日本陸軍はなぜ知的障害者を徴兵したか-差別に敏感な日本陸軍像-

良かったのか悪かったのかで考えると時代背景とかいろいろ複雑で言いきれない感。
87
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j

<旧陸軍>知的障害者も徴兵 大戦中、480人以上(毎日新聞) すいか asyura2.com/0505/senkyo14/… うわぁ。てか後方の病院でそんだけ丁寧に診察してるのに徴兵の時には検査できなかったんだろうか

2016-02-01 22:50:49
ぼろ太 @futaba_AFB

詳しい部分がわかりませんが精神年齢の測定とかを見ると心理検査の測定限界な人もいたようで...これだと素人の人でもすぐ気づくレベルでしょうけども、それでも徴兵されたということは...

2016-02-02 18:59:28
ぼろ太 @futaba_AFB

戦況の悪化で家族が非国民扱いを嫌がって無理矢理頼み込んだり適切な徴兵検査をする能力を失ってなんでもかんでも送り込んだりとか様々な理由があるのでしょうが、6歳程度の精神年齢で一等兵で従軍させられたというのは信じがたい話ですね...訓練を終え二等兵からは昇進できたのが信じられないです

2016-02-02 19:04:33
ぼろ太 @futaba_AFB

何の検査かわからないけども、心理検査の結果が6歳程度だとするとIQ20-40ぐらいですよねぇ...心理検査での測定限界をギリギリ超えるレベルだった、もしくはそこまで悪化したわけですか...

2016-02-02 19:12:05
永月弥生 @nagathuki

RTのこと>あー知的障害者の徴兵の話か。清水寛先生だし新しい資料?と思ったら11年前の記事か。清水先生の『日本帝国陸軍と精神障害兵士』と、浅井利勇先生の『うずもれた大戦の犠牲者 : 国府台陸軍病院・精神科の貴重な病歴分析と資料』が詳しいけど、戦争末期だけじゃなく前から徴兵してる

2016-02-02 21:29:38
永月弥生 @nagathuki

清水寛『日本帝国陸軍と精神障害兵士』読んだ記憶だと、兵隊を送り出す杜撰なノルマ、当時の精神障害に関する知識の乏しさと障害者の社会的地位の低さが「一人前の兵隊」と見做す名誉回復意識として親にとっては救い、採用側にも「いい事してる」感あったんかなーとか。最低限生活出来たらOKだろうし

2016-02-02 21:30:17
永月弥生 @nagathuki

あと(失礼な言い方だけど)少しぐらい足らなくても、皇軍兵士として教育して「やればなんとかなる」って言う知的障害者への偏見、それから一等兵くらいには『コレとコレの動作をしろ、これだけ覚えろ』って限定して教えこんだら多分上がれる人も多かったと思う。それは多分凄く好意からのことだと思う

2016-02-02 21:32:00
永月弥生 @nagathuki

例えば、重度で会話やコミュニケーション自体が取れない人はともかく、無口で少し反応が遅いけど言われたことはなんとなくやろうとする軽作業可能、って程度(現代なら要保護レベルくらいな)の人なら戦力としてカウントすることには、特に支障はない(精錬度はこの場合問題外)ので徴兵するのは判る

2016-02-02 21:34:10
永月弥生 @nagathuki

徴兵側にもノルマがある現実や、親から「うちの息子を一人前の兵隊として扱ってくれてありがとう」とむしろ感謝される(口減らしの意味の他にも、自分の子が社会から役立たずとされていた所への、その彼がお国に奉公できるという一筋の光明ですよ)し、本気で徴兵側もいい事してると思ってた気もする

2016-02-02 21:35:02
永月弥生 @nagathuki

それは時に本人の能力的には悲劇かもだけど、皆なんて言うかある種優しい世界があったんかな、ともなんとなく思う。本人自体も、低年齢知能であっても【役に立つ】【厳しいけどやり遂げられたら褒められる】って意識は『他社からの認識』で嬉しいかもしれない。精神医学や心理学詳しくないからアレだが

2016-02-02 21:37:37
永月弥生 @nagathuki

清水寛『日本帝国陸軍と精神障害兵士』と言えば、気になるエピ、在満部隊に所属の徴兵前からの知的障害兵士が脱走、迷い込んだ満州国軍の満人部隊に一晩匿って貰い、本隊に連絡、彼の状態が判って国府台病院に搬送っての。満人部隊やさしいけど、1人くらい増えても平気だったんか…別の問題が気になる

2016-02-02 21:38:37
永月弥生 @nagathuki

勿論、清水寛『日本帝国陸軍と精神障害兵士』には【内務班で役立たず扱いされても、障害とされなかった知的障害兵士もいたと思われることも書いてある。精神障害などが発覚して運良く国府台に行った人の分析は浅井利勇『うずもれた大戦の犠牲者 国府台陸軍病院・精神科の貴重な病歴分析と資料』詳しい

2016-02-02 21:42:34
永月弥生 @nagathuki

それに、さっきの例みたいに周りが知的障害者や精神障害のひとを「なんとか兵隊として体裁をうまくさせてた」事例も、実際その人の力量というか能力にとっていいことだけでなく悪影響だったかもしれない。能力以上の責務を課すわけだし。あと、良かれと思って酒を覚えさせてアル中とか。い

2016-02-02 21:45:45
zeong @zeong_dictator

@nagathuki これ、被差別部落関連でもあって、同じ兵士なのだから差別してはならぬ、と日本陸軍が物凄く部落差別に気を使っている史料が結構あるんですよね。よって、もし再び日本で徴兵制が施行されるならば、「就職に有利だ」として展開される筈だと思っています(笑)

2016-02-02 21:44:34
永月弥生 @nagathuki

@zeong_dictator あーなるほど就職に有利!!さ【差別すること】に対して、日本の軍部は結構敏感ですよね。国府台の病院患者の扱いも特に酷いことはないし、後送して保護するだけでもきちんとしてるし。

2016-02-02 21:52:35
永月弥生 @nagathuki

RTのこと>なるほど被差別部落問題とも繋がるか。確かに【差別すること】に(知的障害や精神障害など含め)、日本の軍部は結構敏感な感じ。国府台の病院患者の扱いも当時的に特に酷いことはないし、後送保護するだけでもきちんとしてる。実際各地の部隊の反応はそれこそ学校のイジメ問題の程度差かな

2016-02-02 21:56:18

コメント

憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2016年2月3日
どこかずれたところで模範的というか<帝国陸軍
6
minkkanjinno @minkkanjinno1 2016年2月3日
精神遅滞の兵卒よりも、精神主義者の指揮官のほうがよほど有害でしょう。
13
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月3日
なぜかネット記事見れないからそっち読んでないんだけど、知能検査は文章を読む能力も関係するから、まっとうな教育を受けてないだけで知能は正常、あるいはそれに近い人もいたんじゃないか。
2
Toshiya Utoh @toshi_moon 2016年2月3日
研究テーマは良いのだけど、九条の会で、しかもノーベル平和賞に推奨する政治活動を、教授の名義でやってるからなぁ。
0
シュガー市民@黄泉の国のマルキスト @SugarCivil 2016年2月3日
知的障害者は抹殺、なドイツと比較すると面白いな。当時蔓延していた近代イデオロギーからすれば「効率的」でないはずなんだが……。大日本帝国は一筋縄ではいかない。
21
barubaru @barubaru14 2016年2月3日
今企業に義務付けられてる障碍者枠のようだなあ・・・
9
段ボールが本拠地 @Himade4tama 2016年2月3日
教育機関としての自意識が高かったんじゃないのかな
3
文里 @wenly_m 2016年2月4日
若人で結核に罹患して徴兵検査で合格できなかった人が非国民扱いされたらしいからなぁ、当時。まあ、無理に徴兵して部隊に結核を罹患させるとそれこそ戦わずして全滅とかになりかねなかっただろうし。知的障害者は健康状態には問題ないから、肉体労働には従事できるとの判断での徴兵なのかな?
3
三毛招き @mikemaneki 2016年2月5日
問題が合ったとすれば軍ではなく社会の問題だよなぁ。
7
CF型マシニーカhir @hir_CF 2016年2月5日
研究対象としては面白いけど当事者としてはどうかなあ…
4
POP3/八雲信宗 @Explorer_POP 2016年3月19日
現代的な視点ではともかく、諸々未発達な時代としては好意的な行いだったんかもねぇ。
3
POP3/八雲信宗 @Explorer_POP 2016年3月19日
Explorer_POP 諸々未発達=知的障害についての知識とか社会全体の意識とかそういうの。一応補足。
0
レオナルド根岸 @zigrad 2016年4月24日
法に定められた給養基準を守るためにありとあらゆる手段を講じて囚人に食事を与えていたので、終戦直後の食糧難の時代でも食糧事情が良かった各地の刑務所と通ずるものを感じました。
0
釣本直紀 @turimotonaoki 2016年7月31日
当時の戦争は今程高度化されておらず肉体労働が出来れば有用という事だったのだろうか。そもそも当時は下士官からして小卒だったり上官が部下に文字を教わったりという体たらくだったし。
0
釣本直紀 @turimotonaoki 2016年7月31日
>日本陸軍が物凄く部落差別に気を使っている史料が結構ある    東南アジア方面の残留日本兵には日本に帰りたくなくて残留を選んだ被差別部落出身者が多かったという話を読んだ事が有る。軍隊生活がそこまでましに思えたのか。
1
重い槍 @omoiyari219 2016年7月31日
「あぁ!なんて可哀想なんでしょう!旧日本軍は、昔の日本人はこんなにも残酷なことをしていたのです!!」からの「今からでもいいから賠償しろ」とかいうやたら聞き慣れてる気がする記事だった。
3
Hoehoe @baisetusai 2016年7月31日
平等でええやん。施設に閉じ込めて刺し殺すより遥かにマシ
1
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2016年7月31日
「軍隊は地獄」とサヨクは言うが、同時に「娑婆は軍隊以上の地獄」だったことを絶対に言わないマン
3
遮光昏人 @KREHITO 2016年7月31日
そら総力戦なんだから使えるもんはなんでも使うよ、ソ連君なんか犯罪者まで担ぎだしてるんやで
0
釣本直紀 @turimotonaoki 2016年8月1日
KREHITO 日本軍にも陸軍教化隊・陸軍懲治隊という犯罪者や脱走者から構成された部隊が有った様ですよ。因みに知的・精神障害者が多かったのもこの部隊だとか。
0
𠔻 @JeyaratnamW 2018年6月2日
山下清は精神薄弱を理由に兵役を免除されている(『日本ぶらりぶらり』177ページ)。「日本陸軍は知的障害者を徴兵した」のではなく「徴兵された知的障害者もいた」と書くのが正確ではないか。
1
𠔻 @JeyaratnamW 2018年6月2日
Dam_midorikawa まちがい→「娑婆は軍隊以上の地獄だった」 せいかい→「一部の人々にとって娑婆は軍隊以上の地獄だったかもしれないと自分は空想する。ただし自分は軍隊にいたことはない」 うちは父方も母方も祖父は病気で兵役免除になったが「娑婆は軍隊以上の地獄だった」などと言っていたのは聞いたことがない。
1