『最強のジャイアンツキラー』 平松政次 小話

まとめました。
雑談 平松政次 日本プロ野球史 大洋ホエールズ
12
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
読売ジャイアンツ 1934年に『大日本東京野球倶楽部』というチーム名で発足。 プロ野球チームで最も歴史のチームであり、最多の22回の日本一、45回のリーグ優勝という他を圧倒する実績を引っさげ、まさに『球界の盟主』という名を欲しいがままに、数多くの名選手を生み出しています。
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
常に世間の話題の中心であり続け、常勝であり続ける。 そんな球界の盟主に対して当然、他球団はエース級をぶつけ続け、多くの大投手たちがその前に立ちふさがり続けました。
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
国鉄スワローズに所属した金田正一投手、ドラゴンズの星野仙一投手、タイガースの村山実投手、カープの長谷川良平投手。いずれもジャイアンツから30勝以上を挙げた名投手達です。 しかし、この中で勝ち越せたのは星野投手、ただ一人のみ(35勝31敗)
さんさいたろう@終身名誉ゼパル @Voidwrought
ベイ山城さんの小話の時間だああああァァァァァァァ
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
これらの大投手でもジャイアンツの前では惜しくも敗れていった中、V9時代のジャイアンツに弱小チームを背に立ち向かっていった投手がいました。 対ジャイアンツ戦歴代2位の51勝、そして47敗と50勝以上を挙げ勝ち越した唯一にして最強の『ジャイアンツキラー』
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
しかし、この投手、実は大のジャイアンツファンでジャイアンツ入団を熱望していました。 ー選手人生を通して強烈な憧れと、強烈なコンプレックスを持って挑んだジャイアンツ戦
イカイ @tuki_no_kai
入団したかった→できんからぶっ飛ばすは清原とかが大きい印象
ジャン栗(エレちゃん顔面偏差値300点) @FEHamagaiSAIKO
@Bay_yamashiro きたああああああああ岡山の誇りだああああああああああ
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
1965年第37回選抜高等学校野球大会決勝 岡山東商業高等学校のエースとして出場した平松政次投手は絶好調でした。 39イニング連続無失点記録を樹立し、決勝では後にタイガースで2000本安打を達成する藤田平選手擁する和歌山商を下し、見事優勝を果たしました。
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
この年より行われることになったドラフト会議。 その第1回の目玉選手として当然、優勝投手の平松投手の名が上がり、中日ドラゴンズが4位指名。 しかし、この指名を拒否した平松投手は社会人野球の名門日本石油(現JX-ENEOS)に入社することとなります。
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
実はドラゴンズの指名を拒否したのには大きな理由がありました。 少年時代から大ファンだった読売ジャイアンツへの入団。 そして何より、自分が野球を始めるきっかけとなった長嶋茂雄選手と同じチームでプレーするという大きな野望があったからです。
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
日本石油でも1年目からエースとして活躍し、プロからの評価はうなぎのぼりでした。 そして1966年の翌第2回目のドラフト会議(当時は社会人野球の2年縛りは無し)前には意中の球団であったジャイアンツのスカウトから直々に1位指名の確約を受けます。 まさに順風満帆な野球人生。
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
この年、長嶋茂雄選手、王貞治選手らスター選手を擁するジャイアンツは2年連続の日本一を果たし、まさに黄金期へ突入しようとしていました。 そんなジャイアンツに入団できる。 平松投手の喜ぶさまは想像するに難くないでしょう。
イカイ @tuki_no_kai
え、巨人指名したんか
れん @hanbira_keeper
丁度同じ時江本はどうやればプロに入れるか 俺は絶対プロでやれるのに と考えていた
れん @hanbira_keeper
江本がワイの大学の入学式に来て自分の話ついでに平松さんの話もちょこっとしてくれたわ
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
運命の第2回ドラフト会議。 多くの記者と同僚に囲まれ、日本石油の記者会見室でジャイアンツからの1位指名を待つ平松投手。 下位のチームから1位指名が発表され、他チームからの平松投手の指名はなし。 いよいよジャイアンツの指名発表。和紙に書かれたその名前は・・・
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
『槌田誠』 そこに平松政次の名は無く、同郷の立教大学の正捕手の名前がありました。 「確約を反故にされた」 ジャイアンツからの1位指名を待ち望んでいた周囲からの驚きと哀れみの視線の中、平松投手は大きなショックを受けることとなります。
ひれかつ @hire_katsu
ジャイアンツは昔からドラフトでハチャメチャしてるんダナ
伊良部Bigaro @Bigaro_Irabu
巨人だけじゃなくて横浜もやらかしてるんだよなぁドラフトで
ゆももR@鯨星 @yumomon
三上投手は平松投手の後輩にあたるのね(・ω・)ゞ
ベイ山城さん@2019シーズン復帰 @Bay_yamashiro
そんな中、平松投手を2位で指名したのは60年の日本一以来再び低迷していた大洋ホエールズでした。 ドラフト前からエース候補として平松投手を高く評価していたホエールズでしたが、ジャイアンツと意中にあると聞いていたため1位指名はせず。 しかし、この事態にすぐさま2位で指名を決定しました
残りを読む(193)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする