なろう小説ハイコンテクスト問題

Web小説ほとんど読まない人間が「小説家になろう」2015年年間1位の作品を読んで感じた疑問と雑感など。
ライトノベル 書籍 文学
15129view 12コメント
41
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
なろう年間1位のコミカライズとやらを読んでみた。いやまだ始まったばっかだけど、なるほどこれは面白いわ。/「蜘蛛ですが、なにか?」|無料Webコミック「ヤングエースUP」 web-ace.jp/youngaceup/con…
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
と思って原作を数話まで読んでみたが、いやゴメン一気に面白さが分からなくなった…。どういうことだコレ!!??/蜘蛛ですが、なにか? ncode.syosetu.com/n7975cr/
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
なんだろう? 楽しく読むための文章読むテンポ自体が俺分かってない気がする。内容は漫画と同じだからコンセプトは面白いはずなのに、なんかギャグっぽい部分が全部脳内上滑りしていく。これ何か「読み方」があるよ絶対。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
普段web小説読まない人だからなんかなあ? ちょっとこれ地味に衝撃だわ。小説読んでるはずなのに読み方がわからなくて楽しめない感覚。でもこれが年間人気1位って事は、皆はこれの「読み方」を普通に身につけてるって事だよなあ。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
あと文章のテンポとかでなく、内容的にも「テンプレ」「異世界転生」ってジャンルにある程度通じてなきゃ分からない(と思われる)説明なりギャグなりがこんなに多いのかってのも衝撃。ここまでハイコンテキストで良いんだ!?みたいな。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
いやあ、カルチャーショックつうかジェネレーションギャップつうか、そうかあ。遂にここまで「最新人気作」の文脈が分からなくなっちゃったかあ俺。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
コミカライズの方は同じ内容を、俺が知ってるフォーマットで描き直されてるから面白く感じられる訳だよなあ。
夢女子 @seijukuman
なろうの文脈把握してないと楽しめない問題だ…
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
@paipanxjk 割とリアルに衝撃受けてるんですが、これがあくまで「私」と「蜘蛛」の間で起こった特殊事例なのか、「私」と「なろう小説人気作」にある程度一般化していい話なのかが分かんなすぎる問題。
夢女子 @seijukuman
@adenoi_today 人気作に一般化してもいい話だと思いますね… あと1話から >今ネットで流行のあれなのか!? ってあるように、ある程度なろう転生主人公の様式美みたいなものをわかってないとイマイチ楽しみづらいかもしれないです…
夢女子 @seijukuman
人気作品でも大抵序盤は文章がだいぶ粗いので慣れてないとキツくて読めない、というのもあるかな…
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
@paipanxjk 漫画の方は「そういうのが流行ってるらしいね」くらいの認識で十分面白かったんですが、小説の方は「最近の作品」を割とちゃんと読んでないとピンと来ない描写が多い印象です。いやそもそも読んでないから本当に読んでたらピンと来てたのかは分からんのですが。
夢女子 @seijukuman
このすば、アニメまだ見れてないけどがじらんむさんが言ってたのと概ね同じこと懸念してる
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
@paipanxjk そして実は「この素晴らしい世界に祝福を!」のアニメが結構面白かったっつう問題もありましてw これもさっきの「蜘蛛」の原作とコミカライズと同じ構図なのだろうか…。
夢女子 @seijukuman
@adenoi_today そうなんですよ…このすばはなんというか、なろうで連載してたときからなろうの文脈理解してないと面白さが薄れるタイプの作品だったので、みんなどう思ってるんだろう…と思ってましたが、案外周りからは反応良くてびっくりしてます
夢女子 @seijukuman
オバロ、GATE、幼女戦記がアニメ化しちゃうとかなんというかちょっとまで全然考えられなかったわ…
夢女子 @seijukuman
なろうの異世界転生作品、ハイコンテクスト化しすぎて初見の人にはちょっとつらかったりする…
夢女子 @seijukuman
僕は僕でつらつらと転生の設定とか書かれてもこれもっと短くてもええやんとか思っちゃうけど
夢女子 @seijukuman
ジェネレーションギャップというよりはカルチャーショックで正しいと思いますね…
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
@paipanxjk あと「蜘蛛」に関しては、単に知識とかだけでなくって、何と言うか構成とかテンポとかその段階で上手く消化できない感がありました。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
@paipanxjk 原作だけだと、余りに淡々と話を進めてゆく主人公に気味の悪さを感じるんですが、漫画版で初めて「適応性が異様に高い鋼メンタルなキャラが面白いんだ」って理解できた、みたいな。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
@paipanxjk 他にもギャグシーンでも漫画読んでようやく「あ、こういう笑いなのね」と理解できるシーンがチラホラありましたね。いや実際に読んだ順は逆なんですけど。
夢女子 @seijukuman
@adenoi_today その辺は単に作者の描写不足からきてる気もしますね…なろうって大抵初めて小説を書く人ばかりなので序盤の文章はだいぶ粗かったりしますし。それも中盤から徐々に改善しますが。テンポの悪さは、やけにハイテンションな一人称なのもそう感じさせる原因かもしれないです…
夢女子 @seijukuman
そういえば前からずっと思ってたけど、ハイテンション一人称作品ってなんでハイテンション一人称になるんだろうな…
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
@paipanxjk あー、なんかそれ意外です。ネット小説文化ってもうちょい読むか読まないかが即断されるもんだと思ってたんですが、「成長待ち」の風潮も結構強いんですね。
残りを読む(33)

コメント

moheji@SNSの呪術師始めました。 @mohejinosuke 2016年1月31日
ちょっと面白い視点だ。 なろう独特というか、ラノベ時点でそういう趣味の人でなければ共有しがたいベースラインを前提にした作話っていうのはあるんだろう。 自分はいくつか気に入ったものから数を読んでいったから、蜘蛛ですが~が普通に読めるようになったってことなのかな。 あと、あの話ってが意図してるのかしてないのか、エピソードの時制の飛び方が面白いというか、独特というか。 でも描写にひっかきまわされると違和感のほうが先行しすぎて楽しめない人も確かに出て来るんだろうねえ。
Rick=TKN @RickTKN 2016年1月31日
自分は「人気作だから読む」ってより、「自分が面白いと思うから読む」なんだけどな。
Bauer @WorldLeaf 2016年1月31日
多分関係無いんだけど個人的に感じるのはネットには大きいところで「東方Project二次創作の作法」、「アイドルマスター二次創作の作法」、「ボーカロイド二次創作の作法」はあって(ニコニコ動画なりで)、で小説にも美少女ゲーム・アニメクロスオーバー二次創作小説の作法があって、そう言うのに慣れた人達が居てそれが脈々と受け継がれた結果ハイコンテクストになってるのはありそうかなと
ぺんでゅらむ@大阪 @pendulumknock 2016年1月31日
え、「漫画では面白かったものが小説形式だと面白くなかった」だと「文脈」ではなくて「文体」の問題なのでは?問題意識の運び方が我田引水気味になってると思うですよ
YATAGAI Kazuo @foxhanger 2016年1月31日
Webのようなフィードバックの迅速なところでは、コンテンツがハイコンテクスト化しやすい嫌いはありますね。
Lefty @khazad_lefty 2016年1月31日
このまとめで行ってる「説明不足」と言うのは前提知識の部分だけではなく描写の詳細も含めてという意味だったんですが私自身はそういえばと前提知識の話を広げてしまった…まあ私が漠然と思っていたことはまとめ後半で別の人が語ってるのでまあいいか。
moheji@SNSの呪術師始めました。 @mohejinosuke 2016年2月2日
自分は年寄りオタクなので小学生のころひなびた図書館の隅っこにおいてあった戦前、戦中の少年小小説とか冒険小説とかのあたりからずーっと娯楽小説は読んでるんだけど、ハイコンテクスト化がどうこうとか理屈をこねるとすれば確かにそういう言葉の当て嵌めにはなるんだと思うんですが、連綿と続いてきた洗練の一形態だと思うんですよ。 ラノベがすごく馬鹿にされやすいのとにてて、洗練の段階を追いかけてないと読めないからわからないというのは確実にあると思います。
moheji@SNSの呪術師始めました。 @mohejinosuke 2016年2月2日
描写を最小化して展開の速さを求める作話とかについてもそうですが、リアリティラインにしても「見てきたようにうそをつく」ためのベースラインが押しあがってしまってることもあるんですが、これもタイプの違う洗練で、たぶんこれ普段から読まない人にとっては押しあがったベースラインに準拠してることが理解できないなんてのもそのの結果の話なんじゃないかなあ。 見えるものは逆なんですけどね。 どちらもコンテンツを追いかけてないものが見ると理解や消化に苦しむのかもしれませんね。
moheji@SNSの呪術師始めました。 @mohejinosuke 2016年2月2日
たとえばGATE界隈の騒動なんてのもその部類で、あの小説の自衛隊描写のリアルさはたぶんあのくらい書かないと異世界との対比が際立たないってのもあるんでしょうけど、それ以前にあの程度はリアルに描かないとフィクションとしても白けてしまうという要因が強いんじゃないでしょうか。 それを普段から娯楽小説を読んでない人が見るとその「リアルさ」に「意図」を読み込んでしまう。描写の精緻さと描写の空疎さ、見えてる結果はまるで正反対ですがどちらも洗練の結果だと思うんです。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年2月5日
「蜘蛛ですが、なにか?」の文体は悪役令嬢転生系の中の一部にあるハイテンション一人称の系譜のもので、それがモンスター転生系の筋立てに融合した感じ…と自分は読んでいました。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年2月5日
極端に言えば「女性向け」レーベル寄り文体で「男性向け」レーベル寄りの内容をやっている。なので、これまでの読書経験との「レーベル違い」から「読み方」に馴染みがないように感じられたのかも?カドカワBOOKSはそこら辺にとらわれないラインナップであるようなので、この作品にはぴったりだったのかもと思ったり。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2016年9月21日
人気作を読んで解らなかったときに「これは絶対に読み方がある」と思考できるのはいいねー。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする