいても、決して無駄という事もなかろう。
8
エビゾメ @ABzome 2016年1月4日
月給という不透明でフワフワしたお金が常時入る安心感は凄いでしょね。支出したもの売り上げたもの全部そのまま数字その通り入るフリーは毎日を月曜日にも日曜日にも出来るので、夏休みの宿題を最終日にやってたタイプの人は向いてないと思うよ。僕がそうなので……w
6
ケイ @qquq3gf9k 2016年1月4日
江川達也や富樫義博、弓弦イズルになれる人間なんてほんの一握りということやね。
1
こぎつね @KogituneJPN 2016年1月4日
日本が再チャレンジ可能社会を目指してるらしいけど実体がそうじゃないので会社続けた方がトクだよね。
9
こぎつね @KogituneJPN 2016年1月4日
一番いいのは趣味の範囲で続けれるようなホワイトな職場を見つけることだろうね
19
marumushi @marumushi2 2016年1月4日
保険を掛けながらやるような奴は覚悟が足らん!みたいな連中がいない(死滅した?)のはいいこと
34
Mill=O=Wisp @millowisp 2016年1月4日
実際問題サラリーマンをやりながら作家や漫画家として成功されてる人も多々いますからね。創作の時間が取れないどころか健康を害するレベルの超絶ブラック企業については創作と関係なく辞めちまえ、ですが。
3
もっこす @moccos 2016年1月4日
ここは伊東ライフ先生のあれを見るべき http://togetter.com/li/863388
2
言葉使い @tennteke 2016年1月4日
「やらない夫は52歳で孤独な人生を送っているようです」は名作だと思う。http://yaranaioblog.blog14.fc2.com/blog-category-105.html
9
ワス @wsplus 2016年1月4日
実際ファンの方々と直接話せる分、同人誌の方がよっぽど達成感もあったりする
1
IJN(題字:榊莫山) @JapanNavy_Blue 2016年1月4日
声優業界でも大御所ともなるとそうでもないが、デビュー20年超えた中堅辺りにいるな、そうでもしないと食えないような環境を作り上げた戦犯のうちの一人が「今の若い子はアイドル的なことばかり」とか老害化してて
1
ひろじ @kondohi 2016年1月4日
少なくとも副業レベルでリーマンの収入を凌駕しない限り、二足の草鞋を続けるべきだと思う。
15
まく @twikurusu 2016年1月4日
家族が漫画家を目指した時に「夢のために頑張って」とは言えなかった。
1
さぎりちゃん 14歳ひきこもり @jakuchu201103 2016年1月4日
プロでも生活に余裕がある人は少なそう。 連載持ちのプロ漫画家が知り合いでいます。 彼の話を聞くと ・漫画家として独立後、 4〜5年してやっと単行本が出る ・今だ実家暮らし。 ・出版社から出る原稿料+取材費のみで アシスタント代や生活費を遣り繰り とプロでも駆け出しは大変そう。
9
sinsinP@予備役提督 @sinsinP 2016年1月4日
他の事にも同じ事が言えるけど「軌道に乗るまで退路を絶つな」と言う事か
11
量産型砂ネズミ ACT3 @ryousuna 2016年1月4日
あとがきで、専業漫画家をやめて副業として描いていきますというのも見たな
1
茨 二科 @ibaranika 2016年1月4日
これ起業をするときにもよく言われてますね。一年は無収入を覚悟してその分の貯えはしとけと。実際個人経営者になるわけだから起業するのとスタートはいっしょ。ただ起業は成功して拡大すれば体力的にキツい仕事は部下に任せられるし、後進に譲ったり売却したりて手もあるけど、作家さんは年食っても自分でやらなきゃいけない部分が大きいままですからねえ…
7
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2016年1月4日
賃貸住宅の管理人とかやりながらだとだいぶ安定しそう。
1
鐘の音@C99受かれ @kanenooto7248 2016年1月4日
バブルとかだったら、マンガがこけても次の仕事があっさり見つかるんでなんとかなるんだけど、「兼業なんてダメだ!!」とかこの状況で言ったら餓死するからなあ。
5
anon@絵描きモード @pochi_go 2016年1月4日
この手のアドバイスがあまり有用でないのは、それを言う本人が非常にしばしば「勤め人をやめて漫画家になった」人だったりするからだと思う(笑)
5
鐘の音@C99受かれ @kanenooto7248 2016年1月4日
林原めぐみが声優業をやる時も、看護師の資格取得が条件だったし、「コケたときに食いつなぐ方法があるような奴はハングリーさが足りないから物にならんw」というカルトな信仰は無責任だよね。
46
君津区 @Dr_KIMMiK 2016年1月4日
ギャグ王で4コマ「召し使いおむすびっ!」を連載してた時、藤真つかさ氏が後書きで、会社から帰ると編集さんからの手直し指示のFAXが一杯…というの書いてて、勤めながらやってる人がいる事を知ったっす
1
anon@絵描きモード @pochi_go 2016年1月4日
とはいえ昔は「定職=定期的な収入があるうちに、持ち込み等デビュー(が見える)までにこぎつけないとダメ」と言われてたし、実感もそうだったけれども、事情は今も同じじゃないかな。
1
鐘の音@C99受かれ @kanenooto7248 2016年1月4日
漫画家や声優のようにコケるのが当たり前、一握りしかそれで食っていけないって世界で、「兼業せず失敗した時のことを考えない」というのはある種怠慢だとも言えるわけで。
25
愚者@勇者部満開14不参加 @fool_0 2016年1月4日
これ十年以上前から言われ続けてることだけど、漫画家生活の実態が詳細に分かってきた今ですら同じ間違いを犯す人が後を絶たないようで。
1
dada @yuuraku 2016年1月4日
そりゃ60過ぎて有名になっても徹夜で漫画描かなきゃならん人生だったら本宮ひろ志先生もぶっ壊れるよな。
4
undo(あんどー) @tolucky774 2016年1月4日
目が出ないがうちに専業になるなら二年経って目が出ないなら兼業するというように期間を切らないと詰むね
1
象人間(16bit, 44.1khz) @elephas_Koji 2016年1月4日
ニコ動で面白い動画上げてた人も大多数は勤め人だったなぁ。無職のままだと引き出しの枯渇がそうでない人よりも早くなるんだろうか。
8
水澄 @mizusumashi99 2016年1月4日
「マンガが描きたいから仕事辞める」は自由にすればいいと思う。「マンガ家になりたいから仕事辞める」はやめとけと思う。
3
トビウオ師匠 @city_swimmer 2016年1月4日
「シナリオライターを目指す為にまず2-3年勤めてた会社を辞めて動画作成業に専念して動画を投稿したらブームになって 角川からお声がかかってプロになりました」って人が昔居て今でもプロだけど いつの間にか「仕事の合間に考えて持込した原稿が受けてプロになりました」になってたな
9
めなぞ~る♪ @menazor 2016年1月4日
たしかに、デビュー作品や初期の連載作品を読んで この人いいな!おもしろい!と思っても消えていく人も多い…その方が圧倒的に多い。その方々、今も無事暮せているのだろうかと心配になる。保険はないよりは あったほうがいいですよねえ・・・
5
Maulwurf @a7m167509498 2016年1月4日
そもそも就職してちゃんとやっていけるような人は、漫画意外なにも出来ない漫画の天才というわけでもない凡人の可能性が高い。売れない一生パッとしない漫画家になるだけ。
2
ざるそば@けんぞくぅになりました @spelunker4 2016年1月4日
要約するとパトロンでもいない限り専業はやめといた方が良い。ネタ出しするためには取材が必要。新技術や機材の購入も予算が必要。じゃその資金はどこからって話をするとある程度の資産か安定収入が無いと始められない。
13
POP3/八雲信宗 @Explorer_POP 2016年1月4日
まずいい条件で就職できる時点で「命綱がある幸せ」に恵まれてる……
2
ざるそば@けんぞくぅになりました @spelunker4 2016年1月4日
そもそも漫画家って書くとアーティストみたいに聞こえるけど、一般的には「個人事業主」だから営業・経理・製造・調整って一般企業でやる事全部一人でできないと話にならない。(専門で人を雇えばもちろんお金がかかります)
12
POP3/八雲信宗 @Explorer_POP 2016年1月4日
ブラック企業の話が例外として上げられてたが、ゼミや研究室の段階でブラックを引いて大学出れないなんてパターンもあるしさ今時。
2
深井龍一郎 @rfukai 2016年1月4日
20年以上に渡って経済がしぼんでる真っ最中だからこそこういう意見が主流になるんだろうな。無責任だとか言われてる昔の意見は、経済が成長し続けていて(不況になっても短期間で循環して)自分一人食っていく分にはなんとでもなる状況だからこそ出てくる。どっちがいいとかじゃなくて「環境をちゃんと把握して適応した行動をとりなさい」という意見が主流になる。
6
ざの人 @zairo21 2016年1月4日
どんな仕事でも食いつなぐための保険が居るというお話。ですね ありがとうございます。中には俺は漫画家だと自称し、くだらんまとめを連発して、それを漫画で書いてというと、絶対書かない自称漫画家の腐ったのもいますが。
1
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年1月4日
TVで見るミュージシャンの実家がどれだけ裕福か考えると”ロックスターになる資質”に資産額が含まれること自明だし「マジ感謝」ラップの背景にも納得 http://t.co/aFPB6NdeO6
14
ぼうくん @VoQn 2016年1月4日
西武百貨店に就職したものの実家の稼業を継ぐことになって苦労した挙句、マンガ家になった方が稼げると転身してヒット作をバンバン出して活躍してる三田紀房先生とかもいますし、『勤め人 = 安定』というのもまたリスキーな考えとも思うんですよね…
4
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2016年1月4日
専業主婦が4コマ漫画でデビューなんて例もあったりするよなぁ
2
nakakzs(中杜カズサ) @nakakzs 2016年1月4日
いまや総数からは主流ではなくなったはずの『バグマン。』的週刊&専属契約的なイメージが、いまだに未経験者にそれが主流として跋扈しているのかもなあ。
2
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年1月4日
「編集者兼業から出版社を退職し、家業を継いで中小企業を経営していたが、経営に心身すり減らして会社をたたみ、いまは漫画家専業になっている作家」のファンなので、まあ人生いろいろ
2
イマジニア @imaimaeq2 2016年1月4日
「若者は個性を伸ばせ」「自己実現しろ」「君には何かができる」「社会に埋没するな」などとマスコミや学者(高学歴であり、大企業や大学という物凄く強力な組織に守られた人達)が煽った結果がこれだよ!!!
5
tarosuke @tarosukenet 2016年1月4日
なんで週三日みたいな勤務形態がほとんどないんだろうなぁ...。
12
生レバーパイセン@河童109号 @shiratamaMJ 2016年1月4日
そもそも他の職よりリスク高いくせに賃金が他の職と同等かそれ以下のレベルっいう前提が本当にクソ
2
進歩的文化人@全人類の一歩後ろを行く男 @12345678909543c 2016年1月4日
(ただ、まともな勤め人ですらブラックブラック言われる今の時代なら、興味もない正社員よりクリエイティブと言う手に職つけて自営業の職人枠で食いつなぐほうが楽かもしれんな。。と)
1
おーとま @Automatic_T 2016年1月4日
tarosukenet ビルメンテナンスとかなら24勤、明、24勤、明、公休みたいなのはあります。しかも会社や現場およびメンバー次第で、殆どは待機みたいな勤務中でもじっくりと本を読んだりも、スマホ漬けだってできる(でも絵を描くのは難しいと思う)。もっとも、資格も取らなきゃ採用してもらえないし、汚れ仕事多いし、給与も安くて伸びないのがネックです。
1
tarosuke @tarosukenet 2016年1月4日
Automatic_T そんなに数は多くはないだろうけど、週三みたいに辞めなくても時間を取れる「漫画家とか目指す人に向いてる」職業とか考えると前向きかもね。
1
語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum 2016年1月4日
まあこの話の例外には絶対ならないだろうけど「オタリーマン」の作者さんが書いてるアレは漫画を専業にしてないからこそ出来る事だし。
1
杏東ぢーな「艶話酒場オタクバー」2巻発売中 @JeenaAndow 2016年1月4日
自営業やりながら漫画描いてますが、創作のモチベーションと制作時間をいかに維持するか、が難しいです。正直、10数年を無駄にしてきた気が……。社畜にならず、残業も少なく、しかし蓄えが出来るくらいの仕事……そんな無茶な。
10
undo(あんどー) @tolucky774 2016年1月4日
tbs_i いきなり乱歩賞を取るような場合でも編集者から仕事はやめるなと釘をさされると聞きました(乱歩賞と直木賞を間違ったので再投稿。失礼)
2
undo(あんどー) @tolucky774 2016年1月4日
L_O_Nihilum ヲタリーマンの人は何年か前に会社を辞めたはず
1
匣河豚工房 @hakofuguf 2016年1月4日
かなり前に中卒のマイナー誌漫画家さんブログをたまたま読んだ際、「掲載誌潰れちゃった明日から無職なんですけどアハハ(乾笑)」(意訳)だったんでこえーなーと思った。成人誌や月刊誌はあっさりと潰れますからねえ…学歴資格実家の後ろ盾無しの人がいきなり漫画家ミュージシャン芸能系すんのはリスキーすぎる
7
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2016年1月4日
a7m167509498 「テラフォーマーズ」と「アラクニド」という昆虫能力超人バトルマンガがウケたもんだから「最終教師って時代を30年くらい先取りしていたの!?」と不意に思ってしまいました。
1
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2016年1月4日
kanenooto7248 というか、それは「退路がなければどこまでもこちらに縋ってくるからこき使いたい放題」という本音を隠してる建前だと思うんですけど。
2
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2016年1月4日
とはいえ会社勤めも安定とは言い難くなってきたのが怖い。残業や休日出勤、あるいは専門技能の獲得に時間を費やしたりと十分な作業期間が取れない場合もある。クリエイティブなことを「趣味」だとか「遊び」と括ってしまう場所でなければ両立しても大丈夫だろうけど、必ずしも理解してはもらえないだろうし。
3
【暮亭】お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 テキレボEX2参加中 @ochagashidouzo 2016年1月4日
これは「被雇用者」という立場をナメた話で、最近の被雇用者は非正規ですら残業常態化で「副業」で創作などしている余裕はありません。
17
【暮亭】お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 テキレボEX2参加中 @ochagashidouzo 2016年1月4日
「兼業作家」というものが成立し得たのは、高度成長期やバブル期などの豊かな時代の話です。今はそんな時代じゃないんですよ。
1
Yuuichi Hosono @yHOS 2016年1月4日
目の前のTwitterに文章やイラストを投げて、フォロアーの反応見てればこれでごはんが食べられるかどうかが分かるので、良い世の中になったと思う。それすら出し惜しみする程度の才能なら本当に止めた方が良いし、いち読者でいた方がみんな幸せ。
1
鐘の音@C99受かれ @kanenooto7248 2016年1月4日
むしろ、専業作家は、「作家がダメになっても別の仕事が見つかってすぐに食っていける」保証がないとやりにくいよね。
6
bluemonkshood @bluemonkshood 2016年1月4日
面白い同人誌を出す人がブロのマンガ家だとは限らない。趣味だから、それで生活する必要がない分、好きなだけ時間もお金もかけて本が出せるんだから。近所にも、公務員やめてミュージシャンになった人がいるが、明らかに、演奏とか、その人なりとか、公務員だった頃のほうがよかったな。お医者さんにもプロ顔負けの演奏できる人がいるが、医者のほうがお金を儲けるのが楽だし、無料でコンサートを請け負ったりできて、自由がある。
2
ざるそば@けんぞくぅになりました @spelunker4 2016年1月4日
時間的な余裕に関しては「副業」なら自分で捻出するのを努力すればいい話。それ一本で食えるからこそ「専業」にするのだから。人間誰でも一日24時間しかないから「時間が無い」は言い訳にはできない 。ためしに同人誌作って利益出せるか考えてみるのが一番良い勉強になる。
1
鐘の音@C99受かれ @kanenooto7248 2016年1月4日
そもそも、「プロの漫画家」であっても専業だけで食ってるわけではないんですよね。他の仕事をやりながら、マンションの経営や、本屋の経営やってたり、声優さんでもお店を経営してたり、いろいろやってますよね。
1
かすが @miposuga 2016年1月4日
今は勤め人も明日の保証も無い場合が多いからなあ…。やらない後悔よりやった後悔の方が少ないかも。でも続けていくなら、うるの先生が書いてるように「依頼されたモノを描きたいモノにする能力」というか心持は重要かと。自分が書きたいものを世に見せたいだけなら同人誌やweb発表の方が自由かな。見てもらえる媒体は豊富にあるし、上手くすればそれが商業ベースに乗ったりもする。
1
赤間道岳 @m_akama 2016年1月4日
背水の陣は部下が敵前逃亡を防ぐためには有効。つまりブラック(´・ω・`)
1
iga9984 @iga9984 2016年1月4日
今日の日本で漫画の同人産業?がこれほど発達したのは、「漫画は描きたいけど、職業にする踏ん切りがつかない」人達を上手く掬った、という面が大きいんだろうな。
12
ぱんどら @kopandacco 2016年1月4日
漫画家を目指した人xx万人、アシスタントになれた人xx万人、賞をとれた人xxx人、連載までこぎつけた人xxx人、5年生存率、10年生存率、20年生存率、なーんて統計データがあれば・・・あっても一本槍で目指す人は結局出るか。
7
neologcutter @neologcuter 2016年1月4日
農家は兼業が当たり前なのに、なんでそれより不安定なクリエイターが兼業したらアカンのか…
8
茨 二科 @ibaranika 2016年1月4日
neologcuter それは固定資産税と農地法のせいですね。農地を所有してる以上、税金もかかるし、管理してないと問題があるが、かといってそうそう簡単に売買はできない(なので利用権設定というものがある)し、場所によっては(山間部など)引き受けてくれる農家もいないから辞めようと思ってそうそうやめられるわけではないので…。逆をいえば東京に住んでる人が仕事の繁忙期に「稲刈りだから仕事休みます」と言っても理解は得られないでしょう。
8
喜多野土竜 ⋈ 腰痛持ち @mogura2001 2016年1月4日
貯金なんてあっという間になくなる。五年の予定が三年でなくなったしね。
2
kghdt @kghdt 2016年1月4日
漫画編集者は投稿者に「今お仕事は何されてますか」「仕事や学校は辞めないで下さいね」とよく言うよ。辞められても生活の保障もできないし責任なんて取れないからね。
1
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2016年1月4日
「それ一本で食えてこそ本物」、勝てば官軍論法でありまさに本末転倒よな。世に出さねば売れるかどうかすら分からんのだ。でなければ新連載10週突き抜けなど存在しない。
1
undo(あんどー) @tolucky774 2016年1月4日
ochagashidouzo それは単なる社畜自慢なんでここで言われても
3
undo(あんどー) @tolucky774 2016年1月4日
非正規で残業常態化というのは契約か契約先見直した方がいいと思うよ。労基法違反しまくってる会社に勤めて社畜自慢されてもしらんがなとしか。非正規だったら自分の都合の良い仕事や契約を見つけるのが優先なんで家畜自慢するのは頭が悪い
5
the loyaltouch @theloyaltouch 2016年1月4日
漫画家ってライターくらい兼業の人が多いイメージ。
2
午後アウラ @aurapm 2016年1月4日
アルバイトを転々としながら創作している身ですが、貧困と将来が見えない焦りと「いつまでこんな生活を続けるのだろうか」というストレスは非常に創作欲にも影響してきます。孤軍奮闘の状態なら、やめたほうがいいですし、私のような人間は増えてほしくないと思ってます。
13
みさご @misagoya 2016年1月4日
まず職に就けないんですけど
16
九銀@半bot @kuginnya 2016年1月4日
この世は幸せになるのに向いてない構造をしているなぁ
3
tarosuke @tarosukenet 2016年1月4日
[c2395320] 副業禁止は違法なので無効ですよ。言ったらトラブルになるでしょうけど言う必要もないものです。
4
三難辛苦(軟禁状態&病気治療で人生自体に難儀してる軟派者) @irokichi76 2016年1月4日
退職にも(辞職後の住民税支払い等の)金が要りますし、お勧めはしません。
2
iga9984 @iga9984 2016年1月4日
ジャンルは違うけど、小椋佳っていう有名なシンガーソングライターは「銀行員兼業」なんだよね(兼業先のほうが稼げてそうだけどw)。銀行員っていうサビ残の王様みたいなとこでかなりの地位を築いてるから相当の仕事量だろうけど、それでも歌で実績残せるってことは、敢えて専業の道に踏み入らなくても、サラリーマン兼業段階である程度その業界で稼げるかどうかの見極めはつくんじゃないか?と思える。結局、専業になるかどうかなんて、稼げるようになったら考えればいいような。
5
龍一/えんまんが@おやすみCC福岡54 @enmanga 2016年1月5日
いつも思うのだけれど、なぜ「自分の職業は難しくハードルが高い」という風に語る人がいるのか。仕事は素晴らしく楽しいものであるはずで、そうする使命が大人にはあるはず。ちゃんと知恵を絞るべきだと僕は思っている。
2
明日斗ロン @asm99rx78 2016年1月5日
どんな仕事でも、美味しいとはありえません。甘い気持ちの方には難しいです。
1
明日斗ロン @asm99rx78 2016年1月5日
どんな仕事でも、美味しいとはありえません。甘い気持ちの方には難しいです
1
茨 二科 @ibaranika 2016年1月5日
enmanga 楽しくマンガ家を続けるためには兼業のがいい(学生のうちにマンガ家を目指してる人は別)よという話なんですけど…。まあ理想に燃えるのは勝手ですが文脈は読みましょう。
2
龍一/えんまんが@おやすみCC福岡54 @enmanga 2016年1月5日
ibaranika はっはっは そうでしたね、申し訳ない!(*^_^*)
1
二行緑@横須賀鎮守府万年大将 @g255_twoline 2016年1月5日
蓄え云々以前の話として、本業の傍らであっても一定の品質と量の成果物を上げられるくらいのスキルとバイタリティがなければ、専業になったところで連載なんて覚束ないんじゃなかろうかと思ったり(一発の作品で余程の上がりを取れる才能や市場勘があるなら話は別だけど)
1
goya4 @goya4 2016年1月5日
漫画家真っ只中の人も、これから目指そうという人もどちらの意見も飛び交うこの場があるのは、 一歩を「踏み出す・留まる」指針になりうる。 喜ばしい状況ですね。
1
こは゛ニャン @DrunkenDad_KOBA 2016年1月5日
職種が違うが一時期フリーランスでやってた。僕には向いてなかった
1
エコプラス子 @ecoplusco 2016年1月5日
これって漫画家どころか、普通に脱サラをして商売始めるときは当たり前の話だよね。実際に起業してすぐに商売たたむ人はほぼ資金面でのショートが原因。恐ろしいのは主軸で金稼ぐ人間が金の心配(金策)を始めると当たり前の思考と(稼ぐ)行動ができなくなって「資金が乏しくなる」→「金策に走る」→「稼げなくなる」→「金策に走る」の「負のスパイラル」落ちいて詰む。
4
taka @Vietnum 2016年1月5日
ochagashidouzo そうならんためにも、クリエイター目指す人は地方公務員とか事務職をまず目指そうって言ってあげた方がいいよね。まちがってもIT土方(SE、プログラマー)とかアニメーターとかの選ぶなって。
1
taka @Vietnum 2016年1月5日
れ、恋愛も仕事も生活も成功してる人の作品なんてつまらないから(震え声)
1
渚稜 @nagisaryou 2016年1月5日
働き方の多様化が進んでるんで、それをもっと教えたほうがいいですね。週に3日だけ働くとか。一律に「いい学校」「いい会社」なんて教育する方が時代に合ってない。
3
くすき @kusuki_xx 2016年1月5日
専業になると収入の不安でストレスになり、兼業すると製作時間に取られ睡眠不足で突然死したりするんですね。(同人作家の突然死が多いって言うしね…)八方塞がりって感じ。 不安定な職業に就きたいと思う人は、図太い根性か無頓着さが要求されるのかも。
1
atsuso @atsuso 2016年1月5日
iga9984 小椋佳氏の例で言えば、生涯で最も多く曲を作った年は、新店舗の立ち上げ業務などで本業が最も忙しかった年であるそうな。他のことに忙殺されがちな日常であればこそ、反動としてアイディアが沸き続けるということもあっただろう。「作りたいものはあるけど形にしている時間がない!」という境遇こそが、実はクリエイターにとって最も贅沢な幸福なのかも知れない。
4
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2016年1月5日
なっていいのは、「漫画を描く」以外にできることが無い人だな。既に仕事に就いている人が辞めてまでなるものじゃない。
1
endersgame @endersgame3 2016年1月5日
今は「暫くは食えるだけの貯金」を貯めるにも職を選ばないといけないというね
2
よんいー@柚畑はっさく @ep_meister 2016年1月6日
いざとなったら首をくくる覚悟さえ決めてしまえば何にだって挑戦できますよ
1
杜 拓哉 @moritakuya 2016年1月6日
しかし追い詰められた主人公が逆境を乗り越えて勝利・成功するのが面白い漫画なわけで…漫画が好きならきっとそういう漫画を読んで育ってきてるわけで。「現実と漫画は違う」ということをしっかりと肝に銘じつつ「追い詰められた主人公が逆境を乗り越えて勝利する漫画」を描くという…なんだこの職業、と時々思う。
2
せーさん @blackknight3002 2016年1月6日
なるほど、まあ仕事しながらできないことではないよね
1
にづかこたろう/こーたんP🔎🐰 @kota110131 2016年1月7日
これは漫画家云々より「一回失敗したらツブシが効かない」という日本社会に問題があるような。
4
Maulwurf @a7m167509498 2016年1月7日
ホワイトカラーはサービス残業を夜中の10時ごろまでやらされるから漫画を読むひますら無いぞ
2
ひろせみつこ⋈ @hiroya0626 2016年1月7日
池田暁子先生が、「貯められない女のためのこんどこそ!貯める技術」の中で、塾講師を止める際「イラストレーターになったら稼げるから」とほとんど貯金していなかったのを思い出したわ。
1
ハッピーぶーでれら @akakamome 2016年1月8日
一、二年分の貯金だけでなく、ブランク含めて仕事に復帰する自信と市場価値があれば挑戦したら良いと思う。 隣の芝を気にしながら過ごすよかね。
2
心技 体造 @mentalskillbody 2016年1月9日
高校生くらいでもプロかと思うような作品を多数投稿している時代に漫画家を目指すのは社会構造うんぬん以前に常識的に考えてリスクが高いと思います。大型ショッピングセンターの隣で個人経営の店をはじめるくらい無茶な行為に近いかと。貯金があるからといって挑戦できるものでもないと思います。実力と自信が兼ね備えているのなら話は別ですが。それに創作で本を作るなら同人でも出来ますし。
0
大石陽@聖マルク @stmark_309 2016年1月9日
絵や構図がうまいのと、ストーリー構築力があるのと、読者に表現を届けるのって全部別の能力だから、じゃあ本当にプロと比肩しうる漫画なのかというとやはり差があると思うけどな。
1
瑞樹 @mizuki_windlow 2016年1月9日
前に誰か漫画家が言ってたよ「食事や睡眠はHPの回復で、金を使った贅沢はMPの回復。MPがなかったら良い作品は書けない」って。仕事辞めて、収入がなくなったとき、MPを回復出来るような贅沢、出来るの?
3
聖おま @jhbjkhhbjkbbbjj 2016年1月9日
プロ志望だけど仕事は余程じゃないと辞めないかなー健保とか年金とか美味しいからねー(・・
1
ずんどこべ @zundokobe 2016年1月9日
「作家目指すならお金が必要→実家に金があるとなおよし→金持ちの家に生まれた方がなりやすい」という、現代社会の闇をまたしても見せ付けられる
2
ずんどこべ @zundokobe 2016年1月9日
で、今隆盛している同人業界は、人生をドブに捨てていった無数の漫画家の屍の上に成り立っているかもしれないという、これまた…
1
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2018年10月19日
プロのクリエーターがドラゴンボールを知らないことを恥だと思わない社会で、プロになりたい人がこういう忠告や常識を知らないのは不思議でもなんでもないよなぁ。
1