女騎士ハラミを焼く#4 肉が食える◆2(終)

コテコテの中編ファンタジーツイッター小説です。 予備知識必要なし。バトル、戦略、そしてバトル! 主人公はカワイイ女騎士!  対するは異形の怪物。戦いの行方は……ただしこの女騎士、少々戦いが嫌いなようで。 前↓ #4 ◆1はこちら http://togetter.com/li/928455 この話はこれで終わりです 感想タグは #減衰世界 です
減衰世界
rikumo 369view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 19:27:51
    女騎士ハラミを焼く#4 肉が食える
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 19:34:11
    _偽の交易のために用意した家畜は売っても良かったが、肉鎧の報酬が意外と多かったため、捌いて焼き肉にすることになった。  肉鎧は5つの村にわたって大きな被害を出しており、それらの村が積み立てた賞金はかなりのものであった。 101
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 19:38:42
    _前回の焼き肉宴では酷い目にあったので、騎士団は仕切り直しということで再び盛大な肉の宴を催した。荒野に火が焚きあげられ、夜空を照らす。肉の焼ける、香ばしい匂い。セリマもまた、そこにいた。  相変わらず、肉を捌いたり生肉を供したりしている。 102
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 19:43:51
    「おーい、セリマ」  呼ぶ声に気付いて行ってみると、3人の騎士が焼けた肉を大量に皿に盛っている。全部ハラミだ。 「お前、治癒のために養分が必要なんだろう、肉食え、肉。ハラミだ」 「いいよ、雑用で。それが私の戦場だ」 103
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 19:47:48
    「俺からもハラミだ」 「ハラミは全部お前にやるって決めたんだ」  次々と騎士が集まってきて、セリマのさらに焼けたハラミを盛っていく。肉の匂いを嗅ぐと、セリマは腹が鳴るのを抑えきれなかった。顔を赤くする。 104
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 19:53:16
    _誰かの姿がさっきから見えないと思い、人の輪から抜け出して肉をもって近くを歩く。すると、そこに探していた人が二人もいた。  げっそりとした顔の金髭と、彼を看病する不健康そうな若い技師。セリマに気付き、金髭は恥ずかしそうにする。 105
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 19:58:54
    「何してんの」 「食あたりが悪化しただけだ。気にするな……」  それを聞いたセリマは、にんまりと笑って彼の隣に腰を下ろした。そして猛然とハラミを食い始める。 「いやぁ、うまいなぁ! ハラミ! うまい!」 106
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 20:04:12
    _金髭のエリートはやれやれといった表情で自分のクロスボウの整備をする。そのボルトには、矢羽に青いストライプの模様。  それを見たセリマは、食べるのをやめてふっと笑う。 「ありがと」 107
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 20:11:33
    _それを聞いた金髭は、これ以上ないドヤ顔でセリマを見る。セリマはムカついて金髭を小突く。金髭は病んでいる癖に、偉そうなことを言う。 「いいか、人間の価値は焼き肉をどれだけ食ったかでは決まらないのだ」 108
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 20:16:54
    「私もそう思うよ」  セリマは自分の持っている焼き肉の皿を、不健康そうな技師に押し付ける。戸惑う技師。 「食いなさいよ、あんたも戦ったんでしょ」 「えっ、いいのかい」 109
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 20:21:27
    _セリマは笑って言う。 「私はもっとハラミを焼かなくちゃ」 110
  • 減衰世界 @decay_world 2016-01-23 20:22:48
    女騎士ハラミを焼く (了)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「テクノロジー」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする