【考え事】推し武将や推し大名家に対して「過激派」になってしまう理由について考えてみた

創作系歴史好きというと史実方面に片足を突っ込むとついつい「過激派」化しがちですが、その理由と心理を考えてみました。 (Tweetはあくまで私個人の意見です)
0
校倉来夏 @damian_ngys

昨日、「好きな武将や家に対して過激派になるよね」という話をしていて考えたんですが、あれって「軍記や逸話である程度有名になってるもの」ほど過激派になりやすいのではないかと仮説

2016-01-03 16:29:29
校倉来夏 @damian_ngys

歴が浅い人間が言うのも失礼ですが、例えば北条家だと名前は知られていても具体的な事跡を知らない人も多い印象。このため過激派になる以前に説明する作業が入るから、知られていなければいないほど、過激派にはなりにくい(当方比)

2016-01-03 16:32:05
校倉来夏 @damian_ngys

北条家で唯一過激派になる要素があるとしたら、小田原合戦の要因や滅亡を全て「北条が時流読み違えた無能だったから」という論調をされるとキレるかもしれない

2016-01-03 16:33:05
校倉来夏 @damian_ngys

対して、上杉や松永久秀に関しては、軍記や逸話でそれこそ腐る程同じ話が焼きまし&誇張され、それがまた後世の創作でも無批判に採用されてきたところがあるので、一度史実沼の味をしめると「ハァ!?」となりやすいのだと思う所

2016-01-03 16:34:44
校倉来夏 @damian_ngys

でもそれが創作の種としてうまく昇華されていれば気にならなかったりむしろ好きになったりするので(例:百万人の戦国無双の久秀)、結局のところ「無批判に焼き増しをしているのかどうか」が気になって居るんだと思う。私の場合は。

2016-01-03 16:37:23

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?