『福音を信じるだけで救われる』のか…?

救いの確信のない方には是非、知っていただきたい。 行いが『救いの条件』だと勘違いされている方にも、是非聖書が何と教えているのかを知っていただきたい。 …そんなまとめです。
救い 霊的成長 行い
0
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
【聖書解釈の鉄則】 ①字義通り (前後の文脈、聖書全体と意味が合わない場合のみ、象徴的にとる) ②文脈に沿って (一節だけを見て、解釈するのは危険) ③みことばに付け足したり、差し引いたりしない申命記4:2, 箴言30:6, 黙示録22:18~19
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
④私的解釈をしないⅡペテロ1:20 ⑤聞いたことをみことばで確認する使徒17:11 新約聖書の『イスラエル』を『イスラエル=霊的イスラエル=クリスチャン(異邦人信者)』とするのは、③に違反した解釈です。 『イスラエルはみな救われる』とは、患難時代の1/3のレムナントのこと
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
聖書が伝える『救い』は、福音の三要素(1コリント15:3~4)を…?
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
誤解答をしてしまったという返信があったので、実際には 聖書が伝える『救い』は、福音の三要素(1コリント15:3~4)を…? 57% 信じるだけで十分 16% 信じて、バプテスマを受ければ十分 27% 信じ、バプテスマを受け、行いがあれば十分 という結果だと思います。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
福音の三要素を ⭕️信じるだけで救われる… 聖書の教えは、これです‼︎ この原則に従って救いを得たのが、十字架の隣の強盗です。 ルカ23:43ーイエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
マルコ16:16ー信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。 …と、確かに記されていますよね⁉︎ バプテスマは、マタイ28:19~20にある主の命令の一つですから、従うべきものですが【救いの条件ではありません】 先の強盗は受けていません。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
信じた時の状況に関係があるのだと思います。 強盗はバプテスマを受けたくても、受けれる状況ではありませんでした。また、病床や死の間際に信じる人も、バプテスマを受けることは難しいでしょう。 しかし、受けれる状況にありながら、自らの意志で受けないのは従順な信仰ではありません。なぜなら、
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
信じた者が最初に従う命令だからです。 使徒の働きを見ると、初代教会時代は信じたその日にバプテスマを受けていたことがわかります。 マルコ16:16は、バプテスマを受けない者ではなく【信じない者が罪に定められる】とありますので、救いそのものにバプテスマは関係ありません。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
では、行いは…? 『バプテスマを受ける』ということ自体が『行い』ですから、答えは… エペソ2:8~9ーあなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。 【行いによるのではありません。】だれも誇ることのないためです。
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
『行い』は、救いの条件ではありませんが、本当にイエスを自分の救い主だと信じた者には行動が伴うべきなのです。 ヨハネ14:23aーイエスは彼に答えられた。「だれでもわたしを愛する人は、わたしのことばを守ります。 しかし救われてすぐに全てのイエスのことばを理解するわけではありません
サザエ🐾ヘブル11:1 @demokuri
肉体的に生まれたままの『不信者』だった者が、 キリストを信じて『霊的新生/霊的幼子』となり、成長していくのです。 みことばの理解が足りないうちは『肉に属する信者』であり、未信者と区別がつき難いかもしれません。 みことばによって成長すれば『御霊に属する信者』となるのです。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする